2017/3/31

1996年3月31日の思い出  閑話

今日、3月31日は年度大晦日。21年前の1996年3月31日は、学生時代最後の一日ということで、今でも記憶に残っています。

翌4月1日に就職先である地方銀行の入行式を控えていた私は、式が行われる本店営業部の近くにあるビジネスホテルを予約していました。確か午後7時くらいに実家を出て、2時間近く列車に揺られました。車内では日経新聞を読んでいました。おそらく翌日の社会人デビューに備えてのことでしょう。

ホテルでは、静かに過ごしました。そして、日が変わる時、独りカウントダウンをしたのを覚えています。

「これで学生時代は終わり。明日からはいよいよ社会人だ・・・」と。

私は2浪した後に大学4年を過ごしたので、他の方より学生時代を長く謳歌できたと思います。6年間のモラトリアムで経験したこと・得たことはたくさんありました。しかしその一方で、学生という安泰な身分にマンネリを感じ、早く社会人になって大人の仲間入りをしたいという願望もありました。21年経って、あの時期に戻りたいと思うこともしばしばですので、人間の気持ちなんていい加減なものですね('◇')ゞ

明日からは新年度です。社会人になり、新しい環境で生活をスタートさせる方も多いと思います。新たなスタートは、期待と不安が入り交じり、日々が緊張感と充実感の交錯です。しかし、その一方で間違いなく、新スタートはマンネリズムの道を歩む第一歩でもあるのです。
クリックすると元のサイズで表示します
社会人としての歩み道は、先の見えない時があるかも知れません。でも、自分の信じた方向に自分でレールを敷き、歩を進めていくしかありません。陳腐な言葉ですが、初心を忘れずに、新しい道を歩んでいって下さい。

社会人初日、配属支店の営業室に初めて入って行く時の緊張感、思い出すな〜。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/30

実行力  閑話

祖母の葬儀や雨、そして春期講習中ということもあり、ランニングの時間の確保が難しいですが、朝食前後の時間を使って走れています。

昨日と今日は、出勤前になんとか30分・5q走ができました。少しずつでも隙間時間を使って継続する。英語の勉強にも当てはまることです。

さあ、いよいよ3月末。春の到来。3カ月前の新年の決意はどうですか?実行できていますか?目標を掲げるだけでいつまでも“絵に描いた餅”では、何も変わりません。この春、行動に移しましょう!
クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど一年前に訪れた伊良湖岬。昨年よりも変わった自分、成長した自分を感じられるよう、時を重ねていきたいですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/29

別れ、そして、出会いの時  指導現場にて

昨日の午前中は、1年半にわたって英語を指導させていただいた社会人の方との最後の授業でした。社会人入試で見事に大学合格を果たし、来月から大学生となる彼女は、1年半前とは見違えるほど、全身から自信と希望があふれ出ていました。彼女から最後にいただいた花が、彼女の明るい未来を代弁してくれているように思います。
クリックすると元のサイズで表示します
そして昨夜は、新高3生の入塾もありました。第一志望の大学合格に向けて走り出す姿は、これから自分の未来を切り拓いていこうという、初々しいながらもどこか頼もしさを感じることができます。

勉学は、自分の進むべき道を確実に案内してくれるチャートであり、コンパスです。そして、それらを手にしようとする生徒たちと毎年この時期に繰り返される、別れと出会い。彼らのバックアップをするのが自分の仕事であると、改めて思います。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/28

祖母の想い  閑話

祖母の葬儀が終わりました。逝去から火葬と葬儀まで、わずか3日間。命の儚さを感じると共に、改めて誠実に生きていこうと思えた時間でした。

祖母は私が浪人したとき、合格祈願のために、高遠の鉾持神社の本殿へ、300段以上の階段を毎日お参りしてくれたそうです。

常に周りを思うことが巡り巡って自分に戻ってくるという「情けは人の為ならず」を実践したのが祖母だったと思います。周りの幸せを想い、心安らかに時間を重ねる・・・。その結果が103歳の大往生につながったのだと確信しています。

仁徳が人徳につながった祖母を見習い、その想いを次の世代へ紡いでいくよう、これからを過ごしてまいります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/27

プラス思考の果て  指導現場にて

「無理だと思うけど、医者になりたい」と言った中1生を叱責しました。

夢や目標にマイナスな枕詞がついている限り、それは決して実現しません。常に前向きなプラス思考を心がける。思考が言葉になり、言葉が行動になり、行動が人生となります。言霊は存在します。

気持ちも新たになる春。新たな目標に向かって、プラス思考を積み上げていきたいですね(^^)v


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/26

大往生  閑話

第一次世界大戦勃発、東京駅が開業した1914年生まれで103歳の祖母が、逝去しました。間違いなく大往生。

白寿のお祝いをした4年前が思い出されます。

おばあちゃん、ゆっくり休んでください。合掌。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/25

2016年度合格実績  トラスト英語学院

国公立大学後期日程の合格発表も終わり、2016年度の入試もエピローグを迎えました。3月24日(金)現在で判明している合格校です。

【国公立大学】
 ・筑波大学 生命環境学群
 ・新見公立大学 看護学部

【私立大学】
 ・上智大学 総合グローバル学部
 ・中央大学 法学部
 ・青山学院大学 文学部
 ・立教大学 文学部
 ・芝浦工業大学 建築学部
 ・日本大学 文理学部
 ・東京家政大学 家政学部
 ・駒澤大学 文学部
 ・日本福祉大学 子ども発達学部 他

【大学院】
 ・北海道大学大学院 農学院

【専門学校】
 ・神田外語学院
 ・中日本航空専門学校

【英 検】
 ・2 級 6人
 ・準2級 4人
 ・3 級 1人
 ・4 級 3人
 ・5 級 2人

素晴らしい結果を残してくれた学院生たちを誇りに思います。結果を残すために己と戦うその姿こそ、これからの人生を生きていく上で求められる姿です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/24

英語で広がる世界  トラスト英語学院

昨日の午後、欧米人らしき男性が突然の来塾。

「英会話を教えたいのでパートで働くチャンスはないか」ということで、丁重にお断りしました。しかし、もちろん会話は all English だったので、久しぶりに英会話を楽しめました。

英語を使って事も無げに会話ができるって素敵なことだと、後から実感が湧いてきました。「英語を教えることを生業にしているから当たり前だろ」と言われればそれまでだけど、母国語以外が話せるって、世界が広がりますね(^^)

留学の経験はありますが、私の英会話力の礎は大学受験とTOEICであることは間違いありません。留学も15年前のことですので、放っておけば錆びついているはずです。受験英語やTOEICでも、常にそれらを用いて実践的な勉強を心掛けていれば、会話も普通にできるようになりますから、要はやり方ということでしょうか。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/23

何事も続けてみなければ  子育て

次男(小1)が通うスイミングスクールからのお便りに、以下のようなことが書かれていましたので引用します。
お父さん・お母さん!子供のためって何でしょう?

どんなことでも、最低ラインのことを身につけようと思うと、ある程度の時間が必要となります。

水泳も、少し習っただけで上手くなれば皆がオリンピック選手です。子供達は壁にぶち当たったり、それを乗り越えたりする中で、これからの人生にとって必要な、色々なことを学ぶはずです。

子供が「やめたい」と言うから「やめさせる」ことが、本当に親として子供への教育でしょうか?

この新聞を読んでいただいたお父さん・お母さん、ぜひ今一度お考えいただければ幸いです。

このような記載は避けられる風潮がある昨今において、載せたのはスクールの英断であったように感じます。反論はあるだろう、でも、真に子供たちのことを考えれば、やはり伝えなければならない・・・。そんな葛藤があったと思います。

水泳などのスポーツに限らず、ピアノなどの習い事、そしてもちろん勉強にも当てはまることです。子供の意志を尊重することが、親と子が望む将来を担保するわけではありません。お互いに話し合い、様々な可能性を考慮の上、決断していくことが大切ですが、そこに「逃げ」の姿勢があっては、建設的なものは何も生み出されません。成果を出すには継続という名の忍耐が必要です。



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/22

春休みも変わらずに  子育て

次男(小1)が春休みとなり、朝からずっとうるさい賑やかな我が家ですが、長期の休みこそ何かを成し遂げた達成感と充実感を得ることが大切です。長男(中1)も今週末から春休みになりますが、それぞれの目標をすでに先月末に設定し、走り始めています。

・長男 漢検準2級(高校在学程度 1940字) 数検4級(中学校2年程度)

・次男 漢検7級(小学校4年生修了程度 640字) 数検9級(小学校3年程度)

毎日やるべきことをやる。そして、結果を残す。当たり前のことを当たり前にやっていった先に、大きな果実が存在します。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/21

趣味の重要性  趣味

一昨日の「春の高校伊那駅伝2017」での高校生の激走、そして、「板橋Cityマラソン2017」で友人数名がフルマラソンを完走、しかも皆がサブフォー(4時間以内の完走)したのに刺激を受け、昨日の春分の日は、暑い日差しを浴びながら、楽しく12kmを走ってきました。自分と向き合えるランニングは、最高ですね。

今や私の趣味となったランニング。走っている最中は、自分の体調や天候を考えながら、体に最も負担がかからない走りを追求していますが、そのように集中できる時間があるからこそ、仕事のアイディアがフッと浮かんでくることが多いです。趣味の重要性をそんなところでも感じることができます。

以下の言葉は、早稲田大学時代の同級生で、何度もフルマラソンを完走している友人の言葉です。
マラソンは自分と向き合うスポーツ。

自分の走力や体調から自分に合った練習を積み重ねる。無理や焦りは禁物。

ランニングは一生涯継続楽しめるスポーツ。他人の真似して無理を重ねた結果、怪我で走れなくなるのはもったいない。

自分流のトレーニングを忘れず、ランニングライフを楽しむのが一番大切ですね。
他人の真似をせず自分流を追い求める。人生の縮図のような気がします。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/20

目標は常に高く  指導現場にて

今日は春分。この春で、塾業界で13年間を過ごしたことになります。

そして、学年が変わるこの時期、新年度からの勉強姿勢を改めようと、特に中1・2生の保護者の方から相談を多く受けます。中学生を13年間指導してきて気づいたことを以下に記します。

1・2年生の時に5教科で400点以上とれていたとしても、テストの得点アップだけを狙う勉強では、3年生になって必ず点数と偏差値が落ちる。生徒本人は「ケアレスミス」と言っているが、プロから見れば、基礎力の無さが露呈しているだけ。その姿勢を正すには本人の意識改革が必要なため、相当な時間がかかり、タイムオーバーとなって入試を迎えてしまう場合が多い。


そして、目標を達成しようという意識が下がり、志望校を下げた瞬間から、それまで以上に学力の伸びが鈍る。そして悲しいことに、下げてしまったそのレベルに、学力が収斂していってしまう。また、後刻、そのレベルから抜け出そうとしても、不可能と思えるくらいの努力が必要となる。

よって、以上の逆をやれば、学力は伸び、高いレベルに維持できます。特に後者は昨日のアメトーークの勉強大好き芸人で、オリラジの中田さんが言っていた「超難関校しか受けない」ということにも通じます。高校入試と大学入試では状況も違うでしょうが、高い目標を目指さない限りは学力は低下していくということは、共通して言えることです。

オリラジの中田さんは4月8日に『大合格』という本を出版されるそうです。これは絶対に買いですね!


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/19

10年の時を経て  英語勉強法

10年前に出版した拙著『インプット重視の英語学習法』が、先週発売された講談社α新書『一生モノの英語力を身につけるたったひとつの学習法』で紹介されているそうです。嬉しいですね(*^^*)
早速、注文しました。読後の感想をまたアップさせていただきます!


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/18

新高1生へのエール  指導現場にて

昨日は高校入試の合格発表。

多くが、達成感に包まれ、これからの新生活に思いを馳せて希望に満ち溢れていることでしょう。

でも、その充実した気持ちは、一ヶ月、二カ月・・・と、時が経過するにつれ薄らいでいきます。

すべての新高1生よ、今のアツい気持ちを忘れるな!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/3/17

春を感じる  趣味

本格的な春を感じさせる陽気が続くようになり、趣味のランニングも絶好調です。

昨日は6分/kmのゆっくりペースで11km、1時間余りを走りました。体全体に太陽を浴びながら、春を感じることが出来るランニングは、まさに“走春”。今月はすでに60km以上を走っており、目標としている毎月100kmの走り込みも出来そうです。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は庭のクロッカスも満開!Savor every moment of each season.


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ