day37 小樽赤岩E  クライミング

メンバー:ゆきちゃん・もりちゃん・まーちゃん・姫・かのまー

ほんとは義経の筈でしたが、南部が天気悪そうだったので、この時期異例の赤岩へ。

読みは正しかった。
地球温暖化で、この時期としては温かく、快適だ。

先ず、ファイアマンの岩で右、左にそれぞれTRセット。

姫が右ラインをOSトライ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
安定した登りで無事OS。
この後も、オリジナルラインもOSトライで良い所まで行ってたし、奥リス「なめこスラブ」も繋げてた。
来期の活躍が期待される。

もり夫妻は北海道での初外岩「奥チム 右Y+」でアップ
クリックすると元のサイズで表示します
その後もファイアマンFS。ナイスです!

ゆきちゃんはファイアマンをつなげる。
クリックすると元のサイズで表示します
来年は落ちないで登れるかな?

午後は、44フェース。
おやすみをトライする まーちゃん
クリックすると元のサイズで表示します
惜しくもワンテン。来年ですね!

もりちゃんは「ベルボトム 5.11b」のOSトライ
クリックすると元のサイズで表示します
岩のコンディションが悪く、来年に持ち越し。
こんな時にススメちゃった自分が悪かったっす・・・。スミマセン(^^;

おいらは「動脈瘤 5.10c/d」をかなり危なげな登りでしたが、無事OSできました。
何気に出だしが悪いルートでヤバかったです。
2ピン目のクリップは要注意です。

今年、最後となるだろう赤岩。
初心者から楽しめるルートがあり、懐の深い岩場と再認識しました

day36 仲洞爺ボルダー  クライミング

メンバー:ゆきちゃん・カノマー

晴天、ぽっかぽかの正にマッタリボルダリング日和!

先ずは、販売されている吉田さんトポ「北の大地でボルダリング」に未記載の岩へ。
ここは、駐車地点から最も近いです。

アップにクラックの直上(推定6a+)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

右側スタートのラインも登るが、今日も左に逃げてしまう。これで6bくらいかな?

続いて、「北キツネ岩」「FOX 5-」
クリックすると元のサイズで表示します
顕著なクラックを登る、快適な課題。
今日は少し濡れていたけど、トライには問題なし。
「WalkOnAir 6b+」を触るが、「核心のカチからデットでリップを取る」為のカチが見つからず・・・。敗退!

次は、「副将岩」
オススメ課題「NoFear 6b+」を触るが、出だしのガバ帯のフレークが
「ミシッ!!」
と、ヤバイ音を発したので、諦める。って事でこれまた敗退・・・。
トライする人はホント要注意です。辞めた方が無難かも??

「クラック 5+」は初めて触るが以外にシブ目で3撃。
クリックすると元のサイズで表示します
リーチに応じて色々なムーブで解決できそう。

「イチゴ岩」は見ただけだが、以前は岩の上にあった潅木が全て地すべりで下に落ちていて上部はすっきりしたのだが、
その余韻で土砂がホールドに付いているので、こちらも大雨か雪解けで岩が綺麗になった時が安全かもしれません。

〆に「北キツネ岩」に戻り一昨年登れた「vixen 6c+」を触るがタイムアップ!

夕方はT田さんも現れ、お話できて嬉しかったです。

隣りのロープエリア「義経岩」から車で10分ほどですが、こっちは何時でも貸切状態。
南向きの暖かな陽光が差す岩で、のんびりボルダリングしたい方にはオススメですヨ。

day35 豊田  クライミング

本当は今話題のフクベ(岐阜)に行きたかったけど、天気が・・・。

でも、行って良かった!
初、花崗岩。
フリクション最高!
ホールド小さい、痛い!!
けど、同じクライミングはクライミング。
なんとかなるもんだね。

ここでグレーディングについて
豊田独自のシステムです

a=10~7級
b=6~5級
c=4~3級
d=2~1級
e=1~初段
f=2段以上

豊田と言えばここ「古美山園地 こみやまえんち」
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは「リーチロック」へ。

「のみ上がり A」でアップ。難なくOS。
クリックすると元のサイズで表示します
初心者の為の良い課題です。しょぼくないです!

S兵さんオススメの「リーチ b」もOS
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
グレードで図れない緊張感!
とっても楽しい課題、オススメです!

続いて、「日本100岩場東海・関西」でも写真掲載の
リーチ前岩「裏ドラ C」5撃
クリックすると元のサイズで表示します
この課題、限定ナシでb、左のボロボロの壁に足を張らないとc、足ブラでd
結構、遊べる課題でした。インドアクライマーなら簡単かも?

「パン・ロック」「やせがえる d」
クリックすると元のサイズで表示します
かなり面白そう!だが・・・ 団体が去った後、取り付くも離陸できず!恐るべしスラブ・・・
隣りの「ふとっちょがえる e」もノリで触るがこちらも離陸が、mmm?

まぁ、旅だし楽しまないと、と言う事で、
「カンテでピンチ d」3撃
は上部が気が抜けず、最後までかなり面白い、オススメ!
隣りの「一手ロック」も軽く触る。
「ヘタ d」は2撃、リーチ系課題で得意系!
左:カンテでピンチ 右:ヘタ
クリックすると元のサイズで表示します
ついでに、「イッキ c」もOS、簡単。

「縄文ハング」に行く前に「リーチロック」を通り過ぎると、
クリックすると元のサイズで表示します
お祭り状態!ここは暖かいかし、良い課題があるから人気なんでしょうネ

ちなみに「縄文ハング」はかなり凄い!
クリックすると元のサイズで表示します
でも、やろうと思ってた「石器 c~d」は???
ラインを見出せない、ほんと〜?てな感じなので、あっさりパス。


おなか空いたので、周兵さんオススメの「大給城址 おぎゅうじょうし」に移動。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
松平氏の居城跡で、景色が美しい。
「Fの岩」の上、豊田市街を見下ろしつつランチは最高!
クリックすると元のサイズで表示します
食後、「E ダイヤモンドスラブ」「パンタグラフ c」に取り付く
クリックすると元のサイズで表示します
やはり、ほとんど経験の無いスラブ。厳しい〜〜!!
しかも、旅の為軽量化のNACで借りた古いMEのパッドは小さく、信頼できないのでアッサリ諦める。
カッコイイ課題だから次回、是非登りたいなぁ〜。

記を取り直して「Aの岩」
写真の「ノミのジャンプ d」7撃
クリックすると元のサイズで表示します
写真の左奥(ラインは映ってない)「ティータイム d」3撃
両課題とも足が乏しく、腕力全開!
巧い人はどうなのかなぁ??

「Tの岩」「ムーンリバ d」6撃
ムーブの解析にちょっと悩んだけど、今回一番ムーブ気持ち良い課題でした。

「kの岩」「鯉のぼり d」にも取り付きましたが、ムーブできず、諦めタイムアップ!

成果 ab=各1計2、cx2 dx4 合計8課題 と充分でしょう。

レベルに合わせて、無数に設定された課題を終日楽しめる豊田は全てのボルダラーにオススメです。
地元のボルダラーもフレンドリーですヨ!!

day34 鳳来  クライミング

メンバー:田中周兵&亜貴夫妻、瀬戸さん(チーム ビッグロック名古屋
出会った有名人:I藤H和さん・F山K子さん・M達K次郎さん

前日、電話を周兵さんにしたら、最近は鳳来のプロジェクトをやっているとの事。
今回の里帰り中はボルダリングが目的だったので、ハーネスはお借りして三年振り三度目の鳳来へ!
S兵さんとは大学ワンゲル時代以来、一緒に登る事が出来ました。

先ずは、「鬼岩 鬼岩入門 5.11a」でアップ
クリックすると元のサイズで表示します
写真は瀬戸さん。
おいらは、結構手が張ったけど、FSできました。アップにはちとキツメでした。

その後、「ハイカラ岩」に移動。
歴史的瞬間を目の当たりにしてきました! 
ハイカラ岩のプロジェクトを初登!
グレードはナント 5.14d(推定) 

ラインは「That`sクライミングショウ 5.12d」と「メタフォース 5.14c」の中間部を登り、メタフォースに合流するライン。
オリジナルとなる下部は遠いカチをデットで繋いで行く限界のムーブが強いられる厳しいルート。

気合のシークエンス、フル掲載!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

降りてきて安堵の表情
クリックすると元のサイズで表示します
ビレーをしてた、亜貴ちゃんも嬉しそう!

さて、他の皆さんはと言うと、これまたスゴイ!
奥 左:亜貴ちゃんトライ中の「ラーマU 5.13d/14a」 
手前 右:I藤H和さんトライ中の「メタフォース 5.14c」
クリックすると元のサイズで表示します
同じく、メタフォースをトライする瀬戸さん。
クリックすると元のサイズで表示します
彼は現役大学生、今後の活躍が期待される!

おいらは「たぶんだいじょうぶでショウ 5.12b」にトライ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
4便出しましたが、結局2テンで完登できませんでした。
傾斜強いのに慣れないと下で疲れちゃって、全くムリ。練習練習!

最後にみんなで記念撮影!
クリックすると元のサイズで表示します
来年の10月には北海道に来るらしいので、みんなで登りたいですねぇ!

day33 赤岩青巌峡D  クライミング

メンバー:しんちゃん・カノマー

今回も愛車でカーダンチ。
このパターンも三週連続で、すっかり慣れた。
朝の冷え込みは緩やかで-2度くらい。
グッスリ眠る事も出来たし、酒も控えめだったので体調は万全!
後は岩の状態次第・・・。

「バウ」は今日もヌレヌレ・・・。昼まで待って良くなるかな?

しんちゃんは「エカシ5.11c/d」のRP狙い。
クリックすると元のサイズで表示します
探りながら、ヌンチャクをセット、次のトライでRP!

私は「バウ」待ちの合間で「ワンダーボーイ 5.11b」をRPトライ。
三年前に一度やってみたが、核心部が  なルートだった。
OSのつもりでオブザベするが、「バウ」のイメージが脳内を占領しており集中できない。
いざ、取り付いても、やはり集中できておらず、なんと2本目のクリップ後スリップ!
核心部もやはり ?? で、結構解読に時間が掛った。
二度目も核心でフォール!三度目でやっとRP、通算4撃。

100岩場のルート紹介文「ホールドを確認しながら登らないとはまってしまう」通りにはまった自分が情けない・・・。

「バウ」は結局酷い状態なので、諦める。また来年!

最後はボルダリングで〆る。
「REIKOフェース 6c」
クリックすると元のサイズで表示します
ムーブの解読が難しい。気付いた時にはもう力尽きていて、あと一手が出ず。

私には今季最後の青巌峡ですが、まだ頑張る人達の写真です。
「お父ちゃん頑張って 5.12c」をトライするS田さん
クリックすると元のサイズで表示します

「日高源流エサオマン 5.13b」をトライするI川さん
クリックすると元のサイズで表示します

宿題もできたし、来年はもっと来ます。




AutoPage最新お知らせ