2008/11/8

事実は小説より奇なり  雑記
先日、以前から買おうと思っていたCVCジャケットが
中古でこれなら入札していいかなという金額で出品されて
いたので入札しそのまま落札

翌日まず取引ナビに出品者から発送先と振込先を尋ねる
連絡がありいつもの落札時どおり自分の住所、名前と
振込先を報告する。しかし出品者の住所が大阪の自分と
同じ地方なのはともかく気になるのは名前がどうも以前
聞いたことのあるような気がする・・・

出品者より振り込み額と口座の連絡があり、こちらも即
入金。入金完了の連絡とともに自分は大阪の出身で出品者
様の住所と同じ地方の△△市なんですよと書いておく

出品者より入金確認と発送の完了の連絡あり。自分が大阪の
出身であることを知って向こうも昔、落札者様と同姓同名
の友人がいたんですよとの事、そしてさらひょっとして出身の
高校はXX高校で第○期生ではないですか?と

ええ?そういえば下の名前は正確に思い出せないが同姓の
友人が高校時代にいたな・・・


そう、出品者はなんと21年前の高校の同級生だったのだ!!!

(終)

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ