2021/12/31

2021年総括  閑話

大晦日恒例、「2021 我が家のニュース トップ3」と「2021 我が家の漢字」です。

【第1位 次男(小6)が公立中高一貫校に合格
6年前の長男に継いで、次男も公立中高一貫校に合格しました。
クリックすると元のサイズで表示します
2016年7月3日 撮影

【第2位 ブログ「英語道」が3,000日連続更新を達成
2013年1月17日から始まったブログの連続更新が、4月4日に3,000日を達成しました。今日のこの記事で、3,271日連続更新です。


【第3位 ランニング食学検定1級合格
趣味のランニングで昨年は3,200km以上を走りましたが、今年前半は故障ばかりしていました。走れない時間を使ってランニング食学検定に挑戦し、1級に合格しました。
クリックすると元のサイズで表示します


今年もコロナ禍でマラソン大会中止が相次ぐ中、気持ちを切らさずに走り続け、故障がちだった前半にもかかわらず、2,000km以上を走れました。ランニング食学検定で座学にも取り組み、来年へつながる一年となりました。

次男はほぼ独学で公立中高一貫校合格を果たし、春からの新生活へつながる切符を自ら手にし、高3の長男は地理の全国偏差値が78.8を記録するなど、来年早々から始まる大学受験につながる年となりました。

来年以降、そして、コロナ後につながる一年を過ごし、結果も残せたということで「2021年 我が家の漢字」は
クリックすると元のサイズで表示します
に決定です拍手

※昨年までの我が家の漢字の歴史です。
2020年 「淡」
2019年 「律」
2018年 「挑」
2017年 「走」
2016年 「学」
2015年 「果」
2014年 「実」
2013年 「続」
・2012年 「荒」
2011年 「飛」
・2010年 「昇」
2009年 「耐」

今年も一年間、ブログ「英語道」をお読みいただき、ありがとうございました。来年も毎日更新を目標に日々を綴ってまいります。良いお年をお迎えください。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/30

努力が数字に出る  ランニング・筋トレ

昨日は仕事納めでしたが、出勤前にいつも通り8kmを走りました。ラスト1kmでは、これまでの自己ベストを10秒短縮する3分41秒を記録しました。

これまで何度も3分51秒で走ってきましたが、40秒台は出せませんでした。しかし最近は、毎日の走り込みだけでなく体幹トレ&筋トレを徹底していて、走力が上がっていると自分でも感じてはいたので、数字に出ると嬉しいですね。今月からアンクルウェイトも使い始めましたよ(^^)v
長野マラソンまで107日。出来ることを毎日少しずつ積み上げる。この努力が、35km以降の最も辛い時、自分の足を前に進めてくれる力になってくれます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/29

2021年日本の10大ニュース  英語勉強法

年末に楽しみにしているのが、定期講読している The Japan News がその年の日本の10大ニュースを英文で振り返る社説です。今年も載りましたので、書かれている10大ニュースを以下にまとめておきます。
1位:大谷翔平、メジャーMVPに
2位:東京五輪、日本は史上最多58メダル
3位:新型コロナワクチン接種開始
4位:眞子さま、小室圭さん結婚
5位:静岡・熱海で土石流
6位:新型コロナ、変異株が猛威
7位:自民党総裁に岸田氏、首相に就任 
8位:将棋・藤井聡太さんが新竜王、最年少四冠に
9位:ゴルフの松山英樹がマスターズ優勝
10位:東京五輪「原則無観客」決定。直前まで混乱続く
英字新聞を毎日読んでいると、今の日本を英語で語るために必須の語彙に出会えますが、一昨日の投稿「2021年 今年の英単語」にも書いたように、今年は inoculate や vaccine をどれだけ目にしたことでしょう。10大ニュースでも3位に入りました。

新型コロナに振り回され続けた2年間。閉塞感は未だ拭い切れませんが、ワクチン接種とウイルスの弱毒化で、少しずつ光が見えてきました。来年は明るいニュースばかりになることを祈ります。

毎年恒例「2021年 我が家の漢字」は大晦日に発表予定です(^^)/。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/28

シアトルも寒い!  閑話

日本だけでなく、私の第二の故郷・シアトルも寒波に見舞われているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
The Seattle Times より
地元の報道では華氏20℃とありましたので摂氏に換算すると−6.7℃!シアトルに住んでいた時に雪も降りましたが、気温が氷点下になった記憶はありません。これは異常ですね(-_-;)

低気圧(a low pressure system)と上空の気圧の谷(upper-level trough)が厳しい寒さ(bitter cold)をもたらしているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
留学時代のアルバムを見たら、2002年3月7日に雪が降っていて、ホームステイの同居人だったサウジ人たちと一緒に写真を撮っていました。あれから20年。彼らは今どこで何をしているのだろうか?元気にしているのかな?


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/27

2021年 今年の英単語  実用英語

私の独断と偏見で一昨年前から発表している「今年の英単語」。

2021年も新型コロナに振り回された世の中でしたが、少しずつですが以前の生活に戻りつつあり、オミクロン株による第6波が懸念されるものの、弱毒化の様相があり、終息に向かう気配も感じることができます。この with corona 時代の起点となったのがやはりワクチン接種でしょう。ということで、「2021年 今年の英単語」は inoculation(予防接種)に決定です
クリックすると元のサイズで表示します
I got inoculated in September.
今年一年間、英字新聞で inoculate や vaccinate の文字を見かけない日はありませんでした。来年は間違いなく3回目の接種が話題となるでしょう。そして、コロナが終息に向かうことを切に願います。


※昨年までの「今年の英単語」です。
 ・2020年 novel
 ・2019年 abdication


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/26

マイナスでもプラスの意味  実用英語

スイス航空のFacebookで素敵なメッセージと写真が載っていました。
💛✨🌟⭐️🎄We wish you a radiant Christmas and sparkling days with your loved ones. 🎄⭐️ 🌟 ✨💛

クリックすると元のサイズで表示します
Swiss International Air Lines の Facebook より

radiant「輝いた;嬉しそうな、にこやかな」

with a radiant smile(にっこりと笑って)でよく見かけます。

radiation(放射線、放射能)の派生語なのでマイナスのイメージを抱きそうですが、いい意味で使われています。同じように、普段はマイナスの意味でもプラスで使う単語が devastating「壊滅的な;とても素晴らしい」 です。

Warner gave her a devastating smile.

これは、昔読んだ小説『LEGALLY BLONDE』からの一節です。表面的な意味にとらわれずに、ネイティブが使う生の英語を身につけていきましょう!


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/25

一日一英単語 第51週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第51週分の英単語を列挙します。

12/17 abductee「拉致被害者」
12/18 hub「中心」
12/19 consecutive「連続した」
12/20 appease 〜「〜をなだめる、静める」
12/21 assault「(女性に対する)暴行」
12/22 the winter solstice「冬至」
12/23 clamp down on 〜「〜を取り締まる」

assault を見ると思い出すのが、accost 〜「〜に近寄って話しかける」。20年前の留学時代に少しでも英会話力を上げたいと思い、日本から持っていった『起きてから寝るまで表現550』(アルク)のスキットに、assault といっしょに accost 〜 も出ていました。

Beth:You won't believe what happened to me the other day on the way to work.

Bob:Let me guess. A chikan accosted you.

例文にあるように、迷惑をかけるという意味で用いられることが多い単語です。しつこく付きまとってくる人に使う obnoxious「気に障る、不快な」という単語も当時一緒におぼえました。すべて英検1級・準1級レベルの単語ですが、日常会話では普通に使います。覚えておきたいですね。

今日はクリスマスですね。20年前の2001年のクリスマスは、アメリカのシアトルで迎えました。留学のため29歳で退職して単身渡米。妻と3ヶ月ぶりに再会したクリスマス休暇でした。
クリックすると元のサイズで表示します
グリーンレイクの湖畔で
あの頃のことが昨日のことのように思い出されます(*^^*)

>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/24

平穏な世界を  閑話

クリスマス Very merry Christmas! サンタ

クリスマスで最も思い出に残っているのが2001年です。世界同時多発テロ(911)が起こったその年、グランウンドゼロ(Ground Zero)をこの目で見ておきたいと思い、当時住んでいたシアトルから5時間のフライトでニューヨークに飛び、年末年始を過ごしました。
クリックすると元のサイズで表示します
その時に撮影したロックフェラーセンターのクリスマスツリーです。こんなにも気軽に世界各都市に行ける日はいつになるのでしょうか。

May peace be brought to the whole world.

コロナ禍で迎える2回目のクリスマス。感染症はもちろんのこと、戦争やテロのない平穏な世界が戻ってくることを祈ってやみません。
クリックすると元のサイズで表示します
毎年のクリスマスにトラスト英語学院の玄関で迎えてくれるのは、ホストマザー・Judy が送ってくれたサンタクロースですサンタ


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/23

インドネシアとイカゲーム  実用英語

NETFLIXで話題のイカゲーム。インドネシアの英字新聞 The Jakarta Post に、公務員試験の合間に役人たちがイカゲームのキャラクターに扮して、緊張した受験生を和ませるたという記事がありました。
'Squid Game' soldiers 'entertain' CPNS test partcipants

単語集ではあまりお目にかかれないけど重要な英単語が載っています。

eerie
blare
gimmick
cringe
tacky

普段読んでいる英字新聞以外の英字新聞を読むと出会う単語も新鮮で、最高のボキャビルになりますね。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/22

2022年度入試合格速報!  トラスト英語学院

大学の推薦入試を中心とした年内の受験結果が出そろいました。
【国公立大学】
・名古屋市立大学 薬学部
・都留文科大学 文学部

【私立大学】
・早稲田大学 人間科学部
・東京農業大学 地域環境科学部
・神田外語大学 外国語学部
・城西国際大学 メディア学部
・松本歯科大学 歯学部
・名古屋外国語大学 外国語学部
・岐阜医療科学大学 保健科学部
・京都産業大学 法学部

【中学】
・諏訪清陵高等学校附属中学校
受験した生徒全員が合格という奇跡!2014年にトラスト英語学院を開塾して以来最高の形で、年明けの一般入試組にバトンが渡されました。さあ、大学入学共通テストまで24日、文字通りのラストスパートです。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/21

知らないことばかり  指導現場にて

当学院でテキストとして使い始めた『英語の構文150』。当初思っていた以上に内容が濃く、指導用・自学用の両方に適している教材だと断言できます。そして、英語歴40年近くになる私でも、曖昧にしてきたところが載っていて、まだまだ知らないことが多く英語の奥深さを感じさせられます。

例えば、自動詞 matter を使ったこんな英文が載っています。

What does it matter?
(それはどれほど重要なのか(いや、重要ではない)。)

何となく意味は取れますが、it が主語であり、matter が自動詞である限り、この what には文の要素となる「何が、何を」の疑問詞的意味はないはずです。では、この what は何なのか?辞書を引けば、次のように出ています。

【副詞】(疑問・簡単を表す文で)どの程度、どれほど、いかに(how)
 ※疑問文で使われると反語的な言い方になる

なるほど・・・。勉強になります。ただし、この説明は解説にはありませんので、やはり指導者がきちんと突っ込んで教えなければなりませんね。

「これだ!」と信じた一冊を徹底して繰り返す。そのしつこさが英語力向上には不可欠です。その一冊の中に出てくるどんな些細なことでも理解し、完全理解を目指す。そして、『英語の構文150』に関しては、150の例文を完全暗誦して無意識のうちに口をついて出てくるまでにすれば、4技能の礎が完成したことになります。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/20

年末に向けて  トラスト英語学院

クリスマスに向かう一週間が始まりました。毎年、クリスマスが過ぎると一気に年末に向けて時間が進む感じがしますので、やるべきことは今週が勝負ですね。トラスト英語学院の年内通常授業も今週が最後で、来週からは冬期講習です。

大学受験生は大学入学共通テストまで一ヶ月を切りました。羨望、焦燥、嫉妬、孤独、挫折、克己、奮起・・・。さまざまな感情が錯綜する年末年始になることでしょうが、体調に気をつけながら、毎日やるべきルーティンを積み上げていくのみです。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/19

努力できる人  指導現場にて

大学入学共通テストまで一ヶ月を切りました。

毎年この時期に思い出す生徒がいます。

彼は、中学3年の秋に入塾。それまでは生徒会や部活が忙しくて勉強時間が確保できませんでしたが、直前まで一心不乱に勉強し、かなり伸びました。しかし、第一志望の高校には点数がギリギリだったため、第二志望の高校を受験、合格しました。

「高校受験で悔しい思いをした分、3年後の大学受験でやり返せ!」

高校受験で悔しい思いをした生徒たちには、必ずこのような話しをします。でも、その思いを持ち続け、努力を続けられる生徒はほとんどいません。みな、周囲の空気に流されてしまうのです。しかし、彼は違いました。真摯にコツコツと努力を続け、学年トップを維持し、英語の偏差値は70を超えました。その彼の代名詞だったのが、英単語の暗記のために鉛筆で何回も書きまくったために黒光りしていたノートです。
クリックすると元のサイズで表示します
センター試験前日もいつも通りに塾に自習にきて、この黒光りするノートを広げていました。

愚直な努力を卑下する風潮がある世の中で、目標に向かって自分の信じた道を進み、日々の努力を積み上げることができる人を私は尊敬します。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/18

一日一英単語 第50週分  実用英語

私のTwitterで一日一英単語を紹介している【今日の英単語】。第50週分の英単語を列挙します。

12/10 quirk「気まぐれ;急変」
12/11 unfazed「動じない」
12/12 mourn 〜「〜のために嘆き悲しむ」
12/13 undertaker「葬儀屋」
12/14 bolster 〜「〜を支持する」
12/15 meteor「流星」
12/16 citrus「柑橘類」

undertaker のように基本単語が合わさってできた単語は使い勝手がいいので積極的に覚えたいですね(^^)/

undertake 〜「(難しい仕事・役目など)を引き受ける」
undertaker「葬儀屋」
undertaking「企業、事業、引き受けた仕事;葬儀業」

TOEICでも「事業」という意味で undertaking は出てきます。

基本単語 stand と out が合わさってできた語彙も頻出です。

stand out「目立つ」
outstanding「傑出した;未払いの;未解決の」

英語力を高めるために難しい語彙を覚えることは当然必要ですが、基本単語を駆使できるようになることも大切です。
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2021/12/17

3歳の誕生日  Life with Rye

愛犬・Ryeが3歳の誕生日を迎えました。
クリックすると元のサイズで表示します
我が家に来た時は生後6ヶ月で9kgだった体重も17kgになり、安定しました。今や立派な成犬です。

誕生日の朝ご飯は、サツマイモ、ささみ、ドッグフードを原料にしたケーキ風の朝ごはん。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ちゃんと「待て」が出来たけど、食べ始めたら30秒で完食でした(^_^;)。

朝と就寝前の散歩は私の日課であり時に大変ですが、生活リズムが整えるのに一役買ってくれています。私はあと2ヶ月で50歳になりますが、お互いにこれからも健康に気をつけ、大切な日々を積み上げていきます。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ