2018/7/31

もっと英字新聞を  英語勉強法

先日のTOEICではパート7で article が過去最高の分量で出題され、いつも以上に多くの受験者が最後まで読みきれず、適当にマークをつける“塗り絵”になったと想像できます。

おそらくこの傾向は今後も続くでしょう。article がたくさん出題されるのに苦手と分かっているなら、得意になればいいだけのこと。
クリックすると元のサイズで表示します
TOEICの問題集で鍛えるのもいいですが、英字新聞で気になった記事を読むのも一手。そこには実用的な英語があふれています。

隅から隅まで読む必要はありません。気になった記事をじっくり精読し、知らない単語は調べる。そして、単語の意味は分かるのに英文の意味がわからない時、自分の弱点がその英文にあるはずです。(分詞構文や関係代名詞、倒置・省略が原因である場合が多い。)なぜ読めないのか、徹底的に追究すること。そこに英語力が伸びるきっかけがあります。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/30

ルーティーンを崩さない  ランニング・筋トレ

昨日の第232回TOEIC L&R から一夜明け、今日から夏期講習が始まります。通常は午後出勤ですが、夏期講習中は午前にも指導があるため朝9時の出勤となります。

普段は午前9時くらいに走っている日課のランニングは、工夫しないといけません。幸いにも、次男がラジオ体操で6時起きなので一緒に起きて、朝食前に5km程度を走るようにします。

夏期講習や補習等で授業が続く日々です。わずかな空き時間でも筋トレをして、体型維持&バルクアップを目指さなければなりません。

忙しくて時間がない時ほど時間は作れます。そして、そういう時に実行したことが真の力になっていくことも、これまでの経験上分かっています。ルーティーンを崩さない。今年の私のモットーかも知れません。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/29

第232回TOEICの感想  TOEIC・英検など

自身68回目となる第232回TOEIC L&R を受験してきました。5月以来2カ月ぶりの受験。相変わらずに味わえる緊張感・高揚感・圧迫感・達成感・解放感は最高ですね。受験された皆さん、お疲れ様でした。
クリックすると元のサイズで表示します
会場は松本大学で、約590名が受験。私の受験した教室は98人収容の教室で2人掛けの机に2人で座る配置でした。

以下、個人的な感想を勉強法も含めて記します。

【リスニング全般】
リスニング46分で全体終了が15時01でした。私は14列ある最後列でしたので、大学の大教室に一つのCDラジカセのため聞き取りづらかったです。音がmuffleするため、やはり、大教室の場合は工夫をしてもらいたいですね。公平性が損なわれます。

【パート1】
難しい問題はありませんでした。

【パート2】
ヒントも何もなく淡々と25問続くので、リスニングの中で一番苦手なパートですが、いつも通りひとつずつ状況をイメージすることを心がけました。

【パート3とパート4】
パート3は13セット×3問の39問、パート4は10セット×3問の30問。チャートやイラストが含まれ、3人の会話も2セットありますが、「設問の先読み」→「内容推測」→「聴きながら解答」→「解答指示アナウンスの時に次のセットの設問を先読み」のリズムが大切なパートです。今回は大教室だったため音がこもってしまい、聞き取れなくて推測で解答した問題がいくつかありました。

【パート5】
文法・語法・語彙問題とも満遍なく出題されていましたが、無難にクリア出来ました。一問当たりの英文の長さは以前と比べてだいぶ短かくなったように感じました。

【パート6】
4セット×4問の16問。文挿入も各セットで問われます。全体の流れ意識して解答するという当たり前のことができていれば問題ないでしょう。

【パート7】
ダブルパッセージ(DP)だけでなく、トリプルパッセージ(TP)も出題されるため読ませる量が増え、受験者を最も悩ますパート。今回はパート5を7分、パート6を7分で通過し、パート7に突入したのが14時00分。いつも通り、約1時間を残してパート7に取り掛かりました。

解き方は、いつも通りHUMMER式で解きました。最近のパート7は、全体的に難化・長文化しているので、油断せず全精力を傾けました。

No.176のDPに突入したのが14時28分、No.186のTPに取り掛かったのが14時38分。終了3分前の14時58分に完答しました。

今回のパート7はarticleが多かったのと、DP・TPで内容が推測しづらいのがあり、いつもよりも時間がかかりました。ここ一年では最も読ませる分量が多かったように感じました。「正確な速読」が今まで以上に求められています。多量な英文に対するスタミナをつけることが学習者に求められています。小手先のテクニックや、多少の勉強ではTOEICは攻略できません。

今回の受験での経験や感じたことを今後の指導や自身の英語力向上に生かすべく、今夜からまた少しの努力を積み上げてまいります。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/29

今日は第232回TOEIC  TOEIC・英検など

今日は自身68回目となる第232回TOEIC L&R です。

誰にも邪魔されない121分(あ!前回は邪魔されました`ε´)。
己と向き合える121分。
クリックすると元のサイズで表示します
日々自分でやると決めたことができているかが試されるのがTOEIC。つまり、己を律することができていれば、望む点数が取れます。問題フォームのレベルや内容・難易度は関係ありません。自分に課した日々のルーティーンが確実にこなせていれば大丈夫なのです。

TOEICは常に受験者の挑戦を堂々と受け止めてくれます。一問一問と真摯に向き合う時間を楽しむのみです。
クリックすると元のサイズで表示します
受験される皆さん。受験票と使い慣れた筆記用具、そして、折れない心を持って、真夏のTOEIC・200問と対峙しましょう。

受験後の感想は、午後7時以降にアップ予定です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/28

どうせやらなくなると思うけど・・・  指導現場にて

最近、生徒たちに当ブログでも紹介した武井壮さんのツイートを紹介して、「些細なことでいいから毎日やるときめたことを続けてみな、変われるから」と話した後、「まあ、どうせやらなくなると思うけど」と、生徒たちを挑発しています。

「それを一年間続けられた一年後に俺に報告してよ。その時は謝るから。まあ、どうせやらなくなると思うけど」

他人の中年オヤジにここまで言われて、「何くそっ」とみな悔しそうな顔をします。しかし、それ以上何も言えない。だって、一日もサボらず継続出来ていることはないわけですから。

それで例えば「一日に単語5個を必ず覚える」と決意したとしても、その気持ちは一週間と続かない。そして、また以前と変わらない状態になり「ほら、言った通り、やらなくなった」と、図星を指されるわけです。

したい人、10000人。
始める人、100人。
続ける人、1人。

何事も揺るぎない基礎を作り上げる過程は、単純すぎておもしろくないからみんな続けようとしない。コツコツやるしかないのに・・・。必ず答えは出るのに・・・。努力に勝る才能はないのです。そして、毎日やると決めたその単純すぎることが習慣になったとき、己を信じることができる“自信”となるのです。

「才能とは、自分自身を信じる力だ」

故・杉村太郎氏の言葉が脳裏をよぎる。

本当の指導力とは、生徒にプラス思考を抱かせて無限の可能性を追い求めさせる力。いかにして彼ら自身の可能性を信じさせ、単調な努力を愚直にさせることが出来るか・・・。私自身が今まで以上・生徒以上に“アツイ”気持ちを抱き、生徒たちと向き合っていきたい。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/27

「WORD POWER」の思い出  指導現場にて

私が伊那北高校1年だった約30年前、英語のボキャビル用に採用されていたのが「Word Power」。今となっては出版社名等の詳細は忘れてしまいましたが、“苦痛”という形容詞がぴったりと当てはまるものでした(苦笑)。

欧米の出版社であったため、日本語は一切使われておらず、夏休みなどの長期休暇では半端ない範囲が指定されるため、もう片っ端から辞書を引くしかありませんでした。当時は電子辞書などない時代。「WORD POWER = 紙辞書との格闘」でもあったわけです。結果、調べるだけで時間を浪費し、最も大切な暗記する時間が無かったのです。大学受験を控えていた我々には、‘ありがた迷惑’的な教材でした。

しかし、今冷静に考えてみると、この「Word Power」には、身の回りのあらゆる具象名詞から始まって、yawn(あくびする)などの生活に必要な動詞、自然現象に関連するものまで、ほとんどが網羅されていたと記憶しています。大学受験向きではありませんが、実用英語を習得する上ではかなり有効です。

一方、現在の高校生たちの夏休みの宿題を見ると、EMILE出版の「NEWSBREAKS」など、最新の時事ニュースを英語で読め、全訳・解答解説書・総合設問集・リスニングCDがついている場合がほとんどです。非常に恵まれていると感じる反面、ここまで至れり尽くせりなのもどうなのかとも思ってしまうのは、歳をとってしまった証拠ですね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/26

面白きこともなき勉強を面白く  指導現場にて

授業で心に残っている名言や座右の銘の話になり、ある高3生が高杉晋作の言葉を紹介してくれました。

「面白きこともなき世を面白く」

この夏休みに英語力をアップしたければ、塾や予備校の夏期講習に参加するのではなく、地味で派手さもない暗記中心の勉強をしなければなりません。この面白さのない勉強に面白さを見出せた時、英語力は向上しています。

面白くないことからいつまで逃げ続けますか?一見面白くないようにみえることでも、愚直に徹底して繰り返せば、その本質が見えてきて、面白さを感じます。英単語帳一冊を完璧に覚える、構文集の例文を完全暗誦する・・・。それをなしえた時、英語を自由に操れる自分がいて、人生が面白くなりますよ。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/25

高校で英語力が伸びない理由  英語勉強法

信州も今週末から夏休みの学校がほとんどですが、毎年この時期は高校1年生からの相談や問い合わせが多くなります。期末テストの結果や1学期の通知票が三者面談で渡されて、慌ててしまう場合がほとんどです。特に、進学校に通っている場合はそうなります。

中学時代は英語で点数が取れたのに、高校入学後に取れなくなる原因は以下の4点です。

@課題をこなすだけで精一杯。

A課題をこなすだけで勉強をやった気になっている。

B暗記に時間をかけていない。

C部活に夢中でそもそも勉強をやっていない。

Cは論外として(笑)、最も多いのが@とAです。進学校になればなるほど、教科書以外に副教材として様々なテキストや参考書類が渡されます。それらは毎週の小テストや定期テストの範囲に指定されるので何とかこなすのですが、結局、表面的にやっただけで、繰り返して暗記するというBが欠けてしまうことになります。

夏休みにも宿題として多くの課題が出され、また同じことを繰り返してしまい、勉強に時間をかけている割りに、夏休み明けの課題テストや実力テストで点数が取れないことになります。この負の循環から抜け出すには以下のことを心がけましょう。

D課題を真面目にこなさない。

E暗記に時間をかける

F優先順位をつける。

Dについて。ほとんどの課題には解答・解説がついています。それらをうまく使って、時間を有効的に使います。英語であれば、長文を読むとき、単語を調べたり、英文構造が分からない場合、無為に時間が過ぎていきます。そんな時はすぐに解答・解説を見るべきです。

Eについて。Dで出来た時間を暗記にあてます。結局、課題をこなすだけで暗記をしていないことが、テストで点数が取れない原因です。このEを実行しない限り、点数も伸びないし英語力もつかないと断言しておきます。

Fについて。それでも課題が多すぎてにっちもさっちもならない場合は、どの教材を優先してやるか決めて、それを集中して繰り返しましょう。テストではあまり点が取れないかも知れませんが、長い目で見れば、実力がついて入試につながる勉強になります。

解答解説を有効利用し、教材を絞り、それらを繰り返して暗記する。暗記しなければ学力は伸びません。
クリックすると元のサイズで表示します
さあ、この夏、英語力を変えられるか。行動あるのみです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/24

大暑のヒマワリ  閑話

こぼれ種から生長した庭のヒマワリが、猛暑の太陽に向かって誇らしく咲いています。
クリックすると元のサイズで表示します
チャレンジし続けることは素晴らしいことである一方、いつまでも変われず同じことを繰り返す大人ではダメだ。常に結果を残す大人でありたい。

暑い、辛い、しんどい・・・。そんな状況でも結果を残し、常に“花”を咲かせられる自分でいたい。勇敢に咲くヒマワリを見て、そんなことを感じました。

昨日は36.8℃と長野県で最も暑く、今シーズン8日目の猛暑日となった大暑の伊那市です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/23

英語を武器にする  子育て

御嶽海優勝から一夜明け、地元の新聞も英字新聞も御嶽海一色!
クリックすると元のサイズで表示します
長男(中3)も、定期講読している The Japan News の御嶽海優勝の記事を英語で読んでいました。先日、英検2級に合格した長男ですが、中学生でも英字新聞を読めるようになります。英語力は大きな“武器”です。持っていれば、情報入手力と発信力が加速度的に(exponentially)広がります。

思い返せば、相撲ファンだった私も英検2級に合格してから The Japan Times の相撲記事で英字新聞に親しみ始めました。血は争えないですね〜。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/22

やったぜ、御嶽海!  閑話

ついに御嶽海がやってくれました!名古屋場所で初優勝、長野県出身力士初の幕内最高優勝。

地元紙・信濃毎日新聞を始め、地元は大騒ぎです。
クリックすると元のサイズで表示します
信濃毎日新聞 電子版号外より
初土俵から3年半での幕内最高優勝。ずっと応援してきて良かった( ;∀;)。昨日は久しぶりに涙しました。

御嶽海は木曽郡上松町出身。浦島太郎伝説が残る寝覚の床で有名な山間の町。我が家からは車で50分。是非訪れてみて下さい。
クリックすると元のサイズで表示します
寝覚の床(2006年撮影)
さあ、次は大関取りです!


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/21

高い壁を越えようとする高2生たちへ  指導現場にて

高2生たちが進路を見定め、本格的に受験勉強に舵を切る時期。この時期にスイッチが入れば望む結果が出る可能性が高まる一方で、目標は口にすることが出来ても、その可能性を信じられない高校生もいる。

それはまだ、自分自身を信じられていない証拠。自分自身を信じられるようになるには、日々の小さな努力を積み上げ、どんなに些細でもいいので結果を出していくしかない。

だからこそ、毎日継続する。愚直に繰り返す。行動が習慣となり、習慣が人間を作り、偶然を当然にする。

さあ、悩んでいる時間があるのなら、単語集を開いて英単語の一つでも覚えてしまえ。夏、弱気な自分を変えてみろ!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/20

走る意味  ランニング・筋トレ

14日(土)36.1℃ 15日(日)35.8℃
16日(月)36.5℃ 17日(火)35.6℃
18日(水)37.2℃ 19日(木)35.8℃

と、六日連続で猛暑日となった伊那市です。熱中症に最大限の注意を払わなければならない暑さが続いていますが、午前中の早い時間に5km・30分以上のランニングは続けています。それでも、涼しい時期に比べれば走る量を加減していますので、この時期はランニングの知識と意識を高めるために、ランニング関連の書籍を読むことにしました。

まずは金哲彦『走る意味 命を救うランニング』を読了。
NHK「ラン×スマ」で金さんの存在を知りましたが、何と早稲田の大先輩であり、箱根駅伝の山登り5区を4年連続で走り二度の区間賞と総合優勝を達成されていました。ランニングを始めなければ、こんなことも知る機会がなかったでしょう。

さて、本著は「走る」とはそもそも何なのか、金さんの半生を自叙伝的に振り返りながら、走る意味を問うてます。

結局、市民ランナーは他人とタイムを競うのではなく、自分自身と競っているわけです。だから、常に自分の身体に耳を傾け本能の赴くままに走る。
「走ることのすごいところは、走ることで気力が呼び戻されるところです。走ることでまた気力が湧いてくる。(中略)走ることは深く感じること、根源的な感情を呼び起こすこと」
(280ページより引用)
これは走っている人にしか分からない感覚です。

大腸がんを乗り越え、走ることを通して生きる意義を感じ続けている金さんです。本著にはランニングの技術的なことはほとんど書かれていませんが、読了後は、生きるためにランニングを続けようと気力が高まり、今すぐにでも走りたくなる一冊です。

今度は、金さんが書かれたランニング技術やトレーニングの指南書を読んでみます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/19

結果を残す意義  子育て

14日(土)36.1℃
15日(日)35.8℃
16日(月)36.5℃
17日(火)35.6℃
18日(水)37.2℃

と、ついに五日連続で猛暑日となった伊那市です。これまでの最高気温は2013年8月10日と11日に記録した37.0℃でしたが、昨日の37.2℃で、1993年の観測開始以降最高を更新しました。長野県内でも一番暑かったようです。今日も37℃の予報が出ております

さて、2018年度第1回実用英語技能検定の結果が出ました。春の英検はインターハイ予選や中体連などと重なるため受験者が少なかったですが、今回は高3生が準1級に合格しました。トラスト英語学院開校5年目にして初の高校生の英検準1級合格ですので、この感動は何物にも代え難いものがあります。

そして、長男(中3)も英検2級に合格しました。ガツガツやるタイプではありませんが、初めての2級(=高校卒業レベル)挑戦で結果を出せたことは英語力が培われつつある証拠だと思います。中学の希望者で行く来年3月のニュージーランド研修までに英検2級合格を条件として私から課してありましたが、これでその条件もクリアーになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
ニュージーランド Milford Sound −Wikipedia より−
結果を残すことで次のステージに進み、そこでまた新たな課題が見えてきます。それこそが更なる成長のきっかけです。さあ、次は準1級。この壁がまた高いので、早めの意識づけをしていき、高校の早い段階での合格を目指してもらいたいです。そして、すべての小中高生に「高校生で準1級合格」を当然の基準とする英語力を伝授していきたいと思います。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/7/18

道具にこだわる  ランニング・筋トレ

14日(土)36.1℃
15日(日)35.8℃
16日(月)36.5℃
17日(火)35.6℃

と、四日連続で猛暑日となった伊那市です。今日も明日も37℃の予報が出ており、危険な暑さが続きます。日課のランニングも、この炎天下では早朝か日没後が理想ですが、仕事で帰宅が遅い私はやはり午前中の早い時間しか走れませんので、熱中症に気をつけながら走っています。

熱中症のほかに、この時期のランニングで気をつけなければならないのが紫外線ですが、これまで眼に対しては無頓着でした。同じ時期にランニングを始めた友人からサングラスの着用するようアドバイスを受けましたが、眼鏡の私にとってはなかなかの難問題(a tall order)なのです。

学生時代はコンタクトレンズでしたが、眼球への影響を考えて社会人になってからはずっと眼鏡です。裸眼で0.03(右)、0.01(左)の私は、普通のサングラスでは何も見えないですし、度入りのサングラスは値が張るし掛け替えが不便。そこで、アマゾンで色々と探したところ、眼鏡に取り付けられるクリップサングラスを見つけました。
私の眼鏡はZEROGRA(ゼログラ)で、市場では最も軽い3.7gのフレームを使っているので、取り付け用サングラスも軽いものを探していましたが、これは13.6gと軽量で、取り付けても違和感なく走れました。

ランニングが趣味となって、シューズや帽子などの道具にこだわりが出てきてきましたが、サングラスもその一つですですね。見た目もいよいよ市民ランナー。これからも自分の走りを楽しみます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ