日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
秦野の里アルバム | 銀塩写真館 | 身近な風景アルバム | 秦野の里から | ふるどん。壁紙写真
2006/6/1 | 投稿者: furudon

6月の今月の一枚は涼しさを感じる「噴水」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ところで、六月といえば衣替え、学生時代には
衣替えで教室内が白いワイシャツで明るくなったことを
思い出します、女子諸君はおしゃれなチョッキを着ていた
っけなぁ〜

衣替えについてコピペしてみた。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
衣替え(ころもがえ。衣更え、更衣とも表記)とは、季節の推移に応じて衣服を替えること。また、衣服の収納場所を変更することを指す。

狭義には、学生や企業の制服の(夏服・冬服)を変更することを指す。日本では、6月と10月に衣替えが行われることが多い。また、多くの場合移行期間が設けられる。あくまでも習慣なので、強制的に替えなければならない訳ではない。(但し学校 においては、移行期間が終了すると強制的に替えなければならない場合が多い。)

平安時代から始った習慣で、当時は中国の風習に倣って4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定め、これを「更衣(こうい)」と呼んだ。しかし、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名も更衣と言い、後に天皇の寝所に奉仕する女官で女御(にょうご)に次ぐ者を指すようになったので、民間では更衣とは言わず衣替えと言うようになった。

江戸時代ごろから、衣替えは6月1日と10月1日に行うようになった。太陽暦採用後は、官庁・企業・学校が旧暦の日附をそのまま新暦に移行して6月1日と10月1日に行うようになった。

>だってさぁ〜
今年もクールビズでノーネクタイ半そで、省エネ、打ち水
風鈴の音もケッコウ涼しく感じますよ〜
0




AutoPage最新お知らせ