2021/7/20

暑熱順化  ランニング・筋トレ

全国的な猛暑が続き、信州も気温が上昇しています。昨日のアメダス伊那は午後2時32分に36.1℃の最高気温を記録し、長野県内で最も暑くなりました。

そんな炎天下の昨日も8kmを走りました。こんな猛暑の中を走っている人は私以外にいませんでしたが、暑さに耐性をつけるのも大切なトレーニングです。今年の最大の目標である松本マラソンは10月上旬に行われますが、秋分を過ぎているとはいえ25℃以上の夏日になることがほとんどですから、暑い中を走っておかないと、レース本番で体が悲鳴を上げることになります。

先日の信濃毎日新聞の一面でも紹介されていましたが、暑さに体を慣らすことを「暑熱順化(しょねつじゅんか、heat acclimation)」と言います。気温が25℃以下の時間帯に15分程度の運動を週4日行えば、暑さに慣れるそうです。

私はGWくらいから、晴れた日は午前中から上半身裸になり庭でずっと筋トレをし、ランニング時もノースリーブで体を太陽に慣れさせ、今やまっ黒に日焼けしています。こうやって少しずつ暑さに体を対応させることでランニング時の熱中症を回避できるようになります。
クリックすると元のサイズで表示します
ラン後に庭で浴びる水が最高に心地良いです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ