2021/11/30

ゴヒャクダラーズから第一志望へ  閑話

今日で11月が終わり、いよいよ今年も残すところ1ヶ月。毎年この時期になると、大学出願のため高校に依頼してあった書類を取りに行った浪人の冬を思い出します。

高1の時は英語の教科担任で高2からはクラス担任だったS先生から書類を受け取りながら、傾いた日が差し込む英語研究室で話した光景が蘇ります。

「福澤。今年は大丈夫だろ。頑張って来い」

その一言だけで十分でした。思い返せば、高1の時、学年中の英語成績不振者が集められた放課後の補習。その時、S先生が「福澤、この英文を読んでみろ」と私を指しました。英文中の“$500”を“ゴヒャク ダラーズ”と読んでしまい、英語が出来ない連中が集まっている補習クラスの中で笑い者に・・・。可愛くて憧れていたテニス部の女の子にも笑われる始末。自信を失くし、以来、授業で当てられた時に尋常じゃない汗をかくようになってしまいました。

高3の時の三者面談で早稲田が第一志望と伝えると、「考え直した方がいい」と否定されました。悔しかったけど、その悔しさをやる気と本気に変える意志の強さはなく、先生の予想を覆すことはできず、受験した大学全てに全落ちしました。

でも、浪人してから全国模試で成績優秀者として名前が載る様になっていた私の本気度を、先生は素直に認めて褒めてくれました。あの鈍色の陽の光によって明るくされていた英語研究室での短い時間が、浪人時代の私の大切な一コマとして思い出に残っているのは、高校3年間を共に過ごした後でも、生徒を気にかけ、励ましてくれる先生がそこにいたからです。
クリックすると元のサイズで表示します
大学入学共通テストまで50日を切り、大学受験生たちはピリピリしてくる時でもあります。落ちつかず居た堪れない日々の中でも、後から振り返ってみると、何気ないその一瞬が忘れらない思い出となって、その後の自分を後押ししてくれるはずです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/29

冬本番、近づく共テ  トラスト英語学院

先週から冷え込みが厳しくなり、一気に冬が来た信州伊那谷です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
自宅や学院から望む景色も、冬のそれになりました。ラニーニャ現象の影響でしょうか、予報通り、今年の冬は寒くなりそうです。

大学入学共通テストまで50日を切りました。受験生は体を温かくして、体調を崩さないようにしましょう。さあ、文字通りのラストスパートです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/28

“らしさ”を全面に出す  トラスト英語学院

英語の指導法や使用すべき教材を考える時、自ずと、自分が受けてきた英語授業を思い出します。その時必ず思い出すのが、代々木ゼミナールで活躍されていた中村稔先生です。

「ハイクラス英語ゼミ」という英語好き・マニアがとるような講座を持たれていて、その授業内容も独特でした。紙辞書しかなかった時代、受講者全員に辞書を持ってこさせ、英文の中に出てきた単語を引かせて、その前後で重要な単語にすべて線を引かせていくという、ボキャビルが話題でした。

そして、中村先生のダミ声から繰り出される発音も個性的で強烈な印象でした。practically という英単語が英文に出てきた時、「出て〜まいりました〜。プラーチカリー」とカタカナそのままで発音されたのは、鮮明に記憶に残っています。現在では発音の悪い先生は何かと淘汰されてしまう時代ですが、当時は、中村先生のキャラクターが強いこともあり、根強い人気を博した先生でした。

他にも個性の強い先生ばかりでした。というよりも、個性が強くないと生徒の記憶には残らず、生き残れないのが、予備校業界の常識かもしれません。1991年の代々木ゼミナールのパンフレットに載っている英語講師たちです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、ここ数ヶ月、今後の指導法について思慮を巡らし、中村先生ほどではないにしても、自分らしさ、トラスト英語学院らしさをもっと全面に出す授業を、来月から行うことにしました。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/27

一日一英単語 第47週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第47週分の英単語を列挙します。

11/19 unanimous「満場一致の」
11/20 malnutrition「栄養失調」
11/21 thorough「徹底的な」
11/22 luster「光沢、輝き、栄光」
11/23 slumber「まどろむ」
11/24 redress「補償;救済」
11/25 mesmerizing「魅惑的な、うっとりさせる」

大谷選手のMVPに沸いた一週間でした。何度も unanimous vote(満票)、unanimously(満場一致で)を耳にしました。似た綴りの anonymous(匿名の)、autonomous(自治権のある、自律的な)も覚えておきたいですね。autonomous car(自動運転車)は最近頻出の単語です。

さて、MLBの映像で流された投票結果の表にも、覚えておきたい単語が載っています。
クリックすると元のサイズで表示します
Major League Baseball Video より
voting breakdown「投票の内訳」

breakdown
@崩壊 A(心身の)衰弱 B故障 C内訳、明細

@〜Bの意味を知っている人は多いですが、Cの意味は盲点になっています。しかし、TOEICでは頻出単語の一つに挙げられますし、早稲田大学教育学部の2020年度入試問題の第1問の長文でも、break down into 〜「〜に分類される」という自動詞用法が問われました。

簡単に見える英単語こそ大切にしていきたいですね(^^)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/26

無料セミナー&冬期直前特別講座  トラスト英語学院

12月に無料セミナーと冬期直前特別講座を行います。
クリックすると元のサイズで表示します
中日伊那ホームニュースの今週号に記事広告を掲載していただきました(^^)/

☆無料セミナー「高校入試 もう悩まない!リスニング対策」
19日(日)午前10時〜12時。中3生対象。受講無料。
県公立高校入試で20点を占めるリスニングで確実に得点するための心構えと、英語力全体の礎である「読む」力を構築する正統派の英語勉強法を伝授します。

☆冬期直前特別講座「大学入試 英語長文読解の完成」
27日(月)午後7時〜9時。高3生・浪人生対象。受講料5,500円(税込)。
英単語を覚え、英文法も分かるようになってきたのに、長文読解ができない・・・。それは一文一文に振り回されてしまい、全体を俯瞰的に読めていないのが原因。パラグラフリーディングに依拠した英語長文読解の完成を目指し、第一志望合格に向けて得点力を底上げします。

なお、定員がございますので、必ずメール・電話・FB・Twitter等でお申込みください。

※ 入学勧誘等は一切いたしませんので、ご安心ください(*^^*)

トラスト英語学院
☎ 0265-96-0950  ✉ trust-english@chorus.ocn.ne.jp


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/25

均整美への憧れ  閑話

三島事件(楯の会事件)から今日で51年だそうです。

大学時代は三島由紀夫の作品を渉猟していたので、私の書斎でも一等地を陣取っています。
クリックすると元のサイズで表示します
最初に読んだのは『金閣寺』でも『豊饒の海』でもなく『午後の曳航』。このあたりが私のこだわりです(笑)。

三島由紀夫は27歳の時にギリシャを訪れ、精神と肉体の均整のとれた均整美を理想とし始め、自身もボディビルを始めています。それが、調和の取れた人間性と美を求めて書かれた『潮騒』へとつながり、独自の美の観念を『金閣寺』で象徴化させたと言われています。

私はそこまでは深く考えていませんが、寄る年波に抗い、ランニングと筋トレをしているのは、いわゆる“均整美”へのあこがれかも知れません。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/24

3年ぶりのフルマラソンへ  ランニング・筋トレ

この3連休は雨に降られながらも、落ち葉を全て掃き集めて畑に入れて、庭のキウイフルーツも収穫しました。
クリックすると元のサイズで表示します
大きさはまちまちですが、豊作でした(^^)v

ランニングでは31.0kmを走ることができ、腸腰筋を中心に筋トレも徹底したので、身体から「ピキピキ」と音が聞こえる感じがします。そして、来年の長野マラソンの通知はがきが届き、4月17日(日)に開催が決まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
新型コロナの感染状況がどうなっているかは全く予想がつきませんが、この約2年間で蓄積されてきたノウハウが生かされ開催されることを祈っております。

2019年以来のフルマラソンとなりますが、マラソン大会が中止になっても気持ちを切らすことなく、毎月200〜300kmの走行距離を積み上げてきました。来年は50歳。人生折り返しの年でサブ3.5を達成してみせます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/23

イディオムを使い回す  英語勉強法

一週間前の英字新聞に、ニューヨークへ旅立つ小室さん夫妻の記事が写真と共に掲載されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
見出しに出てくる sport は、ここでは他動詞で「〜を見せびらかす」の意味です。sport に他動詞の用法があるとは知りませんでした。こういう単語をサクッと使いこなせるようになりたいですね(^-^)

さて、「〜を見せびらかす」を英語で言う場合、私だったら、show off 〜 か parade 〜 を使います。『Next Stage』や『Vintage』のような大学受験用の参考書であれば必ず載っていますが、私が大学受験生だった約30年前はこの類の参考書としては『英語頻出問題総演習』(桐原書店)か『英文法頻出問題演習』(駿台文庫)のパート2の二択で、内容も今ほど充実していませんでしたから、模試や過去問で出てきたのを追加して覚えていくしか術がありませんでした。現在の大学受験生は恵まれていますね。

『Next Stage』や『Vintage』などに載っているイディオムは、英語学習の上では絶対に暗記していなければならない最低限のものです。それらのイディオムを英作文や英会話で自在に使い回せるようになると、英語力の幅が相当に広くなります。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/22

少しの心がけ  ランニング・筋トレ

ランニングや筋トレをしていると、普段の食事まで気にかけてくるようになってきます。妻のおかげで、高タンパク低脂肪、減塩、節酒の食生活ができていますが、たまにはインスタント食品を食べたくもなります。その時も少しでも栄養価が上がるように心がけます。

例えば、最近お気に入りのトムヤンクンヌードル。そこに、自宅の畑で採れたパクチーをマシマシにしていただきます。
クリックすると元のサイズで表示します
パクチーは、ランナーに必須のカリウムが100gあたり590mgも含まれている神食なのです。

小さなことでも積み上げれば大きな違いになってきます。それは英語の勉強や受験勉強にも共通することです。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/21

過程を晒す  ランニング・筋トレ

先週、取引銀行の担当者の方と談笑していた時に、「福澤さんはよくブログでご自分の体の写真を載せられていますよね。すごいですね(^^)」と言われました。

自身の過去の経験から、私は目標を公言し、その過程を晒すことで、目標達成に至れると分かっています。だからこそ、5年前に健康と体型維持のために始めた筋トレとランニングでも、過程である自分の体の写真を載せることに、何ら違和感はありません。

むしろ、載せることで「人に見られている」「いい加減なことはできない」と自分にプレッシャーをかけて、ついつい怠けようとする弱い心を抑えているとも言えます。ボディビルダーが風呂上がりによく姿見で全身をチェックするのも同じ考えだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
そんなわけで、先週はラン後に定期的な自筋チェックをしました。上半身の筋肉は、ランニング時の下半身との連動性を高めるために、とても大切です。もう少し肥大したいですが、し過ぎるとランニングのバランスが崩れてしまうので、ちょうどいい頃合いを模索中です。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/20

一日一英単語 第46週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第46週分の英単語を列挙します。

11/12 abandoned「見捨てられた、放棄された」
11/13 acclaimed「称賛されている」
11/14 resurgence「再起、復活」
11/15 defiance「反抗的な態度」
11/16 sport 〜「〜を見せびらかす」
11/17 leftovers「食べ残し、残り物」
11/18 sag「たわむ、たるむ、下落する」

「食べ残し」と言えば leftovers ですが、私は remnant を大学受験時代に覚えました。代ゼミ・潮田五郎先生の「総合英語ゼミ」の長文読解で、イギリス人がマナーとしてお皿に少しだけ食べ物を残す習慣があるという内容の英文で出てきました。
クリックすると元のサイズで表示します
出典:Trevor Leggett『BRITAIN KNOWN AND UNKNOWN』
浪人時代に濃い時間を過ごした代ゼミ。あの時に覚えた英単語は今でも忘れるわけもなく、一生モノの知識になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
潮田先生から受験直前にいただいたサイン


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/19

駿台文庫とイカゲーム  英語勉強法

2018年11月19日に『新・基本英文700選』の一日100英文音読を初めて丸3年が経過しました。嘘偽りなく、一日もサボらずに毎日100英文音読したと断言します。現在157周目に入っています。

そこでふと気になったのが、出版元の駿台文庫のロゴ。このデザインの由来は何なんでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
駿台文庫のHPには
レオナルド・ダ・ヴィンチの人体図をもとに図案化されたデザインで、「人をつくる」という駿台文庫の基本理念を表現したもの
とあります。
クリックすると元のサイズで表示しますレオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図(ウィキペディアより)
高校2年の時からお世話になっている『700選』。この700英文が英語指導を生業としている私という「人」を創ってくれています。

さてさて、ここでまた新たな疑問が湧いてきました。私は全く見ていないのでよく知りませんが、NETFLIXで人気の「イカゲーム」。キャラクターの顔のマークも人体図に関係あるのかな?
クリックすると元のサイズで表示します
妻が趣味の編みぐるみで制作しました(*^^*)


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/18

謝意を表す  閑話

今年8月の豪雨で辰野駅近くの橋脚が破損したJR飯田線で、橋の復旧工事が完了し、今週月曜日から約3ヶ月ぶりに辰野−伊那新町間が運転を再開しました。この3ヶ月間、不通区間の代替輸送を伊那バス(株)が担っていました。

再開前の試運転の際、こんな素敵なサプライズがあったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
伊那バス株式会社の公式ツイッターより
代替バスの運行に感謝するJR東海、その謝意に感謝する伊那バス。企業が互いに感謝する姿にとても感銘を受けました。こんなことができる企業や人が増えたら、世の中はもっともっとよくなるはずです。

コンビニでもレストランでも、何気ない日常生活の中で謝意を表す機会は頻繁にあります。今日も「ありがとうございます」の一言を心掛けて過ごしていこう!


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/17

教えることは別物  指導現場にて

『基本英文700選』のNo.613の例文

It is one thing to own a library; it is quite another to use it wisely.
(蔵書を所有することと、それを賢明に利用することとは別問題である)

A is one thing, and B is another.「AとBは別物である」は代名詞を使った有名な相関構文ですが、

To know is one thing, and to teach is another.
「知っていることと教えることは別物である」

という例文でお目にかかった人は多いでしょう。


11月末に近づき、大学入学共通テストも近づくのを実感する時期です。受験生の多くが、赤本や予想問題集で問題を解いているのを目にしますが、どこまで復習を徹底できているかは、甚だ疑問です。

私のアドバイスは、頭の中に仮想の生徒を思い浮かべ、その生徒に教えるつもりで復習をする、です。簡単に正解した問題でも、なぜその答えになるのかを、論理的に説明できる生徒は少ないです。生徒に教えるには、答えの根拠を明確に示し、そのプロセスを順序立てて説明できなければなりません。つまり、それは、学問で求められる論的思考プロセス以外の何物でもありません。

知っていることと教えることは別物です。知っていても明快に教えられなければ、その知識は似非ものです。その知識を教えられるレベルまで追究してこそ、復習です。

"I really hope it'll rain tomorrow."
"From ------- you just said, it seems you don't want to go on the picnic."

1. that
2. what
3. where
4. which

1996年の大学入試センター試験の文法問題ですが、何が正解で、なぜそれが正解になるか順序立てて説明できますか?
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/11/16

列車の中の2人のイギリス人  英語勉強法

今週末に大学の推薦入試のピークを迎えますが、一般入試での受験生は変わらずに、日々の勉強をただただ積み上げていくだけです。

初冬のこの時期、高3の私は不安に苛まれ、書店に行っては参考書や問題集を買い漁っていました。今でも覚えているのが、年が明けて入試が迫っているのに、『毎年出る英語長文』と言ったような類の本を買い、少しでも楽に合格できる道はないか模索するダメダメ受験生でした。買った参考書類を使って勉強すればもちろんまだ救われるでしょうが、買っただけで満足し、勉強した気になっていました。

でも、最初の英文だけは読んで、微かに記憶に残っています。確か、列車の中で会った2人のイギリス人が天気の話をしている英文で、compartment という英単語が出てきていました。
クリックすると元のサイズで表示します
『カレッジ ライトハウス英和辞典』より
ネットで調べてみると、現在も発売されている日栄社の『毎年出る 頻出英語長文』に、それらしき英文が収められているのに気づきました。

クリックすると元のサイズで表示します
『毎年出る 頻出英語長文』(日栄社)目次より
読み物としても面白そうな英文がそろっているので、早速購入します。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ