プライドとはうちに向いていくもの  日記

こちらに来てから、どこかで完全に安心できたことがあっただろうか?

自宅にいても人の足音にどきっとする。


元来わたしは精神的に強いタイプではない。

ここで言うその意味は、
「苦労も楽しみの一つ」とできる発想の転換力にあると思う。

人間、後ろめたいことがあると気が小さくなる気もするけれど
わたしはその典型的なタイプと言っていいだろう

それでもなんとかやってきた。
ひとりで、とは到底言うつもりはない。

辛い時はこちらで出会えた友人に電話もした。
一人でないたことも数知れない。
母にもなきついたこともある。

プライドとプライドのぶつかり合い。

大学で協力隊について教えてくれた先生が言っていた。
「あなたみたいなタイプは、海外に行くにしても協力隊のような少し組織立った中で過ごした方がいいわね。」

本当ですか? 先生。
0




AutoPage最新お知らせ