ご冥福をお祈りします  横山裕

侯くんのお母様が急死されたと先ほど知りました。
突然の訃報に、どうしていいか分かりません。

この一週間、
青森公演から侯くんの様子がおかしかった、オニギシで泣いていた、と聞いていて。
また、「よこやまゆうのにっき」での感じもおかしくて心配だったんです。

ありがとうの気持ちを大切に。
みんないつもありがとう。


いつもたくさん言葉をくれる侯くんが、二日間たった一行の更新しかなかった。それも意味深な。
初めは忙しいのかな?と思いましたが、やっぱ気になって。

その次の日が、

仲間がいる。
ありがとう。
楽しい。


きっとこれを読んだ人ほとんどが何かあったんだと察知できますよね。

でもレコメンでいつも通りだったから、安心したんです。大丈夫だ、と。

でも今朝になって耳にした突然の訃報。
一週間、流れていた不謹慎な噂は現実でした。

大阪公演にいらっしゃっていたのに、
誕生日に侯くんにメールされたとのことっだったのに、
何故?という言葉しか出てきません。
報道は「スポーツ報知」さんでされたということですが、詳細は分からないので何とも言えませんが、ただ何でしょう。

信じられなくて
辛くて
悲しい

きっとそれは侯くんや弟さんたちが一番感じているはずで、所詮他人の私がどうのこうの言う立場じゃないことくらい分かっています。
でも私にとって、eighterにとって侯くんは大切な人。いわば家族のようなものです。
侯くんのお母様の訃報は家族の訃報みたいなものなんです。

気分が優れません、涙が止まりません。
私でそうやのに、侯くんは大丈夫やろうか。
辛い気持ちを押し切って、リスナーのために盛り上げて、PV撮影のために笑顔を作って。スケジュールとかあるんやろうけど、心が痛いです。
人ってそこまで無理しないといけないんですか?
そんなのを知って、まともに侯くんを見れません。辛いのも苦しいのも全部隠して作った笑顔なんて痛いだけです。
そんなことをさせている、無理して私達に必死で笑ってくれているんだ、そう思うとやりきれません。レコメンだって何も知らず、ただ笑って聞いていた自分が情けない。
私が何も知らないのは当たり前。それでもそう思うのは間違っていますか?

「オニギシ」「ありがとう」がまともに聞けません。
今日の愛媛公演、侯くんはどうするんでしょう。
私の本音としては、中止してもらいたい。侯くんのお仕事、全部。
でもそんなことは無理なことぐらい分かってるし、何よりそれは侯くんが一番嫌がるんじゃないかなと思います。

愛媛公演、それから名古屋に行かれる方。
今、侯くんを支えられるのはスタッフ、メンバー、そしてeighterじゃないかと思います。たとえ支えになれないといても、ほんの僅かでも、侯くんの力になれると思います。
侯くんに笑顔を。
いつもの感謝を、今こそ返しましょう。
メンバーがいない分、精一杯ありったけの愛を侯くんに届けてください。

最後にお母様へ。
大阪公演のときも、貴方への率直な思いをここに載せました。
貴方に言えることは、感謝です。
横山侯隆を産んでいただいたこと
横山侯隆を育てていただいたこと
横山侯隆を支えていただいたこと……
いまの侯くんがあるのは貴方がいらっしゃったからです。
たくさんの出会いや別れを経て、彼も立派な大人となりました。
良いスタッフさん、
芸能界の諸先輩方、共演者の方々、
事務所関係者、たくさんの後輩、
そしてメンバー 6人いえ、7人。
侯くんはきっと幸せだと思います。
幸せになるべき人ですから、彼は。
これからも色んなことが待ち受けていると思います。
私達eighterは何があってもずっと侯くんを応援します。味方になります。支えます。
だから、天国からずっと見守ってあげてください。きっとお母様が一番の原動力になるはずですから。
勝手なことばかりすいません。
でも、これが私の思うことです。本当はもっともっと伝えたいことがあります、でもそれを表してくれる言葉が見つかりません。
だから、ただ一言。
ありがとう、と言わせてください。
本当にありがとうございました。
安らかにお眠り下さい。ご冥福をお祈りいたします。 2010.5/22


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コメレス、忠義バースデー記事、新曲や出演情報など書こうと思っていましたが、とてもそんな気分じゃありません。次回に回させて頂きます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ