2021/10/5

内側から出てくる言葉  指導現場にて

アメリカの思想家・ラルフ・ウォルドー・エマーソンの言葉。

What we say, however trifling, must have its roots in ourselves, or it will not move others.
(どんなにちょっとしたことでも、発する言葉はその人自身の経験に基づいていなければならない。そうでないと、他の人には響かない)

大学受験や英語学習の指導現場では、受け売りの言葉ではなく私自身の経験に基づく自分の内側から出てくる言葉でアツイ想いを生徒にぶつけています。ギャグは寒いですが・・・(^_^;)

英検は次の日曜日に迫り、大学受験は推薦入試が本格化し、一般入試の出願も決定していく時です。今年も、生徒一人一人の人生が動いていく瞬間を見届けていきます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ