よっぱらい  

 きみにあいたい
 
 きみにあいたい

 そんなことすら疑ってしまうほど、

 ぼくは君のことを考えずにはいられません。

 
 素直に泣ける、君の胸が、ぼくにはたまに必要です。



 ただ手を繋ぎたい。 それだけで。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ