心に迷いはなく… We believe in ourselves.  こころの花

 友人から借りたDVD。「チップス先生さようなら」「GOODBYE, MR. CHIPS」

 とても興味を惹かれた。舞台はイギリスの、とある全寮制のパブリック・ハイスクール。まじめで物堅いチップス先生が赴任してきた。チップスは面白みがなく、生徒たちの人気も今ひとつ。だがキャサリンと出会い、結婚したことから、少しずつ人間味のあふれる教師に変わっていき…

 「イギリスで産業革命があってしばらく」の時代設定だとおもうが、この作品から以下のことを考えさせてもらった。
 
 @女性として生きること
 A女性としてのしあわせ
 B教師とはなんという存在なのか
 C時の流れの背景
 Dユーモア(humor)は人を魅了する
 E私の「愛」への姿勢
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ