2021/3/27

英語と地元への思い  起業・独立開業

今月、元同僚が生まれ育った街で英語塾を開き、初心を思い出させてもらっていますが、引き寄せの法則でしょうか?その後、地方で頑張っている個人英語塾の経営者の方とSNSを通じて交流させていただいてます。これからもお互いに刺激し合えるよう頑張っていこうと、気持ちを新たにしています。今日はその英語塾を紹介させていただきます。

@いいがみ英語塾(2021年3月開校)
 元同僚が生まれ育った静岡県浜松市で開業。

A森岡イングリッシュスクール(2008年9月開校)
 広島県福山市で、大学受験の長文読解を徹底指導。

Bイチイ塾(2020年3月開校)
 猛勉強の末、英語をモノにした塾長が地元・三重県鈴鹿市に開業。

Cさいとう英語塾(2018年4月開校)
 約15年前にブログで知り合った“ゴンさん”が福島県福島市に開業。

それぞれの英語塾が、塾長自身の経験に基づき、指導理念にこだわった個性ある英語塾ばかりです。詳しくは、それぞれのHPをご覧ください。

「こんなにも英語や地元への思いを同じくする人がいるんだ!」と、SNSを通じてこれら英語塾の塾長さんとつながれたことに、感動しています。

私も負けないよう、今日も英語と生徒たちに、真摯に向き合います(^^)
クリックすると元のサイズで表示します


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2018/4/13

心躍らせる瞬間  起業・独立開業

まだ日本でFBやTwitterが普及していなかった十年前以上も前、ブログだけが気軽に情報を発信でき、また、ネットを介して多くの人とつながれるツールでした。

私は2005年5月から本ブログ「英語道」を綴り始めましたが、開設当初に福島に暮らす英語学習者の方からコメントをいただき、その後少しずつ親交を深めていきました。いつからか、本物の英語指導を通して社会貢献をしていきたいというお互いの気持ちが分かりあうまでになり、昨年夏、彼が福島から信州伊那を訪れてくれました

その時、私の学院で英語指導について語り合い、私は「自分の思い描く英語指導をし、自分の人生を楽しむには、自分の英語学校を開くのが一番」と、先輩面してアドバイスをさせていただきました。

あれから8ヶ月の月日が流れ、彼が福島に「さいとう英語塾」を開きました。その行動力とアツき想いに、2014年に開業するために奔走していた自分の姿を勝手に重ね、心躍らせるとともに初心を思い出していました。

そして、心ばかりの開業祝を贈らせていただきました。私も4年前の開業時に多くの友人知人から開業祝がサプライズで届き、心躍らせ、涙し、決意を新たにしたことを覚えているからです。pay it back ではなく、まさに pay it forward。
クリックすると元のサイズで表示します
塾に置かれた観葉植物の写真を拝借しました。自分のスタイルとやり方で、誰にも気兼ねすることなく英語を教え、人生を楽しんでいる彼の姿が、今から目に浮かびます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2017/6/16

ブレない想い  起業・独立開業

我が伊那市にも4月末にスターバックスが開店し、混雑も落ち着いたであろうと、ようやく出掛けてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
伊那ナイスロード店にて
夏至が近いこの時期にスタバに行くと、15年前のシアトル在住時にインターンの仕事を終えた午後、妻とよくカフェに出かけたのを思い出します。
クリックすると元のサイズで表示します
これは、2002年にシアトル・フリーモントのカフェで撮った自分。シアトルマリナーズ2年目で全盛期を迎えていたイチローにこの頃から心酔し、似せています(笑)。

30歳だったこの時、45歳となる15年後の今、自分の英語学校を開校し、アツい指導と寒いギャグでバリバリ英語を教えている姿は、まだ想像できていませんでした。果たして、今から15年後の60歳はどんな人生を送っているのでしょうか?

確実なことは、もちろん、分かりません。しかし確かなのは、自分のやりたいことを自分のやり方で仕事にし続けているということ。それは、29〜30歳の時の留学で、仕事としてやるべきことが見えたからです。その道をブレずに突き進むことこそ、英語を学ぶことで自分が手にした宝かも知れません。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/12/10

ドラッカーの言葉  起業・独立開業

FBの友人がタイムラインで紹介されていた『人生を変えるドラッカー』を読了。
ドラッカーの『経営者の条件』をわかりやすく解説した小説です。難解な本を対話形式で解説した本はよく目にしますが、本著は完全に小説。自分の周りに必ずいる社会人、かつての自分自身、そして現在の自分自身を登場人物と重ねることができ、ストーリーに引き込まれます。

まだ一回読んだだけですし、『経営者の条件』自体を読んだわけではないので安易なことは言えませんが、自分が進むべきいくつかの道がある中でどの道に進むべきか、そして自分のとるべき立ち位置がはっきりしました。

私はあまり自己啓発関連の書籍が好きではありません。眉唾物や怪しい内容の自己啓発本が多く、そのような本ばかり読んで自分が変わった気になっている多くの大人たちを目にするたびに一種の虚しさを感じるからです。

しかし、本著のもとになっているのは、巨匠ドラッカー氏の『経営者の条件』。言葉に重さと真実が詰まっているように感じました。個人的には、151ページに書かれている「卓越性に対する妬み」が興味深い考察でした。
クリックすると元のサイズで表示します
会社や組織のマネジメントに力点が置かれてるのではなく、自分自身をマネジメントし、生きる意義までも教えてくれます。繰り返し読み返したい一冊です。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/11/25

想いを口にする  起業・独立開業

独立開業を考えていた時、大学時代の親友が訪問してくれたのがちょうど3年前でした。その時は実に10年ぶりの再会でしたが、その間にお互い家族が増え、背負うものも多くなりました。温泉につかり、酒を酌み交わしながら、これまでのこと、これからのことを語り合いました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして翌年、私は独立開業、彼は海外赴任という大きな節目を迎えました。

あれから3年が経ち、時の速さを実感しています。彼がいつ帰国するかは未定ですが、いずれお互いの近況報告をゆっくりしたいなと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
友人が贈ってくれた中国彩虹(さいこう)書法の「花文字」
いつでも夢を語り合える友人は、自信を持った人生を生きようと駆り立ててくれますね。

そういえば、3年前のあの夜、長男と温泉につかりながら「勉学の道を志せ」とアツく語ったのも思い出しました。彼は今、その道を一歩ずつ進んでいます。

想いを口にする。想いを行動に移す。人生は常に自分の望むドラマを創り上げてくれます。


>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る
>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る

2016/9/7

好きなことを仕事に  起業・独立開業

転職を考え始めていた約16年前、今ほど転職が当たり前ではなかったその当時、自分の経歴や持っている資格から適切な年収を算出するサービスを使ったことがあります。出された数字は、当時の年収よりも多少上がった程度でしたが、転職へ向けて背中を押してくれたのは事実でした。

その後、退職・留学・転職・起業を経験して現在に至りますが、その数字はいい意味で外れました(笑)。要は本当に好きなこと・やりたいことを仕事にすることが大切だという、当たり前の黄金律に気づきました。

大学生や社会人の教え子たちも多いです。自分の進むべき道に悩んだときは、好きなことを仕事にできるか考えてみるといいでしょう。

そして、何より行動力。転職・留学・起業等いろいろな術がありますが、好きなことが仕事にできると分かった時、自ずと道は定まります。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/8/19

仕事とは?  起業・独立開業

お盆休みも終わり、昨日から仕事を再開しました。と同時に、電話や飛び込みで勧誘セールスが来るという・・・(^_^;) しかも、すべて県外の会社からでした。

勧誘があった先はネット上での評判を確認していますが、どれも芳しくなく、セールスマンと話していてやるせない気持ちになりました。

仕事とは何か?そんなことを考えさせられました。仕事は楽しくなくてはいけません。やっていて自分自身がワクワクするのが最高の仕事です。好きなことを、好きな風に仕事としている自分の状況に感謝しながら、今日も楽しく仕事をします。
クリックすると元のサイズで表示します
伊那市西箕輪のトウモロコシ畑



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/6/18

一人になる時間  起業・独立開業

金曜日は午前中が完全オフになる日なので、昨日は2週間ぶりに地元の日帰り温泉「大芝の湯」へ行って、体を労ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
松林の中で入る露天風呂は森林浴も兼ねていて最高です。

昨日の記事で紹介させていただきました松尾昭仁著『1万人を見てわかった 起業して食える人・食えない人』の中に、一人で考える時間をつくる大切さが書かれています。いつもとは違う場所で一人になるといろいろとアイディアが生まれ、今後の事業展開のヒントを得ることが出来ます。このような時間は強制的につくっていかなければいけませんね。
起業する際には、考え方・行動習慣と実務面の両方でサラリーマンとは違ったアプローチが求められます。考え方・行動習慣では松尾先生の著書が参考になりますが、実務面ではやはり、望月重樹著『開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金』が実用的で役立ちます。起業を考えているひとが何から手をつけていけばいいかが詳しく書かれています。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/6/17

起業に不可欠な資質とは  起業・独立開業

松尾昭仁著『1万人を見てわかった 起業して食える人・食えない人』を読了。
トラスト英語学院開校したのが2年前。その時、たまたま知った企業コンサルタント・松尾昭仁さんの『稼ぎ続ける人の話し方 ずっと貧乏な人の話し方』を読み、講師としてスキルアップに大いに参考にさせていただきました。
そして現在は起業して3年目を迎えることが出来ました。松尾さんが新著『1万人を見てわかった 起業して食える人・食えない人』を上梓されたので、現在の自分が起業家として正しい方向に進んでいるかを確認するために、貪るように読ませていただきました。起業に成功した人がやっている51の行動習慣が6章に分けて分かりやすく平易な文体で書かれていて、ストレスなく一気に読み通せます。起業した者として共感できることばかりで、サラリーマン的な考えに依ってないか自己検証できました。

起業した人だけでなく、これから起業を考えている人が、己の納得する仕事をし、充実した人生を送れるように、松尾さんが心強いエールを送ってくださっているような本です。

本著を読み終わった後、自分は間違ってなかったという充実した気持ちになりました。一起業家・一個人事業主として、これからも個性とスキルを活かした仕事をして、社会貢献していこうと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/4/26

想いをつなぐ  起業・独立開業

本日、トラスト英語学院は開業2周年を迎えました。

初心を忘れず、関わってくださるすべての方に感謝して3年目を歩んでまいります。英語を通して多くの方の人生がプラスに転じるよう、これからも英語指導に勤しみます。

そして、一個人事業主として、これからも様々な状況で選択を迫られると思います。変える努力と変えない勇気。その狭間で葛藤し、自分のブランドを創造していきます。
クリックすると元のサイズで表示します
Green Lake (Seattle)



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2014/7/23

記帳指導  起業・独立開業

信州伊那谷も梅雨明けしました。
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ夏本番!庭のカエルたちも梅雨明けを待ちわびていたようです。

昨日の午前中は、税務署の記帳指導でした。担当の税理士さんに学院にお越しいただき、開業から現在までの資金の流れと、会計処理をチェックしていただきました。ほぼ独学で独立開業後の手続きをしてきましたが、記帳や帳票類の整理についてもお褒めの言葉をいただき、ホッとしました。それ以上に、税理士さんが高校の後輩だったため、仕事以外の話でも盛り上がり、有意義な時間を過ごすことができました。

開業して3カ月が過ぎようとしています。開業後も多くの方と出会い支えられています。これからも一つ一つの出会いを大切にしながら、時を重ねていきます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2014/5/15

伊那市の力  起業・独立開業

私が住む伊那市のゆるキャラ「イーナちゃん」。

地元の製造業を活性化するための“製造業ご当地お土産プロジェクト”として「とことこイーナちゃん」が開発・発売されました。企画から製造までのすべてを地元企業が手掛けています。
クリックすると元のサイズで表示します
さっそく、我がトラスト英語学院の受付にも置かせていただきました!

地域を活性化するために様々な取り組みが行われています。昨日は、先月の伊那市議会議員選挙で30代で初当選された八木拓真議員が学院に立ち寄っていただき、若い力で伊那市を盛り上げていこうと意見交換をしました。

地元・伊那市が活性化するよう、私も英語教育を通してできる限りのことをやっていきます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2014/5/2

開業までの道 #2  起業・独立開業

阿部守一・長野県知事から、FBで以下のようなメッセージをいただきました。
「創業おめでとうございます。グローバル社会に対応できる人材を育む県にしていくことが重要です。外国語でのコミュニケーションをしっかり行える人材育成をお願いいたします」

今回の開業では、県の「創業支援資金」を利用させていただきました。独立開業を考え始めたのとたまたま同時期に、阿部知事がFBで創業支援資金について書かれていたのを拝読しました。その日のうちに県のHPから創業計画書のひな形をプリントアウトして作成に着手。その日から開業が一気に現実味を帯びていったのを思い出します。

情報の送受信はタイミングが大切だと実感した瞬間でした。メディアリテラシーの問題もありますが、常にアンテナを高く張って、自分の必要とする情報を得る姿勢は大事です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/5/1

開業までの道 #1  起業・独立開業

昨日、「個人事業の開廃業等届出書」を税務署へ提出してきました。書類の処理をしてくれたのが、伊那北高校時代の同級生だったので、改めて世間の狭さを感じました(笑)。

これで、税法上は給与所得者から個人事業主になりますが、ここ10年間、年金は国民年金、健康保険も国民健康保険だったため、その他の変更手続きは一切必要ありません。その点では、13年前に銀行を辞めた時に感じた不安は皆無です。

これからは、事業のすべてを自分で決定でき、その決定について自分ですべての責任を負う楽しさがあります。自分の思い描いた学院になるように、日々仕事に取り組んでいきます。

さて、開業を決意してから実際に開業するまでに、おおよそ2年の月日が経過しました。これからは、日々の学院の様子だけでなく、私が開業するまでにしたことなどを紹介していきたいと思います。

一回目の今日は、基本書の紹介です。いくら元銀行員とはいえ、独立開業は未知の分野でしたので、まずは基本的な知識を蓄えるところから始めました。私が参考にしているのは、望月重樹『開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金』です。
本著は簡潔にわかりやすくまとまっていて、開業だけでなく個人事業に素人の方でも完全に理解できる内容で、開業から1年目までの流れをイメージできます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ