2018/6/30

2018年の折り返し  閑話

今日は6月最終日。2018年も折り返し地点ですね。昨日は関東甲信地方が梅雨明けしたと気象庁から発表されましたが、1951年の統計開始後最も早く、6月梅雨明けは初めてだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
ここで frog(カエル)を使ったイディオムを紹介します。
have a frog in one's throat
… to have difficulty speaking because of a sore throat
(喉の痛みで声が上手くでない)
今週初めに体調を崩してしまった私は、まさに I have a frog in my throat. といった感じでしたが、日ごろのトレーニングのおかげか、数日で回復しまして、昨日から筋トレを再開しました。明日7月からはランニングも再開します。


さて、梅雨が明け信州にも夏が到来したわけですが、夏の開放的な気分に浮かれていると、何も身につかないまま秋を迎え、気がつけば2018年も終わりを迎えてしまいます。そうならないように、この折り返し地点で、上半期をきちんと振り返り、充実の下半期にしましょう。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/29

克己心を養うTOEIC  TOEIC・英検など

今日で1,990日連続更新。990という数字が入るとワクワクしますね。

さて、7月のTOEICまで一ケ月となりましたが、最近のルーティーンです。


『プラチナボキャブラリー』のパート3・4のスクリプトを各10回ずつ音読。パート3・4のスクリプト音読は2012年11月から続く一日もサボらず続く、私の英語音読学習の根幹です。


『金フレ』のパート1の100例文を2回音読。これも2012年11月から一日もサボらず続く日課。


就寝前にCレギュラー問題1セット16問をこなし、上級者が引っかかる問題を体に沁み込ませています。


パート3・4の13セット・39問を、就寝前に3セット9問ずつ解いて繰り返しています。それぞれのセットをすでに10回以上繰り返しているので問題を覚えてしまいましたが、それでもいいのです。頭と体に解答リズムを沁み込ませるためです。

毎日やると決めたことを続けられていますか?「今日はいいや」というその妥協に、成長の糸口を見出すことはできません。私にとってTOEICは、弱い己に打ち克つ術なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
ボロボロになった初代『金フレ』


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/28

公式問題集をやり倒せ!  TOEIC・英検など

TOEICの問題が当たり前のように解け、2時間1分の時間内に解き終えられるようになるには、基本を愚直に繰り返すしかありません。それは、意識的にやっていたことが、無意識にできるようになることを意味します。

そのためのトレーニングが足りないから、TOEICで目標点が取れないのであり、結果、留学や転職をあきらめたり、昇進・昇給が遅れることになりかねません。

では、何を愚直に繰り返すか。それも自分で考えるべきです。なぜなら学習者のレベルによって、それは変わってくるからです。しかし、ほとんどのTOEIC学習者に共通して言えるのは、『公式問題集』を繰り返すことです。

当ブログでも、公式問題集を繰り返す意義については、これまでも何度も書いてきましたし、TOEIC受験者なら公式問題集は必ず持っているでしょうし、繰り返さなければならないことは自ずと気づいているはずです。しかし果たして、手元にある公式問題集を最後まで一度でも解き切っている人の割合はどのくらいでしょうか。

@持っているだけで、公式問題集が綺麗なままの人はいませんか。付属のCDが本についたままになっていませんか。それは、やっていない証拠です。だって、公式問題集をやっていれば、付属のCDは本を開くときの邪魔になりますから、一緒にはしていないはずです。

A一度でも解いた人は、復習を完璧にしましたか。答え合わせをしただけで満足していませんか。残念ながら、公式問題集の解説はお粗末です。完璧に復習するには時間がかかりますし、分からなければ、英語に詳しい人に聞く必要性も出てきます。もちろん、覚えていない単語・イディオムもすべて覚えなけえればなりません。

B完璧に復習したとして、何度も繰り返していますか。一度やっただけで満足できるほど、公式問題集は浅くありません。
クリックすると元のサイズで表示します
皮肉なことに、TOEICの点数が低い人ほど、Bまで到達しなければならないのに、@が該当します。そして、高得点者・満点取得者ほどBが該当します。

TOEICの目標点を取るための勉強は、実にシンプルです。そのシンプルな勉強を愚直に繰り返せるか?To say is one thing and to do is another.(言うは易く行うは難し)

7月のTOEICまで一ヶ月です。公式問題集、やれてますか?


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/27

モヤモヤの原因こそ  英語勉強法

指導をしていて、生徒の英語力がついてきたと感じる瞬間があります。

それまでは単語の意味は分かるのに文章全体でモヤ―っとしか理解できなかった英文を、その原因を追究して、文法と英文構造に依拠して直訳できるようになったときです。単語の意味をつなぎあわせただけの“感覚訳”ではなく。

読めなかった英文構文を明確にする繰り返しで、英文に対する経験値が上がり、読解力・解釈力が向上します。英文を読んでいてモヤモヤしたときこそ、その英文の中に、あなたの英語力が伸びるきっかけが隠されているのです。
クリックすると元のサイズで表示します
6月も下旬。庭のブルーベリーが採れ始めました。夏が近づいているのを感じます。



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/26

市町村立中学校の現実  指導現場にて

長野県のほとんどの市町村立中学校では、一日1ページの単語練習をして提出する「1ページノート」という習慣がありますが、最近入塾した中1生の1ページノートを見て愕然としました。間違ったスペリングで書いてあるのに、チェックした教師は平気で大きな赤丸やGood!と書いている。また、期末テスト前にもかかわらず、ただノートを埋めるためだけにアルファベットの大文字だけを毎日練習していたその生徒のノートに丸印をつけ、それで良しとしている教師。なぜ「テスト前だから単語練習をしよう」と一言書けないのか、あるいは、声掛けできないのか。

中学に入学して3ヶ月が経過しようとしているのに、その生徒は英単語が書けないのはもちろんのこと、発音すらままならない。もちろん、すべてを学校の責任にするつもりはありませんが、英語難民になりかねない生徒に救いの手すら差し出そうとしない。これが現実です。

その一方で、この話を他の中学校の生徒にすると、「先生がめちゃくちゃ細かく見ていて、間違って書いていようものなら、赤ペンでチェックが入り、やり直しさせられます」と言います。このへんの小学生のほとんどが、地元の公立中学に進学します。つまり、先生を選ぶことは出来ないのです。公平であるべき公立中学で担当教員によって対応が分かれてしまう・・・。仕方ないことなのかも知れませんが、我々の税金が使われている以上、文句を言いたくなってしまうのも事実ですね。

ただ、置かれている環境に文句を言っても何も変わりません。この生徒の場合は、当学院に通って修正すべき点が見つかったわけです。あとは自助努力をして、学習姿勢を改善していくだけです。その結果、自己実現できる強い心が養われます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/25

夢の実現の源は一瞬の思い  指導現場にて

先週末、母校・伊那北高校の文化祭「ペン祭」が行われました。伊那北高校と目と鼻の先にある我が家からもその様子が垣間見れるので、青春っていいなぁって思います。自分が高校生だった時のペン祭を思い出しますね。
クリックすると元のサイズで表示します
1989年 第35回ペン祭
あの時、友人数人と高校に宿泊し、来るべき大学受験に向けて、お互いにアツい気持ちを語り合ったのを今でも覚えています。私は当時、副教材として使われていた『標準 英語構文160』を完璧に覚え、早稲田に合格すると宣言しました。一時のアツい思いが行動に結びつき、その後、その思いは実現しました。今でも、自分の英語力の礎は『標準 英語構文160』だと胸を張って言えます。
一瞬の思いが夢の実現の源となり、永遠の力となる。そんな青春を、高校生には過ごしてもらいたい。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/24

行動がもたらすキセキ  閑話

夢は、思い描くだけでは実現しない。

行動してこそ、一歩ずつ間違いなく実現へ近づく。

行動すれば、陳腐な日常も刺激的なものになる。

行動すれば、出会いがあり、それが夢実現への強力な後押しとなる。

行動が人生の軌跡となり、奇跡をもたらす。

今日はホストマザー Judy の二周忌。二十代最後の年、退職・留学という行動をしたからこそ、彼女との出会いがあり、今の自分がある。


彼女が亡くなるちょうど一年前のその日、13年ぶりにシアトルを訪れた。13年前にはまだこの世にいなかった我が子たちとともに。Judyとの13年ぶりの再会は、短い時間ながら、子どもたちにとっても貴重な経験となった。

英語が世界と出会いを拡げ、人生を豊かにする。そして何より、英語習得のためには行動がすべて。やると決めた勉強を毎日やっているか。妥協していないか。己を律することができているか。

これからも、英語指導を通して、そんなことを教えていきたい。

Rest in peace, Judy.
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/23

高校生の英検準1級対策  TOEIC・英検など

今月3日に行われた2018年度第1回実用英語技能検定の問題が英検協会のHPにアップされたので、いつものように1級の語彙問題を解いてみました。

私が英検1級合格時に使用した『Pass単熟語1級』と『1100 WORDS YOU NEED TO KNOW』で今回の語彙問題(25問のうちイディオム問題を除く21問)の正解となった単語の収録率(派生語も含みます)を比較すると、

『Pass単熟語』・・・70%
『1100 WORDS』・・・38%

『Pass単』の正解語彙の収録率の高さはいつものことですが、『1100 WORDS』の収録率が4割近くに行ったのは、ここ4〜5年では初めてです。英検1級に合格するには、『Pass単』を基本に据え、そこに載っていない単語はもう一冊の単語集でカバーするか、英字新聞や雑誌などを呼んでであった語彙をカード化するなどしてボキャビルしていくしかありません。

【高校生の準1級語彙問題対策は?】
さて、最近は準1級を受験する高校生が増えてきました。準1級の語彙は大学入試センター試験のレベルを超える単語が求められますので、上述した1級と同様に『Pass単』に取り組もうと考える高校生も多いでしょう。しかし、準1級で問われる語彙は、実は難関大学の長文ではよく目にする語彙が多いのです。『Pass単』をやるのもいいですが、大学受験は英語だけではないので、勉強の負担を増やしてしまうのは事実。そこで、準1級合格を目指す高校生には以下の学習法を薦めます。

@学校指定の単語集など、今取り組んでいる大学受験用の単語集を完璧に仕上げる。

A第一志望の過去問演習や記述型模試の中で出会った未知の単語をカード化して覚える。

準1級の語彙レベルが難しく感じるのは、最初の語彙問題21問です。長文問題の中に出てくる語彙はそこまで難しくはありませんので、語彙レベルに神経質になり過ぎるのは得策ではありません。効率的に勉強して、準1級合格を目指しましょう!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/22

「半端ない」  英語勉強法

既にメディアで紹介されていますが、サッカー日本代表・大迫選手を形容する“半端ない”が、イギリスの新聞 The Gurdian のワールドカップ特設サイト内の各国選手を紹介するページの大迫選手の紹介欄で、以下のように記されています。
クリックすると元のサイズで表示します

Osako's style of play stands out as quite different from the other forwards in the squad. He’s excellent at keeping possession, holding up the ball and bringing others into play; qualities that also make him an option in the No 10 role. His performances are often described as hampanai – a Japanese expression meaning “awesome” or “incredible”. Scored the winner in the shock opening win against Colombia.
この機会に、英語初心者は awesome や incredible を覚えてしまいたいですね。

日本のメディアの取り上げ方を見ていると「半端ない」は流行語大賞を取りそうな勢いですね。因みに、「半端ない」ではなく、正しくは「半端ないって」だそうです(笑)。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/21

今も記憶に残るあの曲  閑話

今年も母校・伊那北高校の文化祭「ペン祭」が今週末行われます。当学院に通う伊那北生たちも、勉強とともに準備にも奔走して、青春の貴重な時間を謳歌しているようで、羨ましく思います(*^^*)

今年で第64回を数えるペン祭ですが、私が高3生の1989年は第35回。あれから30年近い月日が流れているわけですね。当時のペン祭のテーマソングは COMPLEX の BE MY BABY。ロックシンガーとして絶頂期を迎えていた吉川晃司と、2年前の BOOWY 解散後からソロのギタリストとして円熟味を増していた布袋寅泰が結成したユニット COMPLEX は爆発的な人気となり、そのデビューシングルが BE MY BABY でした。


この時期になると、この曲を聴きたくなるのは、当時の思い出が記憶の中にしっかりと刻み込まれているからでしょう。

高校生たちはこの時期、文化祭で忙しくなります。夏休み前ということもあり3年生にとっては勉強も大切な時期ですが、高校時代の思い出を作ることも大切です。文化祭を思いっきり楽しみ、その後は気持ちを切り替えて勉強に没頭してもらいたいです。求められるのは、メリハリのある時間の過ごし方です。

第64回ペン祭の成功をお祈り申し上げます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/20

大学受験英語にどっぷりと浸かる  英語勉強法

2018年度第1回実用英語技能検定の問題がHPにアップされました。いつものように各級の問題を解きましたが、2級が大学受験レベルだということがよくわかります。

イディオムの問題で break into 〜 が出ていましたが、私がこれを覚えたのは、大学受験時代に使っていた『英文法頻出問題演習』(駿台文庫)です。
現在は『NEXT STAGE』や『VINTAGE』などまとまっているものが定番ですが、当時は駿台のほかに桐原書店の『英語頻出問題総演習』だけでした。どちらを選ぶかは、大学受験生のなかでも意見が別れて、ちょっとした論争になったくらいです。駿台の方は、その後、文法のパート1とイディオムのパート2が分冊になって発売されてます。

大学受験英語で学ぶことは実用英語として必ず生かされますし、それどころか礎になります。そして何より、若い頃に覚えたことは忘れません。高校生たちには安心してどっぷりと受験英語に浸かってもらいたいです。



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/19

結果を残してこそ  子育て

先日の父の日に子ども達からメッセージカードをもらいました。長男(中3)は「英語など何かにひたむきに努力する姿を見習っていきたいです!」と書いてありました。

勉強に関しては本人任せで、家庭ではほとんどノータッチですが、私のTOEICやランニング・筋トレへの取り組みから何かを感じてくれているなら、本望です。

そんな彼が英検2級一次試験に合格しました。ガツガツやるタイプではなく、欲がない割に初めての挑戦で結果を出してしまうあたりは見習わなければならないでしょうか(-_-;)

中学の希望者で行く来年3月のニュージーランド研修までに英検2級合格を条件として課してあります。英検2級、つまり高卒程度の英語力がないのに海外に行っても、学べるものは限られてしまうからです。これは、英検準1級・TOEIC800点を取得していたのに、留学当初は何もできなかった私の経験に依るものです。

この勢いで二次面接試験も突破し、世界へ羽ばたくきっかけにしてもらいたいです。
クリックすると元のサイズで表示します



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/18

走る広告塔?  閑話

先週末、小学校でPTA運動会と懇親会がありましたが、私は土曜日は朝から晩まで指導が入っているため、妻が出席しました。

ご近所の保護者の方も出席されていたそうで、「ご主人、走っているのをよく見ますよ」と言われたそうです。しかし、「お仕事は何をされていらっしゃるんですか」とも。

ランニングをしているのは知られているのに、英語学院のことは十分に知られていないという現実。個人経営なので無尽蔵に広告費を出すことは出来ませんが、もっと知っていただかないといけませんね。

ランニング時のウェアに、「トラスト英語学院」とプリントしようか・・・(笑)。そうすれば、まさに走る広告塔ですね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/17

受験英語の真骨頂  指導現場にて

私は1990年〜1991年に浪人していましたが、ちょうどその時、TBSで「予備校ブギ」というドラマをやっていて、食い入るように見ていました。

時は第二次ベビーブーマーたちが大学受験を迎えた時代。今では想像できないほどの予備校業界・受験産業が花盛りの時でした。ドラマの中でもそんな時代の趨勢を垣間見れますが、本質をつくやり取りもあって面白いです。

織田裕二演じる二浪生の橘薫と田中美佐子演じる予備校英語講師・小野雪のやり取りです。


薫「俺たちがやっているのは受験英語だし」

雪「そう思っている奴に、一生英語なんて身につかないの」


現在は4技能という名のもと、「話す」力を偏愛するきらいがあり、文法を中心に英文構造を解釈し読解する「読む」力が軽視されます。それどころが、従来の文法を中心とした受験英語が日本人の英語力を下げている元凶のようにさえとらえられています。しかし、話す力だのコミュニケーションだのオーラルだの言いだした時から、明らかに中高生の英語力が低下したのは、指導現場にいて実感してきました。その一方で、受験英語を一生懸命やった人たちの中から、その後、話す力も身につけ英語力を駆使するような人たちが出てきています。

そう考えると、「受験英語だから」というのは、英語から逃げてしまった人の言い訳のようにも聞こえてなりません。もちろん、学生の時に英語が苦手でも大人になってから勉強し直して英語を駆使する人も多くいますが、例外なく「学生の時にもっと一生懸命受験英語をやっていればよかった」と言います。

リーディングを中心とした受験英語が、今こそ見直される時だと思うのは、私だけではないはずです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/6/16

確立した健康的生活リズム  閑話

昨日は年に一度の内視鏡(胃カメラ)検診でした。静脈麻酔をしながらも多少の不快感が伴う検査なので気が重いですが、今年も異常はなく、副院長から綺麗な胃壁だと診断をいただきました。これでまた一年、安心して過ごせます。前日午後5時から絶食していたので、18時間ぶりの食事で栄養が体に染みわたるのが感じました。

元同僚が、難病指定されている潰瘍性大腸炎を患い、健康維持の大切さを改めて感じています。当たり前のことですが、生活のリズムを整え、そのルーティーンを崩さないことが大切です。特に塾業界は、午後からの仕事なので、己を律しないと無運動・夜型の生活になってしまいます。私も11年前に甲状腺癌で体調を崩した経験がありますが、その時の生活リズムは次のようでした。

午前9時 起床
午前10時 昼食とも変わらない遅い朝食
午後1時 出勤
午後11時 帰宅 晩酌をしながらの夕食
午前2時 就寝

まさに sedentary lifestyle。これでは体調も崩して当然でした。
sedentary
… spendeing a lot of time sitting down, and not moving or exercising very much
その病気の後は、子どもが幼稚園に入園したこともあり、早起きになりました。運動を始める決意がなかなかできませんでしたが、ロングブレスダイエット炭酸水節酒法で健康を意識し、少しずつ生活リズムを改善していきました。

そして、以下のような現在の生活リズムが確立しました。

午前6時 起床
午前7時 朝食
午前9時 ランニング(最低5km・30分以上)
午後0時 昼食
午後1時 出勤(午後3時頃に30分の筋トレ)
午後11時 帰宅 平日は晩酌なしで夕食
午前1時 就寝

これからも、毎朝走って午後は筋トレと仕事をバリバリこなして、週末だけ酒を飲む。いい意味で健康オタクでいたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
庭のバラが綺麗に咲いています。こんな小さな贅沢を感じながら、これからも歳を重ねていきたいですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ