2018/12/31

2018年総括  閑話

大晦日恒例、「2018 我が家のニュース トップ3」と「2018 我が家の漢字」です。

【第1位 次男(小3)がカワイピアノコンクールで入選】
結果にこだわらず、いろいろなことを飄々とこなしてきた次男が、初めてこだわって取り組んだコンクール。見事、伊那地区からは唯一の入選となりました。

【第2位 長男と次男が各種検定試験に合格】
長男(中3)は英検2級・数検3級に合格。
次男(小3)は漢検6級・数検8級に合格。

長男は来年から高校生になります。英語に関しては、語彙力さえ鍛えれば準1級を狙えるレベルにあります。これからの努力に期待ですね(^^)/

【第3位 TOEICで6回目の満点取得】
第227回TOEIC L&Rで通算6回目の990点満点取得。

私自身について、今年毎日継続できたことは、@ブログの更新 A英語の音読 Bブログ貯金 です。

習慣として継続できたことは、Cランニング D筋トレ です。

@のブログの更新は、今日で2,175日連続更新となりました。

Aの英語の音読は、TOEICパート3・4の各スクリプト1セットを10回ずつと、金フレのパート1の100例文を2回ずつの音読を、2012年11月から6年以上、一日たりともサボることなく継続できています。ただし、今年10月から金フレの音読を、『基本英文700選』の英文100文に変更しましたが、もちろん、毎日継続しています。

昨年1月から始めたBのブログ貯金も毎日継続できました。前日のアクセス数(UU数)を毎日貯金していくというもので、平均すると毎日約200〜250円の貯金をしたことになり、約8万円の小銭がたまりました。前日のブログアクセス数をカレンダーに記し、その金額を貯金箱に入れるだけのことですが、これでさえ毎日継続するのは難しいのではないでしょうか。そんな些細な日々の継続ができるのは、自分の特技だと思っています(笑)。

CランニングとD筋トレについて。今年は趣味のランニングに力を入れました。年初の1月に友人から「マラソン大会に出てみたら」という誘いを受け、その日のうちに、第11回信州なかがわハーフマラソン大会にエントリしました。そこから練習に熱が入り、途中ケガをしたものの、その後、第4回南信州まつかわハーフマラソン大会第38回群馬サファリ富岡マラソン大会に出場し、自己ベストを更新することができました。今年の走行距離は1,500kmを超えていますランナー。ランニングのために体幹を中心とした筋トレにも注力し、今や、腹筋が6つに割れる“腹筋男子”です。

生徒を指導する立場として自ら範を垂れるために、毎日やると決めた英語・ブログ・筋トレ・ランニングを継続しました。ランニングに関しては今年1年間で1,500km以上を走り、昨年の倍近くを走ることができました。それはマラソン大会という目標に挑むことで拍車がかかり、その後、自分の体力と精神力に挑んだ年であったと思います。ということで、「2018 我が家の漢字」は
クリックすると元のサイズで表示します
に決定です拍手拍手!来年はフルマラソンを4時間以内で完走するサブ4へ向かって、更に走り続ける挑戦の日々です。


※昨年までの我が家の漢字の歴史です。
2017年 「走」
2016年 「学」
2015年 「果」
2014年 「実」
2013年 「続」
・2012年 「荒」
2011年 「飛」
・2010年 「昇」
2009年 「耐」


今年一年、ブログ「英語道」をお読みいただき、ありがとうございました。来年も毎日更新を目標に日々を綴ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/30

ベストオブいいね!2018  閑話

開業5年目の仕事納めの朝。アメダスでは−7.4℃を記録した信州伊那谷。寒いですが、穏やかな朝日を浴びてエネルギーを充填し、今日も夜まで英語指導に邁進します。
クリックすると元のサイズで表示します
さて、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどで今年最も「いいね!」をもらった投稿「ベストオブいいね!2018」をテレビで特集していたので、私も自分のツイッターとフェイスブックを調べた結果、「私のベストオブいいね!2018」は、11月13日に投稿したこのツイートになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
545のいいね!と157のリツイートをいただきました。ありがとうございます(*^^*)

来年も、心にある曖昧模糊とした思いを、言葉という明晰な形に現前化し、多くの方に伝えていきたいと思います。

トラスト英語学院 Twitter(フォローどうぞ)
http://twitter.com/eigodo


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/29

弱い自分を変える  閑話

先日、松屋でランチした時のこと。会社の作業服をまとった四十前後の男性グループ4人が席につくや否や、スマホを横にして両手で持ち、両親指を動かすのに夢中になる。明らかにオンラインゲーム。

一方、数ヶ月前にすき家でランチした時のこと。牛丼を頬張りながらも一心不乱に宅建の参考書を読む中年男性の姿。気づけば高校時代の同級生。「宅建受けるから、大変なんだよね」とはにかみながらも、顔は充実感に満ち溢れていた。その後、彼が宅建に合格したと聞いた。

自分の自由時間をどう使うかはその人次第なので、文句を言うつもりは毛頭ありません。ただ、人生はこういうところで差がついていくのだと実感した瞬間。時間の使い方と意識の持ち方で、人生はあらぬ方向へ進む。


いつでも楽な方へ行こうとする。

いつでも怠けようとする。

人間なんて弱い生き物。そんな自分をいかに変えられるか・・・。その力が勉学で培われるように思います。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/28

成長を示す質問  指導現場にて

昨日の授業後、ある高1生から質問がありました。

生徒:「to不定詞で、“〜するために”という目的の意味を明確化するために so as や in order をつけますが、省略しても意味は通じますよね。では、“〜しないために”という否定の場合も so as や in order をつけずに、not to だけでもいいでしょうか?」

私:「意味は通じるかも知れないけど、通例、否定の場合は省略することは出来ないんだよ。イギリスで出版されている文法書(*)にも書いてあるからね」

*Michael Swan『Practical English Usage』


覚えなければならない知識をただ棒暗記するのではなく、相互に関連性を持たせて「じゃあ、こういう場合はどうなるか」と考えられるのは、常に物事に規則性を見出し、論理的に考えようとしている証拠であり、成長の証。この質問をした彼女は高1で英検2級に合格しましたが、準1級合格と更にその先にある大きな目標に向かって、これからも努力を続けていくことでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/27

Better than nothing.  閑話

かさこ塾塾長の笠原さんが、ツイッターで次のように書かれていました。
その人が本気かどうかを見分ける簡単な方法
できない言い訳ばかり言っているかどうか。
言い訳ばかり言っている人は本気ではない。
本気でしたいと思っている人は
できない言い訳ではなく
できる範囲でやれることをしている
その通り。英語でいうところの You can say that again!

私が継続している英語の勉強、ブログの毎日更新、ランニングと筋トレ。やろうとしている人は多いけど、多くの人が継続できずに結果を出せていない。特に社会人は、仕事を言い訳にして中途半端で終わっていく。その一方で、結果を出せる人は少なからずいる。その人たちの特徴は、出来ることを出来る範囲でやっている。

昨日はランニングをするのを少し億劫に感じていましたが、「走れるだけ走ろう」とウェアに着替えて準備体操を始め、5kmだけ走りました。何もしないよりも、弱気に勝てて継続できた結果が大切。そう、Better than nothing.
クリックすると元のサイズで表示します
センター試験直前のこの時期、体調を崩す受験がいる。そんな時は焦り、ピリピリしてしまう。「いつも通りの勉強が出来ない」と。でも、ベッドで横になりながらも、単語の暗記チェックはできる。音読も数回はできるかも知れない。

どんな時でも、出来ることを出来る範囲でやる。それが、結果を残す成功法則です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/26

2018年日本の10大ニュース  英語勉強法

年末に楽しみにしているのが、The Japan News がその年の日本の10大ニュースを英文で振り返る社説です。今年も定期購読している新聞に載りました。ウェブ上でも読めます(*^^*) >>こちら

今年も色々なことがあり、毎日それを英語で読んできましたので、この英文社説は時事ニュースとそれに関連した語彙も復習できて最高の教材となります。英語を勉強されている方は、レベルにかかわらず、辞書を片手に読まれてみて下さい。

記事に書かれている10大ニュースを以下にまとめておきます。
1位:平昌五輪で日本は冬季最多13メダル
2位:西日本豪雨、死者220人超
3位:日大アメフト部選手が危険タックル。スポーツ界で不祥事相次ぐ
4位:大坂なおみが全米オープン優勝、四大大会で日本人初
5位:日産のカルロス・ゴーン会長逮捕
6位:北海道で震度7、道内全域で停電
7位:ノーベル生理学・医学賞に本庶氏
8位:オウム松本死刑囚ら元幹部の死刑執行
9位:大谷翔平、メジャー新人王に
10位:大型台風襲来、関空が冠水し孤立
今の日本を英語で語るために大切な語彙ばかり。grieve、wreak havoc on 〜、expedite、stranded 等、英検やTOEICにも頻出の単語もあり、学ぶべきことがたくさんあります。
クリックすると元のサイズで表示します
信濃毎日新聞 電子版号外より
振り返ってみると一年間、アッという間でした。小平選手が金メダルを取ったのが今年2月18日。もっと昔であったような気がするのは、歳を取った証拠ですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/25

思い出のXmas  閑話

クリックすると元のサイズで表示します
Ho-ho-ho! クリスマス Very merry Christmas! サンタ
毎年のクリスマスにトラスト英語学院の玄関で迎えてくれるのは、ホストマザー・Judy が送ってくれたサンタクロースですサンタ

クリスマスで最も思い出に残っているのが2001年です。世界同時多発テロが起こったその年、グランウンドゼロをこの目で見ておきたいと思い、ニューヨークで過ごしたクリスマス。
クリックすると元のサイズで表示します
その時に撮影したロックフェラーセンターのクリスマスツリーです。

May peace be brought to the whole world.


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/24

淡々と  閑話

クリックすると元のサイズで表示します
祝日のクリスマスイブ。しかし,今日もいつも通りの仕事です。

ただ淡々と毎日やると決めたことを積み重ねていく。単純なことなのに,それを毎日継続していくことがいかに大変なことであるか。例えば,「今日はお休みだから」と,怠けようとする己に克てるか。毎日のちょっとした克己心が,なりたい自分に近づくためには必要です。

年末年始はいつもと違った生活リズムになりやすいからこそ,本当の継続力が試されます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/23

薄暗い林の中  指導現場にて

中3生は三者面談を終え、高3生はセンター試験まで一ケ月を切り、進路について現実的な選択をしなければならない時期を迎えました。

これまでの努力、これまでの人生が、受験という切り口で垣間見られる瞬間。

毎日コツコツと努力を積み上げてきた者。

理想だけ掲げて努力から逃げてきた者。

その差があまりにも大きくなっていたことに気づく時。

そう、あの毎日の一見つまらなそうな淡々とした勉強が、実は人生の礎を築き上げていたんだよ。
クリックすると元のサイズで表示します
薄暗い林の中を走っていても、その道なき道は、いずれ明るい場所に通じている。走っている時は気付かないだけ。そして、走り続けた者だけが見ることができる風景。

勉強ってそんなもの。やっている時は「なぜこんなこと覚えなきゃならないの?」と思う。でも、一つの結果が出た時、その意義に気付く。

学生たちよ。勉強せよ。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/22

冬至の英語  英語勉強法

今日は冬至(winter solstice)ですね。信州伊那谷はあいにくの雨模様で、南アルプス・仙丈ケ岳から昇る冬至の日の出が見られませんでしたので、昨年の冬至に撮った写真を掲載します。
クリックすると元のサイズで表示します
天竜川の朝霧が創りだす幻想的光景
solsticeは日本語では「至点」を意味し、ラテン語の sol(太陽)と動詞 sistere (静止する・立たせる)を語源としています。語源はともかくも、時節柄の英単語はその都度覚えていくと、確実に語彙力はついてきます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/21

自分に勝てる自分  閑話

今年もあと10日。大晦日はドタバタしたり、お祭りムードで一年を振り返る余裕はないかも知れませんので、新年までの10日間でこの一年間を振り返ってみるといいですね。

年初に立てた決意は?

やると決めたことは習慣化できたか?

前年よりも成長できたか?

何も変わっておらずいつも通りの年だったとしたら、気持ちも新たに来年元旦から、何かに取り組みますか。いや、今日からやるべきです。今日始められないものは、新年になったところでできるわけがありません。

継続は結果を残すための秘訣だと皆知っていますが、結局、継続できるか否かは本人の気持ち次第。英語の勉強、ブログの更新、筋トレ、ランニング・・・。何にしろ、継続できない言い訳を探している時点で、負け。誰かに負けたわけじゃない、自分自身に負けている。2018年の残された時間で、自分に勝てる自分に変われるはずです。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/20

「わかったフリ」を暴く  指導現場にて

例えば、関係詞や仮定法を教え、生徒はそれに対して「わかりました」とうなづきます。しかし後日、それらについて質問すると答えられない・・・。そんな場面に何回も出くわし、指導者として虚しさを感じることも多々あります。

その都度、身に沁みる言葉が『ドラゴン桜』で発した水野の一言です。
「教えられる側ってわかったフリする」

クリックすると元のサイズで表示します
『ドラゴン桜』第6巻(52限目)より
だからこそ、指導者側は生徒の言葉をうのみにせず、しつこいほど繰り返し確認する。

「関係詞はまず何を確認する?」に対して「まず、先行詞が・・・」と答えたり、「仮定法って何だ?」に対して「『もし・・・』で・・・」などと答えようなら、私は一喝する勢いで声をあげます。なぜなら、そんな風には教えていないのですから(笑)。

教えたことを口述できれば、物事の本質をとらえた上で、論理的に理解できている証拠です。生徒のわかったフリを暴く。指導者の工夫と技量が試されるのだと思います。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/19

思考力なんてくそくらえ  英語勉強法

大学入試センター試験まで一ケ月となりました。自信に満ちあふれている人、焦りを感じる人、緊張し始める人、開き直る人・・・。まさに十人十色でしょう。直前期のこれからの一ケ月にやるべき勉強のアドバイスは、「思考力なんてくそくらえ。暗記を徹底せよ」。

@基本を大切にする
lie と lay の変化・発音・意味が瞬時に言えますか?respective, respectable, respectful の意味が瞬時に言えますか?出題されて「あー!」「しまった!」と感じてしまう単元があれば、早急にそこを見直し暗記しよう。

A難しいことに手を出さない
点数が思うように伸びないからと、今から問題集や参考書を買うようでは浪人します。やってきたものを繰り返そう。

Bこれまで受けた模試をすべて復習する
すでに復習していたとしても、時間が経てば忘れてしまって出来なくなっているところがあります。一度受けて復習した模試なのにまた間違えるなんて情けない。本番でできるはずもありません。何度も繰り返そう。間違った問題用のノートを作ったり、覚えていない単語を抜き出して、それらを徹底して覚えよう。

C大学入試センター試験の過去問演習、予想問題演習をする
@〜Bで述べたように復習と暗記に勉強時間を費やすべきですが、これからは問題を解く時の「勘」を維持するのも大事です。英語に関しては、問題がついた長文読解は必ず一題は解くようにしよう。国立志願者はセンター型に特化すればよし。私文・私理志願者は受験予定の大学の赤本も利用しよう。ただし、解きっぱなしはダメ。Bで述べたように繰り返し復習しよう。

これまで書いたブログ記事で最も反響が大きかった私の経験談「不甲斐ない自分にサヨナラ」(2008年12月12日投稿)も読んでみて下さい。今すべきことを感じることができて、気合いも入るはずです。

基本が無ければ何も生まれません。勉強においては、基本=徹底暗記です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/18

一意専心な姿  指導現場にて

人はみな なにかにはげみ 初桜

クリックすると元のサイズで表示します
俳人・深見けん二の句です。

冬の間、寒さを耐え、地中から養分を吸い上げて蓄え、春に花開く時を待つ桜。それは、目標を達成するために、たとえ今は成果を感じることができずとも、一心に努力する一意専心な人間の姿と重なります。
クリックすると元のサイズで表示します
大学受験生はこれからが正念場。今は辛くとも、来春のキャンパスライフを夢見て、ただただ日々の努力を積み上げるのみです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2018/12/17

練習あるのみ  ランニング・筋トレ

昨日は、天竜川と三峰川の堤防を走るコースでハーフ(21.0975km)を走りました。前半10kmは天竜河畔を南下したので強烈な向かい風、そして、後半17km地点では約1km続く勾配8%の上り坂でしたが、ハーフの自己ベストを更新する1時間47分35秒(平均ラップ5分06秒)で走り切ることができました。様々な自然条件(elements)の中を走るのは、トレーニングになるのはもちろんのこと、本番での自信につながります。
クリックすると元のサイズで表示します
天竜川と三峰川の合流点
一週間前の大会で自己ベストの1時間50分14秒で走ったばかりですが、自主トレとはいえ3分更新できたのは、練習の成果と気持ちのおかげだと思います。

もっと強くなるために、自分に必要なのは距離×スピード。フルでサブ4を達成するために、まずはハーフを1時間45分で走り切れるための走力を目指します。練習するしかありません。英語の勉強や受験勉強も一緒です。みな自分に必要なこと、やるべきことは分かっているはずです。後はそれを実行に移し継続できるか。人生を変えるためのきっかけは、常に自分自身の中にあります。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ