道南トリップA カヤック編  カヤック

今日の目的地は、上ノ国町を流れる天の川。
清流度が高く、紅葉を眺めながら、のんびりダウンリバーに適した川。

その前に、楽しみにしていた朝食。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
朝イカ・大トロの刺身、鮭ハラス焼き、イクラの醤油漬け等々
これは凄い!朝なのにこの贅沢っぷり・・・さいっこ〜\~0~\
そして、味も絶品でした。

出発前に大将と記念撮影。
クリックすると元のサイズで表示します
必ずまた来ます!

宿を出発し、函館駅の近くの朝市でお土産を物色。

国道228号線を南下し、トラピスト男子修道院へ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
周辺の景色がなんとも穏やかで癒される。

更に南下し、木古内町から道道5号線に入り、川下りスタート予定地の、江差線神明駅付近の橋で水量チェック。
残念な事に、全く不可能な浅さ・・・

下流の湯ノ岱駅付近も浅いのでパス。

宮越駅に向かう途中、天の川駅を発見!
クリックすると元のサイズで表示します
ここは、停車しない駅との事。

もひとつ下流の宮越駅でギリギリの水量。 ここをスタート地点とする。
カヤック装備品を橋の下に隠し、ゴール地点へ。

ゴールは7km下流、上の国駅近辺の橋。
公園に車を残地し、1km歩いて上の国駅へ。
ここから江差線に乗車し、スタート地点まで戻る。

待合室で、函館駅前の土産店で買った 五島軒 のプリンとシュークリームで栄養補給。 味は普通でした・・・

駅でのんびりし過ぎて、うっかり乗り過ごしてしまいそうになったが、ギリギリセーフ(冷汗)
滅多に乗らない列車からの車窓を楽しんでいる間も無く、直ぐに宮越駅に着く。
ワンマン列車なので、運転手さんに200円払って13:32下車。

橋の下で準備し、14時出発!
クリックすると元のサイズで表示します
はじめの直線は100m下るといきなり三面張り護岸で全然水が無く、ずーっとガリガリ底を擦りながら下る。

程なく、まともに下れるようになり、やっと景色を眺める余裕も出てきた。
紅葉は素晴らしい! しかし、天候悪化の兆し、風が凄まじい。 追い風なのがありがたいが。

半分ちょっと下って川原で小休止。
クリックすると元のサイズで表示します
下流は空も広がり、開放感に溢れている。
天気が良ければ焚き火でもするのだが、風は益々強くなっており、それ所ではなくなってきた。

再出発後、ずーっと漕ぎ続け、16時ゴール!
鮭を採るウライが設置されていて、数匹姿が確認できた。

荷物を積み込み、温かい服に着替えそそくさと出発。
今夜の宿泊地、 平田内温泉 熊の湯(野天) に向かう。

ただし、距離もあるので、途中にある おとべ温泉いこいの湯 で冷えた体を温める。
ここは綺麗な施設で、浴室の壁には素敵な絵がタイルに書かれており、飽きない。 オススメです!

買出しを済ませ、夕食前に空腹に耐えられず、昼食で食べる予定だったラッピのバーガーをぺロリ!

熊の湯の駐車場に着いたのは、20時頃。
夕食を済ませ、疲れたのでそのまま就寝。 明日の朝の野天風呂が楽しみだ!




AutoPage最新お知らせ