2016/11/30

夢に向かって行動に移そうと思った瞬間  閑話

英語を学ぶ目的は人それぞれですが、共通するのは夢の実現です。

夢を実現するためには、それまでの人生を変えなければなりません。「転職したい」「留学したい」等の想いや夢は数年をかけて大きくなっていくものと思いますが、その夢に向かって行動に移そうと思った瞬間が必ずあるはずです。昨日の授業でcandidという単語が出て来て、その瞬間を思い出しました。

私は、社会人1年目の1997年、一週間の連続休暇が取れて、天竜川沿いを車で河口まで下る旅をしました。旅のお供にEnglish Journalの付録テープを十数巻持ち込み、車内で一日8時間近くずっと聞きながらのドライブでした。今でも記憶にあるのが、ピーター・バラカン氏のインタビュー。candidという難しめの単語が出て来ており、大学時代にはそのインタビューがほとんど聞き取れなかったのですが、その車の中では聞き取れたのです。何時間も集中して聞き続けたことで、大学時代は聞き取れなかった英語が聞けるようになったことを実感しました。
クリックすると元のサイズで表示します
峰ノ沢橋(静岡県浜松市龍山町)
自分の進歩感じられた感動。「英語とずっとかかわっていきたい」と思ったのが、夢に向かって行動に移そうと思った瞬間でもあったように思います。あの時通った県境の山深い中を流れる天竜川、山間の集落。今でも記憶に残っています。後から考えると、夢に向かって行動に移そうと思った瞬間があるはずです。そんな瞬間の思い出をずっと大切にしていきたいですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/29

最初の試練を前に  公立中高一貫校受検

今週末、長野県では公立中高一貫校の適性検査(=入試)が実施されます。昨年は長男が受検したので、今年も我が事のように感じます。

開校以来の倍率を記しておきます。※2016年以外は実質倍率。

諏訪清陵高校附属中学校
 2013年 5.31倍
 2014年 4.06倍
 2015年 3.19倍
 2016年 3.28倍

屋代高校附属中学校
 2011年 6.38倍
 2012年 5.54倍
 2013年 5.06倍
 2014年 4.88倍
 2015年 4.8倍
 2016年 4.35倍

都市部と違って、長野県は私立中学受験が一般的ではなく、ほとんどが地元の市町村立中学校に進学します。そのため、公立中高一貫校は開校以来、相変わらずの人気で、合格のために小学生は相応の勉強と対策をしなければなりません。受検する小学生のほとんどにとって、人生最初の試練だと思います。自分が小学生だったらこのプレッシャーに耐えられたかどうかは分かりません。

適性検査日まであと4日。体調を整えることに注力するとともに、これまでの努力を自信に変える時です。本人も家族もこれまでの頑張りを認めて、「自分以外に誰が受かるのか」という気持ちを持てたら合格が近づきます。

受検するすべての小学生たちよ、あともう少しです。頑張れ!
クリックすると元のサイズで表示します
諏訪清陵高校附属中学校


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/28

ある高1生の軌跡  指導現場にて

6月30日の記事で紹介した、ある高1生。

その後も、次週の授業までに必ず英文の暗誦をしてきていますが、先日ついに、英検準2級合格を果たしました

継続は結果と成長をもたらす。
そして、追いつかれた進学校の、しかも学年が上の生徒たちは何を思うか。グループ全体で競争意識が働くのも当然。音読にも熱が入る。

勉強はやったもの勝ち。高校の偏差値、模試の偏差値は人生の偏差値ではない。努力を継続すれば、人生の偏差値は自然と高くなっていく。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/27

自分のやり方  英語勉強法

約20年前の旧TOEICを受けていた頃、TOEIC前日は図書館に一日中こもって翌日のTOEICに臨んでいました。それがきっかけで英語学習が習慣化し、その後の留学とTOEIC満点につながる起点となっりました。

やり方や勉強方法ばかりにこだわる人がいますが、極論すればそんなの何だっていい。自分の信じたやり方で行動に移し継続できているかが余程大事。

私は実用的な使える英語を身につけるため、アメリカに住んでいる時ですら、ずっとTOEICの問題集と格闘していました。「せっかくアメリカにいるのに」「しょせん試験のための勉強」等々いろいろ言われたこともありましたが、自分のやり方を信じ継続したことで人生の起点となり、今の自分があります。
クリックすると元のサイズで表示します
自分のやり方に自信をもつことが、未来の自分を創るきっかけになる。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/26

幼少期からの学習環境  子育て

長野県ではほとんどの中学生が高校入試を受けますが、私は、その高校入試でその後の人生の方向性が決まると考えています。「そんなことないよ。高校で頑張れば、大学入試で挽回できる」という指導者は多いですが、現実問題として、それを実現した生徒を、私はこの12年間で数人しか知りません。つまり、可能性は限りなく低いのです。人間は環境に流されます。進学した高校の学力水準が高くなければ、3年後がどうなっているかは容易に想像がつきます。私は綺麗事は言いません。これが現実です。

だからこそ、中学時代の勉強には人生がかかっています。しかし、勉強に向かう姿勢は幼少の頃からの家庭環境が大きく影響します。小さい頃からの習慣を中学時代で変えるのは至難の業なのです。

@継続力と忍耐力を養うために、ドリルなどを毎日やっている。
A達成感を得るために、検定試験を受けている。
B地元の進学校や有名大学などを見学に行ったことがある。
C休日のほとんどをスポーツ活動に費やしている。
Dゲームを好きなだけやらせている。

以上の項目は、中学に入った時に勉強についていけなくなる可能性のある小学生のチェックに私が使っているものです。@〜Bは「いいえ」、CとDは「はい」の答えが多いほど、中学での勉強では望ましくない方へ向かいます。小学生、いや、幼稚園・保育園の頃から勉強に対する環境を整えていくことが、中学以降の学業にプラスの影響を与えてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
東京大学・本郷キャンパス


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/25

想いを口にする  起業・独立開業

独立開業を考えていた時、大学時代の親友が訪問してくれたのがちょうど3年前でした。その時は実に10年ぶりの再会でしたが、その間にお互い家族が増え、背負うものも多くなりました。温泉につかり、酒を酌み交わしながら、これまでのこと、これからのことを語り合いました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして翌年、私は独立開業、彼は海外赴任という大きな節目を迎えました。

あれから3年が経ち、時の速さを実感しています。彼がいつ帰国するかは未定ですが、いずれお互いの近況報告をゆっくりしたいなと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
友人が贈ってくれた中国彩虹(さいこう)書法の「花文字」
いつでも夢を語り合える友人は、自信を持った人生を生きようと駆り立ててくれますね。

そういえば、3年前のあの夜、長男と温泉につかりながら「勉学の道を志せ」とアツく語ったのも思い出しました。彼は今、その道を一歩ずつ進んでいます。

想いを口にする。想いを行動に移す。人生は常に自分の望むドラマを創り上げてくれます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/24

自分のスタイルを確立する  子育て

長男(中1)が定期テストに向けて勉強中です。昨年の今頃は、この中学に合格するための受検勉強をやっていたと思うと、時の経つ速さを感じます。

小さい頃からの彼の学習スタイルを見ていると、メリハリを利かせた集中型のようです。私自身は、細切れ時間を使った積上げ型と言えましょうか(笑)。自分自身の勉強スタイルの理想とは、伝授されるものではなく、自分でつくるものだと思います。他人の理想を突きつけても、その人に相応しい理想とは限りません。親や指導者が施すことができる教育とは、子どもが自分で理想のスタイルをつくれるように道筋を示してあげることです。

今日の信州伊那谷は雪です。11月の積雪は、記憶にあるかぎり、人生初めてです。私は、自分の考えや戦略性を駆使できる雪かきが好きです。この冬も、自分のスタイルで雪かきを楽しみます(^^)/
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/23

冬の準備  閑話

勤労感謝の日の今日は、午前中に推薦入試を受ける生徒と面接練習を行う予定です。大学受験は推薦入試が佳境を迎えます。体調管理を徹底して、ベストの状態で臨んでもらいたいです。

午後はフリーになるので、庭の落ち葉を片付けたり、明日の雪に備えてタイヤ交換に精を出します('◇')ゞ。いよいよ冬が来るという感じですね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/22

4年間で積み上げたもの  英語勉強法

独立開業のためにTOEIC990点満点を取ろうと本気で決意した2012年11月20日、パート3・4のスクリプトを各1題、毎日それぞれ10回ずつの音読をすることをノルマにしました。そして、昨日で丸4年が経過しました。

一日もサボることなく続けた結果、29,200回以上音読したことになります。1回あたり約1分と考えると、一日20分を4年間で、29,200分=約21日間を音読に費やしたことになります。最初に音読したのは『TOEICテスト新公式問題集 Vol.5』でしたが、そのパート3・4のスクリプトはすべて200回以上音読し、その後、様々なTOEICの問題集を音読してきました。この4年間、旅行に行くときも、体調が悪い時も、開業準備で心身を酷使していた時も、夏期講習で忙しかった時も、毎日20回音読を続けることによって、続けることが苦痛ではなくなり、続けないことが苦痛に感じる自分がいます。そして、継続した結果、TOEICで990点満点を獲得し、独立開業も果たすことができました。
クリックすると元のサイズで表示します
地元・伊那市の風景(2012年11月撮影)。
この写真を見ると音読を始めた4年前を思い出します。

20回の音読に要する時間は約20分ですが、毎日続ければ必ず英語力は伸びます。でも、そのわずかな時間すら取れないなんて、私に言わせれば言い訳にしか過ぎません。時間は作りだすものです。その工夫と努力すらできないのに「英語がいつまでたっても出来るようにならない」なんて言っている人は、本気じゃないってことです。英語習得はそんなに甘いもんじゃありません。

少しきつめの言葉になりましたが、英語学習を毎日続けることで、一人でも多くの方に可能性を拡げてもらいたいのです。自分に厳しくなった時から、望む未来へ向けての道が作られ始めます。今日から少しずつ継続してみませんか?
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/21

TOEICは受験後こそが大切  TOEIC・英検など

TOEICから一夜が明けました。昨晩は、夕食後に「第215回TOEICの感想」というタイトルでブログを記し心地よい疲労感に浸かっていたところ、母から、父が1メートルほどの高さの側溝に転落して頭から出血している、と電話がありました。

夜間緊急病院に連れていき、CTと傷口の縫合。傷口を2針縫ったものの、CTは異常なし。そして、帰宅したのが日が変わるころでした。一気に疲れを感じましたが、ノルマである就寝前のTOEICパート5を30問やって寝ました。自分で決めたことをやり続けるのも、TOEICのスコアアップには必要です。
クリックすると元のサイズで表示します
さて、TOEIC受験は英語学習のモチベーション維持のために大切ですが、もっと重要なのが、受験後の感想を記しておくことです。何が良かったか、何が足りなかったか、今度どう学習すべきか・・・、等々、受験中や受験直後に感じたことや気持ちをメモ書き結構なので残しておきます。出来なかったり迷った問題、知らなかった英単語も思い出し、出来なかったところを明確にして復習することです。TOEICを今後の勉強に生かすことは、受験する一番の意義かも知れません。

私が約20年前に使用していたノートを見直すと、TOEIC受験後に記した「文法知識のスプロール化をなくす」という言葉が今でも残っています。当時、問題集などで文法力を闇雲につけてはいましたが、知識は穴だらけで虫食い状態。系統だった文法知識を身につけようと、その頃から格闘し始めたのを思い出します。

せっかく2時間集中して辛い時間を乗り切ったのですから、今後に生かしましょう!今回感じたことを今日からの勉強に生かし、辛かった2時間を楽しめるようになった時、TOEICのスコアは必ずアップしています。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/20

第215回TOEICの感想  TOEIC・英検など

自身59回目となる第215回TOEICを受験してきました。受験された皆さん、お疲れ様でした。会場は信州大学松本キャンパス。
クリックすると元のサイズで表示します
地元の国立大学なのに、キャンパスに足を踏み入れるのは2回目でした。紅葉がちょうど見ごろで、季節を感じながら受験してきました(^◇^)

以下、個人的な感想と勉強法も含めて記します。

【パート1】
選択肢を一つずつふるいにかけていけば100%解答できます。英語の勉強をやり直すためにTOEICを始めた学習者は、まずは身の回りの目に入ってくる物を片っ端から英語で言えるようにするところからボキャビルを始めるといいと思います。

【パート2】
いつも集中力が途切れるので、一問ずつ呼吸をして間を意識しました。いつものように付加疑問文、否定疑問文、肯定文からの疑問文返しとバラエティに富んだ内容。ただ、いつもほど長くて聴き取りづらい質問文はありませんでした。とにかく文頭に全神経を集中しましょう。

【パート3とパート4】
新形式からパート3は13セット×3問の39問、パート4は10セット×3問の30問。チャートやイラストが含まれ、3人の会話も2セットありますが、旧形式と同様に「設問の先読み」→「内容推測」→「聴きながら解答」→「解答指示アナウンスの時に次のセットの設問を先読み」のリズムを維持できれば、内容が推測しづらいセットはありませんでした。

【パート5】
新形式は30問。文法・語彙問題とも満遍なく出題されていましたが、特に迷う問題はありませんでした。

【パート6】
新形式は4セット×4問の16問。文挿入も各セットで問われます。空欄の前後関係を意識しつつも、全体の流れも意識しなければなりません。

【パート7】
新形式ではダブルパッセージ(DP)だけでなく、トリプルパッセージ(TP)も出題されるため読ませる量が増え、受験者を最も悩ますパートです。パート5を6分、パート6を10分で通過し、14:00頃に約60分残してパート7に突入しました。解き方は、今回も旧形式同様HUMMER式を採用しました。NOT、suggested、indicated問題の場合は、次の設問も読み、全体像を捉えつつ細部も意識するようにしました。ここまではいつも通りでしたが、後半に行くにつれていつも以上に読む分量が増えていくのを感じ、久しぶりに時間に追われる感覚を味わいました。いつもは10〜15分前に解き終わるのですが、今回は何とか5分前に解き終わりました。残り時間で迷った問題を見直していると、「あれ?簡単に答えが分かる・・・」という状況。これは初見で解答した時に時間に追われているために焦っていて冷静に読めていない証拠です。

多くの受験者が最後まで解き切れておらず、“塗り絵”になったと推測できます。速読力と英文に対するスタミナをつけることは絶対必要です。


TOEICの数週間前からの緊張感と高揚感。終わった後の達成感と開放感。そして、全国の多くの受験者・学習者とつながれるのもTOEICです。これがあるから、TOEICは多くの人を惹きつけるのだと思います。今夜からまた次回のTOEICへ向けてトレーニングを積んでいきましょう!


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/20

人生の起点たるTOEIC  TOEIC・英検など

17〜8年前の旧TOEICを受けていた頃、パート7は現在とは比較できないほど文章が短く、リーディング最大の難関は、誤文訂正問題が20問出題されるパート6でした。この対策のため、TOEIC前日は図書館に一日中こもって『TOEIC TEST GRAMMARパーフェクト攻略』を全ページ見直して、翌日のTOEICに臨んだことを今でも思い出します。

結局、TOEIC受験を通じてこの一冊を何回も繰り返したことで文法の本質が見えてきて英語の面白さが分かり、それがきっかけとなって英語学習が習慣化し、その後の留学とTOEIC満点につながりました。
クリックすると元のサイズで表示します
University of Washington
留学中は英語が全然通じなくて、「TOEICで実用的な使える英語力を身につけてやる!」と、アメリカに暮らしているのにも関わらず、TOEICの問題集と格闘していました。その方法論が間違っていないことが分かるのはずっと後になってからでしたが、今振り返れば、一つのことを信じて没頭する大切さを学んだのも、留学時代でした。
クリックすると元のサイズで表示します
Mt. Rainier that holds Seattle Downtown
人生の変化は、何が起点になるか分かりません。私はそれがTOEICでしたが、その変化の波をとらえて乗っていけるかは、自分の信じた方法を貫けるかにかかっているように思います。

今日は第215回TOEICです。今日のTOEICが、受験される方それぞれの未来の起点になることを祈っています。私も自身59回目のTOEICを楽しんできます!


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/19

弱い自分との離別  閑話

なぜTOEICと筋トレとジョギングを続けるのか?

英検1級合格後、努力を続けなかったことで頭打ちになった英語力。
年齢とともに弛んできた筋肉と心肺機能。

共通しているのは、現状に満足してしまっていたかつての自分。そんな情けない昔の自分に戻りたくないだけ。

TOEICと筋トレとジョギングは、弱い自分と離別し、強い自分に変わるための手段。どれも毎日続けるのは苦しい。でも、続けないと昔の自分に戻ってしまうから、もっと苦しくなる。


同じことを愚直に毎日繰り返すことができるか。

それが一流になれるか否かの違い。玄人と素人の違い。

やると決めたことは何があっても毎日やる。そんな自分であり続けたい。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/18

夢実現へ一歩を踏み出す  指導現場にて

学生は半ば強制的に英語の勉強をさせられる一方で、英語を学んでいる社会人たちには、それぞれの想いや事情があります。

「受験をもう一年先に延ばそうか迷っています」

社会人入試で大学合格を目指す生徒さんから相談を受けました。社会人になって本当に自分のやりたいことが見つかり、その夢を実現するための第一歩として大学進学があります。

私はこれまで行動を先延ばしにして夢を叶えた人に会ったことがありません。

人生はどんどん進んでいきます。今よりも充実した人生を送るための自分の行動に、遠慮は要りません。

自分の思い描いた人生を送ろうとする人を、私は全力でバックアップしていきます。

Nothing makes me prouder than to be your champion.
(あなたを支えることが何よりも誇りとなる)

ヒラリー・クリントンの言葉が、私の気持ちを代弁してくれます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/17

身辺に目を向ける  英語勉強法

自分の身の回りに目を向けてみると、そこかしこに秋を感じることが出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
トラスト英語学院前の歩道の生け垣や、駐車場のアスファルトの隙間から生えているヤマボウシ。身の回りをしっかり見てみると、思わぬ発見や感動があります。

今週末にTOEICがあります。前回の受験直後に反省したことを、今日までの勉強に生かせてこれたか。それとも、再び前回と同じ状況になってしまったか。勉強できなかったことを、仕事などの環境のせいにしてはいないか。身の回りを見直すのと同様に、普段の行動を見直せば、意外と無駄にしている時間があるのに気づくはずです。

TOEICパート5の30問を何度も繰り返すだけで、英文構造を瞬時に見抜く力がつき、速読力とリスニング力も向上するというアドバイスをしています。何度も解いて復習した30問なら10分もかかりません。しかし、それを毎日繰り返せる人は多くはありません。いつまでも目標点が取れないのは、そういう「しつこさ」が勉強に足りないのであり、そのちょっとした時間を捻出する工夫が足りないのです。

お昼休みや移動時間、トイレやお風呂の中、就寝直前のわずかな時間。そういった小さな隙間時間に、人生を変える大きなチャンスがあります。

少しでも前回とは違う自分でTOEICと対峙できるよう、今すぐ行動に移しましょう。



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ