私はぼくを俺と呼ぶ。  日記

 私はぼくを たまに 俺と呼びます。
 
 我慢がならない時、興奮している時、ぼくは自分を俺と呼びます。
 
 落ち着かなければいけないとき、公平に話し合いをしたいとき、
 ぼくはぼくをぼくと呼ぶことが多いです。

 自分の心に近い相手と、女性としてのはなしをしたいとき
 私は私を わたし と呼ぶことが多い気がします。

 
 どれもさだかではありませんが。

 
 私は、よく 「wierd ね。」=(変わってるわね・変人ね)といわれますが、
 そう思うことは、これから少なくなっていきそうです。

 
 私が 私の中をのぞき、恥ずかしくなく顔を上げていられるなら、
 他人や友人にも、さらに 優しく 必要以上には与えようとせず、
 
 節度や 距離を保った 関係が 築けるのではないでしょうか。

 

 私はわたし。  他人ではなくて、少なくとも私は私を見捨てない。

 BODY と 魂。 

 それを学び、つかみ取れえるなら。
 
 
0




AutoPage最新お知らせ