うつら  お仕事

 さて、本当に久しぶりの書き込みです。
そして、今やっと第3クォーターの試験を作り終えました。

いやぁ、出身県の協力隊HPにリンクを張っていただいたので、下手なことはもう、いえませんねぇ。

でも少し安心しました。地元の様子が伺えることで帰国後のことも落ち着いて考えなければと思えますからね。

 今学期はとにかく、分数の基礎の定着をターゲットにやってきました。
中にはもうすでに定着している子もいて、そういう子供を交えて授業をするのは本当に気が気でない、というか勉強になりました。
 
 三学期は私自身がひどく調子を崩した時期でもあり、それから仕事に対する姿勢や考える幅が少し狭まったように感じます。

 しかしどこかが狭まった分、どこかでのびのびできるわけで、一生懸命働くこと・息抜きが大切なことを日々学んでいますね。

 さて、眠ります。

私だけが苦労しているわけじゃない。
あなただけが苦労しているわけじゃない。

でも苦労をいっぱいいっぱい経験した人はやっぱりえらいのかしら?
こんな表現自体合っていない気がしますが。

いま、そんなことを考えることができる本を読んでいます。 
0

幸福感  

久しぶりの書き込みです。チェックしてくださっていたあなた、本当にありがとうございます。

さてさて、三月二日は母の誕生日でした。
母は結婚して初めて父から花束をもらったと喜び、私にも感謝してくれました。
なぜかって? それは秘密です。
 
二人の子供を育てた母。経営者としての母。だんなを持つ母。
いつも自分のことは一番最後。それでもどこかで女として生きている母。

わがまましたい放題、言いたい放題。ぶつかることもあるけれど、大体は私が頑固なだけです。

「あなたは、好きなように生きればいいから」

とよくいいますね。ありがとう。

さて私は日々、女は男がいるから女になるのだと考えています。
そうおもうと世の中の男性はもっと気持ちをオープンにするべきですよ。
愛に自信があれば女性ははきれいになります。

出し惜しみはお互い、もったいないなぁ。

なんてわかったようなことを考えてみたのでした。
0




AutoPage最新お知らせ