2021/7/7

TOEICでも英検でも  TOEIC・英検など

昨日、2021年度第1回英検の結果が発表となりました。合格された皆さん、おめでとうございます。

ちょうど2年前の記事でも書きましたが、英検2級まではぶっちゃけ誰でも受かります(苦笑)。だから、そこそこ英語が出来ると世間から認められるのは英検準1級からです。そんな準1級に私が受かったのが、ちょうど20年前の2001年7月でした。

大学4年の時に準1級の二次試験に3回落ちたことがトラウマになり、大学卒業後はTOEICに特化した勉強をしていました。社会人5年目の2001年に留学を決意し、TOEICで800点を取れ、ふと思い立って英検準1級を受けたら一次も二次もスッと合格しました。
大学3年 TOEIC575点 英検2級合格
大学4年 TOEIC720点 英検準1級二次不合格
社会人5年目 TOEIC800点 英検準1級合格
社会人になってからはTOEICで800点以上を取るために勉強していて、英検対策は一切していませんでしたが、それでも準1級に合格できたのは英語力が底上げされたからでしょう。

TOEICでも英検でも、英語を勉強するきっかけや目標は何だっていいと思います。自分の決めた目標に向かって継続して勉強できれば、英語力全般が底上げされ、可能性が広がります。

「TOEICが高得点でも英語が話せないじゃん」と言う人がいますが、そう言う人のほとんどが、英語学習の理想をいつまでも追い続けているだけで、結局は勉強していないんですよね。だから何も変わらない。人生を変えたいと思って自己啓発書を買い漁り、セミナーに参加ばかりしていて、結局は何も行動していない大人を見ているようです。

自分独自の切り口でもこだわって続けていけば、必ず結果は伴います。大切なのは、行動と継続です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ