2020/6/30

夏越に思う  閑話

今日は6月最終日。7月の前日、つまり6月30日は「夏越(なごし)の祓(はらえ)」と言って、氏神の社前に設けた大きな茅の輪をくぐり災厄を祓うそうです。最近では近くの神社でも夏越の祓が行われているのを目にするようになりました。

2020年も半分が過ぎたことになります。今年前半は、コロナ、コロナの連続でした。おそらく、後半もそうなるでしょうが、嫌な災厄や疫病を追い払い、自分の設定した目標を達成できる充実した下半期にしたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
トラスト英語学院前の道路の生垣に以前からアジサイが植えられていたのですが、その後、開業祝などでいただいた鉢植えのアジサイを植樹したところ、毎年立派に咲いてくれるようになりました。同じテナントビルに入る1階のHawaiian Soundsさんと、「アジサイ通りにしてしまおうか」と目論んでいます(笑)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/29

月間走行距離300kmに到達  ランニング・筋トレ

昨日は、午前中に18km(前半はペース走、後半5kmはビルドアップ走)を行い、ランチ後に筋トレでしっかりと体幹をいじめ抜いた後、夕方にダウンを兼ねて7kmを走り、月間走行距離が初めて300kmを超えました。

2016年10月にランニングを始めて以来、いつからとなく月間走行距離300kmが目標になっていました。当たり前ですが、一日平均10kmを毎日続けなければ達成できません。最初に走った時は2kmを走っただけで息が上がり、そもそも、アプリやランニングウォッチもなかったので、ペースや距離など、走り方が分かりませんでした。2km走ったと言えるのは、帰宅してからGoogle距離測定で測ったからです(笑)。最初のシューズは20年以上も前に購入したバレーボールシューズで、4ヶ月目に伊那から高遠までの9km走をした時は、ソールが外れかかっていてパカパカしていましたが、それでも気にせず走っていました。

その後、アプリを入れたスマホを携帯して走っていましたが、そのスマホさえ重く感じ、最終的にGARMINを購入シューズもランニング専用のものに変え、さらに、様々な書籍や雑誌を読んで知識を獲得することで科学的・効果的なトレーニングができるようになりました。ハーフマラソン大会に9回、フルマラソン大会に1回出場することで経験を積み、故障も何回かしたことで、ケアまで含めて身体全体で考えられるようになり、極めて健康的な身体を作り上げることができました。
クリックすると元のサイズで表示します
初フルマラソンでサブ4達成!
そして、3年9ヶ月目にして月間走行距離300kmを達成しました。300kmに到達したときは、今年の東京マラソンの大迫傑選手よろしく、大きくガッツポーズをして、己を鼓舞しました。
クリックすると元のサイズで表示します
朝日新聞 映像報道部 Twitter より
近所の周回コースを走っている時でしたので、ご近所の方は不審に思われたに違いありません(笑)。

その時は遠回りに思えても、今振り替えれば無駄なことは一つもありませんでした。故障でさえ、その後の走りを改善・向上させるための契機だったように思えます。だから、これからも目の前の課題と一つ一つ真摯に向き合い、自分の走りを高めていきたいと思います。そして、毎月400km以上を走り続けているラン友さんはごまんといます。現状に満足することなく、更に上のレベルを目指します。

300kmを走った後に見た梅雨の合間の晴れ間は、決して忘れることはないでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/28

コロナ禍で得たものは?  閑話

今日は2020年度第1回英検が行われます。当初は5月31日に実施予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、延期になっていました。中止される公算も高かったので申し込まれた人は普段よりも多くないと思いますが、受験される方は、このコロナ禍でも勉強を続けて来た事実を自信に変え、臨んでもらいたいです。

3月の全国一斉休校措置、4月の緊急事態宣言、そして、GWをピークにした自粛& stay-at-home period。この4ヶ月で失ったものは多いですが、果たして、得たものはあるのでしょうか。この期間に「私は〇〇が出来るようになった」「僕は△△を継続した」「俺は□□の資格を手に入れた」など、自信を持って言えるものがなければ、ただ普段の年よりもだらけた時間を過ごしてしまった可能性もあるわけです。今日の英検を受けて合格すれば、それは一つの成果を手にしたことになり、意味ある自粛期間を過ごせたと言えるのではないでしょうか。

「じゃあ、そういうお前はどうなんだ?」っていう声が聞こえてきそうですね。

私はこの4ヶ月でやったこと、得たものです。

@ペーサー検定合格
A月間走行距離300kmを目標に、4月233km、5月281km、6月276km(27日現在)
Bある英語資格試験の評価トレーニングで、上位レベルに合格

@とAはランニング関係ですね。マラソン大会が中止になってしまったこの時だからこそ、走力だけでなく知識もつけて、本物の市民ランナーに近づけていると思っています。6月は何としても月間300kmを達成します。

Bは規約によりその詳細を書けませんが、これまでの実績と合わせて、今後の仕事につながるものなので、何としても手に入れたかった資格です。

やるべきことをやり、結果を出す。このコロナ禍が過ぎ去った時、「確かに失ったものはあったが、それ以上のものが身についた」と自信を持って言えるよう、過ごしていきたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/27

川勝平太教授との出会い  閑話

リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題で、川勝平太・静岡県知事とJR東海社長による初のトップ会談が物別れに終わったそうです。

川勝知事は相当に“できる知事”ですから、納得させるには、相当な具体策や代替策が必要でしょう。

私と川勝知事との出会いは、27年前にさかのぼります。当時、私は早稲田大学2年生、選択必修科目で「日本経済史」を選択しなければなりませんでした。日本経済史を担当している教授は二人。その一人が川勝知事だったのです。ほとんどの学生が、出席もとらずテストも持ち込みOKで楽勝科目と評判の高かった正田健一郎教授を選んでいましたが、学年も改まり向学心に燃えていた私は、厳しい評価で有名だった川勝平太教授の授業を敢えて選択したのです。

大学受験時代の初め、私は世界史を選択していました。しかし、その面白さや意義が見出せず「政治・経済」に乗りかえるほど、典型的な歴史アレルギーをもっていました。(しかし、「政治・経済」の面白さゆえ、政治経済学部に入学することになったので良かったのですが・・・)

今でも、最初の授業で受けた衝撃は忘れません。1990年、41歳の若さで早稲田大学政治経済学部の教授に昇格した新進気鋭の川勝教授の講義は、学問の本質を教えてくれる奥の深いものだったのです。歴史を学ぶとはこういうことだったのか、と。そして、日本の経済発展の礎が実は鎖国にあり、イギリスを中心とした近代西洋の経済システムと密接な関連があったという考察は、大学で学ぶ意義を最も感じた内容でした。授業は必ず出席を取り、テストは教材の持ち込み一切禁止、そして、テスト内容と答案評価も厳しいものでしたが、「優」の成績を取ることが出来たのは、川勝教授の授業の面白さと、大学で学問を学ぶのだという私の意地の融合のおかげだったと思います。

この講座の指定テキストにもなっていた川勝先生の著書・訳書を紹介します。
『日本文明と近代西洋 −「鎖国」再考−』
『鉄砲を捨てた日本人 −日本史に学ぶ軍縮−』
クリックすると元のサイズで表示します
非常に興味深い内容ですので、是非ご一読ください。
 


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/26

祖父の命日と就活  閑話

25年前の1995年、私は大学4年だった。バブル経済が崩壊し、「就職氷河期」という言葉が使われるほど超買い手市場で厳しい就職戦線を強いられていた6月26日の夜、祖父が亡くなったという電話があった。翌日、朝7時の特急あずさで帰省するつもりだったが、手元に現金がなかったため、夜遅くに近くに住む叔父さんにお借りした。

しかし、帰省するのも、そして叔父さんに会うのもためらう自分がいた。就職活動のプレッシャーから精神的に追い詰められ、顔中が真っ赤なニキビだらけだったからだ。それでも叔父さんは気にすることなく、「大変な時期だけど、伊那に帰ってきな」と背中を押してくれ、帰省しても、親類の誰一人として私の顔のことを口にするものはいなかった。

葬儀が終わり、久しぶりに親類と話をしたことで気分が変わったのか、そこから就活の流れができ、翌月、第一志望の地方銀行から内定を獲得することができた。

あれから25年。今年も祖父の命日が巡って来た。思い返せば、私の人生は高校時代に祖父からもらったこの言葉と共にある。合掌。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/25

世界は誰かの仕事でできている  ランニング・筋トレ

今年度は地区の衛生部長を仰せつかっているので、毎月第4水曜日は朝6時30分から資源ゴミ収集の立ち会いをし、昼には収集後の片付けをしなければなりません。これが結構な重労働。巨大なゴミ回収ケースを倉庫に閉まったり、ゴミ回収分別が不徹底で収集されないゴミや、収集後に気づかれないように不届き者が出したゴミを処分したり・・・。

町内会の倉庫で独り黙々と片付けをしていると、ジョージア缶コーヒーのCMのフレーズ「世界は誰かの仕事でできている」を必ず思い出します。世の中が回っていくには、誰かがやらないといけない仕事ばかりです。だから、責任と矜持を持って任務を全うするだけです。

そして、夕方からは7時間連続の英語指導という、怒涛で疲労困憊な最終水曜日でしたが、その合間に11kmを走って今月の走行距離が252kmとなりました。忙しかろうが疲れようが雨だろうが、やると決めたことは必ずやる。それが魅力的な大人であり、英語力や学力向上に求められる継続を訴え続ける指導者にこそ求められる姿勢だと思うのです。

「一度は足を踏み入れてみたい」という憧れの世界であった月間走行距離300kmの世界が、現実味を帯びてきました。今日も少しの努力を積み上げていきます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/24

brick and mortar  実用英語

今月1日のThe Japan Newsの社説で、brick and mortar という表現に出会いました。

Some financial institutions do not require seals to open accounts either online or at their brick and mortar branches.

「(店舗がインターネット上ではなく)実在の、実店舗の」という意味です。もともとは「レンガとモルタル(セメント)」という意味ですから、実際の建物がそこにドカーンっと存在しているイメージでしょうか。FBの友人も、最近のJapantimesで記事でよく見かけると、投稿されていました。TOEICの問題集にも出てきているそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
どんな機会にしろ、その語彙に何度も出くわすということは、覚えなければならない絶好のチャンスです。先日の ramp up と同様に、是非ともモノにしたい語彙ですね。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/23

来たるべきその日のために  ランニング・筋トレ

2019年度の全日本マラソンランキングが発表されました。
【全日本マラソンランキング】
大会別、都道府県別等でシーズン毎の国内フルマラソン完走者の動向をデータベース化する企画。コンテンツのひとつである「フルマラソン1歳刻みランキング」は2019年4月〜2020年3月に開催された、日本陸連公認コースを使用する対象大会の完走記録データを集計し、男女別1歳刻みでランキングをしています。
RUNNETより抜粋)
私は昨年初めて出場したフルマラソン「第3回松本マラソン」のタイムで集計されました。
クリックすると元のサイズで表示します
タイムは3時間51分03秒、男子47歳の部 9,358人中、第2,366位で、全体の上位約25%に入ることが出来ました。47歳で初フルマラソン、上位4分の1であれば、上々の記録ではないかと思います(*^_^*)

このフルマラソンから既に8ヶ月以上が経過しましたが、新型コロナウイルス禍でマラソン大会が中止となり、今年はもうレースは行われないでしょう。来年以降マラソン大会が復活した時に、サブ3.5、上位10%前後にランクイン出来るよう、今は黙々とトレーニングを積むのみです。この8ヶ月で1,600km以上走り、体幹を中心とした筋トレや、故障しないために肩甲骨・股関節・足首のストレッチを徹底しています。

来たるべきその日のために、やるのかやらないのか。将来の自分の姿を決めるのは、今の行動です。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/22

習慣化がもたらすもの  ランニング・筋トレ

塾業界にいると、体調を崩されてしまう先生が多いのに気づきます。仕事はたいていは午後から始まり、夜10〜11時まででしょうから、次のような生活習慣になってしまいます。

・夕食が遅くなるか、抜く。
・就寝時間が遅くなる。遅起きになる。
・朝食を抜くか、ブランチとなる。
・昼過ぎに出勤。
・運動は皆無。

これだけ、不健康要因がそろってしまうわけですから、よほど自分を律していかないと、齢を重ねて気づいた時には、体調を崩してしまっているというのも当然かも知れません。

かく言う私も、17年前にこの業界へ転身した時は、上述のような生活を送っておりました。しかし、いくつか転機があり、現在に至ります。

まず、子どもが幼稚園に通い始めた時に、早起きの習慣になりました。となると、睡眠時間確保のため、夜は少しでも早く寝ようと心がけるようになりました。夕食の時間は相変わらず遅いですが、夜更かしはなくなりました。

次に、13年前に甲状腺乳頭癌を患った際、仕事の優先順位を下げて、家族との時間や趣味に時間を割く意識ができました。しかし「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、その後、仕事の優先順位が上がってしまったり、決意を持って始めた筋トレやランニングが挫折したりを繰り返す中で、6年前に独立開業しました。

自分の時間が多く持てるようになった反面、相当に己を律していかないと、ロコモな生活になってしまうのは分かっていました。英語で言えば sedentary life(座業的生活)です。

毎年の定期検診で胃カメラをお願いしている医者からの勧めもあって、4年前の5月に筋トレを再開し、体脂肪が減らないのに業を煮やしてランニングに力を入れた結果、そのランニングが趣味になってしまい、現在では一日10kmを走るのが普通になりました。現在、身長170cmに対して、体重は58〜59kgで推移しており、大学時代の体重と何ら変わっておりません。
クリックすると元のサイズで表示します
習慣は、良くも悪くも、結果をもたらします。毎日のちょっとした行動の結果が、何年後かの大きな差異をもたらします。もし、4年前に走り始めていなかったら・・・。筋トレやランニングを毎日継続できていなかったら・・・。そんな仮定法の世界を考えただけでゾッとします。

4年前は毎日3km走るのが精一杯でした。その後、月間100kmが目標となり、それが当たり前になると月間200kmが目標となり、今や月間300kmが当然クリアすべき目標になっています。習慣化はそれまで感じていた高いレベルが当たり前になる一方、更に上のレベルを目指す契機になります。だからこそ、もっと成長していけるのでしょう。

ランニングも筋トレも勉強も同じこと。習慣化は高いと思われたレベルを当たり前に感じさせてくれる緩効的な効能を持った薬なのかも知れません。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/21

夏至の日食、父の日で大安  実用英語

今日は夏至であり、父の日であり、大安。そして、部分日食も見られます。せっかくですから、全部英語で覚えてボキャビルしましょう。

the summer solstice(夏至)
Father's Day(父の日)
a partial eclipse(部分日食)

eclipse は動詞で使って、The sun is partially eclipsed. と表してもいいですね。因みに、皆既日食は a total eclipse、金環日食は an annular eclips です。

大安に相当する英語はありませんから、六曜の説明をした後で、私ならTaian is the most auspicious day.と言うでしょうか。auspicious は大学受験ではあまり目にしない単語ですが、英検準1級以上では必須の単語です。英字新聞を読んでいると出会う機会の多い単語だと気付きます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これらは2012年5月21日の金環日食の時に撮影したものです。木漏れ日がリング状になるのは、とても興味深いです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/20

ポンチョを着て走る  ランニング・筋トレ

今週は暑かったり梅雨寒だったりで体調維持が大変ですね。昨日は朝からシトシトと降り続いていた雨のおかげで最高気温が19.2℃。月曜日の最高気温は30.4℃ですから体もビックリです。
クリックすると元のサイズで表示します
17日(水)の空
昨日の午前中は雨雲レーダーを見たらしばらく雨が止みそうだったので、ポンチョを着て11kmを走りました。これで今月の走行距離が201kmとなりましたが、19日目での200km超えは自己最速です。エリート市民ランナーの証だと私が勝手に思っている月間300kmが見えてきました。何とかその世界へ足を踏み入れたいと思います。

さて、これまで大会でも着たことがなかったポンチョですが、予想外に防寒にもなることが分かりました。私は暑い時期はノースリーブで走りますが、肩口に雨が当たると冷えて困るのですが、これなら大丈夫ですね。昨日は前半5kmを終えると中はサウナスーツ状態となり汗だくとなるほどの保温効果でした(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します
100円ショップSeriaで購入したポンチョ。そのコスパの高さにビックリしています。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/19

一流の人は風邪をひかない  閑話

『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?』を読了。
本著は、新型コロナウイルス感染拡大前の昨年夏、毎日ランニングをするためには風邪を引くことは出来ないため、何かしらの参考になればと思い購入しました。しかし、読み始めたら、最初の方では手洗いやうがいなど当たり前のことしか書かれていなかったため、いつからか積読状態となりました。

最近ふと本棚に目をやると本著が目に止まり、「新型コロナが流行っている今だからこそ、しっかり読んでみるか・・・」と再び読み始め、読了したものです。

いわゆる“風邪”についての見解が、医師の観点から述べられています。

・我々が引く風邪は、正式には「急性上気道炎」であり、風邪は俗称。
・風邪の原因の90%はウイルスに依るもので、その種類は200以上。
・インフルエンザも風邪の一種。ただその感染力の強さで別格扱い。
・インフルエンザを含め、風邪は放っておいても自然治癒する。

「3密」という言葉は使われいないものの、風邪ウイルスを避けるために密閉・密集・密接を避けることも述べられています。新型コロナウイルスも出てきませんが、当然、旧型(?)のコロナウイルスは紹介されていて、鼻水・鼻づまりが主な症状で発熱する人は少ないようです。

新型コロナウイルスも風邪の一種ですが、インフルエンザのようなワクチンや特効薬がなく、その感染力が強いため、問題視されていることも分かります。

うがいや手洗いのやり方とおススメの頻度、漢方薬の効果や睡眠の大切さなども記されており、読むだけで風邪が予防できる様な気がしてきました(笑)。「酒でアルコール消毒する」「人にうつせば治る」などの当てにならない都市伝説なども検証されています。

未知のウイルス感染が拡大しているこんな時だからこそ、一読をお勧めします。私は月一回の定期診断のため病院の待合室で読了しましたが、病院で読んではいけませんね。一刻も早く、そこから抜け出したくなってしまいました・・・。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/18

本音と建前  2020年大学入試制度改革

来年1月16日・17日に実施予定だった大学入学共通テストが、予定通り実施されることが決定されました。振り返ってみると、今年度の高校3年生は大学入試制度改革に始まり、新型コロナウイルス禍の休校による9月入学実施の可能性まで話が及ぶなど振り回された挙句、結局は、予定通りの実施に落ちつきました。

私個人的な見解は、学校が休校になろうが、予定通りの実施を支持します。高校の授業を決められた時間だけ受ければ大学に受かるのでしょうか。それだったら、極論すれば、すべての人が東大に受からないといけませんね(笑)。規定された通りに学校の授業を受けてから大学受験があるべきだというのは、公平性を担保するという“建前”に過ぎません。

義務教育の中学ならまだしも、義務教育ではない高校なら休校があろうがなかろうが、大学受験を目指す高校生なら、勉強は自分でしているはずです。偏差値75の超進学校の生徒と偏差値40前後の高校生が同じだけ授業を受けたからって、同じ土俵で戦えるのでしょうか。では、大検の受験生は?高校に行かないという選択をしたのは自分とは言え、高校の授業は受けておらず、自分の責任で大学を目指しているわけです。浪人生は高校の授業を終えた後、更に予備校などで勉強を積み上げているわけです。そもそも皆が公平になるわけもないのです。これが“本音”だと思います。

ただ、日本社会は本音と建前で成り立ってますから、一応は建前を整えておかなければいけないのでしょう。だからこそ、大人たちが時間をかけて話し合い、折り合いをつけるために時間がかかってしまったに違いありません。

本音をとるか、建前を優先するか。はっきり言って、受験生にとってはどちらでもいいこと。肝要なのは、受験生が振り回されないよう、早期に日程を固めて、大学受験へのロードマップを描けるようにしてあげることです。
クリックすると元のサイズで表示します
1992年度 早稲田大学 入学試験


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/17

5年後の自分へ  ランニング・筋トレ

今年の第22回長野マラソン大会の中止に伴い、長野マラソン大会組織委員会事務局から「5年後の自分へのメッセージ」という企画の案内が届きました。「5年後もマラソンを走り続けるモチベーションにしていただければ」という事務局の粋な計らいです。

早速、5年後の自分へ向けてメッセージを書き、投函しました。そのメッセージは、2025年3月中旬ごろ、自宅に郵送されるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
普通ならワードで書いて保存しておきますが、今回はもちろん手書きし、敢えてコピーもとりませんでした。これからの5年間をどう過ごし、どのように変わっているか、楽しみにしたいですからね。

もちろん、5年後のそこにいるのは、今以上に市民ランナーとして成長している自分。一日一日の積み上げが、強い自分を作っていきます。だから、昨日も13kmを走り、今月の走行距離は166kmを超えました。

これからも走り続けます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/6/16

BounceTECHで走る  ランニング・筋トレ

WORKMANのスポーツブランド「Find-Out」の厚底シューズ・アスレシューズBounceTECHで、試走してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
4月の発売以来人気が出て、私の足のサイズ26.5cmが店頭にない状況が続きましたが、先週末、ようやく購入できました。アスレシューズシリーズでは最上位ランクです。と言っても、税込み1,900円ですが・・・。

昨日は10kmを走ってみました。梅雨の中休みで湿度が高く、最高気温30.4℃と真夏日になりましたが、勝手に足が前に出る感覚で、50分を切って走れました。いっしょに、ランニングソックスもFind-Outで新調しましたが、足の甲とアーチが適度にサポートされ、最高のフィット感です。
クリックすると元のサイズで表示します
これまでいろいろと試してきましたが、どうやらこの組み合わせが私には最適です。キャップから靴まで、WORKMANでそろえて走る日はそう遠くないと思います(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
先週下ろしたNEOは、素材が硬く脚に馴染まない感覚だったので、普段着にすることにしました。

アスレシューズシリーズの感想は以下をご覧ください。
アスレシューズライト(980円)(2020年2月2日)
アスレシューズNEO(1,500円)(2020年6月3日)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ