2009/1/17

ビックリしたなぁ?  にこにこ日記

        <昨日の講演会は>
     昨日、地域中小企業支援事業の
     「南薩地域合同研修会」で
     3人の方の講演を聞かせて貰いました。

     どの方も、中小企業関係の事業に
     力を貰えるためになるような
     講演をして下さいました。

     日々の前向きな取り組みや
     惜しまぬ努力をすることで、
     不況に影響することなく
     成功されているのだと感じたのでした。

     そのお一人の東京から来られた
    『岡村 貴子氏』の講演は
     私にとってかなり興味深い内容でした。

    すでにご存知の方もいるとは思うのですが、
    「ロハス」と言う言葉ご存知ですか?

    私は聞いたことがある気はしましたが
    気にしたこともありませんでした。

    そして、昨日その言葉が
    私の中の 理想のライフスタイルのような
    そんな、気がしてなりませんでした。

    先日のブログに
    「私は、何がしたいのか?」
    といったままどう綴ればいいのか?

    思うようにまとまらないままに
    なっていたのですが、

    言葉を借りるとしたら、まさに
   「ロハス」という言葉がピッタリなように
    感じ、今のこの時期にこの話が聞けたことに
    とてもビックリした私でした。

    これから先の私の人生の
    入り口が見えたような思いでした。

    「ロハス」調べてみました。   
    
        LOHAS (ロハス)
    Lifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字。
    「健康を重視し持続可能な社会を志向する生活スタイル」
    ということ。

    1998年に社会学者のポール・レイと
    心理学者のシェリー・アンダーソンが
    新しいタイプの人びととして
    「カルチャー・クリエイティブ」という概念を
    提唱したのが始まりである。

    これは単に環境への配慮に心を砕くだけでなく、
    家庭や地球環境、さらには社会の未来像といった
    個人生活の分野以外にも

    こうした概念ができた結果、
    金融界や産業界でもカルチャー・クリエイティブを
    対象とした商品やサービスを扱うことに対して
    関心が高まった。
   
    そうした企業の代表が、
    LOHASの概念を初めて提唱した
    コロラド州のガイアムである。

    自社製品だけでなく、他社製の家庭用品や衣料品、
    クリーンエネルギー商品などを同社が
    「LOHAS」の基準で選んで、ウェブサイトを通じて
    販売している。

    その後、「LOHAS」市場に参入する大小企業が増えて、
    一般化してきている。
                 −Yahoo! JAPANより−

     さて、意欲のでる話が聞けたとしても、
     それを 何かの形で実践していかない限り
     前には進まないですよね?(笑)

     とりあえず、岡村 貴子さんの著書を
     買って読んでみたいと思います。

        <今朝は・・・>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ