2018/2/28

弱い自分に克つ  指導現場にて

今日で2月も終わり。国公立大学二次試験前期日程が終了し、私立大学の一般入試の合否発表も今週いっぱいで一段落。多くの大学受験生たちが進路を決め、新たな道に進む選択をする時が迫ります。

この時期いつも思うこと。それは、合格を手にした生徒と不合格という現実を受け入れなければならない生徒の明暗を分けた瞬間は何だったのか、ということ。

高校生活における何かが合格へと導くきっかけとなり、また逆に、勉強へ駆り立てられなかった原因となっているはずです。その明暗を分けたものは何だったのか?受験の合否結果がすべて出たら、ゆっくりと回顧してみるといい。

そして、来年度以降の大学受験に挑む高校生たち。己の人生を決定するものは何なのか、よく考えてみるといい。その答えは、おそらく既に自分の心に隠れています。

それは、高い壁に挑むことを拒むもう一人の弱い自分。その弱い自分を叩きのめす克己心にこそ、受験勉強の意義があります。

「受験に意味があるかどうかはわからない。ただ、一歩一歩、自分の力でつかみ取った景色は、生涯忘れられないだろう」

決意、不安、焦燥、嫉妬、孤独、挫折、克己、希望、継続、成就、感動。
大学受験とは何か、勉強を通して何を感じ、何を得るのか?すべては自分の心と行動が決定します。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/27

第227回TOEICアビメ  TOEIC・英検など

先月受験した第227回TOEICの公式スコアシートが届きました。ABILITIES MEASURED(項目別正答率)は以下の通りです。

【LAM】100 100 100 94 86
【RAM】100 95 100 96 100

6回目の990点満点ではあったものの、TEX加藤先生の正解数換算表によると、リスニングで5問、リーディングで1〜2問を間違ってしまったようです。改善すべき点はまだまだあります。

安定して全問正解で990点満点を出すには英語力があるのは当たり前で、それに加えて次の2点の“TOEIC力”が必要です。

・リスニング46分間をどっしりと構えて解答できる、設問を読む速読力と内容推理力
・リーディングを20分前には解き終えるスピード・正確さ・スタミナ

毎日来る日も来る日も、同じことを繰り返して、英語人としての当たり前の力をより高い水準に持っていくことが求められます。

3月のTOEICは所用のため受験できませんので、次回は5月の第230回となります。また、秋には国連英検特A級を受験予定です。国連英検の高規格な英文とハイレベルな語彙で、すでに頭は沸騰状態(笑)。しかし、この超高地トレーニングがこれまでの自分の知らない英語力を培ってくれると信じ、勉強してまいります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/26

小さな種をまく  英語勉強法

今日で国公立大学二次試験前期試験が終わります。もちろん、中期・後期がありますが、大学受験生たちにとっては、今日が一つの大きな区切りになります。それは、現高2生が来年へ向けてスタートを切らなければならないということも意味しています。

高2生は、3学期の期末テストも終わり、4月初めまで自分の勉強に打ち込めるチャンスです。

第一志望の赤本を解く。
単語帳一冊を完璧に仕上げる。
音読に没頭する。

今だからこそ、思い切って集中してできる勉強があります。そして、それが合格という大輪の花の小さな種になります。さあ、来春へ向かって種をまこう。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/25

カー娘たちに学ぶ  閑話

昨夜は、カーリング女子の銅メダルに歓喜した我が家です。

カーリングの奥深さだけでなく、「そだねー」や“もぐもぐタイム”など様々な話題を振りまき、カーリング競技が注目されるようになったのが大きな功績だと思いますが、試合を観ていて最も勉強になったのがグループ内でのコミュニケーションです。方言丸出しで意見を言い合い、最善の選択をする。最高の結果がもたらされた時だけでなく、上手くいかなかった場合でも常に笑顔で声を掛け合いフォローをしあう姿は、あらゆる組織やグループに求められる姿だと思いました。

どんな時でも、様々な可能性の中から最善の選択をして全力を尽くす。しかし、相手がいるからこそ、自分の思い通りに行かない場合もある。その時は善後策を講じ、さらに先を見越した行動をとる。カーリングという競技からは多くのことを学びました。

カーリング女子、銅メダルおめでとう。やったね、「そだねーJAPAN」!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/24

情報過少だった時代  英語勉強法

社会人になった1996年、一般家庭にはインターネットはおろかパソコンもまだ普及しておらず、情報に踊らされることがありませんでした。

その当時からTOEIC対策の勉強をしていましたが、現在のようにTOEIC用の良質な参考書や問題集はありませんでした。だから英語の勉強といったら大学受験参考書をやり直すしかなかく、予備校時代の恩師である潮田五郎先生の『潮田の英解講義』を出勤前にやっていたのを思い出します。

受験直前に講義室を訪れて、潮田先生にサインしていただいたノート。「高く翔べ」の言葉は今でも私の心の支えです。
クリックすると元のサイズで表示します

あれから二十年以上の月日が経ち、ずっと大学受験英語と向き合ってきたからこそ英語力が培われたと、自信を持って言えます。

現在は様々な参考書や書籍で溢れ、手軽に情報を手にできる時代。選択肢が多くなり過ぎてしまったからこそ、負の効果も大きくなると感じています。

自分が信じた教材をやりぬく力が求められるのは、古今共通です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/23

自制心は幸せのタネ  閑話

私が筋トレを始めるきっかけになった Testosterone さんが、こんなツイートをされていました。
クリックすると元のサイズで表示します
ブログ更新、ランニング、筋トレ、英語音読、ブログ貯金等々、毎日やると決めたことがたくさんありますが、すべて続いています。多忙で時間が取れそうにない時、ふと「何のためにやっているんだろう?」と感じてしまうこともあります。しかし、そういう時こそ行動に移してしまう。そうすると、いつの間にか爽快感が勝り、自分を律せられたという充実感に包まれます。

毎日やるべきことを継続する意義は、引き寄せられた心の安寧と幸せな将来にあります。
クリックすると元のサイズで表示します



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/22

プラトーを脱する  ランニング・筋トレ

7kgのダンベルを購入して1年半が経ちました。それまでは3kgの鉄アレイだったので、最初はきつくて仕方ありませんでした。フレンチプレス、アームカール、ショルダープレス、サイドレイズもすべて10回連続が限界でした。

ところが1年以上続けた結果、20回連続でも疲れなくなりました。確かに、筋トレを始める前よりは体が締まり、筋肉も多少は大きくなりましたが、その事実に満足していた自分。最近になってようやく、更なる筋肥大(=バルクアップ)ができていないことに気づきました。

先週、10kg〜20kgの重量調整ができるダンベルを購入し、負荷を上げました。最初は13kgでやったのですが、数回しか上げることができない事実。7kgで満足していたことを反省しました。そこで10kgでやってみると、すべてのダンベルトレーニングをギリギリ10回続けることができ、何とか3セットを繰り返すことができています。10kgで始めてまだ4日目ですが、すでに筋肉に効いていて肥大を感じています。

筋トレだけでなく英語学習もそうですが、現状より上のレベルに行くときは大変ですが、そのレベルに到達して満足したり慣れてしまう心的飽和が plateau(プラトー・高原現象)をもたらし、それ以上の成長はありません。

成長し結果を残すためには継続が大切です。しかし、その継続も負荷を上げていかないと更なる成長はありません。継続と負荷でプラトーを脱する。筋トレと英語学習には多くの共通点があります。筋トレにはまっているTOEIC満点取得者が多いのも納得できます(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/21

自分が変わる瞬間  趣味

28年前の1990年2月21日、高3生だった私は第一志望の早稲田大学政治経済学部を受験し、打ちのめされました。

試験があまりにもできず、「不合格」という現実を受け入れなければならなかった夜。半ばやけっぱちになり、宿泊していたビジネスホテルの近くのゲームセンターで無為に時間を過ごし、夜9時くらいにそのゲーセンを出たときに見上げた東京の空。

2月にしては暖かく、雨になりそうな、湿った思い空気が私を取り囲みました。「合格を確信して、今この空を見上げている人もいるんだろうな」と思った自分に、「よう、兄ちゃん。何か空に見えるのかい?」と、ホームレスに話しかけられたことも、鮮明に覚えています。

自分がいかに不甲斐なく中途半端な人間かを思い知らされ、そして、生まれて初めて「自分で人生を変えよう」と心に誓いました。不甲斐ない自分にサヨナラできたのが、この日でした。
クリックすると元のサイズで表示します
28年前のあの日、悔しさと新たな決意が交錯する中で破った問題用紙。これを見ると、あの日のことを昨日のことのように思い出します。

あの挫折があったから自分を変えることができ、現在の自分があります。挫折とは、その時は辛いものでしかないかも知れませんが、時が経てば人生の転換点にもなりえます。

大学受験とはそういうものです。大学受験生諸君、今生きているこの瞬間と感じている思いをしっかりと心に刻み、残りの時間を走り切ってほしい。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/20

第227回TOEICの結果  TOEIC・英検など

先月受験した第227回TOEIC L&R の結果が出ました。
クリックすると元のサイズで表示します
6回目の990点満点を取得することができました。感想でも書いたように、当日は寒空の下で待たされてお腹を下してしまった状態での受験でしたが、そんな条件でも求める結果を出せたことで、経験値を高めることができました。

実力が当然の結果をもたらす・・・。このことを肝に銘じて、これからも真摯に努力を積み上げてまいります。

さて、今日は19回目の結婚記念日です。風信子(ふうしんし・ジルコン)婚式と言うそうです。風信子とは、花ではヒヤシンス、石ではジルコンのことだそうです。ジルコンの石言葉は、生命力・無限・行動力。行動し、無限の可能性を見出す一年にしてまいります。
クリックすると元のサイズで表示します
19年前の私たち夫婦です(笑)


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/19

当然の結果をもたらす実力  閑話

小平奈緒選手が、女子500mで悲願の金メダルを獲得しました⛸。
夏冬を通じて、オリンピック個人種目で長野県民が獲得した初めての金メダル。地元紙・信濃毎日新聞を始め、地元は大騒ぎです。
クリックすると元のサイズで表示します
  信濃毎日新聞 電子版号外より
昨シーズンから500mでは出場24レースで無敗だった小平選手。金メダルを取って当たり前という周囲の期待に、その通りの結果を出す。当然の結果を当然に出せる力こそが真の実力だと感じました。

大学受験も佳境で、生徒たちからは私立大学の合否報告があります。その結果もまたすべて実力の帰結。結果を出せなかったのは実力が足りなかっただけ。


受験生諸君、国公立二次試験まで一週間、私立大学入試もまだ残っているでしょう。試験が始まるその直前まで自分ができるすべての努力を積み上げて、自分が望む当然の結果を引き寄せよう。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/18

本気の生徒  指導現場にて

大学受験業界に身を置いて15年。英語はもちろんのこと、それ以外の科目も含めて、勉強方法についてよくアドバイスをしてきました。しかし、そのアドバイスは、生徒がその気になって求めたものでなければ一方通行になってしまい、数ヶ月後に同じ相談を受けて「この前、言ったのに・・・」となり、虚しさを感じることも多々あります。

生徒をその気にさせるのが指導者の技量であるのですが、これがなかなか難しい。だから、本気の生徒からアドバイスを求められた場合を除いて、こちらからのアドバイスの押し売りは辞めるべきだと思っています。生徒にスイッチが入らないとアドバイスは流されてしまい、徒労に終わることがほとんどだからです。

先日、ある高2生から「現代文が得意になるには何をしたらいいですか」という本気のアドバイスを求められました。現代文がどんな力を求める科目であるかの説明から始まり、私の実体験と共におススメの問題集を紹介しました。

そして一昨日、彼との英語の授業である英文を読んでいた時に、Of course …, but 〜 という譲歩逆説構文が出てきたので解説すると、「先生が先日紹介してくれた現代文の問題集でも、同じ解説が載っていました」と話してくれました。「あー、彼はアドバイスを行動に結びつけ、実践してくれたんだ」という、指導者として純粋な喜び。

アドバイスを受け入れて行動に移す生徒は、必ず伸びます。彼も、現代文で学んだことが英語でも生かされ、語学に共通する論理性を習得したのです。

本気が機会をもたらし、その機会が行動を起こします。それは、自分が本気になれば周囲も変わる証でもあります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/17

Winning is habitual.  閑話

昨日の誕生日には、FBやTwitterでたくさんのメッセージをいただきました。自分はなんて幸せものだろうと感じました。すべての方にすぐにお返事を書きたいところですが、あまりにも数が多いため、少しずつ必ず返信させていただきます。

さて、最近、筋トレやランニングのことを書いているので、Twitterでもそれらに関連した記事やつぶやきが流れてきます。その中でたまたま目にした感動的なスピーチがありましたので紹介します。

国際的なボディビル大会でプロ・ボディビル界の最高峰とされる「ミスター・オリンピア(Mr. Olympia)」で、昨年まで7年連続チャンピオンに輝いているフィル・ヒースの優勝インタビューです。

最後のほうで、彼が言い切ります。

Winning is habitual.
(勝利とは習慣的なもの)

名言過ぎて泣けてきました。
この一文には、二つの意味があるように思います。最初は無理だと思っても一度その頂点にたどり着くとそれが当然のこととなり、以前よりも成長した自分が当たり前となる。そして、もう一つは、毎日の習慣化こそが成長につながっている。

彼は言っています。どんなに辛いことがあってもジムに行った。とにかく、筋トレをした。そして、鏡の中の自分に問いかけた。「自分に負けてはいないか」と。

46歳のスタートの日に、日々の継続の大切さを改めて思い知らされました。私も今まで通り、また英語と筋トレを継続していきます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/16

原点回帰の英語指導  指導現場にて

46回目の誕生日を迎えました。

この一年は、大学入試の変革を控えて、英語教育にも大きな変化が訪れる予感がします。大学入試の4技能化とは言いつつも、スピーキングだけを声高にして受験生の不安を煽り、表面的な対策に終始した結果、結局、真の力がついていない状況。多くの人がそんな危惧を抱き始める潮流を感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
本物の英語力とは、正確で速い「読む力」が礎になります。今こそ原点回帰の時。大学受験英語の王道参考書『基礎 英文問題精講』のはしがきにある、中原道喜先生の言葉を紹介します。
順調な進歩は、しっかりした基礎によってのみ保証され、豊かな実りは、着実な努力の積み重ねによってのみ約束される。

己の信念を曲げず、大学受験英語を通した本物の英語力を培う指導をしてまいります。


五十路の足音が忍び寄るのを感じていますが、だからこそ、それに抗うべく日々の筋トレとランニングにも力が入ります。

今までは7kg×2個のダンベルを使っていましたが、筋トレが2年近くも継続できているため、46歳になる自分への誕生日プレゼントとして、20kg×2個のダンベルを購入しました。相当な負荷アップになります。
英語と筋トレ・ランニング。コアな世界を追求します。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/15

瞬間のための練習  閑話

オリンピックの特番で、長野オリンピック金メダリストの船木和喜さんをよく見かけます。選手目線と素人目線の両方からの解説は非常に明解で分かりやすいです。その船木さんがノーマルヒルのスキージャンプについて、次のようなことを話されていました。
たった3秒間という“感覚”の競技。考えてから体を動かしても間に合わない。無意識のうちに体の動きを修正するには経験がすべてなので、練習するしかない。
大学受験やTOEICでも同じことが言えますね。基本知識の出し入れが無意識のうちに瞬時に出来るようにする。そのために、日々の勉強がある訳です。

大学入試やTOEICなどの試験では、60分〜120分で、英語力が判断されます。長い年月をかけてやってきたことがたった2時間足らずで見極められる訳がないと思っても、実力通りの結果が出ます。これは実は合理的で当然の果実です。

早慶などの難関私立大学の受験がまさに佳境、そして、国公立二次試験まであと10日と迫っています。本番の舞台で最高のパフォーマンスを出すために、勉強という名の日々の単調なトレーニングを積み上げていくしかありません。その瞬間まで、油断なく、抜かりなく・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/2/14

英字新聞で旬の英語を読む  英語勉強法

オリンピック期間なので、英字新聞もオリンピック関連の記事が満載です。競技結果はもちろん、政治リーダーの会談など話題に事欠かず、旬の英語に触れながらボキャビルができる最高の教材となります。

以下は、開会式当日の様子を伝えた The Japan News の記事にあった単語です。

bearer 所持人
flag bearer 旗手
dope 麻薬;まぬけ、とんま
squad 選手団
counterpart 同地位の人
bilateral 2国間の
trilateral 3国間の
provocation 挑発
sanction 制裁
abduction 拉致
クリックすると元のサイズで表示します
覚えておきたい語彙ばかりですね。中には英検1級で頻出のものもあります。

英字新聞はレベルが高いと感じてしまう英語学習者も多いかも知れません。私も英検準1級を目指していた大学時代、英英辞典を使いながら The Japan Times を四苦八苦して読んでいました。しかし、当たり前ですが、すべての記事を読む必要はありませんし、そんな時間もありません(笑)。自分の興味ある記事だけを読み、その中でどうしても気になった語彙だけを辞書で調べて覚えるようにするといいでしょう。私はスポーツ面の、特に大相撲の記事を好んで読んでいました。そこから英字新聞に対する違和感が消え、少しずつ読める記事が増えていきました。

英字新聞を毎日購読する必要はありません。一日の英字新聞で一週間利用することもできますのでコスパもいいです。是非、チャレンジしてみましょう。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ