2020/5/31

自分の身体と対話する  ランニング・筋トレ

5月12日投稿「健康は自己管理から」の中で記した「フルマラソン後に肝機能数値が高めに出る疑惑」ですが、半年振りにその病院で検査した結果、以下のようになりました。

・AST 47 → 35
・ALT 49 → 25

正常な数値を記録し、医者からもお褒めの言葉をいただきました。そして、フルマラソン後に肝機能数値が高めに出るのは疑惑ではなく正しいことが証明されました(*^^*)。

ランニングとは自分の身体を知ること。自分の身体と対話すること。単純なものこそ奥深い。ただ走るという行為を突き詰めていくと、すべてが有機的につながっていることに気づきます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/30

三密を英語で言うと  英語勉強法

この3ヶ月、メディアは新型コロナウイルス一色で、定期購読している英字新聞 The Japan News も例外ではありません。記事を授業で紹介することも多く、おかげで、新型コロナウイルス関連の英単語には相当詳しくなりました。近いうちに「新型コロナウイルス関連 英語語彙一覧」なるものを作り、生徒たちの語彙力アップに生かしてみようかと思っています。

このウイルスのおかげで日々や毎年の予定を狂わされ、人生をも狂わされてしまっている人も少なくありません。ならば、せめて英語語彙力のアップにくらいは役立たせてもらわないと、悔しくて仕方ありませんからね。

そのうちの一つをクイズ形式で紹介しましょう。


問題:いわゆる「三密」は、密閉・密集・密接の頭文字からできた言葉。では、英語で「三密」は「Three □s」ですが□に当てはまるアルファベット一文字は?

どうでしょう?パッと思いつくでしょうか。

正解は C です。

密閉・・・closed spaces
密集・・・crowded places
密接・・・close-contact settings

緊急事態宣言が解除されてから2週間が経過しました。PCR検査の結果がどう出てくるか。ジワジワと増えて、再びの緊急事態宣言と休校措置とならないことを祈ります。
クリックすると元のサイズで表示します
Amabie, an anti-plague monster


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/29

いろいろな“仕事”  閑話

昨日は前日と同じく11kmを走りましたが、これで今月の走行距離が254kmとなり、月間走行距離が初めて250kmを超えました。ここからは私にとってのテラ・インコグニタ(未踏の大地)ですが、故障だけは気をつけて、残り数日を積み上げます。
クリックすると元のサイズで表示します
さて、今年度は町内の衛生部長を仰せつかっており、一昨日は月一回の資源ゴミ回収に立ち会い、さらには昼食後に、ゴミ回収後の片付けにも奔走しました。

ゴミを回収してくれる業者さんがいれば、きちんと分別して出さない人がいるために回収されないゴミがあり、その後片付けをする私のような役の人もいる。ゴミ回収場所と町内会の倉庫を独り黙々と掃除しながら、ジョージア缶コーヒーのCMのフレーズ「世界は誰かの仕事でできている」を思い出しました。

報酬や対価を伴ういわゆる本職の仕事もあれば、奉仕で行われる仕事もある。「世界は誰かの仕事でできている」という言葉を心に刻み、与えられた仕事を一つずつこなしていくだけです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/28

緑の親指  趣味

自宅の庭の一角でイチゴを育てているのですが、毎年5月は収穫の時期となります。
クリックすると元のサイズで表示します
毎日これくらい採れます。土で育てているので、水耕栽培よりも味が濃くて甘いのです。なんたる贅沢(^^)v

十年以上も前にホームセンターで買ったわずか数株のイチゴの苗が年々広がり、今や数十株。今年はさらに広げたので、しばらくは甘い初夏の味覚を楽しめそうです。我が家では、イチゴの他に、キウイ、ブルーベリー、グーズベリー(スグリ)、梅などを育てています。もちろん芝生も。
クリックすると元のサイズで表示します
因みに、園芸が得意な人を英語では、a green thumb と言います。

I have a green thumb.(私には園芸の才があります)

決して、「緑の親指」なんて訳してはダメですよ(笑)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/27

どうなる?高校文化祭  指導現場にて

青春を謳歌する高校生たちと常に向き合っている私にとって、学校の行事やイベントが中止されてショックを受けている彼らを見ることは、自分の人生の1ページが抜き取られてしまったような感じがします。

コロナ禍はこのような形でも高校生たちの人生に影響を与えていますが、生徒や高校は現状をどのようにとらえているのか、また、何か代替案はないのかと思い、今日の信濃毎日新聞「声のチカラ」で、取り上げていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
高校生たちの青春の1ページが、何らかの形で残されるといいですね。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/26

あの時の小さな努力  英語勉強法

高1生に助動詞を指導していると、必ず出てくる構文があります。

You might as well throw your money into the sea as lend it to him.
(彼に金を貸すくらいなら海に捨てるほうがましだ)

正直に言えば、留学中にこの might as well A than B(BするくらいならAするほうがましだ)の構文を使っているネイティブには会わなかったし、rather than を使ったほうが自然だと思います。でも、覚えて無駄な知識はありませんし、格式ばった英文では目にすることもあります。

私がこの構文を覚えたのはもちろん高1の時で、当時副教材として使っていた『標準 英語構文160』に載っていました。
助動詞の似たような慣用句を暗記するのに苦労し、バレー部の部活動の時に、大体育館の壁に埋め込まれていた黒板にこの例文を大きく書いて、ボール拾いをしながらブツブツ口ずさんで覚えました。あの時の小っちゃな努力が今につながっていることは否定できません。

因みに、塾業界に入ってから、この構文を使った次のような衝撃的な例文に出会いました。

You might as well die as marry such a man.
(あんな男と結婚するくらいなら、死んだほうがましだ)

最初の例文の him は、実は二つ目の例文の such a man と同一人物だとか・・・(笑)?


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/25

4つを意識する  ランニング・筋トレ

市民ランナーでありながらフルマラソン自己ベストが2時間26分の嵜本晃次さんが説く、サブスリーのために必要な4つの意識があります。

@練習 A食事 Bケア C睡眠

この4つを常に意識すると、強く速く走れるようになるそうです。その日の練習の目的は何か、トレーニングした後はちゃんと食べる、お風呂や寝る前などにリラックスした時間を取り身体をケアする、そして、8時間睡眠を心掛ける。

昨日は、後半にレース並みの負荷をかける目的で16km(10マイル)を走りました。後半9kmはキロ4分台で走り、ハーフマラソンレース本番のペースを維持できました。全体では5分07秒/kmで、心肺と足が故障前の状態に戻ったと実感できました。

食事も高タンパク低脂肪を意識し3食きちんと取りました。妻に感謝です。もちろんプロテイン飲料も摂取して、筋肉への栄養補給も意識ました。風呂上がりにはゴムチューブを使ってしっかりケア。
クリックすると元のサイズで表示します
残るは睡眠です。今年の元旦から就寝時間と起床時間を記録していますが、お見事なまでに5時間睡眠です。昨夜は10時には布団に入り早めに寝ました。案の定、4時に目が覚めるという・・・(^_^;)。でも、何とか二度寝ができて8時間睡眠ができました。毎日そんなに眠れるか分かりませんが、これからは少しずつ睡眠時間を増やしていこうと思います。脳を休めることは身体を休めることにもつながりますからね😌🌃💤。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/24

新たな目標  ランニング・筋トレ

今年申し込んであった4つのマラソン大会が全て中止になってしまいましたが、「こんな時だからこそ、何か出来ることはないか?」と考えていました。

そんな折、ランナーとして知っておくべき知識とペーサーとしての了見を広げる「ペーサー検定」が創設されたのを知り、受講を決意しました。全10章(98節)の動画を視聴し、テキストを読み、全98問の設問に正解すれば合格できますが、時間もかかりますし、確実に理解していないと問題も解けないようになっています。

これまで雑誌や書籍、ランニングのテレビ番組などを通して独学で学んできたことを系統だって学べ直すことができました。そして昨日、合格証を手にすることができました。
クリックすると元のサイズで表示します
これからは、一市民ランナーとして、自分自身のランニング技量の向上だけでなく、ランニングを通して地域社会に貢献してまいります。フルマラソンでサブ3.5という目標の他に、駒ケ根ハーフマラソンなど、地元のマラソン大会でペーサーを務めることが新たな目標になりました。「こんな体型になりたい」「あんなフォームで走りたい」と思われるように、これからもトレーニングを積んでいきます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/23

こんな時だから積み上げる  ランニング・筋トレ

今年申し込んでいた4つのマラソン大会が全て中止になり、レースのためにまとめ買いしてあったジェルが、一部賞味期限を過ぎてしまったのに気づきました。
クリックすると元のサイズで表示します
このままではもったいないので、練習中に消化することにしました。普段の練習はだいたい10kmを走りますが、真夏でも水分は無補給です。5kmくらいで「塩分チャージタブレッツ」を一粒口に入れる程度ですので、レース本番と同じようにジェルで補給すると、新鮮な気持ちで走れます。

ちなみに、塩分チャージタブレッツの成分は以下です。

【塩分チャージタブレッツ(1粒2.8g当たり)】
 エネルギー 10.3kcal
 食塩相当量 0.108g
 カリウム 15.5mg
 クエン酸 155mg
足攣りの原因であるカリウム不足を補えるので、常に携帯するようにしています。

そんな訳で、昨日はテンションも上がり、11km+ダウン走3kmで、合計14kmを走りました。これで今月の走行距離が196kmとなりました。今日は休足で、明日日曜日に200kmをクリアし、どこまで積み上げができるか楽しみです。マラソン大会がないからこそ、練習を充実させる。一見するとこの逆説的なことが、真の力につながると信じています。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/22

a frog in the well  指導現場にて

進学校に合格するも勉強方法が分からず、部活にも夢中になり、私は高1から劣等生になってしまった。高2で部活を辞めて大学受験を意識して勉強を始め、成績がようやく上向き始めた時、親に頼み込んで進研ゼミを始めた。

当時は確か、マーク式の問題を解答し返送すると、成績優秀者としてペンネーム・在籍高校・志望校が掲載された。マーク式とは言え問題は当時の私には難しく、英語は辞書を使って解いても7割も取れなかったし、サボり癖のあった私は返送することも少なくなっていった。通信講座の「あるある」ですね・・・(笑)。

でも、その成績優秀者に「EUROPE」というペンネームで毎月必ず名前が載る、同じ高校の人がいた。当然、学年も同じなので、進研ゼミを一緒に受講していた友人たちと共に、「一体、誰なんだろう」と疑問を抱いていた。

高校卒業後、代ゼミで浪人していた時に、「EUROPE」が隣のクラスのH君だと知った。彼は、東京大学理科一類に現役で合格した。

私は現役時代から早稲田を目指していたので、東大・京大・早大・慶應などのいわゆる超難関大学を目指している同級生はだいたい把握していた。確かに彼の名前も知っていたが、まさか東大に現役合格するとは・・・。少なからずショックを受けた覚えがある。

H君が中間・期末テストで学年トップを取った話は一度も聞いたことがない。でも、言われてみれば確かに、全国模試では成績優秀者に名前が載っていたのは覚えている(当時は個人情報など関係なく、成績上位者は本人の了承なく、実名・高校名・志望大学が載った)。彼以外にも、学校のテスト結果が抜きんでていなくても、一橋、早稲田、慶應、上智に一般入試で合格した友人は少なくない。その一方で、全国模試では名前が載らないものの、学校のテストでは常にトップクラスで、推薦で早慶上智に合格した友人もいる。

この経験から、次のことに気づいた。

@学校のテストも全国模試も上位
A学校のテストはできなくても、全国模試では上位
B学校のテストは上位でも、全国模試では振るわない
C学校のテストも全国模試も振るわない

一番の理想は@でしょう。学校のテストも全国模試も出来れば、それは真の実力があるという証。次に良いのはA。Cは論外として(笑)、最も困るのが、実はB。学校のテストは授業でやったところが出ることが多く、特に、進学校でない場合は授業でやったところしかでない場合がほとんどなので、わけが分かっていなくても丸暗記してしまえば点数が取れてしまい、学年トップを取ることも可能でしょう。しかし、いざ全国模試を受けると、進学校でない生徒の場合、偏差値が45にも及ばない場合が多い。

Bにあてはまる場合でも悲観する必要はありません。学校の勉強を頑張っていれば、自ずと推薦での大学合格があります。でも、井の中の蛙にならないように、全国のレベルを知っておくのは大切です。
クリックすると元のサイズで表示します
大海を知ろう


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/21

“その力”のために  閑話

インターハイ、Nコン、そして、夏の甲子園の中止。いや、もっと身近なところで、クラスマッチ、文化祭、強歩大会、修学旅行など、青春を彩る1ページが中止となっている。それを目標にしてこれまで過ごしてきた高校生にとっては、どんな言葉を使っても、慰めにもならないかも知れない。

でも、人生を少し多く経験しているものとして分かっていることがある。自分の思い通りにならない時こそ奥深い意味があり、その時の過ごし方でもっと長いその後の人生が変わってくるのだと。


目標を失っても、腐らずに毎日決めたことをやる。

その1回の音読、その1つの英単語の暗記。無意味に思えるのその僅かな一つ一つの積み上げが、意味あるものにつながっている。

だから私は毎日僅かでも走り、筋トレをする。それが、今後いつ行われるか分からないマラソン大会で、42.195kmの後半の最も辛い時の“その力”になるのだから。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/20

何事も継続が大事  ランニング・筋トレ

昨日は朝から激しい雨で、低気圧のせいか、起きた時から耳鳴りがしていました。しかし、犬の散歩をし、朝食を食べ、コーヒーを飲みながらNHKの朝ドラを見て、ブログを更新し終える頃には雨も上がり、いつものランニング10km走へ。気づけば耳鳴りは消えて体調は戻り、絶好調でした。

今月は昨日までで166.0kmを走りました。毎日やるべきことをやる。それだけで身体のリズムは整うのだと実感しています。
最近、この動画の最初のプランク3種類を毎日続けていますが、毎日の走り込みと相まって大臀筋が固く引き締まりつつも、恐ろしいほど発達しました。外出自粛が続く中で、家で出来る筋トレ動画が人気を集めているようです。でも、それを見て数回やってみるのと、毎日継続できるかは別問題です。

緊急事態宣言が出されてから一ヶ月余り、何を継続し、どんな成果を手に入れられたか。そう、何事も継続こそ力なのです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/19

民意とは何か  閑話

Although everybody was opposed to his proposal, he finally succeeded in changing the rules.
(全ての人が彼の提案に反対していたけれども、彼はついに規則を変えることに成功した)

2003年に関西学院大学経済学部で出題された英文。この he って、17年後の某国某首相のことだろうか?(^_^;)

このブログで何も政治のことを云々主張したい訳ではありません。ただ、法治国家に住む一国民として、今回の検察庁法案改正に対して単純に疑問を抱いただけです。多数決で改正案が可決されたとしても、時の行政府の恣意によって任期が変わるようでは法の意味がありません。

自分で言うのも変ですが、大学受験では「政治・経済」を選択し極めました。政治分野では「法の支配」「法治国家」という用語をうんざりするほど目にします。なぜなら、それが民主主義の根幹をなすものだからです。

コロナ感染を危惧してデモも出来ない状況。そのタイミングに合わせたと言われても、致し方ないやり方でした。でも今はSNSがあります。どんな時でも、しっかりと民意を伝えていかなければなりません。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/18

「テレワーク」の英語  実用英語

『TOEIC公式問題集 6』テスト2のパート3に、コロナ禍の現状と今後を暗示するかのような文章が出ており、ドキッとします。
クリックすると元のサイズで表示します
自宅でzoomやクラウドを使って仕事をすることを「テレワーク」と言いますが、いろいろ調べると以下のようにまとめることが出来ます。

telework
… オフィスで働くことをメインとしながら、オフィス以外の場所から働く
remotework
… オフィス以外で働くことをメインとする

work from home
… 日本の在宅勤務に近い

となると、公式問題集にある work remotely from home が、最もしっくりきますね。特定のオフィスを持たないで仕事をする人をノマドワーカーと言いますし、働き方が多様化している証拠ですね。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/5/17

本屋と知的好奇心とパラドックス  閑話

伊那市駅前の通り町商店街にある小林書店が今月末に閉店することを知りました。

大学受験を意識し始めた高2以降、参考書や問題集を漁りに足繁く通い、当時そこで購入した現代文の共通一次対策問題集で「パラドックス」という言葉を覚えたことが、なぜか鮮明に記憶に残っています。

この商店街にある銀行で、私が社会人の道を歩みだしたのも何かの縁だと思います。その時も「福澤くん、大人になったね〜」と、窓口担当だった私に声をかけてくださったのも、小林書店の奥さんでした。しかし、その年、放火犯が書店に火を放ち、大火災となり全焼。営業担当の行員すべてが煤だらけになって後片付けと、微力ながら再興のお手伝いさせていただきました。その時に買ったTOEICの問題集は今でも手元にあります。
クリックすると元のサイズで表示します
6年前に私が独立開業してからは『蛍雪時代』を毎月配達してもらっており、お付き合いは本当に長いです。

年を重ねるにつれ読書の奥深さが分かってきましたが、そのきっかけを与えてくれた書店が閉店するのは、皮肉な「パラドックス」のようにも感じます。本屋に足を踏み入れた時の知的満足感、そして、なぜかトイレ(しかも大の方)に行きたくなるほどの高揚感を覚えさせてもらった地元の書店がなくなるのは本当に寂しいですが、小林書店がなくなっても、電子ではなく紙の本を、これからも読み続けていこうと思います。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ