2011/10/9

べスパ  
去年の10月に中古のイタリア製スクーターを購入して乗ってます
クリックすると元のサイズで表示します
べスパです。型は違いますがオードリー・ヘップバーンの映画
「ローマ休日」や松田優作のドラマ「探偵物語」でも登場して
いたので見たことがある方も多いかと思います

クリックすると元のサイズで表示します
今の日本のスクーターはボディがプラスチックですがべスパは
鉄製です。製造会社のピアジオは航空機も製造していたことも
ありモノコックボディや前輪の片持ち式のサスペンションに
その技術が採用されています

クリックすると元のサイズで表示します
この頃のべスパは混合燃料ですのでガソリン入れる度に
入れた量の2%のオイルを量って足さなければならないのです

クリックすると元のサイズで表示します
今のべスパはオートマになってますが昔のハンドシフトのタイプは
左側のグリップでクラッチとギアを操作しなければ走りません
私は慣れるまで早朝に練習で近所を何周もしました

クリックすると元のサイズで表示します
1年間コツコツとカスタムして今はこんな姿です(^^;

因みにフランスでは昔々ライセンス生産されていた頃がありまして
それを軍が採用していたことがあります
リンク:Vespa 150 TAP(英語)

0

2009/7/25

36年前のレーションケーキ  
イイハナシダナー

「ベトナム戦争時代の缶詰ケーキ開封 米陸軍兵の退役記念」
ワシントン(CNN) 米陸軍で退役を迎えた兵士が24日、国防総省
で開かれた退任式で、36年前に支給されたパウンドケーキの缶詰を開ける
「式典」を行った。

パウンドケーキは陸軍のヘンリ・モーク大佐がベトナム戦争に従軍していた
1973年に支給されたもので、退役したら記念に開けようと、大事に取って
おいたという。ケーキが大好きだったというモーク氏は「チャンスがあれば
食べてしまおうと思ったが、食事にケーキがついてくることはめったにな
かった」と振り返る。

友人や家族が注目する中、年代物の「P38」缶切りを使って缶を開けた
モーク氏は、「もし腐って真っ黒になっていたら食べない」と話していた
が、中から出てきたのは、まだ食べられる状態の黄色いケーキ。

本物の退役記念ケーキカット用に用意されたナイフを使って缶入りケーキを
カットし、口に運んだモーク氏は「いいね、まだしっとりしている」と親指
を立てて見せた。(CNN.co.jp)

ちゃんとP38を使って開けてるところにこだわりを感じます
大佐のこれからの人生にご多幸あれ

記事はこちら(写真入り)
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200907250006.html
0

2009/1/10

引越しました  
1月1日の予告どおりブログの引越しをさせていただきました

見た目はほとんど変わりありませんが
管理する側にとってはかなり管理しやすく機能も増えて
使いやすくなりましたのでこれを機会にどんどん更新を
出来ればと・・・

全然関係ないですが今日はベトナム出身でカナダ在住の
方(小さい頃に移住したのでほとんどベトナムにいた頃の
記憶は無いそうで)と昼食を一緒にとりましていろいろ
ベトナムの話になり、この趣味で得たベトナムの知識を
交えて話をしたら以外にベトナムに詳しいですねと関心
されてしまいました。
さすがに実はべトナム戦争に興味がありましてとは言えま
せんでした(苦笑)
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ