day39 オプタテシケ山 トノカリ林道コースA  ウィンタースポーツ

5:00 起床。 外は結構明るい。天気も良く絶好のピークハント日和だ!
今日も時間はタップリ用意したので、のんびり朝食(乾燥野菜&卵入りラーメン)を取り、食後のコーヒーを飲み、ダラダラパッキング。
6:42 出発
なだらかなアップダウンを繰り返し、樹林帯を抜けると眼前にオプタテが近づく。
クリックすると元のサイズで表示します
更に詰めると衝撃の光景!!
巨大なデブリ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
高い所で5m近くある、こんなのに巻き込まれたらひとたまりも無い・・・

気を引き締め先を目差す
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
高度を上げる毎に、大パノラマが展開されていく。

大学二年の時に立った5月のニペソツ山。大鷲が翼を広げたような神々しさに感動したなぁ。
未だ踏んでいない憧れの石狩岳、初めてナキウサギに会ったトムラウシ山、行程は長かったなぁ。
大学時代の全てを注ぎ込んだ山。
その思い出や今も続く山への思い入れが溢れる。

そして、一歩一歩オプタテの初ピークを目差している現在の自分。
なんとも言えない高揚感!

8:50 co1465mでスキーデポ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
雪面がツルツルに凍って、シールが全く利かないのでアイゼンに履き替える。
ピッケルは必要なさそうなのでポールで行く。

co1600mで先行の7名を追い越す。
クリックすると元のサイズで表示します
美瑛岳が美しい。

アイゼンに履き替えてから30分ほどで薄曇の空から太陽が覗き、気温が上がる。
気分がイイのでペースも上がり、ピークまで独りツボラッセル。
クリックすると元のサイズで表示します
ヒマラヤンブルーのピークは目前!!

しかし「ラッセル」と言う事はスキー使えた!という事です。

残念ながら、今回の目玉の一つでもある広大な一枚バーンは最高のコンディションになりつつありました。
登りながら後ろ髪引かれる感はありますが、初ピークは目の前!嬉しさが勝る。

10:55 co2005mピーク手前でマサの到着を待つ間、東稜に少し下り雪崩を撮影
クリックすると元のサイズで表示します
東南東面沢の右側壁co1850mから発生しておりco1050mまで流れ落ちていた。
規模は、幅200m距離2kmの表層雪崩。破断面は推定50cm。

ちなみにこの面は。昨年知り合いが滑っている。
正にタイミング次第だろう。

11:05 マサが到着したので待望のピークへ向かう!
折角持ってきたし、ノリでピッケルを出す。
クリックすると元のサイズで表示します
ピーク目前で、先にピークを踏んでいた「ヤマケンさん」に山岳会へ入会の勧誘を受ける(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
わが部の大OBと同じ会との事。世間は狭い・・・
クリックすると元のサイズで表示します
最後の難関ヒラリーステップをを無事突破し・・・(ウソ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
やったー! オプタテシケ山co2012.7mピーク¥^^¥

しばし大パノラマに酔いしれる・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

15分マッタリして下山開始。

やっぱり絶好のバーンコンディションで悔やまれる・・・
しかも3歩毎にアイゼンに超特大のダンゴ雪がまとわり付くので、直ぐに外す。

傾斜が多少緩んできたので、こんな時は 尻滑り!


かなり気持ち良い!!

11:55 スキーデポ地点からの下りも最高!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


後半、「妖怪板つかみ」も多数出現してきて気が抜けない。
そんな中、マサはチャッカリとカバノアナタケをGETしてる、流石だ・・・

樹林の手前で今一度、オプタテを振り帰り、喜びを反芻する。
クリックすると元のサイズで表示します
ここからは一気に下って、
13:15キャンプ地へ。
下山の喜びをビールで乾杯!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
まだまだ日は高いし、天気もポカポカなので外で20分くらい昼寝、テント撤収開始。
14:00 発 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
前半以外、ほとんど傾斜の林道をフル荷でクロカンタイム(汗)
15:00 下山完了 

予定通り下れたので、予備日も一日残しているので、もう一泊する事にする。

泊まるなら、やっぱここでしょう! トムラウシ温泉東大雪荘
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
初めて来た人なら、こんな山奥にこんな施設がッ!?と、目を疑う事でしょう。
素敵な温泉です。
のんびり余韻にひたれました!




AutoPage最新お知らせ