2006/2/27

先週末は  日記

葉加瀬さんのレコーディング現場に遊びに行ってん。

このレコーディングでは功刀さんがフィドルを弾くことになってて、誰かホイッスル&パイプ奏者を紹介して欲しいと言われて、俺が参加してるバンド、Whirlpool’s Endのパイパー中津井君を紹介してん。

中津井君はパイプ始めて数年やけど、マニアックなほどパイプ好き。装飾音とかパイパーのスタイルの研究はものすごいし、パイパーのCDで演奏されてるチューンは次から次に覚えてる。リード製作も日々研究を重ねてて、今では国内のパイパーのリード製作を請負うほど。もう間違いなく都内ではトップ・クラスのパイパーやと思う。バンドでももはやなくてはならない存在。

銀座のレコーディング・スタジオ。広いなー。現場には葉加瀬さん、功刀さん、功刀さんの2ndアルバムのキーボーディスト、今回はアレンジ担当の石坂君たちがいて。

クリックすると元のサイズで表示します


俺はダラダラとしゃべりながらレコーディング作業を見てたけど、やっぱりプロのエンジニアさんたちの仕事の速さには感動するなー。

中津井君は初めてのスタジオ・レコーディングで緊張気味やったけど、しっかり吹いてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


予定よりも早く終わったし、原宿で中華料理を食いました。

美味かったー。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ