参考になるかしら  お仕事

地元の市報用に書かせていただいた文です。
記事を読んだら、おばぁちゃんたち喜ぶだろうなぁ 

えへ

西太平洋に浮かぶ、マーシャル諸島共和国。私は2006年7月13日にその地を踏み、もう一年が過ぎました。私の活動先、マーシャル諸島高校は在籍生徒数800名という、国内最大規模のマンモス校。そこで私は理科と数学の先生として働いています。生徒は元気過ぎるほど活発で、彼らにとっては座って話を聞くことさえも一苦労。私はそんな彼らに翻弄され、また勇気付けられながら日々を送っていますが、実はそんな彼らの中にも複雑な家庭問題を抱えた子供がたくさんいたりします。生活能力のない若いカップルが子供を授かり、子供も親となったカップルも学校に通えないというケースも少なくありません。それでも私は、彼らに希望を失って欲しくありません。残りの一年は、生徒ともっと話をしていこう。それが私の国際協力、そしてなによりもマーシャル諸島高校へのフィードバックになることを願います。 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ