道南トリップ!  キャニオニング

メンバー:GUROさん、MG、km、かのま〜

夏の旅in道南!
目的は、常路川キャニオニング。
昨年、会社のトレラン大会に出場して頂いた方から聞いた、貴重な情報を元に行ってきました!


19日)妻と供に、ニセコ先発。 ランチはハーベスター八雲!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
景色も料理もGood
腹ごなしに、ロングスケートに最高のスロープチョキ

景色も舗装も完璧100点 車にご注意を・・・

先に現地入りし、川チェック!
入渓地点を確認し、仕事を終えてニセコ後発のMGと合流。おつかれさん!!

夕まづめ釣りタイム!
取り付きには、温泉が・・・クリックすると元のサイズで表示します
湯船はあれど、熱すぎてとてもとても・・・熱湯コマーシャル?

不思議なのは、高熱の湯船にも、ヒルの様な虫が生きて張り付いていた事。
この虫、知ってる人いますか!?

kmちゃんは、2回目のフライで、初岩魚GET力こぶ
すごいもんです、おめでとう祝

とっぷり日が暮れるまで楽しんだ後は、鹿部温泉温泉
鹿の湯は、清潔で素敵な温泉旅館。お湯は熱めだが、良い感じ・・・

入湯後は、kmちゃんオススメの森町の炉辺焼き。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
名物のスペアリブは、なんと完成まで30分かかる逸品!
イカごろ焼き、串物等全て絶品´Д`大満足\(^o^)/

さらに、マスター自慢のお宝もお見頂く・・・ これだ!1.2.3
クリックすると元のサイズで表示します
わ、わけぇ〜 ちなみに、新品未使用でした。

さぁ、帰るかな、、、と、思っていると、楽しいハプニング目
地元の方と意気投合し、おうちに泊めて頂く事にチョキウッシッシ

なんと、自宅に温泉を掘ってしまったとの事。
こりゃ〜楽しみかわいい

明日へ続く=3

day4 寿都幌別川  キャニオニング

メンバー:guroさん・リーニャ・カノマー

遂にこの日がやってきた! 待ちに待ったこの日がっ!!

とっても厳しいと言われるこの沢。 秋の気配が濃くなってきたが、今日は予想気温25℃と恵まれている。

マイミクのguroさんはここに3回目のトライ、リーニャは初沢登り。 さてどんな山行になるかな!?

6:26 co80m林道終点発。 支流を横切り、本流へ。
平坦な沢相は直ぐに終わり、ゴルジュとなる。
クリックすると元のサイズで表示します
朝一の泳ぎは身に沁みるなぁ〜!

7:05 co115m 休憩。胸まで浸かる場所多数! 充分この沢の凄さを体感。

7:30 co130m 橋脚跡クリックすると元のサイズで表示します
こんな場所に巨大な構造物。 朽ち果てており、周囲と違和感が無い。
●ピュタに出てきそうな感じ。

7:44 co155m二股。右股。
この辺りはやや単調になり、一箇所↓
クリックすると元のサイズで表示します
多分co170mくらい? 木の詰まった落ち込みに苦労する。

8:09 co175mゴルジュ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
いよいよだ! スゴイスゴイよ〜!! 
狭い場所はウワサ通り、幅1.5m。高さ50m!
頭も浸かる程深い場所は泳いで通過。
co210m二股。右岸より滝となって合流。ゴルジュは一旦終わる。 

co220m二股。左股。
ここからが今日の核心。

F1 3m
クリックすると元のサイズで表示します
右岸水際直登。

F2 4m左岸倒木を絡めて直登。 手強い!
クリックすると元のサイズで表示します
昨年、guroさんは倒木にハーケンを打ち、アブミで通過しているが、今日はフリーソロで。

F3 10m 斜瀑で簡単。右岸。

その間もずっとこんな感じ! 楽しい!!
クリックすると元のサイズで表示します

ここで、残念ながら私のカメラは電池切れ。 
以下は記録のみ。

10:30 co280m休憩。 F10直後。 
11:06 co310m F4 3段。 三段目がシビア。 ここで引き返す。
11:10 ちょっと戻って飯。11:50 発
12:40 co220m二股。
12:58 co210m二股。
13:27 co155m二股。
14:15 co130m橋脚。
15:07 駐車場着終了!

下りは、ほぼず〜っと水の中。 消耗します、腹減ります。食料多目、温かいお茶も持ってこう!
ウェットスーツは厚手の3mm以上のフルスーツが良いでしょう。
私とguroさんは薄手でガタガタ震えてました(寒)

来年は更なる上流を目指し、盛夏に沢中1泊でトライだなぁ・・・

(注意)水圧で高度計が正確に働いておらず、二股での大よその記録なので、あまり当てになりません。
悪しからず・・・

day3 P・M川上流  キャニオニング

独り。昨日の勢いで、気になっていた川へ。

本当は最上流部にある沼を見に行く予定が、町で予定もできたので行ける所まで行く事にする。
10:34 co560m林道発。本流まで通いなれた道を下る。
10:40 co540m二股。左股へ。 
co560m 100mの赤い滑床通過
11:00 co605m F1 4m 左岸水際直登 簡単!
クリックすると元のサイズで表示します

11:20 co670m二股 左へ ここまではブタ沢、多分この後も・・・

11:37 co720m F2 2段15m斜瀑 
クリックすると元のサイズで表示します
水量は支流の右股が多い、しかもメチャメチャ冷たい!
本流の左股を詰める。
11:40 co750m 水枯れ  これ以上行っても面白く無さそうなので引き返す。
・2分戻って先程の支流も詰めるがブッシュ濃くなったので引き返す。

12:44 林道着 終了

流石に二日連荘では良い思いは出来ないネ・・・
でも、気になってた所がどんな場所か分かったのでスッキリした。

day2 積丹S川  キャニオニング

メンバー:騎士君・アッキー・ターナー・マコッチャン・ツカサ

お仕事で、来年のツアーで使う予定の川のリサーチ。
困難さは皆無。 水も温い。 遊び所満載!!

何より、ガイドが身体イッパイで喜びを表現できる川でした。

これから、内容を詰め、ツアーにして行きます。 
皆様にお楽しみ頂けるように頑張ります。

キャニオニングファンの皆様、ご期待して来年をお待ち下さいネ^^¥

黒松内岳 ブナ沢 左股  キャニオニング

今年初沢はカナダ帰りのマキンコと。
マキンコは生涯二度目の沢。 カナダでアルパインクライミングに目覚めたとの事。 沢にも目覚めるか!?

9:05 夏道駐車場発 
クリックすると元のサイズで表示します
林道を上に20m歩き、ぶな滝から入渓。「ぶな滝」の看板があるので迷う事は無いでしょう。。

あいさつ代わりにぶな滝を直登!
クリックすると元のサイズで表示します
フリクションも良く、水も澄み、快適な遡行の始まりだ!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
小滝が連続し楽しい!

9:33 co290m分岐着 休憩。9:41 発
ここまで4つの滝、一つはマキンコ、ゴボウで突破。

9:45 15mの大滝
右岸から登る。
中間部に#11・#13のストッパーを利かすも、後半は顕著なクラックも無く、超ランナウト。
落ちたら・・・地面(怖)正に沢気分!
クリックすると元のサイズで表示します
10:20 二人とも無事突破!
10:30 大滝後、6mの滝
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
豪快にシャワークライミング! 
この後、急にフリクションが利かない岩質になり、滑床&滑滝がいやらしい。

程なく、フリクション復活!
クリックすると元のサイズで表示します
こんな姿勢でも平気!
11:00 co390m分岐 情報通り水量は1:4 水の多い右股へ

・この後のco430m分岐水量が同じ位なので一瞬迷ったが、地図読み通り右へ。

11:45 co480m ランチタイム。 ここまで、ずーっとガスの中。 12:08 出発

12:25 co505m 10mの滝 ホールドは小さめだが豊富にある。しかし、プロテクションの取れそうなクラックや潅木は全く無い。
右岸は巻けそうだが、こっちも頼りなげなブッシュしかないので、気持ちを決め、沢の真ん中をシャワーフリーソロ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
上流域は水が冷たく、気温も低い(20℃くらい?)
モゲそうなホールドが多数。上部では最近石が欠けた痕跡を見つけゾっとする。 ここで落ちたら大怪我or死・・・
12:51 二人とも無事突破。 一番緊張した滝だった。 
ちなみに、セカンドのマキンコは出だしのスタンスが崩壊し、ヒヤリとしたそうな・・・。

13:04 co560m 水が枯れる。 この後、厳しいヤブ漕ぎは無く、沢型を詰める。
13:23 co675m 岩盤のある右面(コンパスはco505mの滝から真っ直ぐきりっ放しでOKです。)

どんどん高度を上げ、視界が開ける。
クリックすると元のサイズで表示します
脆い急傾斜の崖をブッシュ交じりのお花畑をグイグイ直登。 

13:40 ピーク手前の主稜線へ。
右に下ると三角点のあるピーク。 うん!?ピークの方チョット低い!?!?何故!?!?!?
13:45 黒松内岳co739.8mピーク着
クリックすると元のサイズで表示します
ガスってて何も見えないのが残念だが、やっぱり初ピーク&初沢で嬉しさいっぱい!!
14:08 のんびりすごしてからピークを後にし、夏道を下る。
当初、co550mコルから右股を下る予定だったが、寒いのでヒヨル。
こんな看板やクリックすると元のサイズで表示します
ブナ林に癒されクリックすると元のサイズで表示します
14:50 登山口着。 夏道はあっけないものだねぇ。

アフターは
黒松内温泉ぶなの森
クリックすると元のサイズで表示します
黒松内 道の駅 トワベールUのチーズソフトクリームレギュラーサイズ\300
クリックすると元のサイズで表示します
に癒され帰宅。

やっぱり、総合力の試される沢は面白い! 素晴らしい休日でしたぁ〜\^^\
ちなみに、ここは「北海道の山と谷」グレードだと !☆ くらいです。




AutoPage最新お知らせ