2017/5/31

望む人生を歩むための勉強  指導現場にて

ある高校生を叱責しました。

目標を達成したいと思ってはいても、何もしなければ何も変わらない。結局それまでの自分と変わらない。

一つの英文を、時間を忘れるくらい何十回も音読したことがあるか?

一冊の単語帳を完璧に覚えるために、一週間、それだけに没頭したことがあるか。

自分の壁を超えるには、相応の努力をしなければならないし、それは時に辛いこともあり、辛抱をしなければならない。でも、毎日少しずつ継続していれば、必ず出来るようになる。

夜寝る時、もう一度考えてみるといい。

やれなかったのか、やらなかったのか?「英語ができるようになりたい」と理想だけ言っていても、行動しなければ何も変わらない。

「今日くらいはいいか」「明日から頑張ろう」・・・、そんなんではいつまでも経っても何も変わらない。今変わらなければ、数年後、狭まった選択肢の中からしか人生の道を選べない状況になっているかも知れない。

人生の選択肢を広げるチャンスはすべて己にかかっている。行動すれば変えられる。勉強とは、自分の望む人生を歩むための試金石のようなもの。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/30

地元を知る強み  トラスト英語学院

快晴のお天気が続く信州伊那谷です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Mountains are reflected in the water. というTOEICのパート1でよくある文章が思わず口をついて出てくる光景ですね(笑)。

京都で塾を開業されている先生と情報交換をさせていただくようになったのですが、「地域によって教育環境は千差万別で、その地域に応じて必要な教育は変わる」という当たり前のことに、気づかせていただきました。私塾の柔軟性を生かし、地元を知る私自身だからこそできる英語教育の強みを生かして、これまで以上に地元・長野県伊那市に必要とされている教育サービスを提供してまいります。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/29

思い出のイチゴ  趣味

5月最終週が最高の五月晴れでスタート。今日は信州伊那谷も真夏日になりそうです。

昨日は庭仕事に精を出し、イチゴ畑を手入れしました。イチゴ狩りなどは水耕栽培で、自宅で育てる場合は土耕栽培がほとんどでしょう。我が家も庭の一角を耕して土で育てています。
クリックすると元のサイズで表示します
我が家のイチゴ
今日は今までの人生で一番おいしかったイチゴの話です

銀行員時代、外回りの渉外担当になって一ケ月目。営業のイロハも分からず、手探りで毎日お客様のお宅を周っておりました。ある農家のお宅にお邪魔させていただいた時、自宅用に育てているイチゴをお茶請けとして出していただきました。

そのイチゴを口に入れた瞬間、今まで感じたことのない深い甘みと上品な香りが口の中に広がりました。「これ、美味いですね・・・」とついつい本音が出てしまったのを覚えています。その次の時にお邪魔するとイチゴのスムージーを出していただいたりして、お客様との関係が深まっていく営業の楽しさを感じることが出来ました。

あの時のイチゴの味が忘れられないので、今も庭でイチゴを育てているといってもいいかも知れません。さあ、今年の出来はどうなるでしょう。

追記:今朝収穫したイチゴたちです!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/28

「なんちゃって英語」からの脱却  指導現場にて

先週、小6生に不定詞を指導しました。

私が小6から高1まで通っていた個人のお宅で行われていた英語塾で教えてもらった内容をそのままに指導しました。1980年代半ばの当時、英語を専門とした塾は珍しかったのですが、口コミで噂が広がり、中学を卒業するころまでには50名以上の中学生が通っていたと記憶しています。

30年以上も前に教えてもらった内容を、そのまま次世代の子供たちに伝える。知の伝承者みたいですね。

小学校で英語が導入され、大学入試でも4技能が重視される時代になりました。そのため、幼少の頃から英語に触れさせる機会を増やすご家庭が増えたのはいいのですが、子どもの英語教育がいつまでたってもゲームや歌というのも疑問に感じます。小学生であればきちんと文法を教えて、論理的に英文をとらえる思考回路を作らないと、いつまでたっても「なんちゃって英語」からは脱却できません。

だからこそ、私は小学生でも英語学習の経験と実力を鑑みて、不定詞・動名詞・分詞・完了形・受動態・関係代名詞・間接疑問文・仮定法等々、バリバリ指導しています(^^)v
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/27

自分の道を生きる  趣味

『スマイル!笑顔と出会った自転車地球一周157ヵ国、155,502km』を読了。
著者の小口良平さんは長野県岡谷市出身。私の住む伊那市とは車で30分ぐらいしか離れていませんが、こんな近くにこんなにも大きな冒険をした方がいらしたとは、恥ずかしながら知りませんでした。誰もが一度は考える、自分の生まれてきた意義や存在価値。類まれな行動力で、そんな自分探しを完遂した男の冒険日記です。

>>小口さんのブログ「世界一蹴、ちゃりんこ世界一周の旅

章の多くが大陸ごとの旅日記ですが、最後の章では旅を通して感じた小口さんのアツいメッセージが盛りだくさんです。私は198ページにある「目標達成に必要なのはイメージを作ること」に激しく同意します。たまたま数日前のブログでも記していますが、目標に対して具体的なイメージを持てることが、日々のモチベーションになります。そして、その目標を更に短期・中期と小分けしていくことで、やるべきことが明確になってきます。


それにしても、何なんでしょう、本著を読みはじめてすぐに感じたワクワク感は?大学時代に渉猟した沢木耕太郎『深夜特急』のときのそれと全く同じだと分かったのは間もなくでした。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/26

パート2対策で磨く英会話瞬発力  TOEIC・英検など

先日の第220回TOEICで、今まで以上にパート2の難化傾向を感じることが出来たので、森田先生の難問ドリルのやり直しを始めました。
 
この2冊をもう一度やり直して、難化傾向にあるパート2対策を徹底します。

パート2では、質問文に出てきた単語と同じ単語や coffee と copy のように発音が似た単語が入っている選択肢は、間違いになる場合がほとんどです。これは、分からなくなった時、少しでも直前にあったことを参考にしようという心理(プライミング効果)を使ったひっかけの選択肢ですが、先日のTOEICでは質問文にある単語がそのまま正解の選択肢にも入ってきていました。
プライミング効果
先行の学習もしくは記憶課題が、後続の別の学習もしくは記憶課題の成績に、無意識的に影響を与えること(心理学用語集「サイコタム」より)

また、質問文に対して質問文返し、肯定文での発話に対しての疑問文返しなど、あらゆるパターンが入ってきていて、今まで以上に、会話のダイナミズムを捉える意識が求められています。

特化した対策はもちろん有効ですが、インタビューなど生の英語を聞いて、質問文に対する感度を高めていくことがもちろん最重要です。実際の英会話でネイティブに質問された時、瞬時にどのような一言を発せられるか?そういう観点で勉強すれば、TOEICパート2は非常に実用的ですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/25

指導の原点  指導現場にて

中学時代の私は、通っていた地元の小さな英語塾で、友人と先を争って教科書を完全暗誦しました。だから、中3のテストでも英語は常に90点以上で学年トップを維持。中学3年分の教科書を丸暗記しているのですから当たり前です。そのモチベーションは、やはり合格したい高校が明確であり、合格する自分がイメージ出来ていたからに他なりません。そして、友人たちも向学心に満ちていて、負けたくないというライバル心が目標を達成するための源になっていました。

高校時代、中学と同じ英語塾に通い続けました。しかし、今就いている仕事から考えると想像すらできないのですが、大学に対して全くイメージが持てず、大学入試制度はもちろんのこと、世の中にどんな大学があるかすら知りませんでした。まさに井の中の蛙、大海を知らず。合格のイメージが持てないのですから、勉強に対してモチベーションが持てず、ヤル気はゼロ。塾の先生が当時、イディオムの問題集を指導してくれていたのですが、何にも暗記せず、結局、「自分でやりたい」という退塾理由の常套句を言って、塾を辞めました(苦笑)。今思えばもったいないことです。

目標に対して具体的なイメージを持てることが、日々の勉強へのモチベーションとなります。イメージが持てない場合は、そのイメージを持たせてくれるきっかけとなる指導者に出会えることが転機となります。私の指導の原点はここにあるように思います。

一地方の中高生は、都市部の中高生と違い、大学受験に対する認識が甘すぎます。地元の公立進学校に合格すれば、大学合格も思い通りになるという儚い幻想。この幻想から抜け出させ、現実を教えて、新たな高い目標に対する具体的なイメージを持たせることが、自分の将来を自分で決めることができる原動力となります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/24

今こそ「読む」英語力  指導現場にて

ある中3生に、中学校での教科書の進捗状況を聞いたところ「全然進んでいません´_`」という返事。GWが終わり既に二週間以上が過ぎているのに、GW前の Lesson2のPart2から何も進んでいないようなのですΣ(・□・;)

様子を聞くと、ネイティブのALTがやって来て、発話を意識したゲーム的なことを授業でやってはいるが、最初に全員が立たされて発言した人から座らされて、その後は最後の1人が座るまで発言の機会はなし。その生徒本人も「授業の四分の三がそんな状態。せめて半分は教科書を使って授業をしてほしい」と言っていました。

コミュニケーションだのスピーキングだのという口実で通常の授業が遅れ、最後に慌てて教科書を進めるのは毎年のこと。これでは生徒たちの英語力はつきません。ALTの生の英語に触れる意味合いも分からなくもないですが、それは生徒の側に基本となる英語力があればのこと。まずは教科書を徹底し「読む」英語力=リーディング力をつけなければ、時間を重ねるにつれて取り返しがつかないことになります。ゲームや歌、そして、ネイティブとちょこっと話しただけ(それもあいさつ程度でしょう)で英語ができるようになれば、誰も苦労しません。現場で教えている中学校の先生の中にも疑問を感じていたり、混乱もあるはずです。

英文を正確に読むことができる力もないのに、コミュニケーションや会話などのアウトプットができるわけがありません。コミュニケーションだのスピーキング力だのといういかにもそれらしい名目の下、英語指導でリーディングが軽視されてだいぶたちます。「何かが違っている」と気づく英語学習者も増えてきています。

今こそ、インプットを中心とした「読む」英語力が見直されるべきです。それが、スピーキング等のアウトプットの英語力の開花につながります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/23

TOEIC熱の証拠  TOEIC・英検など

TOEIC公開試験の後はブログのアクセス数が増えます。それだけTOEIC受験者が多く、毎回のTOEICが終わるたびに、TOEICKERと呼ばれるブロガーの感想を読むことで次回へのきっかけにしようと真剣に取り組んでいらっしゃる学習者が多い証拠だと思います。

英検の受験者数は339万人(2016年度)、TOEICは240万人(2014年)ですが、英検の受験者は「実用英語技能検定」「英検IBA」「英検Jr.」 の志願者数の合算です。2013年度にはTOEICは236万人、実用英語技能検定は235万人でTOEICが初めて英検を受験者数で抜いたことはニュースにもなりました。今やTOEICは英検と肩を並べる英語資格試験なのです。

さて、ここにTOEIC人気を裏付けるデータがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
今月14日の信濃毎日新聞朝刊で紹介されていた三省堂のベストセラー。全ての書籍の中で、TEX加藤先生の『金フレ』が10位!TOEICの単語集がランクインするって凄いことですよね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/22

第222回TOEICに向けて  TOEIC・英検など

昨日の第TOEIC220回TOEICから一夜明け、冷静にテストを振り返り、反省点と今後の課題が見えてきました。

リーディングを20分前に解き終わるという目標のもと、TOEIC用の問題集類の他に、英字新聞などネイティブが触れる本物の英語を教材として、高地トレーニングをしてきました。結果、昨日はいつもより5分多い15分を残して解き終わることが出来ました。

その一方で、7つのパートの中で苦手意識のあったパート2が、昨日のTOEICでは難化したように思い、自信を持って解答できない問題が散見しました。リスニングに関してもインタビューなどの応答が入っている生の英語をもっと多く聞いたり、パート2の難化に対応した問題集をもっとやらないといけません。

浮き彫りになった課題に対しては速やかに対応して、次回に備える。そんな当たり前のことを教えてくれる試験がTOEICですね。そして、きちんと対応した備えをしておけば、相応の結果を与えてくれるのもTOEICです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/21

第220回TOEICの感想  TOEIC・英検など

自身62回目となる第220回TOEICを受験してきました。受験された皆さん、お疲れ様でした。会場は松本医療福祉専門学校で、140名が受験。しかし、私の受験した教室は30名中10名が欠席していて、スカスカでした。

以下、個人的な感想を勉強法も含めて記します。

【リスニング全般】
小人数教室でしかもスピーカーからのリスニング。条件は最高です。音量が少し小さかったですが、文句は言わずそのまま受験しました。

【パート1】
特に難しい問題はありませんでした。
受け身の進行形と現在完了形の微妙な違いがありましたが、無難にクリアしました。

【パート2】
ヒントになるものが何もないので、リスニングの中で一番苦手なパートです。今回は平叙文に対する応答文が多かったです。文章が比較的長く、内容も推測しづらいものが多かったので、かなり難易度が高かったと思います。

【パート3とパート4】
新形式からパート3は13セット×3問の39問、パート4は10セット×3問の30問。チャートやイラストが含まれ、3人の会話も2セットありますが、旧形式と同様に「設問の先読み」→「内容推測」→「聴きながら解答」→「解答指示アナウンスの時に次のセットの設問を先読み」のリズムが大切です。パート4のNo.89〜91のセットが全く頭に入ってこなくて頭が真っ白になりましたが、その後は何とか立て直せたかなと思います。

【パート5】
いつも通り文法・語彙問題とも満遍なく出題されていました。特に迷ったものはありませんでしたが、最上級と組み合わせて使う特殊な形容詞が問われていて、大学受験のような問題もありました。

【パート6】
新形式は4セット×4問の16問。文挿入も各セットで問われますが、紛らわしい選択肢はなかったように思います。空欄の前後関係を意識しつつも、全体の流れ意識すれば大丈夫です。

【パート7】
新形式ではダブルパッセージ(DP)だけでなく、トリプルパッセージ(TP)も出題されるため読ませる量が増え、受験者を最も悩ますパート。今回はパート5を8分、パート6を8分で通過し、14時01分頃に約60分残してパート7に突入。解き方は、今回もいつも通りHUMMER式を採用しました。最近のパート7は長文化しているので油断せずに全精力を傾けました。No.176のDPに突入したのが14時21分、No.186のTPに取り掛かったのが14時29分。終了15分前の14時46分に完答し、迷った問題の再検討や全体のマーク漏れチェックも出来ました。長文化・難問化する近年のTOEICだからこそ、己に課している目標は終了20分前に解き終わることですが、今日のTOEICは15分前に完答。最近は10分残す程度だったので、今日は普段のトレーニングの成果を感じることができました。


TOEICの数週間前からの緊張感と高揚感。終わった後の達成感と開放感。そして、全国の多くの受験者・学習者とつながれるのもTOEICの醍醐味。そして、常に進化しているTOEIC。今日はリスニングで新たな難化の傾向を感じました。次回の7月の受験までにリスニングで感じた違和感を正常なものと感じられるようにトレーニングをつんでいきます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/21

2カ月ぶりのTOEIC  TOEIC・英検など

今日は自身62回目の第220回TOEICです。

レベルや内容・難易度は関係ない。日々自分でやると決めたことができているかが試されるのがTOEIC。自分に課した日々の英語トレーニングが確実にこなせているので、大丈夫なのです。

TOEICは逃げない。TOEICは常にそこにあり、受験者の挑戦を待っていてくれます。一問一問と真摯に向き合い、楽しむのみ。

受験後の感想は、午後7時以降にアップ予定です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/20

「麦」から学ぶ  英語勉強法

自宅近所の休耕田で麦がすくすくと育っています。
クリックすると元のサイズで表示します
「米」が rice であることはほとんどの人が知っていますが、果たして「麦」はどうでしょうか。麦の種類も含めて意外と知られていないのでまとめておきます。

小麦・・・wheat
大麦・・・barley
ライ麦・・・rye
オート(からす)麦・・・oats
蕎麦・・・buckwheat
小麦粉・・・flour
麦芽・・・malt
麦茶・・・barley tea

そもそも、私は小麦と大麦の違いさえ認識していませんでした。

小麦・・・主たんぱく質はグルテン。パン、うどん、パスタ、お好み焼きに使われる。
大麦・・・主たんぱく質はホルデイン。ビール、麦飯、麦茶、味噌に使われる。

近所で撮った上の写真は大麦でしょうか。ネットで画像検索しましたが、なかなか区別が難しいです('◇')ゞ


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/19

音読を徹底するだけで  英語勉強法

2020年度、つまり、現在の中学3年生が受験する時から変更される大学入試制度の概要が固まりつつあり、教育関係者の中では当然の様にその動向に注目が集まっています。英語は「話す・書く」の能力も測りたいため、英検などの民間検定試験を利用することになりそうです。

しかし、慌ててスピーキング対策をしようとするのは愚の骨頂です。そんな付け焼刃的にやったところで英語が話せるようになるわけがない。そもそも単語・熟語・文法・構文等の基本的な英語の知識がインプットもできていないのにスピーキングの練習をしたところで身につくものは何もありません。しかも、例えば英検でのスピーキングの比重を考えてみても分かるように、まずは「読む・聞く」ができて一次試験に合格できなければ、スピーキングの二次試験は受けられさえしないのです。

慌てることはありません。従来の大学入試対策で言われてきた英語の勉強を徹底すればいいだけのことです。覚えるべきことは暗記し、そして何より、多くの学習者がその効果と重要性は認識していても出来ていない勉強法である音読を徹底するだけで「話す・書く」の対策までできると、断言しておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
写真は私の大学受験時の英文音読ノートです。精読した一つの英文を20回、30回と音読し、英文の数を積み上げていけば、スピーキングに関しては、英検準1級二次試験レベルまでは対応できます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/5/18

旬な英単語 paralegal  英語勉強法

眞子さまのご婚約報道で祝賀ムードの日本列島ですが、お相手の小室さんがご自身の肩書きをパラリーガルとおっしゃっていました。「弁護士補助員」と訳せますが、実はTOEICでもよく出てきます。専門的な法律知識が関連することはもちろんTOEICでは問われませんが、弁護士事務所がシチュエーションとなっている問題文はよく出題されます。

ロングマン現代英英辞典では次のように定義されています。

paralegal
… someone whose job is to help lawyers do their work

para- という接頭辞は「より高度な専門知識を持っている人を助ける」という意味があります。paralegal の他に paramedic(上級救急救命士)も覚えておきたいですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ