day8 名寄見晴岩A  クライミング

今日は曇天。
クリックすると元のサイズで表示します
林道からの見晴岩。インディアン砦の様なたたずまい。

私達とIさんご夫妻の二組だけの岩。
クリックすると元のサイズで表示します
日曜だと言うのに。う〜ん、幸せ

先ずは、妻の宿題「森のかばさん 5.10a
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり、核心ができない。 前後の組み立ても甘い。 今度がんばろ〜

私は、森のかばさん→「もぐらの穴5.11a」のオンサイトトライでアップ。
クリックすると元のサイズで表示します
登り始めて、ビックリするぐらい、昨日の疲れが抜けていない事に気づく
結構、ヒヤヒヤでしたが、オンサイトフラッシュ

この後、宿題の「サンピラー5.12b/c」のつもりでしたが、
この体調では無理だと判断。 

なかなか来れない岩場だし、オンサイト祭りに計画変更!

「グレープフルーツ5.10d」
クリックすると元のサイズで表示します
クラックからの染み出しで、緊張したが、こちらもオンサイトフラッシュ

「ニューサマーオレンジ5.12a」
クリックすると元のサイズで表示します
「グレープフルーツ」終了点からヌンチャクをセットし、いざトライ!

二手目でフォール! この後も、フォールの山を築き、なんとか終了点へ。
細かくて、厳しいです。足が巧く使えてませんでした。 カチラーのあなたなら・・・きっと

「フェミニスト5.11a」
下部は楽勝!中間も楽しい。 しかし、結構厳しい上部。 なんとか突破しオンサイトフラッシュ

下部は楽しめるだろう、と思い、妻はトップロープで登る。
クリックすると元のサイズで表示します
下部は予想通り、中間もテンション掛けながらなんとか登るが、案の定上部はできない。
けど、本人的にはお気に入りルートとの事。 次回はリードでね!

お互い、宿題も残してしまったし、土日休みがあれば、是非リベンジしたいです。

day7名寄見晴岩@  クライミング

12年ぶり3度目の見晴岩。

ETC割引¥1.000をフル活用! 
朝5:30発、

途中、道の駅にてタラコパスタ朝食(大盛)
クリックすると元のサイズで表示します
岩場取り付き11:30
クリックすると元のサイズで表示します
岩場着12時のんびり旅。
クリックすると元のサイズで表示します
圧倒的な存在感の 左「見張り塔からずっと 5.14b」と右プロジェクト にびっくりのご対面。まさに別世界・・・

岩場には先行者一組。後でもう一組の私達を含めたった三組。
週末にも関わらず、静かなクライミング。

「森のかばさん 5.10a」オンサイト
クリックすると元のサイズで表示します
出だしと、結構、悪目のホールドを使って超える核心は、印象的で楽しいルートです。

続いて、「私が好きだ 5.11a」オンサイト
クリックすると元のサイズで表示します
終始、ガバで気持ちよく登れるルートでした。

で、今日の目標「サンピラー 5.12b/c」のオンサイトトライ
クリックすると元のサイズで表示します
無念!核心が始まって直ぐに撃沈! その後も、10回強、ハングドックして漸くトップアウト。修行不足・・・

あっさり登るエキスパートクライマー
クリックすると元のサイズで表示します
核心も危なげなくこなし
クリックすると元のサイズで表示します
余裕の完登!お見事

お連れの方は「アンジェラ 5.11c」をトライ
クリックすると元のサイズで表示します
核心は悪そう・・・
クリックすると元のサイズで表示します
その上、かなりランナウト。シビレルねぇ・・・

素晴らしい夕焼けに、明日もガンバルゾ〜!と誓うのでした・・・
クリックすると元のサイズで表示します

6/9 44フェースでの出来事  クライミング

6/9に小樽赤岩44フェースでお会いした、お2人のクライマーについて、気になった事があったので、報告します。

悪気は無いとは思うので、別に、本当に今後気をつけて頂ければ構わないのですが、
フリー中心の岩場でのエチケットとして、この意見が初耳の方は、頭の片隅に置いて頂けたらと思います。


前日までの雨で、取り付きはとってもぬかるんでおり、ドロドロの田んぼ状態

先客のお二人は、ビレー中もシューズを脱がず、登り出す前に、シューズの泥を拭わずそのまま登りだしてしまい
スタンスとして使った場所には、泥がたくさん付着していました。

この事態に気づいたのは、お二人が3Fに取り付いている時で、案の定スタンスが滑って、テンションをかけまくっておりました・・・
テンションをかけて休まれている際に、今後は泥を拭って登って頂かないと、後で登る方が苦労するので、気を付けて欲しい旨、伝えました。

また、恐らくそれ以前に登っていたであろうハグミー、おはよう、おやすみは既にドロンコ祭り・・・
私達も登った、おはよう、おやすみ、3Fは念入りにブラッシングしておいたので、スリップの心配は無いと思いますが、
ハグミーをされる方はお気をつけください。


さらに、お二人の行為で、後で気づいたので、直接は言えなかったのですが、
3Fは、明らかに残置カラビナのみでトップロープトライをしていました。
これは完全なルール違反なので、今後お会いした際には言おうと思います。


いろいろなスタイルがあるクライミングの世界。
「郷に入っては郷に従え」の精神で、お互い気持ちよく、限りある岩資源を共有させて頂きたいと、
わが身を改めて、振り返らねばと、考えた一日でした。

自分も気づかないで、色々と過ちを犯している可能性があるので、
今度、岩場で諸先輩方の意見もお聞かせ頂けたら幸いです。

day5 小樽赤岩@  クライミング

のんびり小樽赤岩へ。
クリックすると元のサイズで表示します
林の中は、初夏の花「マイヅルソウ」が盛りを向かえている
クリックすると元のサイズで表示します
8月にはルビー色の身を結ぶ 
その頃に、クライミングの成果があるかな?

今日は44フェースのみ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
kumiちゃんにとっては、初44フェース。 左:おはよう5.9 右:おやすみ5.10a
共にトップロープだが、完登ならず。 
でも、トップアウトはできたので、恐怖心が取れれば行けそうです。


私にとっても、今季初赤岩なので、今日はトライは無しで、持久トレ。
3時間半で、おはよう→おやすみ→3F 5.11a(実は直上では初トライ。今までは5.10cvarで登っていた)→折込センター 5.10d→おやすみ→ベルボトム 5.11b 計6本とまずまずの本数。

3F、折込、ベルボの3本を一日でまとめて登った事がなかったですし、
折込はレッドポイント以来、8年ぶりの再登。 しかも、結構ギリギリでした・・・ 
リップで足ブラになり、墜落しそうでした、危ない危ない

普段、登りなれていない、これらのルートは新鮮で、ベルボの素晴らしさはもちろんだが、
折込の内容は濃いので、もっと評価されても良いと思います。

次回は、マグニチュード 5.12dを再開させようと思います、想像するだけで楽しみ〜




AutoPage最新お知らせ