2017/10/31

最も分かりやすいTOEIC文法書  TOEIC・英検など

HUMMERさんの新刊『マンガで攻略!TOEIC L&Rテスト 文法対策』をご献本いただいたので、週末、早速取り組ませていただきました。
ストーリー性を持たせるために漫画で書かれていますが、TOEICで問われる事項を中心に据えて、しっかりと文法が解説されています。その根底に共通してあるものは、主語(S)と動詞(V)を中心に英文構造を見抜く力を養うことであり、首尾一貫しています。

漫画で書かれてはいるが、実は硬派な一冊で、巻末の実践テストを含め、収録されている問題はすべてTOEIC本番のレベルで、決して簡単ではありません。本番で狙われやすい単元にフォーカスしているので、繰り返すうちにTOEICの頻出パターンが身につき、高得点に結びついていくはずです。著者のHUMMERさんの想いがストレートに表れている気がします。

英語の初学者というより、英語の勉強をやり直すためにTOEICを受けようとしている社会人、TOEICの点数に昇給・昇進がかかっている社会人にはうってつけの一冊です。本著でTOEIC頻出事項の文法を習得し、中上級者への階段を駆け上がりましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
二週連続の台風もあり雨ばかりでしたが、ようやく、いいお天気が続きそうな信州伊那谷です。英語の勉強でも「視界良好!」といきたいですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/30

英語力を変える一冊との出会いを  取材・出版関係

昨年同様、晋遊舎『英語教材完全ガイド2018』に協力させていただきました。


クリックすると元のサイズで表示します
教材はもちろんですが、勉強法などにも言及されていて読み応え十分の一冊です。プロが選ぶ教材で、英語力を効率的にアップしたいですね。

しかし、いくら英語のプロが薦めるからといって、万人に効くものはありませんし、それぞれに一長一短があります。もし今ご自分のやりかかっている参考書類があれば、まずはそれを徹底してやってみるのも一手です。そして、何度も繰り返し、その著者以上にその本に関しては詳しくなったという実感が持てたら、次の一冊に取り掛かりましょう。

私は、濱崎さんからご献本いただいた新刊や、横山先生の音読本に取り掛かる予定です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/29

英語が話せない根本原因  指導現場にて

英検の一次筆記試験の結果が発表され、来月行われる二次面接試験対策を行っています。

毎回思うことですが、生徒と英語で会話していると、途中で止まってしまう生徒が多いです。もちろん、英語を自ら発することに慣れていないのが原因ですが、もっと根本的な原因は、日本語で話していた時も、自らの意見を持っていなかったり、持っていたとしても会話の中で自分の考えを理解してもらう時に、文章として最後まで言い切らず、理解を相手にゆだねてしまっているからだと思います。

改めて、普段の会話を見直してみてください。日本語は最後に動詞がきますが、すべての会話でその動詞まで言い切っていることが多くないはずです。

島国で以心伝心の日本語文化では、相手が言いたいことを推測し、相手が言い切る前にそれをくみ取るのは当然のこと。しかし、大陸の言語である英語文化では、主語と後にすぐに動詞が来るため、まず結論を言い切らなければならず、日本語文化圏にとってはそもそも相容れないのです。

英語を話すには、英語力を高めるのはもちろんのこと、何事にも意見を持ち、普段の日本語から、最後の動詞まできちんと言い切る習慣をつけることが大切です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/28

必然的結果  指導現場にて

以前も紹介させていただいた小6の女の子が、英検4級に合格しました。

確実に言えることは、努力は嘘をつかないということ。そして、その努力が結果をもたらし、自分の望む未来へ導いてくれるということ。
クリックすると元のサイズで表示します
音読を徹底!
合格証を手にした彼女は、はにかみながらも、その表情には自信と矜持が同居していました。生徒が成長していく姿を目にすることは、何物にも代えがたい喜びです。
クリックすると元のサイズで表示します
近所のイチョウの黄葉が見頃を迎えています。昨日は思わず、木の下で見入ってしまいました。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/27

英検準1級を受けよう  TOEIC・英検など

英検準1級と聞くと難しいイメージを抱きます。英検2級が「高校卒業程度」であるため、大学受験生は2級に合格することを目標としており、「大学中級程度」である準1級は手の届かないところにあると感じてしまいます。

確かに、最初の25問の語彙問題は、難しく感じるかも知れません。センターレベルの大学入試や2級で必要とされる語彙は5,000語程度ですが、準1級は7,000語以上は必要でしょう。しかし、全てが難しいわけではなく、大学入試に必要な語彙が多いことに気づきます。そして、長文で使用されている語彙は、語彙問題で問われるほどのものはなく、MARCHレベルの大学を目指している受験生であれば、何の抵抗感もなく読めるはずです。

大学入試では英検準1級に合格していると、満点扱いをしてくれるところが多くあります。大学受験生、特に、英語が重視される外国語系・国際系を目指す受験生は積極的に英検準1級にチャレンジしましょう!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/26

変わる瞬間  指導現場にて

「出来ないと思っていたけど、勉強をやっていくうちに出来ると感じられるようになりました。今はもっと上を目指したい。大学でやりたい勉強を追究したい」

これは、ある高3生の言葉です。

なぜ大学受験をしなければならないのか?今までは勉強から逃げてきて、安易な道を探ったこともあった。しかし、弱い自分と対峙し、意を決して勉強と向き合ったことで自信が醸し出され、それによって人生の可能性が広がる意義を知る。これこそ、勉強することの効用だと思う。

人はいつでも変われます。その瞬間は見ていて清々しくあり、輝きを放っています。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/25

いざ二次試験へ!  指導現場にて

一昨日以来、英検の一次試験に合格したという嬉しい報告が続々届いてます。嬉しさのあまりか、昨日の朝7時に学院の留守電にメッセージを入れてくれていた生徒もいました^v^

3級以上は二次面接試験が11月5日or12日に行われます。二次試験は「英語の試験」ではなく、「英語を使ったコミュニケーションの試験」という本質を突き詰めれば合格は自ずと近づきます。当学院の二次試験対策受講者の合格率は95%以上です。二次試験対策をご希望の方はお気軽にお問合せくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/24

早期英語教育一考  子育て

今月8日に行われた実用英語技能検定で長男(中2)が準2級一次、次男(小2)が英検5級に合格しました。長男の一次試験のCSEスコアは2級合格点を超える得点率だったので、来年は早めに2級合格をして、準1級にチャレンジしていく予定です。

次男は幼稚園年少の頃から、聞く英語を中心に英語に触れてきました。長男も幼稚園年少から同じように始めて、小5の秋に初めて英検5級を受けさせ、その後約半年で3級に合格したので、次男も同じでいいと思っていましたが、同学年の友達が5級を受けたのに触発され、自分から受けると言ってきたので、今回受験しました。

英語指導を生業としている私が言うのも変ですが、私は小学生低学年での英検受験には懐疑的です。というのも、これまでの指導経験上、10歳未満で英検3〜5級に受かっていても、感覚的理解の場合が多く、英文法については分かっていない場合がほとんどで、その後は伸び悩み、結局、高校で他の学生に追いつかれ、または追い越されるというタイプが多いようにも感じてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
疑問詞を徹底して覚える次男
だからこそ、小学校低学年でに英検を受けさせる時こそ正統な文法知識を叩き込み、確固たる英語力の礎を構築しないと逆効果のように思います。歌やゲームなどのアクティビティで指導をごまかさずに、しっかりとした文法を教えられる指導者と、子どもの側にもその指導を受ける気力がないと、早期英語教育は徒労に終わってしまいます。

今回、小2の次男に英検を受けさせて感じたことは、合格すれば自信になるし、更なるやる気向上にもつながるということ。しかし、私の中では相も変わらず、英文法を中心とした確固たる理論を教える必要性は高まるばかりです。英検3級まではリスニング力があって単語を覚えてしまえば何とか合格してしまう場合もあるからです。子どもが自ら英検を受けると言ってやる気になっている時にあえて水を差すことはありませんが、そのチャンスこそ将来の更なる飛躍につなげる指導が必要だと強く思います。

次男には夏休み以降、徹底して基本英文法を教え、時には声を上げてかなり厳しく指導した時もありました。しかし、次男は喰らいついて来ました。子どもの性格を見極め、厳しくも温かく背中を押してあげる指導が必要だと、今、改めて思います。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/23

何を重視するか  趣味

Amazonのアフィリエイトで、紹介料がわずかですがたまったので、以前から欲しかったプッシュアップバーを購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
購入したのは山善のもので、高さが15cmあって、類似品の中では最も高く、大胸筋と上腕二頭筋を中心に効率的に負荷がかかります。これまでも毎日50回の腕立て伏せをやっていましたが、このプッシュアップバーを使ってやると、翌日全身が筋肉痛になるほどでした。

大学時代も趣味で筋トレをやっていましたが、その中心は腕立て伏せでした。当時は『現代用語の基礎知識』2冊を床に置き、その上で腕立て伏せをして負荷をかけていたのを思い出しました。効果的な筋トレは人それぞれで、何を重視するかは現在の体型や目指す体型、体調、生活習慣で変わります。私の場合は、どうやら腕立て伏せのようです。

今後もこれまでのダンベルを使った筋トレと共に継続し、ますますナルキッソス度を高めていこうと思います(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

  


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/22

一語を大切にする  閑話

『基礎英文問題精講』には、考えさせられる内容の英文が多く含まれています。
63番には、言葉に対する敬意の必要性が英文で書かれています。ひとつひとつの言葉を大切に使うと、思考もクリアーになり、自分を適切に表現できるようになると書いてあります。だからこそ、短い言葉で多くを表す詩や短歌を暗記する効用が説かれています。

詩や短歌に限らず、気に入った文章は、声を出して音読して暗誦していくと、知的財産になりますね(^^)

ちなみに、私の一番気に入っている短歌は、栗木京子さんの

観覧車 回れよ回れ 想ひ出は 君には一日 我には一生

です。中学の教科書でも紹介されていますが、子を持つ親にとっては心に何かを残す歌です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/21

十月の雨  指導現場にて

最近は雨が多い。昨日の朝方、ようやく雨が上がった。
クリックすると元のサイズで表示します
十月の雨は浪人の秋を思い出させる。頼れるものは自分しかなく、いつまでも消えることのない不安に苛まれた十月。そんな時に打ちつける冷たい雨。

大学受験生は今、みな苦しんでいる。でも、苦しみから最高の結果が生まれることを忘れてはならない。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/20

高レベルの単語  英語勉強法

今月8日に行われた英検の問題が、英検協会のHPにアップされました。いつものように、1級と準1級の語彙問題25問をそれぞれ解いてみました。

結果は、1級は25問中21問正解、準1級は25問中25問全問正解。

英検の語彙問題は毎回解いてますが、1級は20〜22問の正解、準1級は25問全問正解となります。点数がブレないことから推測できることは、英検がよくできている試験であること、そして、語彙力は一度鍛えて作り上げておくと安定するということです。

私の場合は、英検1級と国連英検特A級受験の時に徹底して語彙力を鍛えたことが今も生きています。『パス単』などの基本となる単語集は必要ですが、単語集だけではなかなか覚えられないのも事実です。私は英字新聞を読んだり問題演習で出来てきた単語をカード化して覚えるスタイルでした。
クリックすると元のサイズで表示します
何かきっかけがないと単語集の膨大な未知な単語を覚えるのは苦痛です。今月発売された『CNN ENGLISH EXPRESS 11月号』では、ネイティブが当たり前に使いこなす難解単語50個が紹介されています。すべて英検準1級以上レベルであり日本人にとっては難解ですが、海外で生活していたり英字新聞や雑誌などを読んでいると頻繁に見かけるものばかりです。まずはこの50個を暗記してみるのも、いいきっかけですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/19

TOEICの日の想い  TOEIC・英検など

今日10月19日は、一部のTOEICマニアの間では1019(トーイック)という語呂にちなんで、TOEICの日とされています。9年前の10月19日、留学でお世話になったICC国際交流委員会主催で渋谷で開かれた「TOEICスコアアップセミナー」でTOEICについて講義させていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
2008年10月19日
あの時に受講して下さった方々が、その後どのような人生を送っているのか気になるところです。そして、私自身について言えば、「自分の英語学校を開きたい」と漠然と描いていたあの頃の夢が、9年後の今、実現しています。

TOEICをきっかけに、多くの方の人生がより豊かなものになるよう、これからもTOEICと真摯に向き合っていきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/18

選挙を学びの機会に  公立中高一貫校受検

今年も12月に長野県内の公立中高一貫校の適性検査が行われます。中学校では説明会や体験授業が行われ、受検予定の小学生たちにもその雰囲気を感じることができるようになりました。

小6生は勉強のペースを乱さずに、淡々と毎日やるべき勉強をこなしていくのみです。この時期は、これまでやった問題集や模試の復習と、初見の問題を解くバランスを大切にしていきましょう。過去問演習の定番は『公立中高一貫校適性検査問題集 全国版』(みくに出版)ですが、一校分を一日で解いて復習するのは大変ですので、大問一つずつでもいいので毎日続けましょう。そして、まとまった時間が取れる週末などに一校分を模試代わりにやるのもいいでしょう。
問題を解くこと以外に、公立中高一貫校で求められている「読み取る力」「気づく力」「伝える力」を意識し直すのも大切です。今週末は衆議院選挙が行われます。選挙戦から投開票まで、学べることはたくさんあります。保護者からの問いかけ次第で子どもの論理的思考力が養われていきますので、絶好の学びの機会としたいですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/10/17

石和温泉の思い出  閑話

仕事と筋トレ・ランニングの疲れを癒しに、家族で山梨県の石和温泉に行って来ました。昇仙峡に行き、富士五湖や朝霧高原も巡って来ましたが、見事に雨が降り続け、富士山を一回も望むことができませんでした。まあ、これも旅の思い出になりますね^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
雨の青木ヶ原樹海
石和温泉を選んだのはホテル八田に泊まりたかったからです。今回の宿泊で、実に4回目でした。最初は大学4年になる直前の春休みに、ゼミの合宿でホテル八田に宿泊しました。夜中にゼミの仲間で露天風呂に入り、来るべき就職戦線に対してお互いの想いをぶつけあったのを昨日のことのように覚えています。金融を目指していた私も相当にアツい想いを友人に語りました。その22年後に我が子たちと一緒にその露天風呂に入っているのですから、不思議な感じがします。

因みに、そのゼミ合宿の岐路、三菱銀行と東京銀行が合併するという衝撃的ニュースが飛び込んできたのも覚えています。


2回目は2008年4月、3回目は2009年9月でした。あの大きな露天風呂と、最上階にあるワイン風呂は最高ですブドウ

今回の宿泊では、オリジナルワイン一升瓶をプレゼントしていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
また来年、癒されに訪れたいと思います。それまで、仕事と旅行貯金を頑張ります(笑)。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ