2018/3/31

2017年度合格実績  トラスト英語学院

今日で2017年度が終了。そして、本ブログは1,900日連続更新となります。

トラスト英語学院の今年度合格実績です。

【大 学】
 ・信州大学 理学部
 ・中央大学 商学部
 ・法政大学 文学部
 ・立命館大学 経営学部 / 経済学部
 ・獨協大学 法学部
 ・専修大学 文学部
 ・工学院大学 情報学部
 ・文教大学 文学部 / 国際学部
 ・昭和女子大学 英語国際学部
 ・神田外語大学 外国語学部
 ・大東文化大学 外国語学部
 ・愛知学院大学 法学部
 ・関西外国語大学 外国語学部
 ・龍谷大学 文学部  他

【高 校】
 ・伊那北高校 普通科
 ・伊那弥生ケ丘高校 普通科
 ・東海大諏訪高校 普通科

【中 学】
 ・諏訪清陵高等学校附属中学校
 ・佐久長聖中学校
 ・松本秀峰中学校

【英 検】
 ・2 級 13人
 ・準2級 5人
 ・3 級 5人
 ・4 級 4人
 ・5 級 3人

素晴らしい結果を残してくれた生徒たちの頑張りに、拍手です拍手。4月からそれぞれの生徒が、新しい環境でスタートを切ります。受験勉強や英語の勉強を通して得たことを生かし、更なる飛躍を期待します。

2月と3月は多くの教え子たちが学院に顔を出してくれました。受験を乗り越え、大人になって大学生活を送っている彼らの表情は、落ち着きの中にも自信がみなぎっています。自分の夢を信じて邁進する一方で、私のことを思い出し顔を出してくれるその姿には、感謝の気持ちしかありません。指導者冥利に尽きます。来年度も、生徒一人一人と真摯に向き合ってまいります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/30

トイレでボキャビル  英語勉強法

子ども達の英単語のボキャビルに少しでも役に立てばと、我が家のトイレに『英単語連想記憶術』を置きました。英単語を語呂とイラストで覚えるものですが、用を足している最中に気軽に読めて、意外と記憶に定着しているようです。
次男(8歳)のお気に入りは choke で「チョーク(chalk)を飲んで窒息する」を、しつこいくらい連呼しています(笑)。

本著は、私が大学受験生だった時代はベストセラーで、昨日のブログで紹介した『試験にでる英単語』と同じ青春出版社から出されています。私もこの中の半分くらいの語呂を覚えていて、授業中に紹介しています。そして、失笑されています。英単語の暗記が苦手な学習者は、本著を開いてみるときっかけがつかめるかも知れません。ただし、無理やり語呂につなげているので、発音とアクセントは常に注意する必要があります。

さて、暑いくらいの陽気のお天気が続きますが、信州伊那谷の桜はまだ咲いておりません。長男は昨日、幼なじみと日帰りで名古屋に出かけて、桜が満開の犬山城を見てきたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
長男撮影
来週から4月、新年度。気持ちもワクワクしますね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/29

単語集なんてどれでもいい  英語勉強法

超進学校である県外の有名私立中高一貫校に通い、春期講習で指導している生徒から、学校で採用している単語集が『試験にでる英単語』だと聞き、驚きと共に感動を覚えました。
私立公立、進学校実業校の区別なく、ほとんどの高校で単語集を一括採用しています。時代と共に定番の単語集も移り変わり、現在は『ユメタン』『速読英単語』などが定番です。その時代に『試験にでる英単語』を採用する決断は素晴らしいです。大学受験業界としては初めて、“でる順”で構成された単語集で、私の大学受験時代は定番中の定番でした。

現在は当時よりも一回り大きくなり見やすくなりましたが、intellect に始まり warrant で終わる中身は、ほとんど変わっておりません。見出し語はわずか1300語弱ですが、派生語・同義語・反意語や巻末の注意すべき単語等を含めれば、相当数になります。

大学受験において、基本とする単語集は何でもいいと思います。大切のは、その一冊を決めて徹底的に繰り返し、載っている単語すべてを運用語彙のレベルにまで覚えることです。そして、模試や過去問で出てきたがそこに乗っていない単語は余白に書いたりカード化するなどして、語彙力を膨らませていくのが大事です。

『試験にでる英単語』を採用したこの高校も、そのような考えに基づいているのでしょう。「単語集なんてどれでもよい、あとは君たちのやる気と工夫次第だよ」という先生のメッセージが聞こえてきそうです。

私も大学受験生時代は『試験にでる英単語』以外はやっていません。ただし、そこに様々な情報を書き込み、自分独自の単語集に変えていきました。それは、現在の私の英語力の礎となっています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/28

努力に勝る才能なし  英語勉強法

一昨日の報道ステーションで野村克也・元野球監督が特集されていました。その中で、「野球をする上で一番大切にしなければならないことは何ですか?」という子供の質問に、次のように答えていました。
「まず基礎づくり。単純すぎておもしろくないからみんなやらない。コツコツやるしかない。必ず答えは出る。努力に勝る才能なし」
努力に勝る才能なし・・・。シンプルな言葉ですが、グサッと突き刺さります。

単語を覚えていますか?音読をしていますか?「疲れたから今日くらいはいいか」とサボってませんか?英語ができるようになるには、コツコツ努力するしかありません。英語力は努力の賜物です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/27

民間検定試験、決まる  2020年大学入試制度改革

大学入試センター試験の後継として2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語で活用する民間検定試験が以下のように8種類認定されました。
・ケンブリッジ英語検定
・TOEFL iBTテスト
・TOEIC L&R、TOEIC S&W
・GTEC、GTEC CBT
・TEAP
・TEAP CBT
・実用英語技能検定(新方式)
・IELTS
衝撃的だったのは、従来の英検が認められなかったことです。多くの高校生が受けている英検の従来方式は、一次試験の筆記を合格した者のみが二次のスピーキングを受けるため、「1回の試験で4技能を全て評価する」という認定要件を満たさなかったため認定されませんでした。その代り、筆記・リスニングの合否にかかわらず面接や録音形式の口頭試験を受けられる「1日完結型」などの新方式を2019年度から導入することで認定を受けました。

英検協会は新方式の開発と実施を行うわけですが、飽くまでも私の推測ですが、従来型の英検はそのまま実施され、大学受験生用に新方式を別に実施するようになるのではないでしょうか。新方式に完全移行した場合、年間200万人以上が受験する英検でスピーキングを実施するのは物理的に困難でしょう。いずれにしても、これからの動向に注目です。

受験生は認定試験の中から選び、4〜12月に受けた2回分の成績を受験に使います。センターは素点と、CEFRによる6段階評価を出願先に提出し、各大学が合否判定に活用します。国立大学協会は一定水準以上の結果を民間試験で得ること出願資格とするなどの指針案を示していますが、東大は合否判定に使わない意向を示しており、今後の各大学の対応も気になるとことです。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/26

壁を超える  指導現場にて

「本気で早慶を目指したいと思います」

ある高1生が決意表明をしてくれました。

乗り超えなければならないたくさんの壁がある一方で、己の可能性を信じることが、その壁を乗り超える一歩となります。

夢や憧れを現実へ・・・。受験勉強の意義はその一点に収斂されます。その過程で得られた様々な力や考え方が新しい自分を構築し、高い壁を超えるに相応しい人間へと成長していきます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/25

別れと出会い  閑話

昨日は、離任が決まった次男(小2)の担任のお別れ会がありました。離任の発表があった日の朝にクラスで飼っているヒツジが赤ちゃんを産むという奇跡もあり、ヒツジ小屋でのお別れ会となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
生後一週間の子ヒツジ
かわいくてギュッとしたくなるのですが、そんなことをしているのが見つかると、母ヒツジが突進してきてどつかれます(-_-;)
クリックすると元のサイズで表示します
母と子。顔のデカさが違う・・・(^_^;)
春は別れと出会いの季節。新しい担任と共にヒツジたちのこれからの成長が楽しみです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/24

継続の果てにあるもの  指導現場にて

来月から中学生になる女の子は、2年間の指導で英検4級に合格する実力をつけ、現在は既に中2の終わりぐらいまで進み、英検3級を視野に入れています。授業は指導半分、雑談半分で和気あいあいとやっていますが、音読を中心とした宿題を忠実にこなし実力をメキメキつけています。
クリックすると元のサイズで表示します
音読の回数は、当学院の小学生から社会人までの生徒の中でナンバーワン。日々の努力は嘘をつかず、継続の果てに積み上げられた力は、夢の実現への原動力となります。今や英語以外の教科にも自信を持ち、最高の中学校生活のスタートを切ってくれることでしょう。

動き出す春。今日のその小さな一歩が、将来への道程です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/23

高校生とTOEIC  TOEIC・英検など

HUMMERさんから献本していただきました。
TOEICをパート別に取り上げて、懇切丁寧に解説してくれています。ただし、英文法そのものについての詳細な解説はパート5を除いてありませんので、英語の勉強をある程度してきた学生が初めてTOEICを受ける際にうってつけの指南書です。

私は、中高生がTOEICを受ける場合、英検2級合格後の受験を勧めています。英語の基本が分かっていないのにいきなりTOEICを受けると、あの英文量に圧倒されて英語が嫌いになってしまう可能性があるからです。英検を受けていなくても、高校に進学して「英語力がついてきたな」と感じたらTOEICを受けてみてもいいかも知れません。その際に、本著のような指南書があると助かります。

この6月に英検2級受験予定の中2の息子が本著を見て「やってみたい!」と興味津々なので、読了後の感想を聞いてみたいと思います。TOEIC専門の私の感想よりも説得力があるかも知れませんね(^^)


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/22

学びの機会はどこにでも  閑話

春分の日の昨日は、雪となりました。夕方から気温が多少上がり、みぞれっぽい雪になった時、長男から「ひょうとあられとみぞれの違いは何だろう」と一言。学びの機会はどこにでもあるのですね。

ひょう(雹)・・・直径5mm以上の氷の粒。

あられ(霰)・・・直径5mm未満の氷の粒。

みぞれ(霙)・・・雨に混じって降ったり溶けかかって降る雪。

気象観測分類上、みぞれは雪になるそうです。

桃の節句の「雛あられ」や、大根おろしを入れる「みぞれ鍋」を思い出すといいかも知れませんね。英語ではひょうとあられは hail、みぞれは sleet となります。hail は、hail a taxi(タクシーを呼ぶ)という熟語を何故か覚えていますが、使ったことは一度もありません(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/21

正面から向き合う  指導現場にて

大学受験にしろ高校受験にしろ、第一志望に不合格、志望校を下げての合格など納得のいかない結果だった場合、周囲が励ましや慰めの言葉をかけても、暖簾に腕押し。当の本人は現実を受け入れたくないので、心には響きません。

しかし、その結果の意味を咀嚼し受け入れるには時間がかかるかも知れませんが、現実を受け入れなければなりません。受験の結果はその時まで努力の証ではありますが、その後の人生を担保するものでもないからです。結果を受け入れ、そこから這い上がってくるものだけが、その後のチャンスを与えられます。

昨日は突然、昨年まで指導していた生徒が顔を出してくれました。彼は一年前、第一志望の大学合格を逃しました。親元を離れた一年間の浪人生活の末、見事に捲土重来を果たしました。彼曰く「逃げだしたい時もありました。でも正面から向き合うしかなかった」。結果を受け入れ、自分、そして現実に真正面から向き合うことで、新しい道が開けてくるのだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/20

大学入試制度改革は拙速か?  2020年大学入試制度改革

以下に、昨日の朝日新聞(DIGITAL)の社説を引用します。
入試英語改革 東大の重い問題提起

民間の英語検定試験を合否判定に使うのは拙速ではないか。センター試験の後を継ぐ「大学入学共通テスト」に、東京大がそんな疑問を投げかけた。

新テストは20年度から始まる予定だ。来月には最初の受験生となる世代が高校に入学し、どんな授業をするかの模索も始まっている。そんな状況での異議申し立てに批判も出ている。

しかしこの間、政府が入試改革を急ぐ陰で、高校や大学の不安が置き去りにされてきたのは確かだ。新テストの大枠が決まった昨年春、朝日新聞は社説で準備不足を心配したが、解消されたとは言いがたい。

今からでも遅くない。文部科学省は現場からの問題提起を重く受けとめるべきだ。

民間試験は、従来の「読む」「聞く」に加えて「話す」「書く」を課すために導入が決まった。この4技能の大切さについてはおおかたの異論はない。

東大が訴えるのは「公平・公正の担保」への疑問だ。

五神真(ごのかみまこと)総長は、とりわけ話す力は「学生の育つ環境によるばらつきが大きい」という。授業だけでは身につきにくく、海外生活や留学の経験者、英会話教室などにお金を使える家庭の子が有利になる。さらに年に数回ある民間試験を「お試し」で受けられるかどうかで、差がつくともいわれる。

そもそも民間試験は複数の業者や団体が実施していて、留学用やビジネス向けなど目的も難度もまちまちだ。異なるテストを使って、受験者の力を公平に比べることができるのか。文科省は可能との立場だが、「身長と体重を同じ指標で測るようなもの。科学的ではない」といった指摘も多い。

こうした疑問を積み残したまま、導入に踏み切ってよいものか。ためらう大学は東大だけではないだろう。

入試は大学が自らの教育方針に沿って選抜方法を決めるのが原則だ。国公私立を問わず、民間試験にどれくらい信頼を置くかによって、自主的に配点の割合を決めればよい。認識が変われば周知期間を確保してその割合を変えてもいいし、使わない判断があってもいい。

そのうえで、関係者は改善策の検討を続けるべきだ。公平さを重視する観点から、時間や経費がかかっても国が独自に試験を開発すべきだ、という声も根強くある。

多くの人が納得する仕組みをつくるのは容易ではない。それでも、現場の声に耳を傾け、見直しを重ねることで、難題の答えを探らなくてはならない。
(3月19日 朝日新聞社説より引用)

記事中にあるように大学入試は「大学が自らの教育方針に沿って選抜方法を決めるのが原則」だと思います。そうしないと均一化されて全く面白みがありません。2020年からの大学入試制度改革では二次試験は現状通り維持されると思われますので、完全な均一化はもちろん免れます。

今回の東大が投げかけた疑問は移行期間の民間試験利用についてであり、この期間はセンター試験と民間試験を併用するからまだいいでしょう。しかし、移行期間を過ぎた後は民間試験のみになります。それ以降、何をどう利用して受験生の英語力を点数化するかは、CEFRの段階別評価を利用するとは言われていますが、曖昧なままです。CEFRを使えば、4技能を数値化できるので受験生の英語力を測ることはできるかも知れませんが、スピーキングに関しては人対人の判断になり、客観性が担保できなくなる可能性もあります。

民間の英語検定試験を合否判定に使う判断は、各大学に委ねられるべきであり、使わないという選択肢もあるべきです。

まだまだ議論の必要があるのに、拙速感が否めない大学入試制度改革。東大による今回の問題提起は一石を投じてくれることでしょう。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/19

激走!春の高校伊那駅伝  閑話

昨日はお彼岸の入り。お墓の掃除、次男の自転車特訓、高校伊那駅伝の応援、子ども達と野球・・・と盛り沢山のメニューでした。

春の高校伊那駅伝は、男子優勝校がこの3年間は12月の全国高校駅伝も制しているとあって、注目度が高い全国規模の大会。全国から屈指の高校生が集って伊那市が盛り上がり、春の到来を実感できる駅伝です。

今年は男子が2年連続で佐久長聖高校が、女子が長野東高校が優勝し、初の長野県勢アベック優勝となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
母校・伊那北高校も激走!

仙丈ケ岳に見守られた暖かい春の休日。たくさんの感動をありがとう!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/18

手元にある一冊を掘り下げる  英語勉強法

英語力の向上に不可欠な語彙力増強。特に、高校生になると中学とは比較できないほどのペースで単語を覚えていかなければなりません。中学では約2,000語でよかったのが高校では約6,000語必要となり、難関大学を目指すなら8,000語程度は覚えたいところです。

「単語集は何を使ったらいいですか?」とよく聞かれます。今はほとんどの高校で1年生の時から市販の単語集が採用され、定期テスト等でもテスト範囲となります。語彙力をつけたい場合、まずは手元にあるその単語集を徹底するところから始めましょう。覚えたと思っていても、派生語や同義語・反意語等、隅々までチェックするとまだまだ覚えなければならないことが出てきます。そして、一冊を完璧に仕上げた時、目指すべき大学とその時の総合的な英語力から判断して、次にやるべき単語集が決まります。

英単語の暗記は、少しずつ完璧に覚えていくよりも、いい加減に何度も繰り返す方が身につきます。「“完璧”という名のバスを待って、多くの失望した人たちが取り残されて街角にたたずんでいる」というアメリカの教育者 Donald Kennedy の言葉にあるとおり、完璧主義は暗記の弊害になります。以下の優先順位で、一冊の単語集をいい加減に何度も繰り返すといいでしょう。

@発音
A一つの意味
B綴り

@について。綴りだけ覚えていても、発音できない英単語は話せないし聞き取れません。まったく無駄な知識となってしまいます。

Aについて。一つの単語には多くの複数の意味がある多義語が存在しますが、まずは一つの意味だけ覚えましょう。一度に全部の意味を覚えてもすぐ忘れます。完璧主義は禁物です。

Bについて。英単語はアルファベットの並び方で発音が決まります。よく単語を覚える時にノートに練習している人を見かけますが、発音が出来れば綴りも書けるようになりますので、綴りは優先順位としては最も低くなります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/3/17

慢心せずに邁進せよ  指導現場にて

昨日は長野県公立高校入学者選抜学力検査の合格発表が行われました。

合格発表までの日々をすべての受験生が不安と焦燥の中で過ごしたことでしょう。努力が結実し当然の合格を手にした者、スタートが遅れたが辛うじて合格できた者、悔し涙を流した者・・・。さまざまな思いが錯綜した一日だったことでしょう。しかし、意外な合格もないが、意外な不合格もありません。つまり、合格も不合格もすべては予定調和。受験までの勉強に対する姿勢の積み重ねで、結果はすべて決まっています。

そして、どんな結果であれ、今回の結果の真価が問われるのは3年後であるということも強調しておきます。

ゴールではなくスタート。手にした結果に慢心せず、新たな気持ちで次の目標に邁進していかなければ、更なる成長はありません。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ