2017/2/28

断捨離の意義  閑話

今年の目標とまでは言わないまでも、自分の中でテーマに挙げていたのが“断捨離”です。ついつい物を取っておきたくなる性分で、気づくと何年も使ってないのに「なぜこれを保管しておいたんだろう?」と思うこともしばしば。今年は、必要ないものは感謝の気持ちと共に思いっきり断捨離をしようと決めています。

ちょうど、TBSの「情熱大陸」で横浜ベイスターズの筒香選手が特集されていました。彼のバッティングが注目されるようになったのは重心を意識するようになったからだそうで、その考えは心のあり方にも当てはまるようなのです。部屋が汚い時は『心の重心』が乱れている時で、バッティングにも悪い影響が出るそうです。

昨日は、書斎とリビングの棚を整理しました。銀行を退職した時の書類や、保険の資料など、どうみても初めて見た時以来見ていないものがわんさか出てきました。すべてシュレッダーにかけて気持ちもスッキリです。

今日で2月も終了。気持ちも新たに、3月、そして本当の春に向かっていきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/27

諏訪湖を一周する  趣味

約40日ぶりの完全オフの休日となった昨日は天気も良かったので、今年の目標の一つ、諏訪湖一周(16km)のランニングに挑戦しました。

健康維持とダイエットのためにジョギングを始めたのが昨年10月2日。その10日後に諏訪湖畔を6kmを走りましたが、あの時から「いつか一周を走り切りたい」という思いを持って、4ヶ月以上トレーニングを積んできました。

これまでに諏訪湖を一周したのは、18年前の1999年に出場した諏訪湖ハーフマラソンですが、タイムは2時間20分49秒でした。湖周コースに入る前に市街地を5km走っているのを除けば、一周16kmを1時間50分〜55分だったでしょうか。

今回のデータは以下の通りです。
走行距離 16.04km
タイム 1時間27分48秒
平均ラップ 5分29秒/km
消費カロリー 1,251カロリー

クリックすると元のサイズで表示します

1kmごとのラップ
1km 6分03秒
2km 5分40秒
3km 5分44秒
4km 5分50秒
5km 5分25秒
6km 5分33秒
7km 5分35秒
8km 5分23秒
9km 5分52秒
10km 5分25秒
11km 5分24秒
12km 5分10秒
13km 5分29秒
14km 5分15秒
15km 5分03秒
16km 4分57秒

ちなみに、これだけ走っても消費カロリーはおにぎり4個分だそうです('◇')ゞ
クリックすると元のサイズで表示します
これで、今年の目標の一つはクリアしました。もう一つの目標であるマラソン大会への出場も現実味を帯びてきました。秋の諏訪湖ハーフマラソン、いいかも知れません。

昨日は東京マラソンの他、各地でマラソン大会が行われ、友人や知り合いの多くが出場しました。私の周りでもランニングブームが起こっています。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/26

小さな成功体験の先にあるもの  指導現場にて

今回の英検で5級に合格した小5の女の子がいます。

合格後はそれまで以上に積極的になり、授業でやった英文もすべて暗誦してくるようになり、「6月には4級を受けます!」と宣言するまでに成長しました。

英語の早期学習が盛んな昨今、小学生で英検5級は当たり前かも知れません。でも、その小さな成功体験が子どもにやる気を与え、英語だけでなく勉学そのものに対して前向きになり、その後の飛躍の源となるのは間違いありません。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/25

2月山場の一週間  閑話

日曜日の臨時業務から始まり、体験授業、国公立二次試験対策、術後定期検診、春期講習広告打ち合わせ、月末事務処理、自家用車のリコール、新規入学問い合わせ等々、激務だった一週間。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日の午前中は五日ぶりにランニングが出来ました。南信州人の母なる川・天竜川の河畔を走る8km余りのランニング。力を増した太陽の光を浴びながら走ると、心も体もリセットされますね(^^)v

さあ、今日は国公立二次試験前期の受験日です。生徒たちの健闘を祈りつつ、私は指導に専念します。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/24

幸せこそが道  指導現場にて

昨日、国公立大学二次試験前期日程前の最後の授業が終了しました。長い時間を共に過ごしてきた高3生を送り出す気持ちを言葉で言い表すのは難しいです。

センター試験から一ケ月余りの時間、勉強を通して己と向き合い、圧し掛かるプレッシャーとともに戦ってきた彼らの想いは、「早く大学受験が終わってほしい!」というのが本音でしょう。そんな彼らに、私はリチャード・カールソンの言葉を毎年最後に贈っています。
「幸せになる道などない。そう、幸せこそが道なのだ」
大丈夫。大学受験を経験したことが幸せだったと思える時が、必ず来るよ。

さあ、明日の本番に備えて、今日やるべきことを淡々とこなしていこう。結果は自ずとついて来ます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/23

人生に関わっている英語  指導現場にて

昨日の午前中は、10年前に受けた手術の術後定期検診に大学病院まで出向き、午後は、
大学院入試対策(大学3年生)
国立二次対策(高校3年生)
TOEIC対策(高校3年生)
TOEFL対策(高校2年生)
期末テスト対策(高校2年生)
という連続6時間の怒涛のスケジュールでした。

柔から剛までの英語フルコースは、指導する側もお腹がいっぱいになるので充実感も倍増です(笑)。

小学生の英検から、高校受験・大学受験、大学院入試、社会人のTOEICまで、英語は常に多くの人に関わっています。そして、英語指導を通して、多くの方の人生に関われるこの仕事が天職に思えます。

いよいよ今週末は国公立大学二次試験前期日程が行われ、来週からは難関私立大学の合格発表が始まります。すべての受験生に春が訪れるよう祈っております。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/22

人生を変えようと思った瞬間  閑話

27年前の2月21日、高3生だった私は第一志望の早稲田大学政治経済学部を受験し、打ちのめされました。自分がいかに不甲斐なく中途半端な人間かを思い知らされ、そして、生まれて初めて「自分で人生を変えよう」と心に誓いました。
クリックすると元のサイズで表示します
27年前のあの日、悔しさと新たな決意が交錯する中で破った問題用紙。これを見ると、あの日のことを昨日のことのように思い出します。

あの挫折があったから自分を変えることができ、現在の自分があります。挫折とは、その時は辛いものでしかないかも知れませんが、時が経てば人生の転換点にもなりえます。

大学受験とはそういうものです。受験生それぞれにドラマがあります。あと少し、もう少しです。大学受験生諸君、今生きているこの瞬間と感じている思いをしっかりと心に刻み、残りの時間を走り切ってほしい。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/21

中1生と京都大学の問題  指導現場にて

英検3級合格を目指す中1生のテキストに be good at 〜ing (〜が得意である)というイディオムを使った英文整序問題が出てきました。昨年の京都大学前期日程の入試問題でこの表現を使った和訳問題が出題されていたので、チャレンジさせました。

If our brains literally stored everything away like cans of soup in a cupboard, we should be much better at remembering than we actually are.

中1生にとっては難しく思えるこの英文も、4級で学習済みの比較級と今回習った be good at が重なっただけだということに気づき、彼から「なるほど!」の一言。知識が習得された瞬間です。

今学習していることが、実はその先の大きな目標へつながっています。そして、基本の大切さに気づき、単純な知識を積み上げていくことが大切なのです。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/20

石榴婚式と早稲田政経入試日  閑話

今日は18回目の結婚記念日です。調べたところ、18年目は「石榴(ガーネット)婚式」と言うそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
18年前の私たち夫婦です(笑)
そして、2月20日は我が母校・早稲田大学政治経済学部の入試日でもあります。私が受験生だった頃は2月21日でしたが、いつからか20日になり、私の結婚式と婚姻届を出す日も大安と重なった1999年2月20日にあわせた次第です。

今日のこの日を目標に頑張ってきた数多くの受験生がいます。最高の記念日となるよう、受験生の健闘をお祈りします。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/19

今日は英検二次試験  TOEIC・英検など

今日は英検二次面接試験の日ですね。

受験される皆さん、面接官とのやり取りを楽しむ気持ちで臨みましょう。皆さんが思っている以上に点数は取れてます。最後まで諦めずに「英語を話したいんだ」という気持ちを前面に出せれば、結果はついてきます。

Hang in there!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/18

受験英語こそ王道  トラスト英語学院

よく「英語はコミュニケーションのためにあるのだから、話せなければ意味がない」と言われますが、広辞苑によるとコミュニケーションの定義は「社会生活を営む人間の間に行われる知覚・感情・思考の伝達であり、言語・文字、その他の視覚・聴覚に訴える各種のものを媒介とする」とあります。

国公立二次試験を一週間後に控え、仕事柄、抽象度の高い学術的な文章を読む機会が増えますが、このような難しい英文が正しく読めるということは、その英文を記した筆者とのコミュニケーションが英文を通して正しくできていることになります。

文章として文字であらわされている英文を適切に解釈読解できる英語力があれば、話す英語を身につけるのは意外とスムーズです。「日本人は英語が読めるのに話せない」ともよく言われますが、ほとんどの日本人は英語が的確に読めていないのが実状です。難関大学に合格できるだけの英語力があれば、スピーキングの向上は時間の問題。だからこそ私は、文法と英文読解を礎とする受験英語にこだわり、東京大学・京都大学・早稲田大学・慶応義塾大学・上智大学等の難関大学入学試験の英語が難なく読める骨太な英語力の構築を目指し、生徒たちを指導しております。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/17

望む結果を引き寄せる  閑話

昨日の誕生日は素晴らしい一日となりました。個人事業主の方ならこの時期最も気に病む確定申告を初日に済ませ、お天気も春を思わせる穏やかな快晴。そして、フェイスブックではたくさんの方からお祝いメッセージをちょうだいし、心が穏やかになりました。

そして、そんな落ち着いた心の状態が、あらゆることにプラスに影響し今後につながっていくことを感じられた日にもなりました。己の心のあり方が望むものを引き寄せるのだと実感しています。本当にありがとうございます。

大学受験は国公立二次試験まで一週間となりました。大学受験も「自分は絶対に受かる」という強い心と行動力が、望む結果を引き寄せます。さあ、最後の追い込みです。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/16

45歳の決意  トラスト英語学院

今日は45歳の誕生日。ついに四捨五入で五十路を感じる歳になったわけですね

そして毎年のことですが、2月16日は確定申告の初日ということで、朝一番で税務署に書類を提出してきました。個人事業主なので決算書を作成するわけですが、創業3年目を終え、これまでの決算書と比較すると事業も軌道に乗ってきたことが実感できます。

中小企業庁の集計データによると、約4割の個人事業主が開業1年で廃業し、それ以降、開業3年で6割、開業6年で8割、開業10年で9割が廃業するそうです。開業3年目の生存率は4割弱・・・◎o◎

多くの方のお力添えのおかげでこの3年間を乗り切れたことに感謝するとともに、4年目以降も全力で走り抜けたいと気持ちを引き締めております。

これからも、大学受験や英語の勉強を通じて、自分の人生を自分で切り開いていく強い心を持った人材が育つ場所を提供してまいります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/15

英語でも因数分解を  指導現場にて

各中学の3学期期末テストが近づいていますが、中2生は受動態がテスト範囲になっています。

受動態は「be動詞+過去分詞」で覚えている生徒が多いですが、これは危険です。受動態は、@能動態の目的語を主語にし、Abe動詞+過去分詞でつなげる、という順番を踏まないと容易に間違えます。

そして、能動態の文章から受動態を作る練習問題はあるのですが、その逆をやらせる問題集は少ないのです。数学では展開をやったら次に因数分解を習うのに、英語でそれをやらないのは不思議です。
だから、Books are sold at the store.を能動態に直させると、The store sells 〜 と、間違ってしまう生徒が多いのです。

能動態→受動態、受動態→能動態の書き換えを常に首尾よくできるようにしたいですね。これが英語を自由に操られるようになるトレーニングです。
クリックすると元のサイズで表示します
今朝は朝から雉が姿を見せてくれました。春は近づいています。



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/2/14

目標へ向かって着々と  閑話

一昨日の日曜日は、遠く木曽谷から高2生が当学院へ見学に来られて、入学手続きを受付させていただきました。午後は英検二次面接試験も近いため、中2生に臨時で対策授業を行いました。

昨日の午前中は、12km、67分のジョギングで一週間のスタートを切りました。最近は平日に10kmを走るのも普通です。それだけ走って午後に筋トレをしても疲れなくなってきました。体力の向上を実感する春。今年の目標の一つである諏訪湖一周16kmを走ることも、この調子なら可能かも知れません。来月あたりにチャレンジしようかな(*^^*)
クリックすると元のサイズで表示します



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ