2019/5/31

私と大学受験英語 #7  英語勉強法

一年間の浪人の結果、英語の偏差値は73.2まで上がりました。

一浪時の大学受験の結果(1991年)です。

・大学入試センター試験
 英語 157点 国語 159点 現代社会 84点 合計 400点
 ※センター試験は受けただけで、国公立やセンター利用入試は出願せず。
・早稲田大学政治経済学部経済学科 ×(不合格)
・早稲田大学法学部 ×(不合格)
・早稲田大学社会科学部 ×(不合格)
・明治大学法学部法律学科 ◎(合格・入学)
・日本大学法学部政治経済学科 ○(合格)
・桜美林大学経済学部経済学科 ○(合格)

基本的出題のセンター試験の英語ですら8割取れていないのは、英語力が本物ではなかった証拠です。私立大学一般入試も、第一志望の早稲田が不合格となり、妥当な受験結果と言えるでしょう。しかし、当時はそんな風には思えず、「なぜ俺が早稲田を落ちたんだ?」としか考えられない若い自分・・・。

当初は二浪なんて考えてもいませんでしたから、当然のように、明治大学に入学しました。しかし、5月中旬、成績開示を依頼してあった早稲田大学から結果が届くと、気持ちが変わりました。
クリックすると元のサイズで表示します
英語 68点(90点満点)
国語 33点(70点満点)
政治・経済 39点(70点満点)

230点満点中、合計得点は140点。合格最低点は144点。4点足りずに不合格が分かった瞬間でした。全体であと3問ほど正解していれば合格していたのに、それが出来なかった自分。一年前に浪人が決まった時の反省は本当に生かされていたのか?まだまだ甘い。

この時、仮面浪人を決意し、すぐに本格的な受験勉強を再開しました。結局、明治大学には7月以降は全く通わずじまいでした。

ここから約9か月間の二浪生活が始まりました。そして、二浪時の英語学習こそ、私の人生をも決めることになる英語力の礎を構築してくれることになったのです。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/30

私と大学受験英語 #6  英語勉強法

浪人一年目の後半は、英語の勉強の中心は『基本英文700選』でした。当時は浪人生によくありがちな昼夜逆転した生活を送っていましたので、真夜中の寮の自室で独り声に出して暗誦していたのを思い出します。
クリックすると元のサイズで表示します
やり込んだ『700選』
文法と語法・イディオムに関しては『英文法頻出問題演習』を一通り終えて、暗記もほぼほぼ出来ていたつもりですが、今考えるとまだ穴があったようにも思います。長文に関しては過去問をやっていましたが、復習はしてもその英文をしつこく音読することはやっていませんでした。この時期に、音読を徹底していれば、揺るぎない英語力がもっと早くに培われたに違いありません。

浪人一年目後半の全国模試の英語の結果です。

【第4回 全国総合模試】
 得 点 118点(150点満点)
 偏差値 73.2

【第5回 全国総合模試】
 得 点 96点(150点満点)
 偏差値 65.0

【第6回 全国総合模試】
 得 点 86点(150点満点)
 偏差値 63.7

マーク模試や志望大学別模試を含めて、英語に関しては第4回全国総合模試の偏差値73.2が最高でした。現役時代と比べれば伸びていますが、英語を教える立場にいる現在の私から見ると、「まだまだ甘いな自分」と言葉をかけるでしょう。愚直なまでの基本の徹底と英語学習に最も大切な長文音読ができていないからです。

次回からは一浪時の受験結果と、私の英語力と英語学習法の礎となった二浪時の勉強について書きたいと思います。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/29

私と大学受験英語 #5  英語勉強法

高校時代の受験勉強の不徹底さで浪人生活を余儀なくされました。

想いだけでは結果は伴わない。
行動しなければ何も変わらない。
人生は甘くない。

この3点の反省を踏まえ、浪人時代は基本から徹底してやり直すことを決意しました。
クリックすると元のサイズで表示します
浪人時代を過ごした代ゼミ南平寮
夏までは、予備校の授業の他、『試験にでる英単語』『基本英文700選』『早稲田大学政治経済学部 赤本(過去問)』に取り組みました。特に、基本単語の暗記に力を注ぎました。毎夜、同じ単語集を使っている友人と範囲を決めておいて、寮の食堂で単語を出し合って暗記を競い合いました。負けた場合はジュースをおごるという罰ゲーム付きだったので、気合いが入っていました(笑)。この時期に語彙力を固めておいたのが、英語力の安定につながりました。

浪人時、前半の全国模試の結果です。

【第1回 全国総合模試】
 得 点 77点(150点満点)
 偏差値 63.4

【第2回 全国総合模試】
 得 点 106点(150点満点)
 偏差値 68.5

【第3回 全国総合模試】
 得 点 99点(150点満点)
 偏差値 62.7

【第1回 全統記述模試】
 得 点 114点(200点満点)
 偏差値 60.2

【第2回 全統記述模試】
 得 点 123点(200点満点)
 偏差値 63.2

【第3回 全統記述模試】
 得 点 138点(200点満点)
 偏差値 66.3

偏差値60以上で安定はしてきたものの、今振り返ると、まだまだ甘さがあったようにも思います。数回やっただけで満足してしまい、しつこく何回も同じものを繰り返す姿勢がありませんでした。大人になってからTOEICで満点を目指していた時のような勉強が出来ていれば、偏差値は70以上になっていたはずです。まだまだ子供で、考え方が甘い。その辺の意識改革ができた受験生だけが、難関大学に合格できる英語力をものにできるのです。
クリックすると元のサイズで表示します
代ゼミ南平寮の自室


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/28

「表彰状」でボキャビル  英語勉強法

今場所の優勝力士にトランプ大統領がアメリカ大統領杯を授与するという情報を知ってから、大相撲ファンの我が家はずっと楽しみにしていました。さすがに「見せる文化」のアメリカ。その最たる大統領ですから、あの場面でも落ち着いてしっくりきてしまうのは流石です。

ネットを検索してもアメリカ大統領杯の「表彰状」からの英語全文が載ってなかったので、英文に起こしました。
Certificate of Commendation

Asanoyama Hideki

In honor of your outstanding achievement as sumo grand champion, I hereby award you the United States President's Cup.

May 26, Reiwa One

Donald J. Trump, President of the United States

Thank you
commendation は格式語ですが、動詞形の commend 〜「〜を称賛する」は英検準1級以上でも出題されそうですね。

commend … to praise someone or something, especially in public

commend A for B で「AをBのことで称賛する」のコロケーションで覚えておきましょう。

outstanding は「傑出した」という形容詞ですが、stand out「目立つ」というイディオムを知っていれば覚えやすいです。achieve は同義語で perform, fulfill, execute, carry out などと一緒に使いこなしたい語彙です。

award は名詞で「賞」を知っている人は多いですが、授与動詞として第4文型もとれます。この用法はTOEICで出題されそうです。

「令和元年」を英語で Reiwa One と読んだことは、ツイッターでもトレンドに入ったようです。西暦ではなく元号だったのは日本文化を尊重してのことだと思われます。coolです 日本 アメリカ

追記:ネット上を探してもどこにも実物の画像がなかったので、100%想像で作成してみました。自分で言うのもなんですが、なかなかのクオリティです(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/27

私と大学受験英語 #4  英語勉強法

高3の後半は『時事英文問題演習』(駿台文庫)に取り組み音読をしていたのを記憶していますが、語彙・文法は穴だらけでした。文法とイディオムに関しては、当時受験生を二分していた駿台文庫の『英文法頻出問題演習』と桐原書店の『英語頻出問題総演習』のうち前者を使っていましたが、これも中途半端で徹底できていませんでした。模試は復習せずに受けっぱなし、赤本も持っているだけ・・・。これでは学力も伸びるわけもないし、大学に合格できるわけもありません。なのに、「自分だけは受かる」という根拠のない自信。救いようのない受験生でした。

【第3回 全統記述模試】
 得 点 136点(200点満点)
 偏差値 62.9
 校内順位 24位(373人中)

【第4回 全統記述模試】
 得 点 136点(200点満点)
 偏差値 62.0
 校内順位 29位(222人中)

【第4回 全国総合模試】
 得 点 82点(150点満点)
 偏差値 59.4

【第5回 全国総合模試】
 得 点 74点(150点満点)
 偏差値 57.5

【第6回 全国総合模試】
 得 点 66点(150点満点)
 偏差値 54.6

模試の結果からも明らかなように、英語力は頭打ちでした。入試直前期は、『毎年必ず出る・・・』的な問題集を購入して、安易な方法を模索していました。それをやればまだましなのですが、買っただけで満足するというどうしようもない受験生。浪人は当然の帰結でした。

想いだけでは結果は伴わない。
行動しなければ何も変わらない。
人生は甘くない。

大学受験を通して、高3時に学んだことです。浪人決定と共に代ゼミ代々木校へ通うことにしました。そして、持っていたすべての参考書類を整理し、本当に使うものだけを残して処分しました。

次回は浪人時の勉強法を模試の結果と共に振り返ります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/26

私と大学受験英語 #3  英語勉強法

高2時に『基本英文700選』と『試験にでる英単語』を始めました。少しずつやってはいましたが、毎日やるという習慣がついておらず、気の向いた時にやるという感じで徹底できず。それでも英語力がついてきているのは分かりました。

志望校に関しては地方の進学校によくある国立偏重志向にとらわれていましたが、高3になって私立文系の最難関・早稲田大学政治経済学部を目指そうと決意しました。
クリックすると元のサイズで表示します
高3時の夏までの全国模試の結果です。

【第1回 高3進研模試】
 得 点 41点(100点満点)
 偏差値 61.8
 校内順位 92位(399人中)

【第2回 全統記述模試】
 得 点 149点(200点満点)
 偏差値 61.9
 校内順位 ‐‐‐(個別申込のため)

この頃やっていたのは、『標準英語構文160』『基本英文700選』『試験にでる英単語』の3冊だったと記憶しています。合格体験談を読み漁り、他にも参考書類は持っていましたが、購入するだけで満足する典型的なダメダメ受験生@〜@。当時のバイブル的存在であった『英文解釈教室』も購入しましたが、ご多聞に漏れず挫折しました。

偏差値は60以上で安定するようにはなってきましたが伸び切れていない状況。高3の夏までに、文法・イディオム・単語を一通り終え、長文に関しては音読を中心に繰り返すべきだったと後悔しています。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/25

“改悪”へ向かう前に  2020年大学入試制度改革

先日のエントリでも書きましたように、混迷を極めている大学入試における英語民間試験活用ですが、そもそもの始まりは「中高6年間も英語を勉強しているのに日本人は英語が話せない。だったら、大学入試でスピーキングを取り入れよう」ということが、事の発端でしょう。大学受験で話す力を含めた4技能を課せば、英語が話せるようになるという短絡的な結論に見えます。

しかし、一体全体、どれだけの人が中高6年間に英語を勉強したと言えるのでしょうか。

先月発表された文部科学省の調査では、高3で英検準2級程度以上の英語力がある人は40.2%です。はっきり言って準2級では英語力があるとは言えません。そもそも、高3なら2級(=高校卒業程度)以上でデータを公表すべきなのに準2級なのも納得できません。2級以上で調査すると恐ろしいほど低い数字になるからでしょう(笑)。

以上のことから、日本人は中高6年間で英語を勉強しているとは言えません。たとえ高卒程度とされる英検2級に合格していても、全く大した実力ではありません。中学生で合格する学生は多いですし、合格していても、指導していると「え、その英語力でよく合格したね」と感じる場面に多々遭遇します。英検などの資格試験は学習を進める上での目標にはなりますが、実力を担保するものではないのです。

「中高6年間も英語を勉強しているのに・・・」というそもそもの前提が間違っているのだから、大学入試制度改革が頓挫するのは当たり前なのです。拙速な“改悪”へ向かう前に、今一度ここで立ち止まり、否、従来のセンター試験へと戻る勇気も必要だと考える英語教育関係者は、決して少なくありません。
クリックすると元のサイズで表示します
花壇で手入れされた花々も素晴らしいですが、道端で咲くジャーマンアイリスも圧巻です。毎年変わらず繰り返される自然の強さ。変わらないものにこそ真の強さを感じることが出来ます。日本の英語教育においても、「変える必要がないものを変えない勇気」を持ちたいですね。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/24

私と大学受験英語 #2  英語勉強法

バレーに夢中になってしまった高1。毎日の朝練と夜8時近くまでの練習で、何のために高校に通っているのかさすがに自問し始めました。そして、11月くらいに部活を辞め、勉強をやろうと決意しました。しかし、何をどのようにやっていいか分からず、迷走していました。

ここで転機が訪れます。高2時のクラス替えで向学心あふれる友達と同じクラスになり、情報交換をしていく中で、大学合格に向けての勉強法が見えてきた気がしました。当時最も取り組んだのが、このブログでも何度も紹介させていただいた『標準英語構文160』です。例文を覚えるのは当たり前ですが、「Exercise」や章末の「Further Practice」にも取り組み、そこに出てきた語彙もカード化して覚えました。
クリックすると元のサイズで表示します
高校時代に徹底して取り組んだ『標準英語構文160』

高2時に受けた全国模試の結果です。

【第1回 全統高2模試】
 得 点 112点(200点満点)
 偏差値 57.1
 校内順位 31位(138人中)

【第2回 代ゼミ高2学力判定模試】
 得 点 50点(100点満点)
 偏差値 57.4
 校内順位 45位(281人中)

【第4回 全統高2模試】
 得 点 94点(200点満点)
 偏差値 49.2
 校内順位 197位(398人中)

高1時と比べれば伸びてはいましたが、まだ安定しない成績でした。勉強時間は増えてはいたものの、語彙・文法ともまだまだ穴だらけ。志望校も決まっていなかったのも、伸び切れない要因の一つだと思います。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/23

故障から学ぶ  ランニング・筋トレ

先週水曜日に左股関節痛を発症し、ランニングを一週間控えていました。そして、昨日は実に一週間ぶりに6kmを走りました。最初はウォーキングのつもりで始めましたが、足に違和感がなかったので、ゆっくりと走りました。41分27秒で6分54秒/kmでしたが、タイムなんて関係なく、「走れるってこんなに幸せなことなんだ!」と再認識しました。痛めた股関節も問題なさそうで、10日後のハーフマラソン大会も出られそうです。

昨年は1,500km以上、ここ2ヶ月は毎月200km以上を連続して走っていたので下半身の筋肉が発達していましたが、上半身が少し疎かになっていました。そして、体の柔軟性を意識していなかったのでケガにつながったとも思います。ですので、この一週間は、上半身の筋トレや股関節中心のストレッチ、そして四股を踏んでいました。上半身と下半身の筋肉をバランスよくつけ、内転筋と臀部の筋肉をビルドアップしつつも柔軟性を保つことを意識しました。

トレーニングを積むだけでなく、休養や筋肉のバランスも大事だと、今回の故障から学びました。もう一段階レベルアップして、今秋の初フルマラソンでサブ4を目指します。
クリックすると元のサイズで表示します
Spread your wings and fly away!


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/22

私と大学受験英語 #1  英語勉強法

昨日のブログ記事「英語教育の疑問」には普段の倍以上のアクセスがあり、SNSでは多くの「いいね!」をいただきました。やはりみなさん、日本の英語教育について感じていらっしゃることは同じなのだと実感しました。

私が伝えたい想いは、従来の英文解釈力・長文読解力を中心とした「読む力」をつける、いわゆる“受験英語”に回帰するということです。

そこで、私自身が高校時代から大学受験にかけてどのように英語力をつけたかを、手元に残っている模試の成績を見ながら客観的に検証してみたいと思います。どんな参考書を使って勉強したかを振り返ることで、いわゆるベストセラーとして現在も書店で手に入る書籍がいかに有効かも検証できるはずです。

まず、高校入学時点での英語のレベルですが、中学時代は NEW HORIZON を全て暗記し、どこに何が書いてあるかを諳んじることができました。中学3年間の学校のテストは、中3時に76点を一回取っただけで、あとはすべて90点以上でした。英検は中2の時に4級は受かりましたが3級は不合格。しかし、検定取得が現在ほど盛んではなかったため、中3では英検を受けませんでした。高校は地元の進学校に合格しました。
クリックすると元のサイズで表示します
伊那北高校
高1の時は部活動でバレーに夢中になり、勉強は全くしていなかったと断言できます。あれだけ得意だった英語も、高校最初の定期考査では30点ぐらいだったと記憶しています。高校の教科書の理解すらままならず、大学受験など遠い先のこととして眼中になく、毎日部活で疲れていて、授業中は格好の睡眠時間でした(・_・;)。入学後に成績が振るわなくなってしまった公立進学校に通う典型的な高校生ですね。そんな状態で受けた高校最初の全国模試の結果です。

【第3回 全統高1模試】
 得 点 54点(200点満点)
 偏差値 46.5
 校内順位 213位(398人中)

大問3の読解総合問題では、配点60点中0点という散々たるものでした。英語がどういうものか全く分かっていない暗黒の世界にいることすら自覚できない、典型的な英語難民となってしまいました。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/21

英語教育の疑問  指導現場にて

日本の学校で施されている英語教育に関して、明らかにおかしいことなのに、因習的なもとのして受け入れられてしまっていることが多々あります。

@中1と中2の4〜6月の授業進度が妙に遅い。

A公立中学1年のGWの英語の宿題が「アルファベットの大文字と小文字を4回ずつノートに練習」。

B高校英語の「英語表現」とか「コミュニケーション英語」なんていう本質の解らない呼称。

C教科書の英文全文をノートに模写させ全訳させる。


@について。「GW後の英語の授業が3回あったのに、ずっと“I am 〜.”をやっていて先に進まないんです」と、先週、中1生から聞きました。受験生である中3生の進度も遅くて、年末になって関係代名詞を無理やり終わらせる指導は、毎年のことです。

Aについて。いくら公立とはいっても、こんな宿題なら出さない方がましですね。GWの宿題なら時期的に、せめてbe動詞の疑問文と否定文までを範囲にすべきでは?

Bについて。「4技能」や「話す力」が勢力を持ち始めた時に、「リーダー」と「グラマー」という呼称が消えてしまいました。その結果、日本人は英語を話せるようになったのか?いいえ、むしろ英語力全体が低下しました。

Cについて。こんな効率の悪い時代遅れの予習をさせている先生がまだいらっしゃるんですよね〜。百歩譲って英語だけを勉強するのならいいのかも知れませんが、生徒たちは他教科も勉強しなければならないんです。


こういう不自然でおかしいことを直していくことから、日本の英語教育は改善していくと思います。大学入試制度を変えるだけでは、何も変わりません。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/20

「19」の意味  閑話

巨人・上原浩治投手が引退を表明しました。

イチローに次いで尊敬する野球選手が上原。それは、上原が背番号「19」をつけてきた意味にあります。4年前のYAHOO!ニュースを以下に引用します。
クリックすると元のサイズで表示します

<受験と私>上原浩治さん原点の浪人経験 苦しい時は19を見る

米大リーグ、ボストン・レッドソックスの2013年のワールドシリーズ制覇を支えた上原浩治投手(39)。「クローザー」としてチームメートや監督から絶大な信頼を得ていた上原投手の登板は、常に苦しい場面ばかりでした。重圧をはね返す力になったのは、「背番号19」。その裏付けは、浪人経験だといいます。

大学を卒業してプロ野球の巨人入団からずっと付けている背番号「19」は、「19歳の時の苦しさを忘れないように」との思いで選びました。高校生の頃は、大学に行って4年間野球をやり、その後は体育教師になろうと思っていました。そのため、自宅から通え、自由な校風の大阪体育大(大体大)への進学を考えていました。

高校3年間は野球漬けで全く勉強しなかったため、知識はほぼゼロに近かった。浪人してから、中学レベルからやり直そうと、予備校の一番下のクラスに入りました。午前9時から午後5時ごろまで予備校で勉強。うまく気分転換しないとおかしくなってしまいそうだったので、夕方からスポーツジムでウエートトレーニングをしていました。振り返ってみると、無理に受験のテキストを開かず、中学の勉強からやり直したことが良かったように思います。野球もキャッチボールなど基礎が大事ですが、基本をおろそかにしていると応用もできません。

好きな教科なんてありません。でも、やらないといけなかったので。逃げては通れない道ですからね。あの時、勉強したから今があると思っています。もしスムーズに現役で受かっていたら、今の自分はないかもしれない。だから振り返ると、あの1年があって良かったと思います。もっと野球が好きになりましたから。

大学を選ぶに当たって一番大事なのは、自分が何をしたいかだと思います。単に友達が行っているから、という理由だったら絶対、やめた方がいい。僕の場合は体育教師になりたいという夢がありました。浪人の1年は本当にきつかった。ですが、あの1年があったから、野球でしんどい場面があっても、そんなに気にやむことはありませんでした。やっぱり、先が見えない19歳の時が一番つらかったから。

クローザーはきつい。チームの勝利のかかった大事な場面でマウンドに上がり、抑えることを当然のように求められます。でも、そういう時も背番号を見れば、「19歳の時に比べれば、好きな野球を仕事にしている。そんな幸せなことはない」。そう思うとすごく気が楽になるんですよ。

大事な場面でマウンドを任される時、(満員の)スタンドを見上げます。「わー、すごいお客さんがおるわー」。試合だけにとらわれることなく、球場を見回してみる。勝負とは別のことが頭に浮かんできて、またパッと試合に気持ちが向かいます。野球は投手が投げなければ始まりません。自分が主役です。受験も自分が主役。試験監督が「よーい、始め」と言ったら、1分ぐらい周りを見渡して、心を落ち着かせてから始めるのもいいんじゃないでしょうか。見渡したらカンニングと思われちゃうか(笑い)。

派手なこと、奇をてらったことで注目を引かなくても、こつこつ努力している人は、誰かがちゃんと見ていてくれるものです。野球でも球団によって目立ち方が全く違い、「自分の方が成績を上げているのに、なんであいつが目立つんだ」ということもあります。でも第三者より、まず自分がこつこつ頑張っていけば、間違いなく自分に返ってきます。人はなるようにしかなりません。ただ、やることをきちっとやって、なるようになるための努力をしてきたかどうかで違いが出ます。

僕は今、39歳。メジャーリーグに来たのは、野球選手にしては遅めの34歳です。こつこつやってきたことが10年、15年を経て実を結ぶことがあります。だから、やっぱり諦めるな、ということですよ。受験もそう。今やった勉強がすぐ受験に役に立つかは分かりませんが、試験の前日まで、最後の最後まで頑張ることが大事です。

この年齢でレッドソックスの2年契約を取れたということで、提示してくれた球団や関係者、ファンにはすごく感謝しています。またそういう人たちのためにも頑張らんとあかんなと思います。頑張っている人にしか野球の神様は降りてきません。それは受験勉強も同じで、頑張った人にちゃんと点数が与えられると僕は信じています。ここまできたらちゃんと体調管理すること、最後まで諦めずにやることだと思います。改めて浪人の1年を振り返り、自分でもようやったなと思います。僕は今でも「尊敬する人」を聞かれると、「勉強している浪人生」と答えるんですよ。それくらい大変だってことを、身をもって経験しましたから、受験生には本当に頑張ってほしいなと思います。
たくさんの感動と勇気をありがとう、上原投手。ア・リーグ優勝決定シリーズの登板シーンは絶対に忘れません。今見ても、鳥肌が立ちます。




>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/19

一部少数の悪役となる  2020年大学入試制度改革

ここにきて、いよいよ大学入試の英語における民間試験活用の綻びが露呈し始めた。

このままでよいのか?本当に立ち止まってきちんと検証しないと、拙速の一言では済まされない事態になりかねない。

ようやくNHKのニュースでも取り上げられて、問題視されるようになってきた。これまで「4技能」の合言葉の下、従来の「読む」力をベースとした大学受験英語のスタイルが卑下され、「なんちゃってスピーキング」がもてはやされてきた。そこへ今回のお粗末なライティングの採点である。
クリックすると元のサイズで表示します
NHK NEWS WEB より
ニュースの中でも取り上げられているが、伊那の高校生も多く受けているGTECライティングのこの答案。

「地域をきれいにするためにできることは何だと思うか、1つ取り上げて理由を書きなさい」という英作文の問題で、生徒の解答用紙には「I think to inportant」としか書かれておらず、文法や単語のつづりも間違っているのに、160点満点中41点が与えられていたそうだ。信じられない。一方で、18行ある解答欄に、そこそこの正しい文法で目いっぱい書かれていた答案は、131点だったという信頼おける塾長先生のツイッター画像もあった。公平性に欠けているとしか思えない。

ここで2020年度大学入試制度改革の要点・問題点をまとめておこう。

【現在決まっていること】
・現在の高2生が大学受験を受ける時から、センター試験が変わる。
・英語に関しては、発音や文法問題がなくなり、読解中心となる(すべてマーク)。
・英語は、当初4年間はセンター試験と外部試験の受験を義務付ける。
・外部試験は高校3年時の4月〜12月までに受けた2回が有効となる。
・当初4年間、外部試験をどう使うかは大学の判断に依る。
・5年目以降は、つまり、現在の中1生の大学受験時から、英語は外部試験のみとなる。
・外部試験は、英検など8種類のみが認められている。ただし、4技能すべて一日で完結する試験とする。つまり、英検は、新しい英検となる。

【問題点】
・外部試験のライティングとスピーキングの採点の公平性。
・海外業者や学生のアルバイトによる採点も認められることによる信頼性。
・1点を競う大学入試で、「英検2級合格」「CEFR A2」など紋切り型では、公正な実力差を表すことは不可能。
・採点の公平性が期されない限り、学力評価の客観性が担保されない。
・来年4月からの外部試験受検なのに、最も多くが受験するであろう一日完結型の英検がいまだにどんなものか分かっていない。


新制度適用まで一年を切っているのに、こんな状況での見切り発車は許されません。民間試験導入は止めるべきです。0.1秒、1cmのために努力しているアスリート同様、1点のために受験生は頑張っています。公平性が担保されないものを大学受験で使ってはなりません。

従来通りのセンター試験と二次試験で十分です。何が問題なのでしょう。「4技能」という美辞麗句に踊らされているとしか思えません。そんなに「話す」力を望むなら、大学に入ってからやればいい。従来通りの受験英語で「読む」力がある人は、トレーニングを積めば話す力は身につきます。読む力もないのに表層的に話す力を大学受験で求めよとするから、総体的な英語力は落ちていると感じている教育現場の人間は、私だけではないはずです。

きつい言い方かもしれませんが、高卒程度とされる英検2級でも、全く大した実力ではありません。私の息子も含め中学生で合格する学生は多いですし、合格していても、指導していると「え、その英語力でよく合格したね」と感じる場面に多々遭遇します。英検などの資格試験は学習を進める上での目標にはなりますが、実力を担保するものではないということが、こういうところでも分かるのです。従来の「読む」力を根幹とした受験英語で骨太な英語力を養っておかないと、先に残るのは後悔のみです。

次々に綻びが出てきますが、英検などの民間試験が悪いんじゃありません。制度改革を急いだ結果、"改悪"の方向に進んでいるのに気づいているのに、立ち止まる勇気がない国の責任が大きいのです。


最後に、大学受験英語の神髄を世に知らしめた、我が長野県出身の碩学・伊藤和夫先生が亡くなる12日前に記された『予備校の英語』のあとがきからの抜粋を紹介させていただきます。22年前、すでに今日の状況を予言されたような記述で、鳥肌が立ちます。
予備校が滅び、大学受験の中で受験英語が必要でなくなる時代が来れば、今の「色男」対「悪役」という体制のうち、後者が退場することになる。色男は大喜びだろうが、その時代に残るのは会話英語とカルチャー英語という、うまそうな匂いだけで実体のない、ごく薄っぺらなものでしかないと思う。ただそれですべてが終わるはずはない。この日本人の中で、一部少数ではあっても英語の読める人間が必要だという事態は必ず存続する。

(伊藤和夫『予備校の英語』あとがき より引用)

私はどんな事態になろうが、一部少数の人間であり続け、英語の読める人間を育ててまいります。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/18

人を動かす人と言葉  指導現場にて

第一志望の早稲田を目指し、代々木ゼミナール代々木本校で浪人していた1990年の夏、椿本昌夫先生の夏期講習「早大古文ゼミ」を、友人からコピーさせてもらいました。テキストの本文ではなく、“はしがき”のみを・・・。

この文章は、浪人して早稲田を目指していた私の心の支えとなり、その後も私の中で生き続けています。アツかったな、あの頃。
クリックすると元のサイズで表示します

「早稲田の学生証をもらった時、これまでの人生でいちばん欲しかったのはやっぱりこれだったのだ、ということがはっきりわかりました」という手紙をくれた男がいた。

一文に受かって、上智の外国語学部をけった女の子もいた。学費を払ったのだから上智に行けという田舎の父親を、彼女は懸命に説得した。そして、しめ切りの日の夕方、やっと学費のふり込みに成功したのだった。最後の三日間、彼女は泣き通して父親の心を動かしたのだ。

一点足りずに落ちた男もいた。そのことを知った時、彼のお父さんは息子に「もう一年やれ、俺が応援する」といったそうだ。彼は即座に青学をやめて受験勉強に入った。発表の日、彼がまっさきに合格の報告をしたのは、会社にいる父親であった。

「早稲田が俺を呼んでいる」といいづづけていた男もいた。彼は、親をだまし、すべりどめ校も受けずに早稲田だけ受けた。政経学部の試験日の前日に熱を出し、それでも四日連続の入試に耐えた。受かったのは法学部だけであったが、報告にきた彼は、ほんとにいい顔をしていた。

こいつらとは、私はいまでも一緒に酒を飲む。これからの長い人生で、こいつらになにが起こるか、私にはわからないけれども、彼らが、人生のその時々に目標を定めることができる奴らであり、その目標に向かっていく闘争心をもっている奴らであることだけは信じている。

あと七ヶ月。硬派の早大生になってほしい。そして、僕でよければ、一緒に飲みたいと思う。

(引用:1990年 代々木ゼミナール夏期講習会 椿本昌夫先生「早大古文ゼミ」はしがき)

思い返せば、この言葉に勇気づけられたことで自分が変わり、「将来、今度は自分がそのような言葉を発せられる仕事をしよう」と心の奥深いところで思い続けていたからこそ、今の天職にたどり着いたのでしょう。

人を動かすのは、人とその人から発せられる言葉。これからも、生徒一人一人と向き合っていく。
クリックすると元のサイズで表示します
1991年 代々木ゼミナール冬期直前講習会 田村秀行先生「早大現代文」を受講する私(右:政治経済学部合格)と友人M氏(法学部合格)


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2019/5/17

常にプラス思考で  ランニング・筋トレ

昨年は1,500km以上、ここ2ヶ月は連続で200km以上を走り、今月もいいペースで走れていましたが、今週月曜の夕方から左股関節に痛みを感じ、火曜日は休足して、昨日走ったら、痛みが増しました。2年前に右の股関節を痛めて以来、アップとダウンには時間をかけてきたつもりですが、左右のバランスか上半身と下半身の筋肉と柔軟性のバランスが崩れていたのかも知れません。

ラン友さんからアドバイスをいただきました。

「レース間近のため、毎日鍛えてないと休んだら悪いコトしたみたいに感じてしまう時もありますが、休憩もトレーニングじゃないかな」

「故障したらこそ、弱い部分や普段鍛えられてないところを鍛えてみて下さい」

常にプラス思考で・・・。アドバイスに従い、少し休足の時間を取ります。次のレースまで2週間ですが、無理をしないことにも強い意思が必要です。昨日は走らない代わりに、庭で太陽を浴びながらダンベルを使った筋トレで徹底的に上半身を鍛え、その後は負担がかからないウォーキングで3kmを歩きました。
クリックすると元のサイズで表示します
普段走っているときはスマホを持ち歩かないため写真は撮れませんが、昨日こんな景色に出会えたのも、怪我の功名だと考えます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ