青年  先人の言葉

こんばんは、皆さん お元気ですか?
erikoは最近、腰や背骨に不調をきたしておりまする。

寒くなると、体の弱いところに響いてきますね。
いやじゃいやじゃ。
寝るときでべそを出さないようにしなくっちゃ


今日は気分転換に失敗し、心の中のくらーいものに蝕まれました。
でもまぁしょうがない。
その暗いものを見つめて、なぜ自分がそう感じるのが
自分がそれに対して何ができるのか
またそれは今の自分にどんな影響をきたしてるのか
また今日のようにならないためにはどんなことに気をつけて、どんなことに見えないふりをしたらいいのか
について

ぼぉー


っと考えました。


erikoは「日本農業新聞」なるものを昨年の12月から購読しています。勿論旬の情報や知識を得るため。
しかし今年に入ったぐらいからでしょうか、新聞が山積み状態。
まったく手が付けられていません。
じつはコレがずーーーっと気になっていた。

それに重ねて、やっと落ち着いて英語の対策を考え出したかと思うと


「まず農業の話題に関する知識が足りない」       
「専門的な文章に使われる日本語表現に慣れていない」
「後ろにどんどん文の内容が付け加えられていく英語をすばやく和訳することに慣れていない」


ないないないの3N


ちくしょーーーーーーーーーーーー!
もうイヤだぁーーーーーーーーーーー


自分のバカバカバカーーーーーーーーー



と思っていたけれど。

そんなに責めること無いだよ、おまえさん

「NPOでくう!」っていうシンポジウム行ったでしょ?
そのあと「就農説明会」に行って、具体的に自分に必要なことが以前よりは見えてきたでしょ?
そしてそこで「(有)土遊野」の経営者にあえて、あらたな協力者または情報提供者に会えたでしょ?
そのあと市の総合庁舎に出向いて、地域の農業の実態をちょっとかじり聞きさせてもらったでしょ?そこで次に話を聞かせてもらいたい相手も得られたでしょ?
そうやって3日ほどふらふら出向いた後なのに、次の日すぐに英語学習に戻ることができたでしょ?

私生活でだって…
部屋は相変わらずきったないけど、お花がちゃんと飾ってあるでしょ?
せっかくお母さんが譲ってくれたリュックを部屋に収納が無いからって床に置いとくのが忍びなくって今日壁にかざるためのフックを買ってきたでしょ?
遊びに来たおばちゃまにってその帰りにケーキを買って帰ってきたでしょ?
お母ちゃんが仕事の日は毎日夕飯作ってるでしょ?


でもでも25歳だよ!家事なんて当たり前だよ!仕事だって決まってないよ!



いいじゃないのべつに♪ あなたがあなたらしくやりたいことにがんばっているのなら。
完璧じゃなくても いいじゃないの!



でも他の人はそんな風には見てくれない。




あなたに他のひとを気にする余裕があるかしら?
あっていいのかしら?
あるべきなのかしら?
それはいまのあなたにとってプラスになるかしら?


失敗を受け入れるのが 怖いんだ。



どんどんどんどん失敗して 

そのたびに修正して
それが今のあなたには

必要な道なんじゃあなぁい?



目の前に 道は無い。

でも通った後に 道は必ず できるん
でしょ!

自分を信じなさい! 

Believe yourself!
Accept youeself!


青年よ! 大志を抱け!


その言葉に つづけ!!




具体案:
知識が薄いまま専門の英文を読んでいると出会える単語量・復習に避ける時間・理解内容が削られて、結果的に必要量の単語や知識が身についていきません。そして限られた時間が減っていくことと、自分の専門知識が無いことに焦っていました。だけれど参考になる知識や文はすぐ手元に新聞としてありました。明日からは日付の浅い順に日を追って読んでいくようにします。英語に関してはやり終えた「食育に関する記事」の復習(主に単語と和訳)から始めます。公式文で使われる頻度の高い単語を頭に叩き込むんじゃ。でもそれでは「食育」に限られた分野での英語文としての知識に偏ってしまう。
うーん。これが次の課題になりそうです。
人から聞いてきたことを参考に、自分のビジョン(かー!)の再構築をしていないのも気になる。そして実はそれをみなさんに伝えられていないことも。(かば)

ブログ更新されなくても、見捨てないでーーーーーー
(あぁなんだかおもしろくなってきた)


新聞から! がんばるぞ

0




AutoPage最新お知らせ