2020/12/31

2020年総括  閑話

大晦日恒例、「2020 我が家のニュース トップ3」と「2020 我が家の漢字」です。

【第1位 次男(小5)が長野県こども新聞コンクールで入選
毎年チャレンジしている新聞コンクールですが、今年は「ぼくの街の自動販売機新聞」で入選!
クリックすると元のサイズで表示します

【第2位 15年間乗ったセカンドカーを手放す
私の三十代と四十代の大半を共に過ごしてきたセカンドカー・Keiを手放しました( ;∀;)
クリックすると元のサイズで表示します

【第3位 ランニングで年間走行距離3,000kmを達成
出場予定だったマラソン大会が全て中止となった中でも日々コツコツと距離を積み上げて、年間走行距離3,000kmを達成!
クリックすると元のサイズで表示します

コロナ禍でランニング大会を始めとしたあらゆるイベントがなくなり、家族旅行も中止、2月以降はどこにも遠出をしませんでした。日々のルーティンを繰り返すだけの一年だったと言っても過言ではありません。次男の新聞制作も毎年のことで、今年はコロナ禍で例年よりも出典数が少なかったですが、我が家はそんなことは関係なく、毎年やると決めたことですので、調査・取材・制作を淡々とこなし、その結果の入選でした。

緊急事態宣言が出され、出場予定だったマラソン大会すべてが中止になってしまった4月以降、毎日10km・月間300km以上を目標に、6月〜12月は7ヶ月連続で300km以上を走り、年間走行距離は昨日までで、3,200kmとなりました。

毎日やると決めたことを淡々と繰り返し、それを積み上げていくだけの日々。特筆すべき出来事もなく淡々と過ぎていったコロナ禍の生活。

ということで、「2020年 我が家の漢字」は
クリックすると元のサイズで表示します
に決定です拍手

※昨年までの我が家の漢字の歴史です。
2019年 「律」
2018年 「挑」
2017年 「走」
2016年 「学」
2015年 「果」
2014年 「実」
2013年 「続」
・2012年 「荒」
2011年 「飛」
・2010年 「昇」
2009年 「耐」

「表裏一体」という言葉があるように、裏の反対は表です。つまり、“淡”の裏返しは“濃”。淡々と積み上げた日々とその成果は、間違いなく“濃い”ものです。新型コロナウイルスが収束し、通常の生活が戻った時、この淡い時期に積み上げたことによる“濃い”成果を感じることが出来るでしょう。私のランニングに関して言えば、今日フルマラソンを走れと言われれば、サブ3.5で走る自信があります。そう、淡い時期に積み上げた自信は、濃い自信となっています。


今年も一年間、ブログ「英語道」をお読みいただき、ありがとうございました。来年も毎日更新を目標に日々を綴ってまいります。順調にいけば4月に連続更新3,000日を達成予定ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。

>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/30

成長するアラフィフ(^^)v  ランニング・筋トレ

昨日も午前中に10kmを走り、今月の走行距離が305kmとなりました。これで7ヶ月連続で月間走行距離300kmを達成しました。

昨日は走り始めて体が重かったので、5分/kmでいいかな?と思いつつ、途中から体がスッと軽くなり、ペースアップしていつもの4分45秒/km前後で走れました。そして、ラスト1kmは筋肉と心肺に刺激を入れるつもりで全力で走った結果、3分51秒で1kmの自己ベストを更新しました。

股関節のエクササイズとストレッチを毎日怠らずにやっていることで可動域が広くなり、故障知らずになったことが要因でしょう。もちろん、毎日の走り込みと筋トレが大きな要因なのは当然ですが・・・。

アラフィフでもまだまだ成長できると感じた年の瀬です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/29

Be composed!  閑話

予定していた通りに事が進まなくても、臨機応変に対応し、プラス思考でとらえる・・・。そんなことを感じた2020年最終週の月曜日。
クリックすると元のサイズで表示します
愛犬Ryeのように、冬の太陽を浴びながら、ゆったりと構えていよう´▽`

さあ、仕事納めまで後2日。今日もルーティンを崩さず、やるべきことを淡々とやっていこう。ランニングも、今日5kmを走れば、7ヶ月連続で月間300kmを達成します。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/28

various な vary の派生語  実用英語

インターネットでニュースを見る人が多くなり、紙の新聞を購読している人が少なくなっていると聞きますが、私はずっと日本語と英語の新聞を毎日読んでいます。両方読むことで、「へー!英語ではこう表現するんだ」ということがよくあり、それが英単語のボキャビルになっています。

昨日の英字新聞で覚えられたのが、新型コロナウイルスの「変異種」を意味する variant です。
クリックすると元のサイズで表示します
various「様々な」はほとんどの英語学習者が知っている基本単語ですから、それと語源が一緒だと考えれば、覚えやすいですね。また、英語学習を続けてきた中級者以上なら、その語形から形容詞の意味もあるだろうと推測できる単語でもあります。

variant
@異なる、相違した  A変異種

同じように、vari- 関連の単語で形容詞と名詞の両方の意味を持つのが variable です。

variable
@変わりやすい  A変数

これを機に、英語学習者は vary の派生語をすべてチェックしおきましょう。それこそ「様々」ありますよ(^^)/


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/27

2020年日本の10大ニュース  英語勉強法

年末に楽しみにしているのが、The Japan News がその年の日本の10大ニュースを英文で振り返る社説です。今年も定期購読している英字新聞 The Japan News に載りましたが、今年はコロナ一色だろうというのは想像に難くなく、案の定、そうなりました(-_-;)

記事に書かれている10大ニュースを以下にまとめておきます。
1位:感染拡大 緊急事態宣言
2位:東京五輪・パラ 1年延期
3位:菅首相誕生 新内閣発足
4位:安倍首相 辞任表明
5位:志村けんさんら死去
6位:「鬼滅」最速100億円
7位:全小中高 休校要請
8位:甲子園 春夏中止
9位:藤井聡太七段 最年少タイトル
10位:九州豪雨 死者77人
番外:はやぶさ2 カプセル帰還
英字新聞を日々読んでいると、今の日本を英語で語るために大切な語彙に出会えますが、今年は novel coronavirus をどれだけ目にしたことでしょう。間違いなく novel が「2020年 今年の英単語」ですね。

毎年恒例「2020年 我が家の漢字」は大晦日に発表予定です(^^)/。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/26

3 weeks to go  指導現場にて

指導時間が埋まっていて、「夜10時からでもいいので」と、ある生徒を高1から教えています。授業が終わるのは夜11時。いつも暗い夜道を独り自転車に乗って帰っていきます。遅い時間でも、信頼して通ってくれる生徒がいる・・・。

彼は現在高3、大学受験生。第一志望は私の母校・早稲田政経。その最初の関門である共通テストまで3週間となった。

俺も全力で教えるよ。
クリックすると元のサイズで表示します
早稲田大学政治経済学部入試
今年度から入試が変わり、共通テスト(一次)+学部独自試験(二次)で行われる。共通テストは英語・国語・数学TA+選択科目(社会・数学UB・理科)の素点500点が100点に換算され、学部独自試験が100点。私立にもかかわらず難関国立大学とほぼ同じ様相になっています。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/25

7 days to go  指導現場にて

クリックすると元のサイズで表示します
Ho-ho-ho! クリスマス Very merry Christmas! サンタ
毎年のクリスマスにトラスト英語学院の玄関で迎えてくれるのは、ホストマザーの Judy が十年以上も前にシアトルから贈ってくれたサンタクロースですサンタ

コロナ禍で例年とは違うクリスマスを送られている方も多いと思いますが、私はいつも通り、英語指導に勤しんでおります。

「英語は語順が命!芸能人は歯が命!」
「前置詞の後ろは動名詞!寝る前に飲むのは養命酒!」

世代が違う生徒とのやり取りが噛み合わずに進むのも、いつも通りです(笑)。

そして、今日のブログ更新で2,900日連続更新となりました。残すところ一週間となった2020年を颯爽と走り抜け、3,000日連続更新へ向けて、また一日一日を積み上げてまいります。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/24

結果は予定調和  英語勉強法

高3のこの時期、大した努力をしていなかったのに、志望だけは高く、そして、なぜか「自分だけは浪人するはずがない」と、お気楽な楽観主義のかたまりだった。

だから『毎年出る英語頻出長文』的な問題集に手を出した。それをやればまだいいのだが、結局、数ページやってまた違う問題集を買う、の繰り返し。受験結果は予定調和として、当然のものとなった。

勉強は、近道をしようとするとかえって遠回りになる。要領や方法は大切だが、それは、地道な継続があっての話。クリスマスや年末年始は、学校も休みになり、いつものリズムが崩れがちになる。だからこそ、日々のルーティンを積み上げよう。
クリックすると元のサイズで表示します
NYのロックフェラーセンター(911後の2001年12月撮影)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/23

冬至を過ぎて  閑話

今年も冬至が過ぎました。これから寒さは増していきますが、日は長くなっていくので、毎年、冬至を過ぎると気持ちが明るくなります。
クリックすると元のサイズで表示します
今年の冬至(12月21日)の日の入り(午後3時50分頃)
この時期、日課のランニングをする午前中は、太陽が出ていても氷点下ですが、10kmもランニングすれば汗だくになります。真冬の太陽をしっかりと浴びて免疫力を上げ、年末年始を乗り切りたいと思います。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/22

木星と土星の conjunction  実用英語

木星と土星が397年ぶりに大接近しています。「大接近」と言っても、もちろん、地球からの見た目の接近のことです。天文学では「合(ごう)」と言い、英語では conjunction です。
クリックすると元のサイズで表示します
KAGAYAさんのTwitter(12月18日)より

クリックすると元のサイズで表示します
KAGAYAさんのTwitter(12月21日)より

※写真の掲載については、KAGAYAさんがツイートで許諾されています

conjunction
@〖文法〗接続詞 A結合 B続発 C〖天文〗合

in conjunction with 〜 「〜とともに、〜と関連して」は英字新聞を読んでいるとよく出会うイディオムです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/21

星空の下で  閑話

夜中0時、愛犬が催促するので就寝前に散歩することが日課となっています。

昨夜、見上げると、そこには一面の星空。小学生の頃、スケートをした帰りに、同い年の友人と信州の冬空に大きく輝くオリオン座を見上げながら会話したことを、ふと思い出しました。

「俺さ、星が好きだから、天文学者になりたいんだよね」と、彼は言っていた。

あれから40年の月日が経ち、彼とは音沙汰がない。心を病み、引きこもりのような生活をしているとも聞く。

小学生だったあの頃、好きな道で生きていく術があることを教えてくれる大人がいたら・・・。あの時、好きなことを追求していくために勉学に力を注げば、自分の望み通りの道を進めるということを指南してくれる大人がいたら・・・。彼の人生はまた違ったものになっていただろう。

今、私はその指南する役目の仕事に就いている。だから何気ない会話の中から生徒一人一人の可能性を見い出し、その夢を後押ししていく大人でありたいという思いを強くしました。
クリックすると元のサイズで表示します
この写真は、1996年4月に地元の高烏谷山(たかずやさん・標高1,331m)で、私が撮影したものです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/20

寒さを楽しむ  ランニング・筋トレ

先週は寒波の到来で、一気に真冬になりました。フェイスブックからも冬のスタンプが送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
授業で寒いオヤジギャグを飛ばす私にはピッタリのスタンプです(笑)。

寒い日々が続きますが、ランニングはオンシーズンで、夏場よりも快適に走れています。この一週間は77kmを走り、12月の月間走行距離も200kmを超えました。7ヶ月連続の月間走行距離300kmへ向けて、順調に距離を踏めています。

そして、最近はコンスタントに10kmを50分を切って、つまりキロ4分台で走れるようになりました。もちろん、ハーフマラソン大会ではキロ4分35秒で走れていますが、練習でなるべくこれに近いスピードに慣れることで、フルマラソンでサブ3.5(3時間30分未満・キロ4分58秒)で走れると確信しています。

夏からの走り込みの成果を感じられている年末。今年も後10日となりましたが、日々のルーティンを崩さず、走り続けます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/19

「立ち往生」して「覆い隠される」  実用英語

ここ数日のテレビや新聞では、大雪の影響により新潟県の関越道で続いていた車の立ち往生のニュースをよく目にしました。大雪・台風・地震なので交通が麻痺し人が動けなくなると、必ず目にする「立ち往生する」「足止めを食う」。英語では be stranded と表します。英語学習者はこの機会に絶対に覚えておきたい単語です。

be stranded を見ると私は必ず be shrouded(覆い隠されている、包まれている)を思い出します。
クリックすると元のサイズで表示します
これは2014年1月に家族で富士山を見にドライブに行った時に撮った写真です。次男(当時4歳)の後ろには富士山があるのですが、ガスってて見えません。この状況を英語で表すと、

Mt. Fuji is shrouded in mist.

となりますね。be shrouded はワシントン留学時代に、雲で覆われた Mt. Rainier を見たアメリカ人が“Mt. Rainier is shrouded in clouds.”と言っていたのを盗み聞きして覚えたものです(笑)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/18

弱い自分と向き合う  閑話

文庫版『ブスのマーケティング戦略』を読了。
ブス・・・。なかなかインパクトのある衝撃的なタイトルです。読んでいても何度も“ブス”と書かれていて、「そこまで自分を蔑まなくても・・・」と少し気分が悪くなる人もいるかも知れません。しかし、著者はちゃんと最初に“ブス”を定義しています。
ビジネス市場・恋愛市場において、「見た目を武器にできない人」(25ページより)
読み進めていくと、徹底した自己分析の下、自分という人間の市場価値の上げ方、自分の売り込み方について、マーケティング理論に基づいて書かれているのが分かります。

もしかすると、“ブス”とは、自らは向き合いたくない弱い心を持った自分なのではないか?そんな風に思えるようになり、最後はむさぼり読んでいました。

行動することで変わっていく自分、向上心を持てるようになっていく自分、そして、開かれていく未来・・・。ブス(=弱い自分)と向き合い、自分だけの人生を歩んでいる著者の実体験のすべてがマーケティング理論に裏付けされ、読者に行動する勇気を与えてくれます。

私は独立開業して7年目を終えようとしていますが、現在は多くの生徒たちに囲まれ、自分の好きなように仕事ができています。結果としてですが、本著に記されているマーケティング理論に沿って行動していたことが分かりました。ブルーオーシャンでニッチなターゲットに絞り、そこにオリジナリティを掛け合わせる。これだけで仕事は上手く回っていきます。

もっと自由に自分の人生を生きたい方、現在の仕事や職場に違和感を感じている方、困難に立ち向かう勇気のない方、そして何より、自分という人間の存在価値を高めたい方に読んでもらいたい一冊です。

著者の田村麻美先生を知ったのは、シンガーソングランナー・SUIさんのYouTube動画です。運動未経験の田村先生がダイエット目的でランニングを始めて、つい最近、ハーフマラソンを2時間20分55秒で完走されました。市民ランナーとしての田村先生の成長も楽しみです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2020/12/17

“鬼滅の刃”を英語で言うと  実用英語

英字新聞を毎日読んでいると、当然の様に世相を表す英語に強くなります。今年は何度 the novel corona virus という英語を目にしたことか・・・¬_¬

そして、新型コロナウイルス以外で最近特に目にするようになったのが、Demon Slayer です。demon「鬼、鬼神」、slayer「殺人者」で“鬼滅の刃”。slay は「〜を殺す」の意味で、新聞でよく用いられます。
クリックすると元のサイズで表示します
ご多分に漏れず、我が家も次男(小5)がファンなので、英字新聞を切り抜いて、ダイニングテーブルのビニールマットの下にさりげなく入れてあげて、英語に触れる機会を増やすようにしています。好きなアニメで英単語を覚えるのは、単語帳でよりは苦にならないでしょう。我が子たちにも、いつの日か、興味ある英字新聞記事をスラスラ読めるようになるようになってもらいたいです。

因みに、私が今までで一番観たアニメ映画は「となりのトトロ」ですが、英語では My Neighbor Totoro となります。

neighbor「隣人」
neighborhood「近所」
vicinity「近所」

関連した語彙も覚えれば、効率的なボキャビルになります。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ