そんな風景  日記

海岸沿いの崩れた墓を見ている。
ここやしの根が丸出しで
何かの拍子で海(外洋)に倒れそうだ。

何かを考えなければいけないとおもう。

一人の老婆の横に座った。
しばらく彼女は海を見ていたが私が文を書きだすと興味深そうに見入っているようだ。

そしたら海から子どもがあらわれた。

ずぅーっと ずぅーっと
みていたくなる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ