2020/1/31

リズムとスペースを確保する  英語勉強法

1月最終日ですね。大学受験が本格化するため、2月に入ると高3生の多くが学校には登校せず、自宅待機となります。進路が決まっている高3生にとっては早めの春休み、これから受験の高3生は追い込みの時期です。

私も、ちょうど30年前の高3生の時、この自宅待機が始まって勉強に励むかと思いきや、安易な勉強方法ばかり追い求めていた気がします。テレビの誘惑から逃れられずに“ながら勉強”。当時、午前中に毎日放送されていた「100万円クイズハンター」は欠かさず見ていました(・_・;)

この時期は、勉強のリズムとスペースを確保することが大切です。規則正しい生活を心がけ、入試開始時間に合わせて、9時には頭が動くように勉強を始める。そして、その勉強を行うスペースを確保する。自室、予備校や塾の自習室、図書館、スタバ等々、勉強するための自分の居場所を決めてしまうと、更にリズムが出てきますね。

上述のように、私は高3のこの時期は勉強に身が入らず浪人しましたが、浪人時代は予備校の寮の自習室を自分の居場所にしていました。ワシントン大学留学時代は、大学の授業が終わると必ずTULLY'Sに立ち寄り、一番安いToday's Coffeeを頼んで、午後8時くらいまで勉強したものでした。

大学受験生はこれからは自分との闘いです。いかにして、弱い気持ちや折れそうな心を抑え、プラス思考を引き出すか。本当の意味でのラストスパート。頑張れ、大学受験生!
クリックすると元のサイズで表示します
因みに、この写真は2002年にシアトル・フリーモントのカフェで撮った自分。カフェ勉が昂じて、TULLY'S以外に進出していった頃で、マリナーズ2年目で全盛期を迎えていたイチローに心酔し、似せています(笑)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/30

松本マラソン 新コース発表  ランニング・筋トレ

松本マラソンのコース変更が発表されました。
クリックすると元のサイズで表示します
第4回の新コース

クリックすると元のサイズで表示します
第1回〜3回のコース
主な変更点は3つ。

@序盤で松本城を半周してビューポイントを拡充
A中盤で田園風景を楽しめるように農道コースを伸長
B終盤でスカイパークから二子橋への折り返しをやめ、パーク内のランニングコースの活用

特にBはランナーにとっては嬉しいですね。中間点を過ぎコース最高地点まで上った約25km地点がゴールにもなっているスカイパーク陸上競技場ですが、この競技場を右手に見ながら通りすぎた後で15kmを走らなければなりません。しかも、ラスト10kmは緩やかな上りというきつい設定(-_-;)。ランナーには不評で、昨年の第3回大会でアンケートに回答した出場者の54.1%がコースに不満を感じていました。私も、初フルマラソンとなった第3回大会では、普段のトレーニングの成果が出てサブ4を達成できましたが、やはり終盤はかなりきつく感じました。

新コースだとコース高低差も解消されそうで、特に終盤はほぼフラットなコースになるので、走りやすそうですね(^^)v

3月20日(金)の春分の日に、スカイパークのランニングコースを使ったハーフマラソン大会「春の松本ランニングフェスティバル2020 in 信州スカイパーク」が行われます。友人に誘われて、早速申し込みました。冬の間の走り込みの成果と長野マラソン一ヶ月前の仕上がり確認、そして、10月の松本マラソンのコース試走を兼ねて、走ります。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/29

習い性と成る  英語勉強法

大学入試センター試験当日を含め、1月はほとんどの進学校で模試が行われました。これは、高校1・2年生に大学受験を意識させる意図があり、大学受験向けて、確かにスイッチが入る生徒は多いです。しかし、中には3週連続で模試が行われた高校もあり、復習など模試の活用法の指導を徹底しないと、結局、受けたっきりで何の効用も与えない消化不良となる可能性も否めません。

英語に関しては、1回分の復習だけでも相当な時間がかかりますので、毎日少しずつ行うのが賢明です。「1回分の模試の復習は、参考書数冊分に相当する」とはよく言われることですが、模試の復習を徹底すると、英語力は飛躍的に向上します。その模試の復習のやり方で、私が受験生時代に参考にしたのが『私の早慶大合格作戦'90年版』(エール出版社)に載っていたやり方です。以下に引用します。
模試を受けた後、英文をコピーし、ノートの見開きの左側に貼る。右側には単語の意味や注意事項、難解な構文の部分の和訳を書き込む。そうやって出来たノートに毎日目を通し、同じ文章を二十回読むようにする。とにかく、「慣ひ、性と為る」ではないが、英文をスラスラ読めるようにするためには、英文に慣れてしまうのが一番だ。私はこの方法を半年続けて、偏差値を15あげた。

読む教材は模試の文章ばかりでなく、Z会や予備校のテキストなどから、自分にとって興味深いものを選ぶのもよい。

(『私の早慶大合格作戦'90年版』石井みどりさんの体験談(P126〜127)より引用)

クリックすると元のサイズで表示します
この復習法を徹底された石井さんの偏差値推移も載っているのですが、最終的に代ゼミの第6回全国総合模試で英語の偏差値81.9を記録されています。

私はこの方法を予備校のテキストで徹底しました。代ゼミ潮田五郎先生の「総合英語ゼミ」の長文をコピーに取り、見開きA3の大きなノートの左側に貼り、右側には授業と授業内容を録音したテープで復習して精読した内容を記し、音読を繰り返しました。結果、英語の偏差値は74.0まで伸ばせました。
クリックすると元のサイズで表示します
当時のノート
この当時に培われた英語力が現在の英語力の礎になっているのは言うまでもありません。

英語力を伸ばしたいがためにアドバイスを求める人は多いと思います。しかし、そのアドバイスを行動に移し徹底するかで、全く大袈裟ではなく、人生が大きく変わってしまいます。

さあ、あなたは模試の復習をしますか?しませんか?


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/28

英文法を俯瞰するために  英語勉強法

学校や塾の授業で一通り英文法を習っても、生徒本人が大学受験や英検などの目標に向けてスイッチが入っていない限り、あまり身になっていません。しかし、目標が定まり自学の姿勢が身について英語の勉強をし始めると、その文法でつまづくことが多々あるため、やり直しをしたいと思うが、『NEXT STAGE』や『Vintage』では、「問題 → 簡素な解説」という流れが続くため、体系的な理解が出来ないことが多く、苦心している生徒を多く見かけます。かと言って、『英文法解説』や『フォレスト』などを最初から読むのも気が遠くなる話。そこで、おススメなのが、サクッと読めるにもかかわらず英文法を体系的に理解できる参考書です。

一昔前の参考書が意外と役立ちます。今日は2冊をご紹介します。
『英文法講義の実況中継』は、語学春秋社の「実況中継」シリーズの最たるものです。著者の山口先生の講義を実際に受けているかのように口語で書かれているため、スイスイ読めて理解も深まります。英語学習者の多くが引っかかる盲点も随所に記されていますので、上下巻を読み終わるころには、英文法を俯瞰できる視点が身についているはずです。
『試験にでる英文法』は、あの『試験にでる英単語』の青春出版社のシリーズですが、私が高校時代は多くの友人が受験勉強の取り掛かる際の最初の一冊としてバイブル化していました。よくある文法書のように「名詞」から始まる単元別ではなく、頻度順で書かれています。『実況中継』同様、昔の参考書は現在の参考書にはない良さがありますので、もっと知られてもいいはずです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/27

お値段以上のアスレシューズ  ランニング・筋トレ

先日購入したWORKMANのランニングシューズ「アスレシューズライト」を履いて、早速走ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
既に多くのランナーがブログなどのレビューで記されていますが、全体的に余裕がある感じがしました。悪く言えば、ゆるくてフィットしずらい感じです。しかし、私の足は26.5cmでワイズ(足囲)が3Eなので、横幅がゆるい感じは気にならず、ありがたいです。ゆるく感じる人は靴ひもでしっかりとフィットさせれば、問題ないでしょう。

昨日は6kmの試走でしたので、タイムは気にせず、体の赴くままに走ってみました。片足150gという超軽量ですので、やはり自然と足が前に運ばれる感じがしました。結果、ラップは以下のようになりました。

1km 5分09秒
2km 5分02秒
3km 4分51秒
4km 4分46秒
5km 4分42秒
6km 4分26秒

自ずとビルドアップ走になり、6kmを28分56秒(4分49秒/km)で、普段よりもいいペースで走れました。

軽量にもかかわらず厚底ですのでクッション性もある程度は担保されますが、私はもう少しクッション性が欲しいと感じました。おそらくこのままだとハーフはもっても、フルだと足にダメージが出るかも知れません。インソールを入れて、カスタマイズするのも一手だと思いますので、試してみたいと思います。いずれにしても、もう少し距離を走ってみないと分からないですが・・・。

昨日は走っている時にご近所の友人とすれ違いましたが、「いい靴に変えましたね!」と声をかけてくれました。オレンジの蛍光色なので、自然と目立ってしまいますね。まさか980円には見えないでしょう。もしかすると、ヴェイパーフライだと思ってくれたかも知れません。それはないか・・・(^_^;)

オレンジ一色で面白みがないので、これまで履いていた adidas QUESTAR TND の黒い靴ひもを拝借して、今日は走ってみたいと思います。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/26

音楽のある日常  閑話

昨日は甥っ子の結婚式に出席するため、「東急ハーベストクラブ旧軽井沢」で一日を過ごしました。

笑いあり涙ありの結婚式で、心あたたまる時間を過ごすことができました。余興では、結婚する甥っ子の弟(ボーカル)、長男(ピアノ)、次男(ギター)と私(ギター)の4人で、「家族になろうよ」を披露させてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
結婚式の余興って、参列した方が酔っていてあまり聞いていただけないことが多いのですが、昨日は真剣に聞いていただいて、演奏していて楽しく感じました。やはり音楽があるシーンって、最高ですね。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/25

WORKMANの底力  ランニング・筋トレ

2日間の休足日を入れて、昨日は3日ぶりのランニングで12kmを走りました。すると、GARMINで「旧暦の大晦日」というバッジを獲得しました(*^^*)
クリックすると元のサイズで表示します
何であれ、頑張ったことを認められたようで嬉しいですね。

そして、ラン後にWORKMANで、話題の「アスレシューズライト」を購入しました!
クリックすると元のサイズで表示します
最近のWORKMANは、仕事のための作業着を売っているイメージではなく、スポーツシーンで使えるレベルの高い、でも廉価なギアを扱っています。

このシューズは150g(片足)という超軽量ながら税込980円!今から走るのが楽しみで仕方ありません。本ブログでも、使用感をレビューさせていただきますね。




>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/24

2回目のフルマラソンを意識する  ランニング・筋トレ

気づけば、4月の第22回長野マラソンまでちょうど3ヶ月を切りました。自身2回目のフルマラソンとなりますが、目標はサブ3.75(3時間45分切り)です。

冬の間はとにかく距離を踏み、4月までに600kmを走り込み、体幹を中心とした筋トレで体を絞り込み、昨年10月の松本マラソン以上の体型と体調で臨むつもりです。長野マラソンのコースは高低差が少なく走りやすいだけでなく、私の人生を変えてくれた長野オリンピックの会場を巡り、銀行員時代に担当していた地域も走り、そして何より、昨年10月の台風19号で被災した地区を走ります。
クリックすると元のサイズで表示します
2018年4月23日 信濃毎日新聞より
ランナーたちが走ることで長野が少しでも元気になってほしい・・・。今はそんな気持ちでいっぱいです。でも、走っている時に地元の方たちの応援で元気を与えられるのは、ランナーの方なんですけどね^o^;。ランナー、ボランティア、地元の方の応援で、長野の街が一つになれるのを楽しみにしています。

サブ4は5分40秒/kmですが、サブ3.75は5分19秒/kmで42.195kmを走らなければなりません。昨年の松本マラソンでサブ4を達成した時にトレーニングの参考に読んでいた2冊を紹介します。
 
金さんは早稲田の先輩であり、私がランニングを始めた時から見ているNHKの「ラン×スマ」のアドバイザーでもあり、勝手にランニングの師匠と仰いでいます。昨日も、一昨年にハブサービスさんとオリラジの藤森さんが長野マラソンでサブ3.5を目指した「ラン×スマ」の特集を見直して、気合いを入れました。

小出監督の著書は、特にレースメーキングで役立ちました。とにかく前半は我慢し、いかに30kmまでを抑えて後半に備えるか。フルマラソンを実際に走っていた時も常に、「我慢、我慢・・・」と独り言ちていたのを思い出します(笑)。

レース本番だけでなくフルマラソンに臨むまでのプロセスも楽しみながら、この3ヶ月を過ごしてまいります。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/23

浪人と虫歯と英熟語  英語勉強法

高校入試対策で「勉学に対する初心を忘れるな。高校に進学したら、3年前の中1の、あのワクワクした気持ちを思い出せ」という内容の英語長文がありました。その授業で中3生に、関連した表現として turn over a new leaf(心を改める、生活を一新する)というイディオムを紹介しました。

このイディオムは、私が高3の時に使っていた『試験にでる英熟語』で覚えたものです。使ってはいましたが暗記が徹底していなかったので、結局、浪人することになったのですが(苦笑)、浪人決定後、代々木ゼミナール南平寮へ入寮するまでの約3週間でこの『試験にでる英熟語』を覚えようと決意し、背表紙にアイロンを当てて糊を溶かして分解し、一章ごとにホチキスでまとめて持ち歩いて暗記に努めたのを覚えています。
当時、その3週間で虫歯も治しておこうと歯科医院に通っていたのですが、その待合室でこの turn over a new leaf を覚えたのを明確に記憶しています。浪人決定という状況が、このイディオムの意味と重なったのでしょうね。

そもそも虫歯がある時点で、普段の生活が乱れていたのが分かります。歯磨きという日常のルーティンでさえ出来ていないのだから、大学入試で結果を出すことは難しいでしょう。当たり前のことを当たり前にこなし、毎日それらを積み上げていく姿勢がなかったのです。

浪人してすぐに付き合った彼女は歯科衛生士のため、歯のケアにはとてもうるさく(fussy)、以来、虫歯とは無縁の生活を送ることとなり、歯医者に通った記憶はほとんどありません。そして、その彼女は私の妻となっています・・・というおのろけ話でした。
クリックすると元のサイズで表示します
この写真は、代ゼミ南平寮の自室です。Wデッキのラジカセなど、時代を感じさせますね(-_-;)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/22

誰でも満天の星の彼方へ行くことができる  TOEIC・英検など

清涼院流水著『きみと行く満天の星の彼方へ』を読了。英語力ほぼゼロの二人が、奇妙なオンライン英語塾の虜になり、結果、TOEICの点数と英語力を劇的に向上させていくサクセスストーリーを描いた小説です。最後に、この二人をつなぐキーパーソンの存在とタイトルの「満天の星」の意味が腑に落ち、爽快感さえ覚えました。
英語力がない人にとって、世間的に英語がそこそこできるとみなされるTOEIC730点(ランクB)や、その上のランクA(860点)、そして、更にその上の900点や990点満点など、「自分には無理かも」と思えてしまうかも知れません。しかし、本著に書かれているストーリーは実際に耳にする話であり、ノンフィクションと言っても過言ではないでしょう。

私は自身の点数変遷と主人公のそれを重ねて、ドキドキしながら読んでいました。私は大学3年の時に初めて受けたTOEICこそ575点でしたが、その後は伸び悩む時期もあり730点を手前に停滞しました。しかしその後、835点、920点、940点、970点、985点、990点満点と、時間はかかりましたが、満点ホルダーになれました。その過程における勉強方法や考え方が、本著で述べられているそれらとほぼ一致しており、これは私自身の勉強方法の記録なのかと思い込んでしまったほどです。

また、オンライン英語塾の指導方針が、実際の指導現場で役立ちそうなことが多々あり、参考になりました。

TOEICで目標点を取ることは誰でも可能です。たとえそれが990点満点という、現状ではとても手の届かない遠い崇高な満天の星の彼方にあるとしてもです。正しいやり方で時間をかければ、必ず英語力は伸び、TOEICの点数に反映されます。要は質と量が大切なのですが、途中で挫折してしまう人はこのどちらか、あるいは両方とも欠けてしまっているのです。

もう英語で悔しい思いをしたくない人、そして何より、TOEICで目標点をクリアしたい人は是非とも本著を手に取ってみて下さい。必ず、「自分もできる。すぐに勉強を始めよう!」と思える勇気と自信を与えてくれるはずです。
クリックすると元のサイズで表示します
「990」と記されたTOEICのスコアシートを、あなたも手にしてみたいと思いませんか?


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/21

人生の転機たるセンター試験  閑話

大学入試センター試験が終わり、受験生は自己採点とリサーチで二次出願大学の選択に入っていきます。どんな結果であれ、現実としてすべてを受け入れ、前向きな選択をしていってもらいたいと思います。

私は毎年、翌日の朝刊に載るセンター試験の問題を解くようにしていますが、その時必ず社会人1年目のことを思い出します。

学生気分が抜け切らない社会人一年目で「自分の人生、このままでいいのかな?」と葛藤していた1997年1月、私は連続休暇が取れて、急に思い立って天竜川沿いの道を太平洋まで車で下る旅を敢行しました。
クリックすると元のサイズで表示します
天竜川河口にて 1997年1月19日(日)撮影
大学時代から民宿めぐりを趣味にしていたので、その旅の一泊を浜名湖近くの「楽書荘」という民宿にしました。チェックインして、すぐに夕食になったのですが、食事処で独りビールを飲みながら、これまでの人生、これからの人生について、いろいろと考えていました。

そして、部屋に戻り新聞を見ると、前日に行われた大学入試センター試験の英語の問題が載っているのに気づき、何ともなしに解き始めました。当時、英語の勉強は細々と続けてはいましたが、TOEICは720点で止まり、英語力はまだまだ発展途上でした。

一時間ぐらいでしょうか。解き終わって答え合わせをすると、194点。その時「英語の問題を解くのって、楽しい!」と感じたのを覚えています。

いま振り返ると、あの時のあの感覚が、留学と転職へ突き動かしてくれたような気がします。そして、あれから23年たった現在、その大学受験英語を教えることを生業としています。

大学入試センター試験が人生の転機の一つになり得るのは、受験生だけでなく、社会人にとってもそうかも知れません。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/20

2020年度大学入試センター試験 英語  指導現場にて

昨日と一昨日、2020年度大学入試センター試験が行われました。英語の問題を解いた感想です。

【第1問(発音・アクセント)】

普段の学習で出会った語彙の発音を確認し、英文音読を習慣にしていれば何の問題もなく解ける語彙ばかり。カタカナになっている英語も多いので、常に辞書で確認することを習慣化したいですね。ちなみに、canal はカンボジアで殺害された中村先生の英文記事で触れたり、beneficial はテキストとして使っている『基礎英文問題精講』の例文に出てきていますので、指導した通りに音読を徹底していれば、難なくできます。こういうところでしっかり得点できるのが大切。失点した受験生はこのことを肝に銘じるべきです。

【第2問(文法・語彙・並べ替え・短めの対話文完成)】
語彙・接続詞・代名詞・語法・関係代名詞・仮定法・慣用句等々、すべて授業で指摘する問題ばかりの出題。でもそれで確実に得点できるか否かは別問題(問5風・笑)。

【第3問(不要文削除・長めの対話文完成)】
不要文削除は話のテーマと前後関係を把握して読めれば難しくない問題。問2の背骨の問題で手こずった受験生が多かったかも知れませんが、背骨の形と体型の混同を狙っただけ。

長めの対話文は、それぞれの人の主張と全体との関係性を意識することが大切です。

【第4問(グラフや図表を伴った長文読解)】
Aはグループや数値がいろいろ出てきて内容があやふやになってしまいそうですが、設問が平易。Bは数年前から出題されている完全にTOEICを模した問題です。TOEIC同様、注意書きや欄外の記述が必ず設問に関わってきますので、問題で求められている情報をきちんと取捨選択していきましょう。

【第5問(エッセイ風の長文読解)】
エッセイ風の読み物は、状況をつかむまでが大変ですが、先を読み進める勇気を持つことがポイントです。今回は、行方不明になった飼い犬の捜索と、その道中で出会った男性との奇妙な出来事のお話し。最後は犬と再会できるのですが、婉曲的に描写されているその場面を読み取れるかがカギです。

【第6問(論説文の長文読解)】
パラグラフリーディングが出来ているかを問う例年通りの内容とレベルの良問。今年は歴史的観点からみた自動販売機の発展論。各パラグラフの役目に注目していけば容易に解けます。

全体として良問揃いの標準的レベルですが、第4問のAを慎重に取り組みすぎて時間を取られ、第5問は内容把握が出来ないと全滅する可能性もあり、昨年より難しく感じた受験生も少なくないはずです。平均点は、昨年度の123.3点から下がって、118点前後と予想します。
現行の大学入試センター試験は満30年を迎えた今年で最後となります。来年から実施される大学入学共通テストでは、英語はリーディング100点・リスニング100点になり、リーディングは読解のみの出題となります。また、リスニングは読み上げが一部で一回のみとなり、これまで以上にリスニングが重視されます。

センター試験の英語では、難しい単語や構文は問われず、左から右へと英語の語順で速読できる力が求められています。「英語は単語」という安易な考えから、単語をひたすらノートに書くだけの勉強、主語を訳した後にその英文の一番最後の単語から訳し上げているような時代遅れの勉強法では、いつまでたっても速読はできるようにはなりません。また、速読力だけでなくリスニング力の礎をつくりあげるのが、日々の音読です。音読を英語学習の基本に据え、瞬時に英文構造を見抜けることができる力をつけましょう。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/19

積読から精読へ  英語勉強法

大学合格後、受験を通してせっかく培った英語力を落としたくないと思い、英検準1級合格を目標にして、英語の勉強を続ける決心をしました。その時、「英字新聞くらいは読めるようになりたい」と思い、駅の売店で The Japan Times を購入したり、Newsweekの定期購読を始めたり、喜び勇んで読み始めました。

しかし、そこには未知の単語しかなく、辞書で意味を確認しても、英文全体で何を言いたいのか理解できない。「あれ?俺、早稲田に合格したよね。なのに、こんなにも英語ができないの?」と自己嫌悪に陥りました。

それもそのはず。基本的な英語力はあったものの、当時の大学受験英語は、新聞や雑誌からの英文の出題は皆無で、いわゆる実用英語である時事英語には疎かったからです。

そこから、本格的に英語との格闘が始まったわけですが、英字新聞に関しては、まずは自分の興味がある記事だけを精読し、そこで出会った単語も一つずつ覚えていくようにしました。当時はよく The Japan Times のスポーツ面の相撲の記事を読んでいたのを覚えています。相撲なら背景知識がありますし、単語さえ分かれば内容はスッと頭の中に入ってきました。

英語の勉強のために、よく英字新聞や英字雑誌を購入したはいいものの、いわゆる“積読”状態になってしまう人は多いと思います。それは、全部を読まなければいけないという強迫観念にとらわれているからに過ぎません。日本語の新聞、隅から隅まで読みますか?読みませんよね。英語でも同じことです。完璧主義をやめて、興味を持ったものを精読して、ただし、そこに出てきたものだけは必ず覚えるようにすればいいのです。
クリックすると元のサイズで表示します
The Japan News より
私の最近の興味はもっぱらこの厚底シューズ問題。ランニングが趣味だけに、ランニング関連の英語の語彙も強化できて、最高・最強の教材となります。最後の一文にある a Pyrrhic victory という表現
なんて、市販の熟語集では絶対に出会えない生きた英語です。

そういえば、30年前の高3時に使っていた参考書に駿台文庫の『時事英文問題演習』がありました。当時、大学入試で英字新聞や英字雑誌から入試問題が出題されるのは上智ぐらいでしたが、その後の大学入試の趨勢をにらんでか、『時事英文問題演習』は、受験生の間ではベストセラーになっていました。今は絶版になっていますが、復刻してもらいたい一冊です。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/18

私はセンター試験一期生  2020年大学入試制度改革

今日と明日、現行では最後となる大学入試センター試験が行われます。

私はセンター試験一期生。高校3年生の時に共通一次からセンター試験と名前が変わりました。それまでは国立大学の一次試験であった共通一次が、私立大学も参加できるようになったのが大きな特徴でした。しかし、初年度に参加した私立大学は確か20校にも満たなかったと記憶しています。第一志望が早稲田で典型的な私立文系だった私は、「センター試験なんて、私文の俺には関係ねー」と、申し込みすらしませんでした。

一浪した時は、大学受験で使う予定はありませんでしたが、センター試験を受けました。結果は、英語157点、国語159点、政治・経済84点で、500満点中400点。8割の得点率でしたが、「早稲田を目指す俺には、センター試験なんて関係ねー」と、相も変わらずセンター試験を卑下していたように思います。しかし、その考え方が間違っていたと気づいたのは、大学受験を指導する側になってからのことです。
クリックすると元のサイズで表示します
早稲田を目指している受験生が、センター試験で8割しか取れないようでは、合格は無理ですね。センター試験は基礎力が重視され、受験生の実力が如実に点数に現れる試験なのです。早稲田を目指すのなら、9割以上取れて当然です。その年の受験は、やはり望んだ結果とはなりませんでした。

1990年の第1回から今年でちょうど30年。そして、共通一次時代を含めれば、40年という時間の中で磨かれてきた大学入試センター試験は、平均点が6割となるように作られ、受験生の実力が客観的に点数に現れる素晴らしい試験なのです。そのような崇高な試験に、容易に記述式を導入してその価値を落としめようとした今回の入試制度改革の短絡さには、改めて辟易してしまいます。
中央公論2月号では、今回の大学入試制度改革の頓挫に関して、論客たちが様々な視点から切り込んでいます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/1/17

比べるのはいつだって昨日までの自分  指導現場にて

先日の日曜日にはTOEICが行われましたが、明日からは大学入試センター試験、その翌週は英検が行われます。そして、この時期は日曜日には必ずどこかでマラソン大会が開催されます。

受験勉強、英語、ランニング。皆それぞれの目標に向かって日々を過ごし、本番に臨みます。しかし、必ずしも望む結果が伴うとは限りません。努力はしているのに結果が伴わない。その原因は、他者と比較をしてしまっている場合がほとんどです。

他者と比較することで自分を見失ってしまう。そうではなく、比べるのはいつだって昨日までの自分。そうすれば、友人や知人が先に目標を達成しても決して焦らないし、「〇〇がいいよ」と言われても安易に乗り換えることもない。

ベクトルが常に自分に向いていれば、何が足りていないか分かる。本当にやるべきことを徹底しているのか。基本を無視していないか。難しいことを追いかけすぎていないか。壁を作っているのは自分。そして、その壁を乗り越えられるのも自分。

何をすべきかは、自分が一番分かっているはず。要は基本のスタイルがまだ固まっていないだけ。あとは、現状から逃げず、己を信じて、すべきことを愚直に繰り返す。それだけで、心も鍛えられ、困難を乗り切る真の力がつく。

昨日の自分より成長できたか?怠けようとした己の弱い心に勝てたか?受験勉強、英語、ランニング・・・。何においても、それを通して養われるべきものは同じで、昨日までの自分に勝つ克己心だ。

今日のこのブログ更新で、連続更新が2,557日となり8年目に突入しました。昨日までの自分を超えていくために、これからも毎日更新していきます。
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、ランニングと筋トレも続けていきます。今年は齢四十八になる年男ですが、寄る年波に抗い、2回目のフルマラソンとなる4月の長野マラソンで、サブ3.75(3時間45分未満)を達成します。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ