2009/7/25

36年前のレーションケーキ  
イイハナシダナー

「ベトナム戦争時代の缶詰ケーキ開封 米陸軍兵の退役記念」
ワシントン(CNN) 米陸軍で退役を迎えた兵士が24日、国防総省
で開かれた退任式で、36年前に支給されたパウンドケーキの缶詰を開ける
「式典」を行った。

パウンドケーキは陸軍のヘンリ・モーク大佐がベトナム戦争に従軍していた
1973年に支給されたもので、退役したら記念に開けようと、大事に取って
おいたという。ケーキが大好きだったというモーク氏は「チャンスがあれば
食べてしまおうと思ったが、食事にケーキがついてくることはめったにな
かった」と振り返る。

友人や家族が注目する中、年代物の「P38」缶切りを使って缶を開けた
モーク氏は、「もし腐って真っ黒になっていたら食べない」と話していた
が、中から出てきたのは、まだ食べられる状態の黄色いケーキ。

本物の退役記念ケーキカット用に用意されたナイフを使って缶入りケーキを
カットし、口に運んだモーク氏は「いいね、まだしっとりしている」と親指
を立てて見せた。(CNN.co.jp)

ちゃんとP38を使って開けてるところにこだわりを感じます
大佐のこれからの人生にご多幸あれ

記事はこちら(写真入り)
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200907250006.html
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ