2021/1/31

自信をまとった自身  指導現場にて

指導している高3生たちは、2月になると私立大入試に臨む生徒が多くなるため、そのほとんどが1月いっぱいで授業が終了となります。

先週一週間は生徒一人一人の出願先を確認しつつ、最後の授業でパワーワードを送りました。もう私は、彼らから朗報が届くことを待つことしか出来ません。

最後に頼れるのは、これまでの勉強で培ってきた自信をまとった自分自身。

Your best opportunity is in yourself.

彼らの健闘を祈ります。
クリックすると元のサイズで表示します
妻が羊毛フェルトで創った私です。
オクトパスタコ(置くとパス)をまとっています^▽^


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/30

故障明け!  ランニング・筋トレ

故障した左踵の痛みが消えたため、1月5日以来、実に22日ぶりに走りました。

まず、27日(水)に約1時間の入念なウォーミングアップをしてから、サポーターを着けて、100m×10本をゆっくり休みを入れながら走りました。
クリックすると元のサイズで表示します
翌28日(木)は2kmを11分48秒かけてゆっくりとランニング。痛みが全くなくなったのでもっと走りたい気持ちに駆られましたが、「平坦な道をまずは2kmから」という医者の指示に従いグッと我慢しました(*^^*)。そして、昨日29日(金)は、ほんの少しペースを上げて100mをシャトルランで1kmを走りました。

故障箇所は全く問題ありません。ここから少しずつ、以前の状態へ戻していきます。今度はちゃんと休足日を設けて、負荷を調整していこうと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
約3週間の休足中は筋トレを頑張りました。体幹を中心に引き締まって、いい張りが出てきているので、ラン再開後にどのような好影響が出てくるか楽しみでもあります。

あー、走れるって気持ちいい!


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/29

一日一英単語 第4週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。1月第4週分の英単語を列挙します。

1/22 helm「実権、支配権」
1/23 nuke「核兵器;原発;〜を電子レンジでチンする」
1/24 obedient「従順な」
1/25 ramp up 〜「〜を増す、〜を強化する」
1/26 dazzling「目も眩むほどの」
1/27 inoculation「(予防)接種」
1/28 fertility「多産;受精能力」
クリックすると元のサイズで表示します
fertility treatmentで「不妊治療」になります。形容詞 fertile「肥沃な」は高2時に世界史の「肥沃な三日月地帯(The Fertile Crescent)」で覚えた記憶が鮮明に残っています(*^^*)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/28

よろしくお伝えください。  実用英語

一昔前の大学入試ではよく出題された問題。
2つの英文がほぼ同じ意味になるよう、(--------) に適語を入れなさい。

・Please say hello to your parents.

・Please (Remember) me to your parents.

答えは remember です。

「remember A to B」で「AをよろしくとBに伝える」です。先週、國學院大学の赤本を解いていた生徒から質問された問題です。私が受験生だった30年前は頻繁に出題されていましたが、最近はとんとお見かけしなくなった表現なので、久しぶりの再会に嬉しくなりました。

「〜によろしくお伝えください」という英語表現は、Say hello to 〜 や Give my best regards to 〜 をよく使いますので、一緒に覚えておきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
赤本を出版している教学社のTwitter(@akahon_official)より


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/27

留学の味  閑話

久しぶりに朝食で、コーンフレークを食べました。私のスタイルは、オレンジジュース掛けミカン
クリックすると元のサイズで表示します
20年前のワシントン大学留学時のホームステイ先。朝食はいつもコーンフレーク。ミルクとの組み合わせに飽きてしまい、1ガロン(約3.8ℓ)のミニッツメイドのオレンジジュースをドバドバと掛け、独りキッチンで立って掻っ込んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します
1ガロンの Minute Maid。デカい!
あの時、朝6時起床・朝食、6時半に家を出て、7時半大学到着、コンピュータラボで USA Today のニュースを約1時間聴いてリスニングトレーニング、9時授業開始・・・。そんな毎日を繰り返していました。だから、コーンフレークのオレンジジュース掛けは、英語と格闘していた当時の自分を思い出させてくれるのです。

あれからもう20年。ホストマザーは亡くなり、シアトルを再訪してからも6年の時間が流れようとしている。はるか遠い昔の出来事のような感じだけど、確かにあの時の自分はアメリカにいて頑張っていた。だからこそ、今がある。コロナが収まり、多くの日本人が今まで通り普通に留学できて、彼の地で奮闘する日々が戻ることを切に願います。
クリックすると元のサイズで表示します
ホストマザー(中央)、サウジアラビア人のルームメイト(右)と


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/26


左踵を故障してから今日でちょうど3週間です。21日間も全く走らなかったのは、2016年10月にランニングを始めて以来、初めてです。故障を治すこともトレーニングの一環なので我慢できますが、それまでは、毎日10km以上を走り、月間300kmを走っていた訳ですから、走らないことに対する罪悪感の大きさは半端ありません。だからこそ、筋トレとストレッチは負荷を上げて毎日行っています。
クリックすると元のサイズで表示します
ランニングも筋トレも英語の勉強も、毎日やっていることをやらなくなった時に罪悪感に苛まれたら本物。「今日くらいはやらなくてもいいか・・・」という気持ちを律せられれば、成長を感じられるのに多くの時間は必要としないでしょう。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/25

大学受験生にエールを  指導現場にて

共通テストから一週間。英語の出題に関しては賛否両論ありましたが、生徒たちの結果から、実力が如実に点数に表れたというのが実感です。そういう意味では、やはり、よくできた試験と言えるかもしれません。

初の共通テストということで、予想問題や模試と傾向が違って動揺し、「対応できなかった・・・」という生徒もいました。「でも、これが実力だと受け入れて、気持ちを切り替えていきます」と気丈に振る舞う彼女の目は真っ赤でした。人一倍頑張ってきただけに、さぞかし悔しいだろうし、この現実に向き合いたくもないでしょう。

予定通りの点数が取れた生徒も、これからは二次試験へ向けてプレッシャーと向き合っていかなければなりません。でも、それを乗り越えるにも勉強するしかありません。

受験生たちは自己採点の結果を受け入れ、一人一人がそれぞれの想いを抱いて乗り越えなければならない壁である私立大・国公立二次へと歩を進めていきます。

すべての受験生に心からのエールを!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/24

ムズムズ  実用英語

左踵故障のため日課のランを中止して約3週間。痛みも取れてだいぶ良くなってきました。走りたい気持ちが出てきてムズムズしていますが、医者の指示で2月5日までは走れません。だから今は体が鈍らないよう、いつもより負荷を大きくした筋トレだけは、毎日継続しています。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに走りたくてムズムズするのを、
I've been itching to run.
と表します。

itch「かゆい;ムズムズする」

itchy「かゆい」

生活単語で、使い勝手の良い単語ですから、絶対に知らなければならない単語ですね。天気が良くてどこかに出かけたい時などは、have itchy feet(出歩きたくてムズムズしている)というイディオムも便利ですよ(^^)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/23

条件を利用する  指導現場にて

信州大学の人文学部と経法学部が、新型コロナウイルス感染拡大を鑑みて、二次試験を行わず、一次(共通テスト)の結果のみで合否を決める可能性がある、と発表しました。各学部の配点は以下です。

【人文学部 前期】
 共通テスト 900点
 二次試験 400点
 調査書 50点

【経法学部 前期】
 共通テスト 900点
 二次試験 200点
 調査書 50点
クリックすると元のサイズで表示します
緊急事態宣言の拡大や延長があった場合には、共通テストの点数だけで合否判断されることになりそうです。そうなった場合、共通テストで高得点だった受験生には向かい風になる一方で、特に人文学部は二次試験の配点が高いので、二次で逆転を狙った出願を考えている受験生には逆風となります。

コロナ禍ではこれまでに想定していなかった事態が起こるため、動揺してしまう受験生もいるかも知れません。確かに、従来と変わらない環境で受験できるれば最高ですが、人生は自分の思ったようにならない時もあり、その時にいかに考え、どう行動するかで、人間力が培われるとも考えます。

ホストであり実業家でもあるローランド氏がこんな風に言っています。
二流は条件に左右される。
一流は条件に左右されない。
超一流は条件を利用する。
いつまでも、新型コロナウイルスに振り回される生活が続く訳ではありません。人類の英知が、必ずこの危機を収束させます。それまでの間、厳しい条件下であろうと、それを利用し、元の日常が戻った時に、一回りも二回りも大きく成長した人間でいたいです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/22

一日一英単語 第3週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。1月第3週分の英単語を列挙します。

1/15 tepid「生温い;熱意のない」
1/16 reminiscent「(...を)思い出させる」
1/17 typo「誤植」
1/18 entity「実在物、実体」
1/19 vengeance「復讐」
1/20 exacerbate 〜「〜を悪化させる」
1/21 inauguration「就任(式)」
クリックすると元のサイズで表示します
英字新聞、大学入試問題、英語の資格試験などで、私が気になった英単語を紹介しています。レベルとしては英検準1級以上の単語を目安に選んでいますので、毎日この英単語を辞書で引いて、派生語・同義語・反義語・関連語を覚えていけば、語彙力アップ間違いありません。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/21

マスクを着けた早稲田熊  トラスト英語学院

当学院受付に鎮座する WASEDA BEAR(ワセダベア)。
クリックすると元のサイズで表示します
新型コロナウイルス禍で大学受験に臨む高校生たちの応援に少しでもなればと、妻が作ったマスクを着けて、見守ってくれています。

受験生諸君、感染防止を徹底して、受験戦線を乗りきろう!

ワセダベアを購入希望の方は、早稲田大学オフィシャルグッズ オンラインショップ WASEDA-SHOP からどうぞ(^^)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/20

国語力を鍛える  指導現場にて

大学入学共通テストが終わり、高2生が大学入試に向けて本格的なスタートを切る時です。インターネットから容易に情報を入手できるようになった今、何から始めたらいいのか逆に迷ってしまうかも知れませんが、浪人時代に学力が伸びて安定した私自身の経験と、私と同じく塾・予備校業界で働く現役講師の多くの方がおっしゃっていることに共通することがあります。

それは、現代文に本腰を入れて勉強し、論理的客観的な読み方ができるようにすることです。

よく、「学力の基本は国語力」と言われますが、これは的を射ています。小さい頃から本を読んでいて、そもそも活字に触れることを厭わなければ、勉学に違和感を持つことは皆無です。何を学ぶにしても文字を読むことが伴うわけで、読んだものを論理的に順序立てて理解する。国語力がある生徒は意識せずともそれが当然の様に出来ているのです。

英語力が伸びない生徒に共通していることは、国語力のなさ、日本語の語彙力の乏しさというのも、英語指導現場にいて実感することです。

私は浪人時代に現代文の勉強を一から始めて客観的な読み方を身につけました。そして、受験勉強の合間に、社会で選択していた政治・経済に関連した専門書や、受験勉強とは一見関係ない小説まで渉猟しました。

では、そのために何をしたらいいか。大学受験の現代文を客観的に読む力をつける問題集か参考書を一冊、徹底して取り組んで、自分の読解スタイルを固めることです。現在のレベルによって適切な問題集や参考書は変わりますから、それこそ、ネットを調べれば有益な情報がありますから、まずは一冊やってみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
代ゼミ時代、田村秀行先生「早大現代文」を受講する私(右)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/19

コロナ禍の大学入試  指導現場にて

共通テストが終わり、受験生たちは国公立二次出願と私立の一般入試に向かいますが、ある高3生の受験日程を聞きました。

1月30日 名古屋(地方入試)
2月1〜2日 東京
2月3〜4日 長野(地方入試)

新型コロナウイルス感染のリスクを少しでも低くするため地方入試を選んだとしても、全ての大学・地域で地方入試があるわけでもありませんので、地方の受験生は都市部との往来は避けられません。結果として、必然的に感染リスクが高まりますね。

マスクの常時着用、頻繁な手指消毒、手洗いとうがいの徹底、混雑を避ける等々、感染予防を徹底するしかありません。受験生は例年以上に勉強以外のことにも気を配らなければなりませんが、その時に自分の出来ることを最大限にやり、来るべき春を待ちましょう。

頑張れ、大学受験生!
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/18

2021年度大学入学共通テスト 英語R  2020年大学入試制度改革

大学入試センター試験に代わる初の大学入学共通テストが終わりました。英語のリーディングに関しては、発音・アクセント、文法、英文整序問題がなくなり、すべて読解問題となりましたが、昨年までのセンター試験以上に、解いていて面白さを感じませんでした。

我々のような英語の指導に携わっている者ならこの程度の英文量には慣れていて当然ですが、多くの高3生にとっては圧倒される英文量でそれだけでストレスでしょう。そして、設問での問われ方を予測しつつ、その英文をビクビクしながら読む感じだったのではないでしょうか。「思考力・判断力・表現力を重視する」という共通テストの意図を反映する問題が散見されたのは理解できますが、ただただ冗長な英文を多量に読ませることによって受験生の英語力の本質を計れるのかは疑問です。

英文量、設問とも昨年よりは難易度は上がりましたが、問題数が少なくマークシートでたまたま正解になった受験生も多いと推測できますので、平均点は53点前後と予想します。

今回の平均点や関係者の意見・感想を基に、大学入試センターが来年度からどのように修正してくるか、楽しみではあります。
クリックすると元のサイズで表示します
因みに、私は新聞に掲載された問題を解きました。語数、語彙、英文構造の何れもどうってことなかったですが、最強の難敵は“老眼”だと知りました。来年から解く時は、正規の文字の大きさでプリントアウトして解こうと思った48歳の英語講師です(笑)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/1/17

ブログ連続更新、9年目に突入  ランニング・筋トレ

2013年1月17日から始めたブログの連続更新。今日の更新で丸8年、2,923日連続更新となり、9年目に突入しました

毎日やると決めたことをやり続けることの意義を、ブログの連続更新を通して、これからも伝えていきたいと思います。

さて、左踵を故障して走れない日々が続いていますが、その分、筋トレを十分に行えています。体幹を鍛えるため、特に腹筋にこだわっていますが、プランクや二―レイズなどの自重系に加えて、アブローラーを使っています。最近は自重だけでしたので、久しぶりにアブローラーを使うと、相当に腹筋に効くことが分かりました。

そう言えば、昨年4月に新型コロナウイルスの感染拡大が始まった時、「コロコロ大作戦」と銘打ったマイチャレンジを公言していたのを思い出しました。今年の3月末までには出来るようにして、もっとバキバキに割れた腹筋をお見せします。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ