出前講座2回目in松任♪  日本と国際社会

クリックすると元のサイズで表示します
北陸の冬。どんより曇り空、時々お日さん

金沢駅到着♪
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
不慣れスーツで目指すは松任!ピース

クリックすると元のサイズで表示します
今回の設定は生徒40人に講師2名
生徒が一度になるべく多くの国のが聞けるように♪ですって
ふむふむ。

クリックすると元のサイズで表示します
元ヨルダン手工芸隊員! 今回タッグを組ませていただきました。
姉ぇさん、いい情報持ってます♪

クリックすると元のサイズで表示します
「どうだ、どうだーーー?」

クリックすると元のサイズで表示します
「おぉわしの番か。」↑顔引き攣ってます。

いっちょやってみっかぁ♪

クリックすると元のサイズで表示します
「さぁ生徒諸君! コレが訓練所だ!」
なんてね。生活班のみんなで撮った爆笑写真♪
この写真大好きよ。

クリックすると元のサイズで表示します
コレ、空港に到着したときの写真。調整員さんの仕事(本部との連絡や隊員との連絡とかね←マーシャルは調整員事務所だったので他国のJICA事務所より空気は軟らかいよ。)について話をしているところ。生徒、世の中の仕組みを少し見た気がして、「ふむふむ。」と頷いておりました。

しめしめ

クリックすると元のサイズで表示します
「どーよどーよ。」と逆に質問しているところ。意地悪な顔

今回は向こうから質問事項が届いていたことで「一問一答形式」になったらつまんないなーという気持ちがありました。
じゃあどうしたらいいかなーと考えたとき…

「「私のことを知ってもらう is equals to 「特別な人が協力隊に応募している!」
という思い込みを崩してみよう」」 と繋がったのでした。
そこで私は自分の赤ん坊のときの写真、高校入学卒業、大学・部活・友達・卒業、研修所、渡マ、1・2年目の授業風景、現職同期の帰国、現地の知り合い・同僚の写真、離マ、帰国報告会兼OB会、今私が取り組んでいることの写真を順番にただのスライドショーで紹介していきました。準備に使った時間は今朝の2時間半。
アルバムからべらべらべらーと写真を選んで、デジカメで撮って、PCに取り込んで流れを頭の中でシュミレーションしながら並べていきました。番号をつければ「名前順」でちゃんと写真も思った順番に並んでくれる!!(機械おんちのあたしにとっては気づいたとき感動モノでした!)
頼まれた高校のこともネットで下調べ。電車の中で読もうとプリントアウトして持っていきました。自分のネタと彼らの学生生活または環境が合致していれば、彼らに受け入れられやすいと思ったから

私は彼らに自分の生活を見てほしかった。
当たり前のこ優しさは当たり前じゃないんだってことを感じる時間。
自分の考えが必ず正しいとは限らない、聞こえの悪い話でも偏見がそのすべてじゃない、言葉って難しいねっていう時間。

ね? って問いかける時間。
どぅ?って問いかける時間。


クリックすると元のサイズで表示します
最後にヨルダンのお洋服を着せてもらって。



結果は? ウキウキはらはら




大成功ーーーーー  (たぶん)
クリックすると元のサイズで表示します
終わった後に話に来てくれた生徒たち。
右端の先生、ノリノリで温かかったなぁ。


うちに帰ったらどっと疲れが…
明日は県庁の農業経営課です!



今日の変化(へんげ)
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
あはん?                毛糸マン!






おまけ
クリックすると元のサイズで表示します
伯母は無事退院、叔父も帰ってきてサクラは無事帰宅。
むふむふ。
0




AutoPage最新お知らせ