PIEPS DSP買いました!  ギアインプレ

8年間お世話になった ORTOVOX M1 に別れを告げ、遂に PIEPS DSP を購入!
クリックすると元のサイズで表示します
購入した最終的な決断理由は、
なんと、縦横の一番感度の悪い向きで受信距離を測ったら、7m(恐)でやっと反応したからです・・・
是非みなさんも自分のビーコンの性能をチェックしてみてください。きっと恐くなりますヨ・・・

さてさっそく色々機能テストしてます。
分かった事
欠点

@ORTOVOX旧F1の信号カットが出来ない
*年式が何時からのモデルが切れるかの詳細は不明だが、水色のボディカラーはビミョーです。
*比較的新しい、グリーンPBや濃いブルーのモデルは切れます。

A付属のハーネス
*とても調子悪いです。ホールド感乏しく、すぐ肩紐がズレ落ちてきそうになり、不快!
*仕方なく、行動着のソフトシェルの内ポッケにしまってます。
どなたか良いアイデアあれば教えてください!

Bゴーストの影響
*敏感すぎて、やたら他の電子機器のゴーストを拾う。
*でも、ビーコンの信号カットは正確に行なえるので大丈夫かな?

利点

@457khz診断テスト
*最新版DSPに唯一搭載されている機能。他のビーコンの周波数が457khzからどれだけずれてるかチェックできます。
*PIEPS旧DSP、マムートノーマルバリフォックスは誤差無し。M1は+10khz
*旧F1はマズイ結果になりました。 2台中2台共に+50khzずれてました。
*ずれてると、受信の際にデジタルビーコンの距離と接線距離が正確に表示されません。アナログビーコンではあまり問題にならないかもしれません。

そして最も大事な事↓ みなさんも直ぐにチェックしてくださいネ!
A受信距離(受信、送信ビーコンの向きを縦横の一番感度の悪い向きでチェック)
*平均40mくらいで拾います。という事はデブリ幅80mなら真っ直ぐ探せるという事です。
*他のデジタル(トラッカー、旧バリフォックス)は概ね10〜12m前後。
*旧F1は健闘し、20m

また色々試して報告します。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ