2021/6/30

ニシザワと紫煙荘  閑話

28日(日)に伊那市通町のニシザワデパートが閉店し、地元では大きなニュースとして取り上げられました。1967年12月に鉄筋地上6階・地下1階建ての百貨店として営業を始め、その規模から「日本一小さなデパート」と称され、半世紀に渡って地元商店街のシンボル的な存在でした。

4Fには伊那市内で当時一番大きな書店があって、『試験にでる英単語』『基本英文700選』『合格ライン突破の政治・経済用語』『土屋の古文単語222』など、ニシザワで当時購入して大学合格に導いてくれた参考書たちは、今も手元に大切にとってあります。人生で最初の岩波新書『コンスタンティノープル千年』もニシザワで買ったな〜。

大学受験を真剣に考え始めた高2の時から、ほぼ毎日学校帰りに立ち寄り、友達と受験参考書を物色しながら、「これをやり込めば、早稲田合格は間違いない」と青写真を描き、その足で「紫煙荘」という喫茶店で一杯300円のラーメンをすすって、合格に思いを馳せたものでした。
クリックすると元のサイズで表示します
紫煙荘のラーメン
※2007年12月にご主人が他界され、閉店されてしまいました。
三十数年前にあの空間と時間があったから、現在の自分が存在していると断言できます。

ニシザワの書店は伊那市駅前のビル「いなっせ」で現在も営業しており、大学受験参考書類の充実度は今でも伊那市ナンバーワンです。高校生諸君は一度、大学受験コーナーに足を運んでみましょう。そこには、自分の将来を左右するきっかけが存在しているはずです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/29

土俵に上がるために  指導現場にて

TBSテレビ日曜劇場『ドラゴン桜』が最終回を迎え、受験結果が出ました。二次試験の点数は分かりませんので、一次試験(共通テスト)の点数と合否結果です。※ネタバレ注意
クリックすると元のサイズで表示します
東京大学 本郷キャンパス

・小杉(文三)810点 合格
・健太(理二)803点 合格
・天野(理二)801点 合格
・岩崎(理二)752点 合格
・早瀬(文三)738点 不合格
・藤井(理一)719点 不合格
・瀬戸(文二)620点 合格
・小橋 492点 未受験
・岩井 484点 未受験

東大は共通テスト(900点満点)が110点満点に換算され、二次試験は440点満点、合計550点満点で合否が決まります。ただし、志願者が多くなった場合は、共通テストの得点の上位から募集定員の3倍程度で締め切られてしまいます(いわゆる、足切り)。因みに、今年度の東大入試の足切り状況は以下のようでした。
クリックすると元のサイズで表示します
科類によっては、一次(共通テスト)で7割取れていなくても二次試験が受けられています。一次の点数が約12%に圧縮されてしまうとは言え、基本事項が出題の中心である共通テストで8割取れなければ、東大の二次試験ではまともに戦えないので、共通テストで得点を取っておくことは大切です。

ドラゴン桜では620点から文二に合格するなど、ドラマなので多少の脚色はあると思われます。しかし、要は、土俵に上がれれば(=足切りを通過すれば)、勝負ができる可能性があるということです。ここには「まずは土俵に上がろう」という強いメッセージが込められています。

共通テストで80〜85%の得点率であれば、東大合格は現実味を帯びてきます。基本事項の出題が多く、平均点が6割になるように作成されている共通テストです。ドラゴン桜のように高3になってから本格的に始動するのではなく、早い時期から基本を徹底していけば、共通テストで8割以上は必ず取れます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/28

安易な術などない  指導現場にて

昨日は2021年度第1回英検二次面接試験(A日程)が行われました。今度の日曜日はB日程が行われます。特に、高校生は大学受験の推薦入試で使う場合は今回が最後のチャンスとなりますし、この時期は文化祭とも重なっていますので、忙しい中でも何とか結果を出してもらいたいです。

さて、二次試験の模擬面接をしている時、自分の言いたいことが英語で出てこず、とりあえずはこれを言っておけば無難にまとまると思ってのことか、学校の先生に入れ知恵されたか、はたまた自分で考えたかは知りませんが、何の脈略もないのに、決まり切った表現を使ってその場を逃げ切ろうとする人がいます。

結論を言えば、「これを言えばまとまる!」「この表現を使えば合格する!」というようなマジックフレーズは存在しません。

私は大学の時、英検準1級二次試験に受からず路頭に迷っていて、二次試験の直前期に英検対策専門塾の特別講座を受講したことがあります。苦労せずに受かろうとする魂胆だった私は、何か特別な秘訣があると思っていました。たまたまそこで行った練習問題で「〜, but in vain.」が出てきたので、「これは使える!」と思い、すべての問題に当てはめようとしました。当然、そんなことはできませんし、楽に二次試験を乗り切る方法を模索していたから、勉強を自分でするわけもありませんでした。結果は火を見るよりも明らかです(苦笑)。

その6年後、TOEICで800点を取り、留学直前に思いつきで受けた英検準1級は、一次も二次も一発で合格しました。英語力が向上し、明確な目標があれば自ら進んで勉強をするから当然の結果ですね。実力がついてくると、合格のための安易な術なんて存在しないことを知っています。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/27

一日一英単語 第25週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第25週分の英単語を列挙します。

6/18 crave for 〜「〜を切望する」
6/19 perpetuate 〜「〜を永続させる」
6/20 assassination「暗殺」
6/21 maneuver「策略を用いる」
6/22 skeptic「懐疑論者」
6/23 in full swing「最高潮である、どんどん進行中である」
6/24 proscribe 〜「〜を禁止する」

英語の初級者を脱するには、自動詞と他動詞を常に意識することです。私が紹介している単語の中にも当然、動詞がいくつも出てきますが、他動詞、つまり目的語を必要とするものには「〜」をつけているのに気づかれたでしょうか。そういう細かいところに意識がいかないと、いつまでたっても、英語の初級者のままです。discuss を「議論する」で覚えているから、「私たちはその問題について議論した」と言いたいときに、We discussed about the issue.となってしまうのです。discuss は他動詞ですから、discuss 〜「〜について議論する」で覚えれば、We discussed the issue.という正しい英文を使うことができます。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は英検の二次面接試験が行われます。普段の英語の勉強姿勢が如実に表れるのがスピーキングテストです。付け焼き刃では対応できませんからね(^_^;)

文法や語法を常に意識し、毎日音読が徹底できていれば、恐れるものはありません。自信を持って臨みましょう。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/26

『極めろリス特』を使い倒す  TOEIC・英検など

スリーエーネットワークから今月発売された八島晶さんの『極めろ!TOEIC L&R TEST 990点リスニング特訓』を献本していただきました。八島さんと言えば、朝日新聞でも紹介された有名なTOEICkerです。
クリックすると元のサイズで表示します
2016年12月17日 朝日新聞朝刊より
早速、そのパート3・4のスクリプト音読に取り掛かりました。TOEICパート3・4のスクリプト音読はそれぞれ10回、合計20回を音読するものですが、TOEICで990点満点を目指し始めた2012年11月から8年半以上もの間、一日もサボらずに続けている、いわば私の英語力の生命線となっている日課です。

その中で、“For here or to go?”が出てきました。「店内でお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?」という意味のお決まりの表現ですね。

今からちょうど20年前の2001年にTOEIC800点・英検準1級に合格し、アメリカ留学しましたが、現地の deli でランチを注文した時、“ For here or to go?”と聞かれて何のことか分からず、隣にいた友達に訊きました。今では中学の教科書にも出てくるこの表現さえ知らなかった私でも、その後、TOEIC990点・英検1級を手にできたのだから、英語は努力すれば誰でもできるようになりますよ(^^)v
クリックすると元のサイズで表示します
For here or to go?(スターバックス1号店@シアトル)
20年前のTOEICの参考書や問題集には、このような表現は載っていませんでしたし、TOEICにも出てきませんでした。TOEICも進化し続け、より authentic になってきているという証でしょう。昨今のTOEIC関連書籍は内容が充実していますので、信頼できる一冊を使い倒せば、総合的な英語力が相当伸びます。要は学習者のやり方次第です。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/25

100日間をどう過ごすか  ランニング・筋トレ

10月3日の松本マラソンまで今日でちょうど100日となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
新型コロナウィルスの感染状況がどうなるか分からず中止の可能性もありますが、市民ランナーとしては当然、開催されることを前提として100日間を過ごしてまいります。

目標はサブ3.5。1kmを4分58秒で42.195kmを走り切るために、走力・体力・気力を高めていきます。そして、今年はすでに3回故障しているので、ケガだけは気をつけます。
クリックすると元のサイズで表示します
第3回松本マラソン(2019年10月6日)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/24

成長した姿  指導現場にて

ある高1生が英検準1級の一次試験に合格し、昨日の授業では二次面接対策として、過去問を使った模擬面接を行いました。英検準1級二次面接試験では4コマ漫画のストーリー展開を英語でナレーションし、その後、関連した質問に対する受験者の意見を聞く質問が4問出題されます。

時に思ったように英語が口から出てこず、詰まりながらも、自分の意見を英語で紡いでいく彼の姿に、素直に「成長したな・・・」と感じました。

彼が小学校5年生の時から指導していますが、決して天才肌ではなく努力を積み上げて結果を残していく生徒です。ほぼすべての小学生がそうであるように、彼も小学生の頃はbe動詞と一般動詞の区別さえままなりませんでした。しかし、努力を積み上げ、小6で3級、中2で準2級と2級、そして、高1で準1級一次まで到達しました。

彼が英語を話す姿を見て、英検準1級・TOEIC800点を持って留学した時の自分を思い出しました。日本では英語ができる人と見られていましたが、留学当初は全く通用せず、ホストマザーの言っていることさえ分かりませんでした。しかし、相手の言うことに耳を傾け、自分の意見をゆっくりでも英文法に則って真剣に発話すれば、その思いが必ず相手に伝わり、コミュニケーションが取れるのを実感しました。

昨日の模擬面接の出来であれば、二次試験も合格でしょう。自分の意見を英語を話すことは、英語の上級者でももっとも高く感じるハードルですが、準1級一次試験に受かる英語の基礎力があれば、たとえ流暢でなくたどたどしくても、発する英語には魂が宿り、必ず相手に伝わります。大切なのは、意見を持ち、それを伝えようとする気持ちです。

彼にとって準1級は通過点です。英検1級、そして、医学部合格という大きな目標に向かって、ステップアップしていってくれることでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/23

母語ができてこそ  指導現場にて

英語指導者の中でにわかに話題になっているのが、東北大学が今月初めに発表した「令和3年度 東北大学一般選抜個別学力試験 出題意図」です。教科別に「出題意図」「講評」「解答」が公表されていますが、最後に「志願者へのメッセージ」も載せられています。

その英語の「志願者へのメッセージ」が共感を呼んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します
まとめれば、以下の4点に集約できるでしょう。

@文章を正確に読み、自分の考えを論理的に表現できるか。
Aことばを大切にする読み方、書き方ができるか。
B読み手の側に立って、丁寧に書いているか。
C母語であれ、外国語であれ、@〜Bが注意できているか。

英語の指導現場に18年間携わっていて気付かされるのは、英語が伸びない生徒の特徴として、例外なく母語である日本語の運用能力が相対的に低いという点です。会話をしていても、最後まで文章を言い切らず、相手が自分の意図を汲んでくれることに依存している傾向が強く、結論が後回しになってしまい、結局何を言いたいのか分からない場合が多いのが気になります。

母語である日本語でできないことは、英語でできるわけがありません。だからこそ、今後は現代文の読み方や小論文の書き方についても指導の幅を広げていこうと模索しています。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/22

安易な方法はない  英語勉強法

「暗記は不要」
「辞書は引くな」
「聞き流すだけ」
「文法よりも会話」
「間違ってもいいから話せ」

残念ながら、これらの言葉を鵜呑みにして英語ができるようになった人に、いまだかつて出会ったことがありません。

英単語を暗記しないで、何ができるのか?

知らない単語を辞書を引かないでどうやって意味が分かるの?

英語は聞き流していてもできるようになるの?だったら、アラビア語も聞き流しているだけで話せるようになるはずだよね。

文法を知らないでどうやって英文をつくるの?

間違ったまま話し続けても成長はないよ。


何事も安易な方法なんてありません。その現実から目を背けずに、英語と向き合っていくしかないのです。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/21

父の日の10km走  ランニング・筋トレ

昨日は三峰川ジョギングロードで10kmを走りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
先月痛めた左シンスプリントの故障も癒えて、だいぶ以前の走りに戻ってきました。最高のお天気と景色の中、普通に走れることのありがたさを実感して、身体からストレスが抜けてくのが分かりました。

夕方は真っ赤な夕焼けが西の空全体を覆い、父の日の最高なプレゼントとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は夏至。明日から日が短くなっていくのは寂しいですが、これからが夏本番。身体を鍛え抜いていきます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/20

一日一英単語 第24週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第24週分の英単語を列挙します。

6/11 abandon〜「〜を放棄する、あきらめる」
6/12 eerie「気味の悪い、ぞっとするような」
6/13 blur 〜「〜をぼやけさせる」
6/14 down-to-earth「気取らない、実直な」
6/15 aphorism「警句;格言」
6/16 final touch「最後の仕上げ、最終調整」
6/17 rebuff 〜「〜を拒絶する」

20年前のワシントン大学留学中にテレビでよく見ていたのが「elimiDATE」という番組。一人が四人の異性とデートを重ねながら一人ずつを振り落とし、最終的に一人を選ぶという内容。eliminate 〜「〜を排除する」と date「デート」の造語が番組名の由来です。
クリックすると元のサイズで表示します
男性を振り落とす際に女性がよく使っていたのが、

He is down-to-earth, but ….

日本語に訳せば、「彼はいい人なんだけど、・・・」ですね。

この他にも、確か「Fear Factor」というザ・ガマン的な番組でゲテモノ食いをやっていて、ミミズを口いっぱいに入れるシーンがあって、出演者が Smells manure. と発し、manure「(主に動物の排泄物による)肥やし、有機肥料」 を覚えてしまいました。

ネイティブがよく使う語彙は日本の単語集などでは学べないものも多いですが、現地で何度か出会うと絶対に忘れませんね。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/19

2つの英頻からネクステ・ビンタゲへ  指導現場にて

母校・伊那北高校の高2生に今週、『Vintage』(通称、ビンタゲ)が配布されたそうな。

先日の記事でも書きましたが、今の高校生は恵まれていますね。私の高校時代には桐原書店の『英語頻出問題総演習』(通称、英頻)がようやく出版された頃で、内容も今ほどには充実していませんでしたし、学校から配布されるなんて夢のまた夢。大学受験を迎えるにあたって、文法や語法・イディオムを覚えるためのいわゆる“総整理本”的な参考書は、自分で合格体験談を読んでどれがいいか考え購入しなければなりませんでした。

当時、桐原の英頻か駿台の英頻(『英文法頻出問題演習』)かで、受験生は二分されていました。私は後者を使っていましたが、さすが伊藤和夫先生が書かれただけあって内容は高度でまとまっていましたが、イディオムなどは分量的に十分ではありませんでした。
 
現在の受験生たちは大抵、『Next Stage』(通称、ネクステ)か『Vintage』でしょう。内容はほぼ一緒ですし分量も十分。どちらを使ってもいいですね。ま、学校から配られても、繰り返し取り組んで暗記しなければ宝の持ち腐れですけど・・・(-_-;)

我が学院の伊那北生たちは早速取り組み始め、京都大学を目指す英語が学年トップの生徒は、早々の全イディオムを暗記を自分に課していました。やはり、できる生徒は行動が速い。どんなにいい参考書を持っていても、使い倒さなければ全くの無意味。無用の長物です。
 


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/18

知識は武器  閑話

NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で、百音に気象予報士試験の勉強を教えることになった菅波医師が、百音に言った言葉が印象的でした。
「知識は武器です。持っているだけでは何の意味もないし、使い方も難しい。ですが、持っているのに越したことはありません」

クリックすると元のサイズで表示します
公式HPより
哲学者フランシス・ベーコンの主張に基づく格言、「知識は力なり」を思い出しました。

受験勉強をしていた時、なぜこんな勉強に勉強しなければならないのか、どうしてこんなことを覚えなければならないのか、と自問することが多いですが、そのように考えているうちは学力はつきません。知識は自分の武器となり力になると自覚した時、勉強を勉強だと感じなくなり、目標が達成されて人生の選択肢が広がっていきます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/17

名ばかり  実用英語

梅雨とは名ばかり(The rainy season is in name only.)で、暑いけど爽やかなお天気が続きます。
クリックすると元のサイズで表示します
午後は大気の状態が不安定になって、雷雨になりますが・・・雷

「名ばかり(in name only)」は、20年前のワシントン大学留学中に携帯ラジオで聞き続けていたNPR(National Public Radio)で、「Springtime is in name only.(春とは名ばかり)」というフレーズを耳にして覚えました。3月下旬、バスを降りてワシントン大学の本部キャンパスに入ろうとしていた時。記憶がしっかり残っています。和英辞典で調べても出ていますが、やはり、ネイティヴスピーカー、しかも NPR という信頼できるラジオのアナウンサーが発話した表現なので、安心して憶えることができます。
クリックすると元のサイズで表示します
雨上がりの爽やかな朝を迎えた伊那谷。この時期の貴重な晴れ間を享受します(^^)/


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/6/16

工夫なき利便性  指導現場にて

代ゼミの南平寮で生活していた浪人時代、同じ単語集『試験にでる英単語』を使っている友人たちと、食堂で毎晩、範囲を決めて英単語を出し合いました。負けると自販機のカップドリンク(一杯60円)を奢ることになっていたので、みんな必死になって覚えました(笑)。そんなゲーム的な感覚でも、当時覚えた英単語は今の私の英語力の大きな部分を占める一生の財産となっています。

英語の指導現場にいると「英単語が覚えられません」という生徒たちに多く出会いますが、これは「覚えられない」ではなく「覚えられる工夫をしていない」だけです。私の高校時代と違って今はほぼ全ての高校で、英単語集が早くに学校から与えられます。通学時間に覚える、クラスや部活の友達と範囲を決めて問題を出し合うなど工夫すればいくらでも効果的な暗記法はあるのに・・・。


私の高校時代は大学合格のためにどの英単語集をやるべきか、エール出版の『合格作戦』を読まなければなりませんでした。

電子辞書は存在せず紙辞書だけ。

教科書傍用のまとまった予習ノートも存在しない。

オープンキャンパスなんていう言葉自体がない。

インターネットもなかったから入手できる情報は圧倒的に少ない。

現代の高校生たちは、すべてが与えられ、利便性が増してしまったからこそ、自ら考え工夫しなくなっているかのように思えてしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ