2016/12/31

2016年総括  閑話

大晦日恒例、「2016 我が家のニュース トップ5」と「2016 我が家の漢字」です。

【第1位】
長男が公立中高一貫校の中学に、次男が小学校に進学。新しい生活リズムにも慣れ、元気よく通っています。
クリックすると元のサイズで表示します

【第2位】
8月1日に、自分の不注意からテタニーを発症。しかし、自分自身の健康と生活を見直す契機となり、筋トレとジョギングが習慣化し、体型・体質改善に成功。Self-RIZAPを継続中
クリックすると元のサイズで表示します

【第3位】
次男(小1)、漢検8級合格ピアノコンクールで入賞
クリックすると元のサイズで表示します

【第4位】
TOEICで4回目の990点満点を取得
クリックすると元のサイズで表示します

【第5位】
今年もブログを毎日更新し、今日で1,445日連続更新となりました。10月の「SNS活用セミナー」で学んだことを生かした結果、アクセス数も約2倍となりました。


二人の子ども達は進学と共に向学心を高いレベルで維持でき、日々の学習を継続できています。私も、その範を垂れるために4年前から自分に課している、毎日の音読を中心としたTOEIC学習も一日たりとも欠かすことはありませんでした。第2位や5位にあるように様々な経験や機会から学びを得て、次のレベルへつなげることができたと思います。・・・ということで、「2016 我が家の漢字」は
クリックすると元のサイズで表示します
に決定です拍手拍手!来年も多くを学び、知的好奇心あふれる家庭環境を築いてまいります。

今年一年、ブログ「英語道」をお読みいただき、ありがとうございました。来年も毎日更新を目標に日々を綴ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/30

三十路前の決断  指導現場にて

最近は社会人の方に英語の指導させていただいたり、これからの進むべき方向についての相談を多く受けます。

特に20代後半の社会人の方が多いですが、これは、三十路前はその人生について色々考える時であり、大きく方向転換する最後のチャンスでもあるからでしょう。

私も銀行を辞め留学を決意したのは29歳の時で、30歳の誕生日はアメリカで迎えていました。
クリックすると元のサイズで表示します
Alki Beach in Seattle
あの時の決断が正しかったかどうかは当時の自分では分かりません。しかし、やりたいことを仕事にし、自分が思うように人生を過ごせている現在の自分があるからこそ、今、あの時の決断は正しかったと言えます。

留学、転職、独立開業・・・。選べる選択肢はたくさんありますが、どんな道を進もうとも、芯がぶれなければ道は開けて、自分の望む未来へつながっています。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/29

英語で自らを変える  指導現場にて

ある高2生が英語や海外交流に興味を持ち始め、自ら国際交流の機会へ応募し、選考を通過。来春、5日間の初渡航が決定しました。

生徒たちは英語を味方につけ、自分の人生のために自発的に行動できるようになっています。在籍する生徒の8割が、来月の英検やTOEICを受験します。

行動に移せば未来が変わります。英語はそのきっかけであり、英語力の向上とともに自信を持ち、自分自身を信じられるようになっています。

Have faith in yourself through English!
クリックすると元のサイズで表示します
Seattle


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/28

英語で未来を切り開く  指導現場にて

英語の指導に長年携わっていると、結果を残す生徒には、自習している姿や発する言葉に、その雰囲気が宿る瞬間を感じることがあります。

「来年は『英語が彼女です』と言えるくらいまでに勉強をやりたい」
「一歩を踏み出すために、英検を申し込みました」
「TOEICで目標点をクリアできたので、海外業務研修に応募します」

多くの生徒から積極的な言葉を聞くことができます。

このような雰囲気は一朝一夕に創り出されるものではありません。生徒たちが自ら未来を切り開くことが出来る自信と勇気を持てる指導を、これからも心掛けてまいります。
クリックすると元のサイズで表示します



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/27

合格の日  閑話

昨晩10時過ぎに帰宅すると、ビリギャルを地上波で放送していて、途中からでしたが観ました。今年4月にブルーレイで観てはいましたが、いつみても感動します。大学受験は、勉強する人とその周囲の人に変化をもたらしますが、受験勉強が持つその可能性がストレートに伝わってきます。

そして、私自身が大学に合格した時を思い出しました。1992年3月2日。合格掲示板で自分の番号を見つけた瞬間、どんよりと曇っていた空を見上げて「受かった・・・」と声を漏らしたのを覚えています。辛い浪人生活でしたが、努力が形になる瞬間を味わえた貴重な経験です。

当時はフィルムカメラの時代で、普段からカメラを持ち歩かないので自分で撮った写真はありませんが、研数学館という予備校が模試を受けた受験生に、合格した場合に写真を送ってくれるというサービスをしていて、その一枚だけが残っています。
クリックすると元のサイズで表示します
早稲田キャンパスは、今では多くが新しいビルになってしまっているので、政治経済学部の旧三号館が写っているこの写真はかなり貴重ですね(*^-^*)

努力が形となった日のことをいつまでも忘れず、その感動を多くの生徒に体験してもらえるよう、これからも指導に邁進していきます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/26

子どもの興味の矛先は?  子育て

今月11日(日)の「世界の果てまでイッテQ!」で、“地球最古の人類”と言われるナミビアのサン族が紹介されていました。サン族が使う言語はコイサン語で、舌打ちなどを子音として使う興味深い言語です。

毎週のお決まりで、家族みんなで観ていたのですが、コイサン語が紹介されるや否や、長男(中1)は身を乗り出してテレビ画面を食い入るように見て、放送終了後にはインターネットでコイサン語を調べていました。

長男はこれまで医者を目指して勉強をしてきたので、すっかり理系だと思っておりましたが、こんな姿を見ると語学系や人文地理学に舵を切っても面白いかも知れないと思いました。

子どもが何に興味を持っているか見出すのは親の責任です。親や子どもの思い込みで進路を決めるのではなく、普段の何気ない姿や行動から、興味と可能性を見出していきたいと感じました。

昨日は長男の通う中高一貫校の音楽部の定期演奏会でした。合唱はもちろんのこと、長野県ピアノコンクールで優秀賞を受賞した高校生のピアノソロや、クリスマスソングやバイオリンとのセッションもあり、中学・高校の部活のレベルを超えた素晴らしいコンサートでした。生き生きしている子どもたちが羨ましいです。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りの杖突峠から見た八ヶ岳連峰は圧巻でした。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/25

浪人時代のクリスマスの思い出  閑話

サンタ MERRY CHRISTMAS サンタ

クリックすると元のサイズで表示します
May peace be brought to the whole world!
今年も残すところ一週間ですね。大学受験生は、センター試験前の最後の追い込みで、クリスマスもお正月気分も味わえないかも知れません。

私は浪人していた1991年12月25日、長野へ帰省のため各駅停車に乗っていました。なぜ特急ではないのか?それは、集中して本を読みたかったからです。その時読んでいたのは、岩波ジュニア新書の『憲法読本』。
自慢でも何でもなく、あの頃は全国模試で「政治・経済」の偏差値が80を超えていて、大学受験用の参考書だけでは物足りず、新書を読んでいた時期です。「早く大学に受かって、専門的な勉強をしたい」と、一心不乱に知識を吸収しようとしていた自分を思い出します。

怖さを感じず自分の信じたことに打ち込めるのは、若さの特権であり、まさに青春。合格すればすべてが良い思い出となります。最高の結果を追い求めて、努力を継続しよう。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/24

イブに贈る言葉  心に響く英文

今日はクリスマス・イブ。クリスマスといえば聖書を思い出しますが、ヒラリー・クリントンがスピーチで引用した聖書の一節をご紹介します。
Let us not grow weary in doing good,
for in due season, we shall reap if we do not lose heart.

善行を施そうとする時は、疲れ果ててしまわないように。
希望を失わなければ、然るべき時に、報いられます。
素晴らしい言葉です。私はキリスト教徒ではありませんし、聖書にも詳しくありませんので、私の試訳がきちんとニュアンスを表しているかは分かりませんが、「辛い時でも常に希望を持ち前に進む」ということは分かります。どんなときでも己を信じて歩を進めていったその先に、然るべき未来が待っています。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/23

アクティビティはほどほどに  指導現場にて

クリスマス前なので、小学生の授業では英語を使いながら、折り紙でクリスマスツリーを制作しました!
クリックすると元のサイズで表示します
なかなかの出来栄えでしょう(*^-^*)

『英語で遊ぶ「折り紙」』を参考にしました。本著は英語と日本語で折り方が書かれており、大人が読んでも面白いですよ。
大学入試でも、確か2006年の大学入試センター試験でも折り方を英語で説明させるなどの問題が出されました。小さい頃から、日本文化と英語をリンクさせる環境に触れさせるのは大切ですね。だからといって、私は遊びやゲームなどのアクティビティ中心の英語指導は絶対に行いません。歌を歌ったりゲームをして英語が身につくほど、英語は楽なものじゃないのはどなたも分かっていること。アクティビティで誤魔化してもしょうがないですね。普段はみっちり、文法と音読。それが基本です。

さて、今日は祝日で仕事もオフ。年末前の貴重な時間を有効に使っていきます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/22

想いを形に  指導現場にて

冬至の昨日は、大学受験が近い高3生はもちろんのこと、留学を控えている高2生、大学院合格を目指す大学生、英語指導に携わっている社会人まで指導させていただきましたが、最後の時間は推薦入試で第一志望の合格を勝ち取った高3生でした。

「生まれ育った伊那市に、大学受験やTOEIC・英検などの資格試験のための英語専門塾を」という思いから、3年前にトラスト英語学院を開校しましたが、その1年目から指導している、いわゆる“一期生”で、通い始めた当初から常に大学合格を意識して、勉強に取り組んできました。そんな彼女から手紙をいただきました。

便せん一枚にびっしりと手書きでしたためられている言葉を読み、思わず胸がアツくなりました。自分が理想とする英語指導を行い、それに応えてくれる生徒・・・。自分が長年思い描いてきたものが一つの形となった瞬間であり、これまでの時間が報われたように感じ、教場で独り、これまでの時間に思いを馳せました。
クリックすると元のサイズで表示します

英検合格を目指す小学生から、大学を目指す高校生、大学院を目指す大学生、そして、昇給・昇格や海外勤務のためにTOEICに挑戦する社会人。それぞれの夢に向かって邁進するすべての生徒のために、今日からまた頑張ります(^^)/


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/21

winter solstice  閑話

今日は冬至。
クリックすると元のサイズで表示します
日の出直前は、すべてのパワーが集結しているように感じました。
クリックすると元のサイズで表示します
今日からは半年後の夏至に向かって、日が長くなる一方ですね。そう考えただけでもワクワクしますね(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します
そして、師走も下旬です。2016年が最高の形で締めくくることができるよう、走り抜けましょう。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/20

「特急シリーズ」の魅力  TOEIC・英検など

最近は寝る前に「特急シリーズ」を必ず30問以上解いています。

特急シリーズをやっていると、手ごろな価格にもかかわらず、クオリティが高いということを感じます。そして、隙間時間にサッと出してできる新書サイズでハンディな点も学習者フレンドリーです。最近は以下のものをやっています。
  
  
昨日は子どものピアノコンクールでしたが、送迎や観賞の間の隙間時間にどれくらいできるかやってみました。毎日の公式問題集の音読と『金フレ』の音読に加え、森田先生の『単語特急 新形式対策』を2周、『単語特急3 頻出語言い換え集』を1周できました。改めて「特急シリーズ」の利便性とクオリティに脱帽した感じです。特に『単語特急 新形式対策』は、本番で上級者を悩ませた問題など、最新傾向のてんこ盛りで秀逸です。しかも、TOEICで良く問われ、上級者の間では常識となっている語彙や知識が問題文にふんだんに盛り込まれているため、中級者が完璧にやったら900点以上の仲間入りできるくらい、高規格・高品質な単語演習本です。

社会人の方で、なかなか机に向かって勉強する時間が取れない方は、隙間時間の有効活用のために、「特急シリーズ」をお勧めします。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/19

結果を残して努力を肯定する  子育て

昨日、「2017 カワイこどもピアノコンクール」の地区予選会が行われ、次男(小1)が初めて出場しました。会場は松本市音楽文化ホールで、審査員4名の他に、演奏する子どもの父兄や家族、関係者が150名以上も参加する、大規模なものです。

次男の年齢は参加者の中では下から2番目でしたが、これだけの大勢の前で弾く経験を小さい頃から積ませたいと思い、長男の時も幼稚園から出場してきたコンクールです。

結果は、見事に入選となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
今年7月、ピアノを始め様々なことが中途半端になりかけた時、次男を叱責し活を入れました。それ以降、集中力も増し、真剣に取り組めるようになりました。私の人生を変えてくれた一人に和田秀樹氏がいますが、そのお母さんが記した『子供を東大に入れるちょっとした「習慣術」』に、幼少の頃からの健全な負けん気が自信につながるとあります。
何事にも真剣に打ち込み、結果を残す。その過程で得た自信によって努力を肯定できる人間になってくれると信じています。親として、これからもアカデミックな機会を多く与えて子どもの可能性を見出し、バックアップをしていくだけです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/18

己を律する力  英語勉強法

昨日の朝日新聞で、TOEIC仲間の八島晶さんが紹介されていたので、早速、学院入口に掲げさせていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
朝の時間を有効活用する「朝活」の特集記事です。以下は抜粋です。
出勤前に集中して勉強するようになって2年半で、念願だった英語テストTOEICの満点、990点を達成した。40代前半で受験したときは500点以下だった。平日夜や休日の勉強で引き上げ、朝活が満点への最後の一押しになった。今ではTOEIC対策本を出版し、社内外で講師としても活動する。朝の時間は勉強よりも、執筆に費やすようになった。

セミナーに出席したり自己啓発書を読み漁る大人をよく見かけますが、それだけでは何も変わりません。自ら望む方向に人生の舵をきれる人は、行動力と己を律する力が違います。結局、自分の人生を変えられるのは自分の行動でしかありません。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/17

大学受験で培われる力  指導現場にて

昨日、ある社会人の生徒さんが、第一志望の日本福祉大学子ども発達学部に合格を果たしました。

彼女との出会いは1年前。「社会人入試で大学に合格を目指しています。社会人入試では英語は必要ありませんが、合格後を見据えて、今から英語をやり直したい」という、自分の進むべき道をしっかりととらえた眼差しが印象的でした。

志願理由書は、何度も話し合いをしながら3ヶ月前から推敲を重ね、面接練習もあらゆる可能性を視野に入れました。「できることは何でもやりたい」という彼女は、私のちょっとしたアドバイスも忠実に実行してきました。

今月初旬に入試は行われましたが、入試前から私は合格を確信していました。私が面接官だったら、「こういう人が大学にいたら、二十歳前後の若い学生たちのカンフル剤になり、大学は活性化する」と思えたからです。

これまでの紆余曲折の人生を経て、ようやく見出した自分の夢。その実現に向けて、スタートラインに立てた彼女は、合格報告の電話の向こうでむせび泣いていました。

これはゴールではなくスタート。これからも彼女の人生には多くの困難が待ち受けているでしょう。でも、ここに至るまでの経験とそれを乗り越えてきた意志があれば、己の信ずる道を突き進めます。なぜなら、大学受験で培われるものは、自分で道を切り開くことができる力に他ならないからです。
クリックすると元のサイズで表示します
彼女からいただいたポインセチアが、今日も明るく咲き誇っています。人の成長と成功の喜びを共有できるこの仕事に就けている私は、幸せ者です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ