2019/1/31

春を呼び込む勉強  英語勉強法

今日は1月最終日。私立大学一般入試が本格化する2月1日から高3生は登校する必要がなく、自宅で勉強に励むことも多くなると思います。

私が高3だったこの時期は安易な勉強方法ばかり追い求めていた気がします。自宅待機となった2月以降、集中して勉強するのが当たり前なのに、テレビの誘惑から逃れられずに“ながら勉強”。当時、午前中に毎日放送されていた「100万円クイズハンターハンマー」は欠かさず見ていました(・_・;)

本屋にも足を運び、『毎年出る頻出英文』的な、楽して点数が取れそうな問題集に依拠していたことも覚えています。それをやればまだいいのですが、購入しただけで満足。全くだらけた情けない救いようのない受験生でした。そんな勉強姿勢では、結果は火を見るよりも明らかです。当然、浪人の道を歩むことになりました。


この時期は、過去問以外は新しい問題集や参考書に手をつけてはいけません。入試本番まで長くても一ケ月。そんな短期間で消化出来る参考書類はありません。「買ってもやり切れなかった・・・」と罪悪感を抱いて入試に臨むことほど、自信を削ぐ行動はありません。

直前期の勉強は、

・これまでやってきた参考書と問題集をやり直す。暗記を完璧にする。
・模試を復習する。
・受験予定の大学の過去問を何度も解き直し、復習を徹底する。

の3点に限ります。これまでの勉強で何度もやってきたものをしつこく繰り返すことで暗記が徹底し、知識が定着します。英語に関しては単語帳も今までやってきたものを、派生語・同義語・反意語等の今まで気にかけてこなかった箇所まで気にかけると、新たな発見もあります。私立や二次対策として新しい単語集を買ってはいけません。過去問や模試を復習する中で出会った新たな単語を、それまで使っていた単語集に書き加えて、オリジナルな単語集に仕上げてしまえばいいのです。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、何よりも音読。第一志望の過去問の長文を声に出して繰り返し音読する。これだけで、英語力は変わります。


第一志望の合格を手繰り寄せるのに、特別な方法はありません。今までやってきた勉強を掘り下げて徹底する。この当たり前のことをするか否かで、結果は変わってきます。

来週は立春で冬が終わります。この寒く辛い時期に地中にしっかりと根を張る勉強をしたことで、合格という暖かい春が必ず訪れます。受験生諸君、君たちの希望に満ちた未来がスタートする春まで、もう一頑張りです。
クリックすると元のサイズで表示します



>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/30

やりがいと寂しさ  指導現場にて

一月最終週となった今週、最後の授業となる生徒も少なくありません。昨日は5人の生徒を送り出しました。

緊張の面持ちで大学受験に向かう者。
充実感と共に大学生活に向かう者。
英検に合格し、転職して新たな人生を歩もうとする者。

父兄が挨拶に顔を出してくださったり、気持ちをしたためた手紙を渡してくれる生徒も・・・。

私の仕事のやりがいは、英語の勉強を通して充実感と自信をもった生徒を送り出す瞬間です。しかしその一方で、彼らと過ごした珠玉な時間は、私の人生においても宝物であり、もうその時間は戻ってこないのだと考えると、無性に寂しさも募ります。

天職。嬉しいけど辛い瞬間。これから3月末まで、そんな場面が繰り返されます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/29

実力を忠実に反映するセンター試験  指導現場にて

今年度指導してきた高3生の大学入試センター試験の自己採点の結果が出そろいました。毎年、生徒それぞれが英語で何点取るか、センター試験の2週間前くらいに予測をしています。そして、実際の点数と比較してそれまでの指導を振り返り、その後に生かしています。

今年は十数名が受けましたが、全生徒の予測と実際の平均点です。

予測 144.4点
実際 148.2点

その差はわずか3.8点。英語は200点満点ですので、100点満点に換算すれば誤差は2点もありません。これは、指導しているときに感じる生徒の実力を私が客観的に捉えられている証拠であり、また、大学入試センター試験がその生徒の実力を忠実に反映する素晴らしい試験だという証に他なりません。


生徒の点数を予測するのは、経験に基づくと意外と正しくできます。私が目安としていることは、

@暗記を重視しているか。
A問題を解くことが勉強だと思っていないか。
B英検2級に合格しているか。
C指導者とコミュニケーションが取れるか。
D目標と行動が一致しているか。

の5点です。特に、Bの英検2級合格は恐ろしいくらい正確です。高3で英検2級に受からなかった場合、センター試験で150点以上取得した生徒はこれまで一人もいません。Cも大切です。指導されたことを鵜呑みにして、まずは試してみる姿勢。授業を受けるがアドバイスに従わずにずっと我流でやっていると、あらぬ方向に進んでいってしまいます。目標を達成するには、二人三脚で常に試行錯誤しながら上のレベルを目指していく姿勢が求められます。


さあ、今週末から私立大学一般受験が本格化します。それは生徒たちの人生が動く時でもあります。最後までバックアップしてまいります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/28

普通の中にある幸せ  ランニング・筋トレ

快晴無風の日曜日。

普通に10km以上をランニングし、
普通に筋トレをし、
普通に家族みんなで食事をし、
普通にお風呂に入り、
普通に暖かい布団で寝る。

この2週間、我が家は風邪とインフルエンザに苛まれたので、この普通ができませんでした。

普通な時間を過ごせる幸せ。普通であることのありがたさ。

幸せは、普通の中にこそあるのですね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/27

インフルエンザ一考  閑話

インフルエンザA型が猛威を振るってますが、私も罹患し、二日間仕事を休ませていただきました。

インフルエンザに罹患したのは2009年以来、実に10年ぶりでした。39℃以上の発熱もそれ以来でした。学生たちと接する職業柄、毎年予防接種をし、人一倍気をつけていましたが、やはりかかる時は簡単にかかってしまうものですね。しかし、予防接種と幼少の頃からお世話になっているお医者さんのおかげで、急回復を遂げました(^^)v。土日は休診にもかかわらず診て下さり、日曜日は特別に点滴まで施していただきました(^_^;)

我が家は長男(中3)がまず罹り、続いて、妻・私と回ってきました。次男(小3)の学年は2クラスも先週まで学級閉鎖という・・・。そして、その次男もついに昨日罹ってしまいました。医者も「今年の流行は異常だ」と言っています。

予防接種の効果に懐疑的な意見も多いですが、発症してしまっても「この程度で済んだ」と考えれば、安い投資です。そして、罹ったと思ったらすぐに受診すること。発症してから48時間以内、投薬が早ければ早いほど回復も促されます。今はゾフルーザという“神薬”もありますから、予防と診療を早めに行いたいですね。

皆さんもお気をつけください。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/26

ドラマ『みかづき』が今夜スタート!  指導現場にて

森絵都『みかづき』原作のドラマが、今夜いよいよNHKで始まります。
原作の小説『みかづき』は塾業界で知らない人はいないでしょう。ある塾長先生がFBで紹介されていて、私も2年以上も前に衝動買いし、467ページの大長編小説にもかかわらず、一週間で読了してしまったほど、読み始めたら面白くてやめられません。

小説のなかでは、私が実践の場で身につけてきた指導法のポイントが随所に記されており、教育に携わっている方の参考になります。また、「我々の最終目標は、子どもたちに自主学習の姿勢を身につけさせることだ。(中略)つまり自立心を手に入れた子は、その後、何があっても容易には崩れない」(402ページより抜粋)など、勉強をする理由の核心がズバッと述べられていて、爽快です。

塾業界の変遷とその内幕を舞台にした小説のドラマ化。高橋一生と永作博美という素晴らしいキャスティングも見どころですね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/25

現実を目の前に突きつけられた瞬間  閑話

高3だった1990年。第二次ベビーブーマーたちは大学受験に臨み、まさに受験戦争という言葉が相応しい時代でした。私立文系専願だった私は、早稲田(政経・教・社)、明治(経営)、学習院(経済)、中央(商)を受験しました。よくいる現役生の典型で、受験校に見合った勉強をしていなかったにもかかわらず、なぜか「俺は受かる」という根拠のない自信だけは持っているという、救いようのない受験生。第一志望の早稲田は受かる、だから、滑り止めの中央は余裕で受かって当然と思って憚りませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
受験のため上京していたある晩、宿泊していた新大久保のビジネスホテル近くの公衆電話から、中央大学の合否を聞くために自宅に電話をかけました。当時はインターネットやケータイはないため、合否を確認する術は、直接掲示板を見に行くかレタックスしかありませんでした。電話に出た父にレタックスの封を開けてもらい、商学部の番号を確認してもらいました。しばらくすると
「お前の番号、・・・ないぞ」
と、受話器から聞こえてくる父の声。私は我を忘れ、
「そんなわけないから!学部を間違っているよ。ちゃんと見て!」
「他の学部も見たけど、ないぞ・・・」
「そんなはずない!絶対あるはずだ。俺が落ちる訳がない!」
と現実を信じられない自分がそこにいました。そして、しばらくして
「分かった・・・。ありがとう。まだ、早稲田の発表が残っているから・・・」
と説得力のない言葉を残して電話を切ったのを覚えています。
クリックすると元のサイズで表示します
当時の、中央(商)の偏差値は62。学習院(経)64はもちろんのこと、早稲田(政経)72、早稲田(教)68、早稲田(社)65なんて受かる訳もないことを認めざるを得ませんでした。

自分の実力は大したことないのだ、もう浪人という現実から逃げることはできないのだ。そう、まさに現実を目の前に突きつけられた瞬間。世の中の厳しさを知らなかった18歳の青二才にとって、初めて挫折を味わった瞬間でもありました。

たかが大学受験。偏差値が全てではないかも知れません。人生の勝ち負けが大学名で決まるわけでもありません。しかし、現実を直視し、自分という弱い人間と向き合い、自分で道を切り拓いてくれるきっかけを作ってくれたのは、私にとって間違いなくそれは大学受験でした。

目標を達成するために何が必要で、どうしていくべきか。成長は現実を受け入れて向き合うことから始まります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/24

君はどう選択する?  指導現場にて

センター試験の自己採点を終え、自分の実力を認識せずに「ミスした」「もっと取れたはずだ」と言い張っている生徒は、今後も間違いなく伸びません。点数が取れなかったのは、失敗でもミスでもなく、すべて実力のなさ。「本番では点数が取れるはず」「いずれ自分は出来るようになる」という淡い妄想に依拠しているだけで、己の現在の実力のなさを認めることがなければ、今後の成長は望めません。同情しても学力が上がる訳がないので、だからこそ、私は高3生に敢えて厳しい言葉を投げかけます。

今こそ大切なことに気づき、自分を変える絶好の機会。ピンチは人生を向上させるチャンス。毎年のことですが、これから私大・国公立二次試験までの間、生徒一人ひとりが大人に変わっていくのを、感じることができます。

自分の歩むべき道を選択するために、自分自身と真摯に向き合う時間。選択する道は、それまで思い描いてきた道とは違っているかも知れません。でも、その道は必ず未来へとつながり、そこには、なりたい自分への道標があるはずです。

大学受験生たちよ。さあ、君はどう選択する?
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/23

想いの強さが行動を規定する  指導現場にて

大学入試センター試験も終わり、私立大学一般入試と国公立大学二次試験に向けて、多くの受験生が受験予定大学の赤本(過去問)をやっている。しかし、そのやり方・使い方が甘い!そんなことでは、「合格」という二文字を手にすることはできない。

特に第一志望の大学の過去問の扱い方がなっていない。

第一志望の過去問なのに、解いて答え合わせをするだけ?

長文の英文一文一文、すべて確認したのか?

声に出して繰り返し音読したのか?

覚えていない語彙は覚えたのか?

第一志望への想いはその程度のもの?

そもそも、本当にその大学へ行きたいの?

想いの強さが行動を規定する。自問すれば、今すべきことは当然見えてくる。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/22

人生の縮図  閑話

スポーツを観ていると、人生の縮図だと感じたり、教訓を教えられることがままあります。だからこそ、人はスポーツを観るのでしょう。

昨夜の全豪オープン4回戦。錦織圭はランキングとしては格下のパブロ・カレノブスタに押されていました。2セット取られた時点で負けたと思いましたが、そこから追いついた最終セット。最初にブレークして一気に行くと思いきや、ブレークバックされて、結局6−6でタイブレーク。

10ポイント先取のそのタイブレークも5−8となり、ここまでかと思った。しかし、ちょっとした判定の違いからカレノブスタの集中力が途切れ、連続5ポイントで10−8で勝利するという神がかり的な逆転。

窮地に立たされても最後まで諦めなければ、奇跡の逆転劇は起こる。人生も同じだと感じました。その時は辛く先が見えなく意味がないように思えても、実は後になってそこが起点となって事態が好転している。そして、どんな時も冷静さを失わない。

さあ、次はジョコビッチとの一戦。錦織が一泡吹かせてくれることを期待しています。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/21

2019年度大学入試センター試験 英語  指導現場にて

昨日と一昨日、2019年度大学入試センター試験が行われました。英語の問題を解いた感想です。

第1問(発音・アクセント)
昨年と違い、今年は模試や問題集で見かけるものばかり。普段の学習で出会った語彙の発音を確認し、英文音読を習慣にしていれば何の問題もなく解けます。blood、calendar、equalなんて、発音・アクセント問題の定番中の定番。「英語は単語」という安易な考えから、単語をひたすらノートに書くだけの勉強では、このような基本的な問題でも失点してしまいます。英語の基本は音読。失点した受験生はこのことを肝に銘じるべきです。

第2問(文法・語彙・並べ替え・短めの対話文完成)
語彙・副詞・語法・仮定法・分詞・慣用句・間接疑問文等々、すべて授業で「必ず出る!」と指摘する問題ばかりでした。

第3問(不要文削除・長めの対話文完成)
不要文削除は話のテーマと前後関係を把握して読めれば難しくない問題。長めの対話文は、それぞれの人の主張と全体との関係性を意識することが大切です。

第4問(グラフや図表を伴った長文読解)
例年通りの内容と難易度ですが、Aは内容がピンと来ない受験生もいたかも知れませんが、設問は平易です。Bは数年前から出題されている完全にTOEICを模した問題です。ただし、TOEICほど選択肢が意地悪でないので、問題で求められている情報をきちんと取捨選択していけば、完答できます。

第5問(エッセイ風の長文読解)
父がケガをして動けない間に、畑の管理を任された娘の話。問5の答え、Hard work can be rewarding. は、問題作成者が大学受験を通して受験生たちに伝えたいメッセージですね。エッセイ風の読み物は、状況をつかむまでが大変ですので、先を読み進める勇気を持つことがポイントです。

第6問(論説文の長文読解)
パラグラフリーディングが出来ているかを問う例年通りの内容とレベルの良問。結論→本論→結論という論説文の書かれ方を理解しながら、各パラグラフの役目に注目していけば容易に解けます。


全体として良問揃いの標準的レベルですが、昨年より平易に感じました。平均点は、昨年度・一昨年度の123.7点から上がって、127点前後と予想します。

センター試験の英語では、難しい単語や構文は問われず、左から右へと英語の語順で速読できる力が求められています。主語を訳した後、その英文の一番最後の単語から訳し上げているような時代遅れの勉強法では、いつまでたっても速読はできるようにはなりません。日々の音読を徹底し、瞬時に英文構造を見抜けることができる力をつけましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
奇しくも今日は、英語を語順のままに読む直読直解の重要性を説いた名著『英文解釈教室』の著者・伊藤和夫先生の命日です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/20

体調が悪くても・・・  指導現場にて

大学入試センター試験の英語を解きました。ただ朝から体調がすぐれずずっと寝込んだままですので、このブログもスマホから更新しています。

それでも、所要時間50分で200点満点を取れるのは職業柄。詳しい分析や所感は明日のブログで書きたいと思います。

生徒たちの出来はどうだったかな・・・?


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/19

大学入試センター試験 始まる  閑話

大学入試センター試験が始まりました。

私が高3の時に「共通一次試験」から「大学入試センター試験」へと衣替えしましたので、私はセンター試験の一期生です。しかし、当時はセンター試験を利用する私立大学は、今からでは考えられないでしょうが皆無だったため、私立文系専願の私はセンター試験を受けませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
それが今や、ほとんどの私立大学が利用し、55万人近い受験生が受けるまでに成長したセンター試験。毎年ニュースでも取り上げられるため、「大学入試=センター試験」という等式が成り立っていますが、これから約2ヶ月にわたって繰り広げられる大学入試のスタートに過ぎません。国公立大学志願者にとってはもちろん大きな比重を占めますが、センター試験がすべてではありません。気負いすぎずリラックスして、実力を存分に発揮してもらいたいと思います。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/18

自分でつかみ取った景色  指導現場にて

いよいよ明日、大学入試センター試験が行われます。

昨年のセンター試験当日に放映されたカロリーメイトのCМが心に響きます。大学受験生は是非ともこのCMを見て、これまで歩んできた道を振り返り、明日のセンター試験に臨んでみよう。
「受験に意味があるかどうかはわからない。ただ、一歩一歩、自分の力でつかみ取った景色は、生涯忘れられないだろう」


決意、羨望、不安、焦燥、嫉妬、孤独、挫折、克己、希望、継続、成就、達成、感動。様々な思いが交錯する中で、その景色をつかみ取るために一歩を進めていこう。そう、大学受験を通して、自分で道を切り拓く力、弱い自分の乗り越えるための強い心を養ってきたのだから。

本ブログ「英語道」は2013年1月17日からの連続更新が2,193日となり、7年目に突入しました。丸6年、一日も休まずに更新してきました。継続こそ力。ブログの連続更新も、一歩一歩、自分の力でつかみ取った景色です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/1/17

「総合的な学習」は弊害か?  指導現場にて

先月11日にNHK・BSで放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『ゆとり教育〜戦後最大の教育改革〜』」をビデオで観ました。

ゆとり教育についての功罪がまとめられている分かりやすい番組でしたが、何より、私の母校であり、我が子たちも通っている伊那小学校が特集されていました。

何かと批判の対象となるゆとり教育ですが、ポイントをまとめると次のようになります。

・2002年4月〜2011年3月の9年間に実施
・完全学校週五日制
・指導内容の3割カット
・総合的な学習の時間を取り入れる

このポイントの一つ、総合的な学習で教師たちは悩み、その一助として、1977年から現在に至るまで一貫して総合学習を行っている伊那小学校が、番組で特集されていました。

総合学習以外で伊那小学校の特徴をまとめると、以下のようになります。

・チャイムがない
・決まった時間割がない
・通知表がない

これは私の通っていた1980年代から現在に至るまで受け継がれています。そして、各クラスごと生徒たち自身が話し合って、総合学習として何をやるか決めています。私の時はチャボやリスやウサギを飼ったり、稲を育てたりしていました。長男(現中3)は凧作り、次男(現小3)はヒツジを育てています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この様な体験の中で総合・複合的に教科の内容を学びますが、私の頃は教科書はほとんど使った記憶がありませんが、現在は使っています。

日々自然と触れ合うことが多くなるので、学校に通うのは楽しくなりますが、弊害としてやはり学力の低下が挙げられるでしょう。私も中学に進学したばかりの時、徳川家康が何をした人が分かりませんでしたし、一日中椅子に座って授業を受けるということが苦痛でした。しかし、全員の学力が低下するかというとそうではなく、地元の進学校に合格し、名だたる難関大学に合格している人は当然のように多々います。

私の総合学習を含めた小学校教育に関する私見は、4年前の記事でも記しましたが、次のようになります。

・小学校は勉強だけをするところではない。
・健全な友達関係を構築し、基本的社会ルールを学ぶ。
・総合学習や各種行事を通して自主性と協調性を育む。
・基礎学力は家庭学習の習慣化で培うもの。
・毎日通うことが楽しければそれでよい。

だからこそ、いじめのような陰険な事象は即座に排除されて当たり前なのです。

私自身が感じた中学からの勉強の不安は、小学生のうちの家庭学習で習慣化すれば、和らげられます。私も小学生の時は家で毎日、物凄い分量のドリルをやらされてましたから、それが勉強に向かう癖をつけてくれたのは間違いありません。結局、学校でどんな授業が提供されてようとも、勉学に向かう学習習慣は幼少期からの家庭環境で形成されるというのが、教育現場にいて気付く最たるものです。

「ゆとり教育」「総合的な学習」は一つの切り口であって全てではありません。同時通訳の神様と言われる國弘正雄さんの『國弘流 英語の話しかた』には、こんなことが書かれています。
「彼ら(=英語ができる人)には、英語なんて自分で努力するもの、という心意気があるのです。そういう人は、中学・高校でどんな教師に教わろうが、どんな教え方をされようが、結局自分で道を開いていきます。」(339ページ)
この言葉は英語に限ったことではありません。勉強ができる人はどんな環境であれ、そこから自分で道を作っていくのです。

それにしても、次男も通う私の母校でもある小学校が、BSとはいえ取材されて全国放送され、次男も二度画面に登場していたにもかかわらず、学校からは何の連絡もない。それこそが、ゆとり教育の弊害ではないでしょうか(笑)。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ