日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
秦野の里アルバム | 銀塩写真館 | 身近な風景アルバム | 秦野の里から | ふるどん。壁紙写真
2007/5/31 | 投稿者: furudon

チョー久しぶりに「面白CM」を書いてみる、柿の種のCMだが、ま〜食べてみなよ、サンコウのために(このサンコウとはメーカーの三幸と参考を掛けているのだが)と旦那が言うと奥さんが要らないとそっけなく言った。奥さんの言い方が妙に面白い(僕だけかな?)ところでこの俳優、笹野高史さんは一度見たら忘れられない役者のひとりである、最近では映画「武士の一分」で名脇役を演じる、NHKドラマ風林火山では山本勘助の養父の役、テレビ朝日の時代劇「八州廻り桑山十兵衛」では主人公の上司役、年齢に比べて年をとっているように見える「日本のおとうさん」という感じです。1948年生まれ。
三幸製菓
http://www.sanko-seika.co.jp/

0

2007/5/29 | 投稿者: furudon

大根川に架かる橋を辿っての散策、ちいさな旅。今回は大根川本流を遡り源流近くまで来ました。龍法寺です、もうここからは弘法山公園への登りになり川の水もちょろりでした。大根川に架かる橋は只今絶好調に散策、散歩して撮影中です、写真が揃い次第ホームページにて公開予定です、御期待ください(誰も期待していないかぁ〜笑)
8月には瓜生野百八松明(うりうのひゃくはったい) が開催される場所です。まだ見たことがありませんが。是非一度は見ておきたいと思うのでありました。で、
画像は龍法寺
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/25 | 投稿者: furudon

今回で秦野市にある前田夕暮の歌碑めぐり散策、ちいさな旅は最終回です。弘法山公園の権現山にある歌碑です、建立は昭和26年(1951年)で夕暮が病床のとき建立の話が決まり、秦野高校同窓会、在校生・教職員・住民有志、秦野市観光協会などの協力で、歌碑や機材を山の上へ搬送したとあります。建立完成間際の同年夕暮は他界しました。弘法山公園は弘法山と馬場道、権現山(243.5m)などを含む公園です。ハイキング登山道は幾つかありますが、この日は秦野駅から徒歩で、バス道路を行き、名古木(ながぬき)、秦野曽屋高校の左脇道から入り、加茂神社〜めんようの里〜弘法山・権現山と歩きました、坂は大丈夫なのですが階段が苦手なもんで〜笑〜歌碑は権現山にあり、すぐ側には鳥の水浴び場バードウォッチングが出来る場所もあります。
昭和21年(1946年)の作

いくること かなしとおもう やまかいは
はだらゆきふり つきてりにけり

建立−昭和26年(1951年)
秦野高校同窓会・秦野市観光協会
クリックすると元のサイズで表示します
バス道路から弘法山公園案内
クリックすると元のサイズで表示します
弘法山入口バス停(数本ですが通っています)
クリックすると元のサイズで表示します
加茂神社鳥居
クリックすると元のサイズで表示します
賀茂神社の社・散策散歩の安全祈願をしました
クリックすると元のサイズで表示します
権現山に建つ見晴らし台
クリックすると元のサイズで表示します
前田夕暮について歌碑建立など案内
クリックすると元のサイズで表示します
最後までご覧頂きありがとうございました。

前田夕暮歌碑めぐり、歌碑の写真をまとめて
只今製作中で「秦野の里から」に近日公開。
0

2007/5/24 | 投稿者: furudon

歌碑めぐり、今回は秦野市立図書館(月曜休館)の前庭にある、大正15年(1926年)の作

このもとに こどもちかより うっとりと
みてゐるはなは たいさんぼくのはな

この泰山木(タイサンボク)は夕暮が好きな花で、春に白い花を付ける。
歌碑の隣にタイサンボクが植栽されていた。
図書館の二階には夕暮記念室があります、必見ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
歌碑建立は生誕110年記念、平成5年(1993年)秦野市
0

2007/5/23 | 投稿者: furudon

秦野出身の前田夕暮の歌碑めぐり、今回は水無川に架かる富士見大橋の南東側にある歌碑の紹介です。
夕暮40歳、大正12年(1923年)の作

歌碑建立は平成6年(1994年)生誕110年記念
全国治水砂防協会。

かわどこに わがねてあれば まはだかの
どうじきたりて かおまたぎすぐ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/22 | 投稿者: furudon

前田夕暮が飛行機に乗って丹沢山系や秦野の上空を飛んた時の思いや感動を詠んだもので定型を崩した作品です。歌碑は南小学校の校庭の端にあり、校庭の真ん中には100年を越すソメイヨシノが2本あり、現役を終えた丸ポスト(投函不可)があり、ここだけタイムトラベルした気分を感じさせてくれる。昭和4年の作

しぜんんがずんずんからだのなかを
つうかする やまやまやま

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
明治25年(1892年)開校記念樹の櫻、ソメイヨシノ
0

2007/5/21 | 投稿者: furudon

前田夕暮は大根小学校高等科を卒業後、明治31年(1898)中郡共立学校に入学する、当時は平塚の南金目にあった。父は教育熱心で厳格、地元の村長にもなった人柄でした、夕暮も成績優秀で級長になったりしましたが、2年生の初めに精神薄弱の病のため休学し、のちに退学してしまいました。三郡共立学校として誕生した学び舎は、中郡共立学校と校名を変え、大正15年に組合立奈珂中学校として大根村下大槻(現在地・秦野市下大槻)に移り、昭和10年に秦野中学と校名を変え、さらに秦野高校となりました。(開校之碑から抜粋)この碑は神奈川県立秦野高校校門前にあります。
奥秩父に疎開 昭和20年の作

まなかひに あさのふじあり あまぐもを
つらぬきてあかく そびえたるかも
クリックすると元のサイズで表示します
校門前の歌碑
クリックすると元のサイズで表示します
秦野高校・校門前、開校之碑
0




AutoPage最新お知らせ