小樽赤岩サンセット  ニセコの風景

ホオノキとのコントラスト
クリックすると元のサイズで表示します
秋を感じさせる、自然の作り出す優しい色合い
クリックすると元のサイズで表示します

夕暮れは時をギュッと凝縮した、特別な時間。
朝と夜のクロスオーバーを堪能しました。

day15 小樽赤岩C  クライミング

メンバー:O澤さん・A理ちゃん・カノマー

赤岩のヌシと記念撮影!
クリックすると元のサイズで表示します
平日の赤岩は仕事を定年したsixtysで盛り上がってます。
特に、一番左のNまさん、右から二人目のN道さんは北海道のクライミング会を支えてきたこの道40年の大ベテラン。いつもお世話になりっぱなしです。
お二人とも「マグニチュード 5.12d」にトライ中!! 凄すぎる・・・。

大先輩達のように、何時までもクライミングに熱中していたいなぁ!

先ずは44フェース。「おやすみ 5.10a」
↓A理ちゃんはフラッシュ!やるねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
初ナマ岩ロープクライミングのO澤さんは一回スリップして、二度目のトライで登れました。

続いて、「おはよう 5.9」
O澤さんは、またも二撃。
足が使えるようになると、手の負担が減ってきっともっと安定しますヨ。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、A理ちゃんは気合をみせて、こちらもフラッシュ!成長してる〜(^^¥

私も、「おはよう直上var」にトライ。
二度目のトライで出来ました。
体感で5.10a/b 限定モノなのでリーチ差が多少でます。
その後、久しぶりのスニーカークライミング(足元チェック!)で回収。
↓おはよう
クリックすると元のサイズで表示します
おやすみ共に問題なく登れました。
足が使い滑りやすいので、腕に負担がかかり、トレーニングになります。

〆は「ファイアマン 5.10a」でサンセットクライミング
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
昨年?新たにボルトの設置された右ラインにも初トライ。
グレードは5.10a?くらいかな。
*ちなみに、「ファイアマン」は「5.10c」あると思います。
このグレードをトライしてる人は安易に取り付かない方が良いです。
下地を掘った為、一本目までの間が厳しくなった為、初登時より難しくなっていると聞いてます。

日が沈みきるまで、みんな熱中しました。
帰りはもちろんヘッドランプ行動! 
これからの時期、どんどん日が短くなるから、みなさんもお忘れなく \(^0^)\




AutoPage最新お知らせ