2005/1/8

Molloy, Brady, Peoples  CD (ケルト系)

アイルランド音楽をやり始めて10年くらいになるけど、ほとんど毎日アイルランドのCDを聴いてるので、たいていの曲は聞き覚えがあるねん。

シンプルな伴奏やったらだいたい即興でやってしまうんやけど、最近またメロディーが弾けるレパートリーを増やしたいと思ってて。今良く聴いてるのがこのCD。

クリックすると元のサイズで表示しますMatt MolloyのFluteはVariationのネタの宝庫やし、Tommy PeoplesのTripletはCrazy!!

このCDのギター、Paul Bradyも独特のリズム感があるよな。この前トヨアキさんにギターを弾いてもらったときに、この辺りの影響をちょっと感じた。

でもとりあえず今はギター伴奏は後回し。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ